PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【PREVIEW】 Tottenham vs Hull City

いよいよ今日は待ちにまったトッテナムの2010年最初のリーグ戦となるホーム、ホワイトハートレーンでのハル・シティ戦です。
年明け初戦となるはずだったリバプール戦が延期になったおかげで、昨年12/28のハマーズ戦以来の試合ですもんね。
18日間もおあずけされたもんだから、よだれダラダラですよ(笑)遠足前日の小学生の様に、興奮して眠りが浅い(ちょっと大げさ)

さてハル戦のプレヴューの前に、気になるトッテナム関連ニュースと選手達の意気込みのコメントを。

Sandro's Spurs switch stalls (Sky)
獲得の合意間近、いやいや今冬の移籍は無い…などなど、何度も情報が二転三転し、結局どっちやねん!な状態が続いている、
サンドロについて所属元のインテルナシオナルが「今冬の移籍は無い」とコメント。先日ガーディアンで報じられた、契約の諸条件に
ついて合意しているという代理人のコメントは「真実では無い」と一蹴されちゃいました。これでまた、一歩後退ですかね。

三歩進んで二歩下がる…という、チーターも真っ青な状態に陥ってますが、今冬は難しいのかもしれないので覚悟はしておこう。
まぁ、そもそも未知数のサンドロには端から(今季は)期待はしてないので、守備的MF補強の方針転換をするべきタイミングかと。
もちろん、来季以降を見据えてサンドロの契約合意への折衝と並行して。このまま補強無しだと若干の不安があるんだけども。

Key spell - Crouchy (tottenhamhotspur.com)
わずか14日間で5試合という過密日程をどう乗り切るかが、今後のシーズンを占ううえで重要とクラウチは語ります。
とても重要な試合が続けざまにあるね。簡単な試合など一つも無いけど、順位を上げる為にホームでの勝利は絶対だ。
マンCはこの間も快勝した(ブラックバーン戦:4-1)し、リバプールやアストンヴィラとは極めて差が無く争っている。
僕らがシーズンをいい形で終える為にも、勝ち続けていかなければならない。ハルだって不調だけど、気の抜けない相手さ。
僕らはホームでウルブスに負けた。同じ事を繰り返すわけにはいかないよ。本来の戦いが出来れば、必ず勝てるはずさ。
(クラウチ)

Corluka expects Tigers test  (tottenhamhotspur.com)
お次はチョルルカ。KCスタジアムでの結果(5-1)は参考にならない、得点出来るかは自分たち次第と気を引き締めています。
相手がホームで戦う時は攻撃的に出てくるからオープンなゲームになるけど、今回は僕らのホームだからそうはならないだろう。
きっと相手は守備を固めてカウンターからの一発を狙ってくるだろうね。引いた相手をどう崩して点を奪うかは僕らの出来にかかってる。
月曜日にマンCが勝ってるから、この試合は僕らにとって4位以内を奪回する重要な一戦だ。もちろん、全力で勝ちにいくつもりだよ。
(チョルルカ)

今季のハルとのアウェーゲームは5-1で圧勝でしたが、チャーリーも言ってる通り、同様に楽な展開にはならないでしょう。
下位クラブが上位クラブとアウェーで戦う場合は、ほぼ全員で自陣ゴール前に壁を作って守り、一発カウンター狙いが常套段。
今季のトッテナムはストーク、ウルブス戦と二度も同じ戦法に屈した。「引いた相手をいかに崩して、しっかりと勝ち切るか」
この試合の焦点は、この一点に尽きると言っても過言ではない。三度目の正直か、二度ある事は三度あるか。無論、望むは前者。

TEAM NEWS
長期離脱中のウッドゲート、クディチーニに加えてエコトとレノンがアウト。そして、その負傷者リストにキングとハットンまでが
加わってしまいました。キングは持病の膝の違和感、ハットンはそ頸部。総勢6人が負傷欠場ですか…多いですね(泣)
まぁ、どこのクラブも似たような状況ではあるので、泣き事も言ってられないですから、残りのメンバーの奮起に期待しよう。
一方のハルですが、主力のクザン、オロフィンジャナが共にアフリカ遠征中。ブラードも負傷で間に合わないだろうとのこと。

予想スタメン:Gomes, Bale, Bassong, Dawson, Corluka, Modric, Palacios, Jenas, Kranjcar, Crouch, Defoe.

この試合のメンバー選考で注目ポイントは2つ。
1.レノンの代役は誰か?
攻撃のキーマンであるレノンが不在。この穴をどう埋めるか。考えられるのはモドリッチの起用。FAカップ4回戦で既に試用済み。
左にニコ、右にモドリッチ。クロアチア代表司令塔の二人をを両翼に置いての共存策が一番可能性が高そうなオプションと思う。
もしくはベーシックにベントリーを入れるという案。しかし、ここまでの起用法を見る限り、レドナップは使わないかも…。

2.セントラルMFのファールトラブル対策は?
今季ここまでのトッテナムの布陣を考えれば、ハル戦でもパラシオスとハドルストンを並べて起用すると考えるのは妥当。
しかし、実はこの二人ともイエローカードの累積が4枚。あと一枚もらった段階で、次節のリバプール戦の出場が停止に。
これは非常にマズイ。アンフィールドでのビッグマッチを前に、特にパラシオスの守備力を欠くのは絶対に避けたいのが本音だろう。
思い切ってハル戦を温存する手もあるし、ハドルストンを温存でもいい。二人を同時に起用してくる事はないんじゃないかな?
というのが個人的な予測。だって、二人ともカード貰う可能性は十分あるわけでしょ?しかも、代わりの守備的MFいないし。
ここなんですよ。僕の一番の懸念は。なぜ再三に渡って守備的MFの補強の必要性を訴えるのかは、こういう事態を避ける為。
レドナップがリスクマネジメントを考えて、パラシーかハッド、どちらかに代えてジーナスを入れてくる可能性は高いはずです。

で、このファールトラブル、実は次節の相手のリバプールも同じ状況に陥ってます。キャラガー、ルーカス、シュクルテルが
現在4枚でリーチ。リバプールは今日はストーク戦ですが、ここでどういうメンバーを組んでくるか注目するのも面白いかも。
目先の勝利に拘り主力を出してくるか、ウチを恐れて温存してくるか。まぁ、怪我人多すぎてそれどころじゃないかも…ですが。

ちょっと脱線しちゃったんで、ハル戦のプレヴューに戻りますが、先にも言った通り相手は確実に守備を固めてくるはずで、
90%ぐらいの確率で、ホームの大声援を背に攻め続けるトッテナムと必死に耐えて一発を狙うハル…という構図になると思います。
再三の決定機をモノに出来ず、後半に一発喰らって撃沈というのが最悪のパターンなので、先制点は絶対で、早めの追加点、
出来れば前半のうちに相手の反撃への気持ちを削ぐようなリードを奪う展開に持ち込みたい。ここら辺は攻撃陣の爆発に期待。
あとは、自陣深くで無駄なファールをして余計なFKを与えない事。昨季もホームで、ジェオバンニのFK一発で沈んでますから。
ハントもいるし、プレースキックからの攻撃はハルの数少ない得点源ですからCK含め、なるべくそういう機会を与えないこと。

本来のトッテナムらしい戦い方が出来れば勝てる相手ですし、逆に言えば絶対に勝ち点3獲らなければいけない試合です。
こういう試合はプレッシャーかかったりするもんですが、それを跳ね返す強いメンタリティーをチーム一丸で示して欲しい。
怪我人は多いですが、次節のリバプール戦に向けて勢いをつける快勝を期待したい。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:2 | TOP↑

いやぁ試合まで長かったよやっと試合見れますね。 とりあえず相手をなめるわけではないですけど絶対勝ち点3とらなきゃいけない試合ですね。 
4位以内を狙うシティがここにきて好調 
ここで負けてしまうとリバポ戦への流れが凄く悪くなりますしね。 
注目は右サイドに誰を置くかですよね 
右モドリッチ、左ニコとかワクワクする~ 
ベントリーには悪いんだけどね…

| ゆうすけ | 2010/01/16 10:54 | URL |

>ゆうすけ さん
楽しみですね~^^ この試合は絶対に勝ちたい試合ですし、4位争いは熾烈ですから取りこぼし無く
いきたいところです!右はモドかな?これもまた楽しみです。

| 管理人 ゆーや | 2010/01/16 20:23 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。