PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

モドリッチ、完璧なリスタート

4ヶ月ぶりに先発復帰したモドリッチ、膝の負傷から帰ってきたキング。頼れる二人が帰ってくるなど非常にポジティブなニュースが
満載だった年内最終戦のウエストハム戦。試合後の監督のコメントと共に復帰した二人の声も併せてお届けします。

Harry's delight as JD strikes  (tottenhamhotspur.com)
指揮官は試合を支配出来た内容には一定の評価を与えつつも、追加点を早めに取るべきだったと反省点を挙げています。
試合は我々がコントロール出来たいた。だからこそ早めに2点目のゴールが重要だったんだ。1-0とリードしてからは、
ポスト直撃もあったし、それ以外にも決定機がいくつかあった。相手に敬意を欠くわけでは無いが、相手には何もさせない
ような展開だった。だから遅かれ早かれ決まるだろうとね。しかし、なかなか決め切る事が出来なかったのが反省点だ。
相手にとっては前半で二人の退場者を出したのが厳しかったね。だが、我々の強さが上回った事に疑いは無いだろう。
(レドナップ)

確かにモドリッチの先制点が開始早々に生まれ、その後も完全に試合を支配してただけに、デフォーの追加点が生まれるまでは
ハラハラしましたね(汗)特に65分過ぎごろからは、WHLもとてもリードしているとは思えないような雰囲気になってましたからね。
1-0の段階で1点返されていたら、まさかの展開も考えられただけに、流れがある時にしっかり決めていかないといけませんね。
レドナップの交代策もちょっと遅かったように感じましたし。疲労から明らかに足がガクッと止まった選手が何人かいたので、
もう少し早めに動いても良かったかな…と。1-0で動きづらいのは解るけど、展開が硬直した時の腰の重さが若干気になります。

Luk who's back! (tottenhamhotspur.com)
4ヶ月ぶりの先発復帰を自らのゴールで祝ったモドリッチ。来る2010年の飛躍を力強く語ってくれました。
僕にとっては最高のリスタートとなった。こういう試合は、僕自身の開幕当初の好調時を取り戻すいいキッカケになるね。
ゴールを決めて、チームの勝利に貢献出来たのは自信にもなるし、これからも一層ハードワークしていきたいと思う。
長く戦列から離れていたけど今は痛みも感じないし、最高の気分さ。メディカル・スタッフにはとても感謝しているよ。
早めの先制点は、とても大事だと思うんだ。相手が反撃に出てくれば、それだけ僕らのチャンスも増すわけだからね。
追加点が欲しかったところでデフォーがゴールを決めてくれた。あれで決まったし、僕らにとって大きな勝利だよ。
ここ最近の4試合で3勝。しかも4戦連続クリーンシート。この調子を維持して2010年も結果を残していきたいと思ってるよ。
(モドリッチ)

久しぶりに彼の長い時間のプレーを見たんですが、本調子では無いとは言え、やっぱりワクワク度が増しますよね。
ボールを持つたびに何かやってくれるんじゃないか…と期待を抱かせる選手だし、存在感がひと際違います。
これからフィットしてくればチームにとってはこれ以上ない追い風ですし、彼自身も失われた時間を取り戻す為に、
一層頑張ってくれることでしょう。そして、見逃せないのが交代で入ったニコの目の色が明らかに変わっていること。
交代して入った直後に激しいタックルでボール奪って、猛然と突進して「俺が決める!」と強引にシュートを打ったあの姿勢。
これこそがモドリッチが戻ってきた化学反応ですよ。レドナップの頭の中には当然、二人の共存も選択肢に入ってるでしょうけど、
ハドルストンとパラシオスのコンビがかなりバランスがいいので、当面は左サイドの一枠を争う図式になると思います。
今後の起用法に注目ですが、モドリッチとニコのどちらが出ても遜色の無いという体制が整った事こそが頼もしい限りです。

Return of the King (tottenhamhotspur.com)
久々に負傷から戻った喜びを語るキング。また、共に戦う守備陣の奮闘を称賛。層の厚さに手応えを感じてる様子。
今の我々の調子なら、相手はWHLで点を奪うのが、ましてや勝利することがとても難しいと感じることだろうね。
僕らは現在のチーム状態に誇りを持ってるし、互いがチームの為に100%を尽くしてる。ドーソンは素晴らしい活躍だしね。
彼とは長い間、一緒にプレーしているのでよく解っているけど、最近は更に成長を感じる。まったく頼もしくなったよ。
彼は出場したどの試合でも、失望を感じさせない働きぶりをしている。それに、ゴメス。彼の活躍も忘れちゃダメだね。
フルアム戦なんて、彼のおかげでドローに持ち込めたんだからね。誰が出ても穴が無いのは、チームにとって大きいよ。
もちろん、出場出来ずにピッチサイドで試合を観るのは辛い事だ。選手なら誰だってそうさ。でも、ようやく戻ってこれた。
時間がかかったけど、再発しないように慎重になったんだ。願わくばシーズン終了まで、今の状態を維持していたいね。
(キング)

現在はドーソンが素晴らしいパフォーマンスを続けてるし、バソングも期待以上の活躍を見せてくれています。
そこにキングが戻ってきてくれて、ようやく守備陣も形になってきましたね。4試合連続クリーンシートは本当に素晴らしい。
ウッドゲートは未だ苦しんでいますが、残りの3人の奮闘に今後も期待したい。やっぱり堅守こそが、上位キープの鍵です。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。