PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

不運なのか幸運なのか・・・

One of those days - Harry  (tottenhamhotspur.com)
レドナップはドローに落胆しながらも、相手GKの攻守を讃えるしかないと脱帽のコメント。
我々は相手ゴールをこじ開ける為に、出来る限りの事はやったと思う。ただ相手GKが人生でもう二度と無いぐらいの好セーブを連発
していたからね。我々も数多くの絶好機を作っていたが、彼のミラクルセーブに尽く阻まれてしまった。もうお手上げさ。
チャンスは数多く作れていたから、私はチームの出来には満足しているよ。ただ今日は、相手GKが当っていただけさ。
結局ゴールを奪えないまま勝ち点は1しか獲れなかった。でも、今日の相手GKの出来ではゴールが決まる気がしなかったよ。
(レドナップ)

Niko's frustration game (tottenhamhotspur.com)
ニコも監督同様に、奇跡のセーブ連発の相手GKの前に「お手上げ」といった様子。苛立ちを隠さずコメントしてくれました。
まったく、もう…。”あれ以上どうすりゃいいんだよ”って感じさ。攻めても攻めても決まらない、本当にイライラが募る試合だったね。
あれだけGKが当ってたら、僕らに出来ることはもうないよ。あと必要だったのはほんの少しの運だけさ。それが無かったということ。
僕らは再三に渡って攻め続けたし、相手を脅かしていた。相手GKは最高の出来で、彼にとって最高の一日だっただろうね。
(クラニチャール)

僕も二人と同じ感想しか出てきません。引いた相手を崩しきれなかったわけでもなく、怒涛に攻め込んでシュート浴びせたのに、
マイヒルの奇跡セーブ連発で決まらなかった。もうトッテナムにとっては「不運」としか言いようが無いような試合でした。
取りこぼしてしまって非常に残念な結果ですが、悲観的になる事は無いです。ただただ気持ちを切り替えるしかないですね。
幸いなことに水曜日にはすぐ試合がやってきます。それもアンフィールドでのリバプール戦。6ポイントの価値があるビッグゲーム。
アドレナリンが増すには絶好の舞台ですし、ハル戦で溜まったフラストレーションを爆発させればいいんです。

直接、4位以内を争うであろうマンCは敗れ、アストンヴィラ、リバプールは共にドローという結果はトッテナムにとってラッキー。
ウチも取りこぼしましたが、他のライバル達も足踏みしてくれたので差はつかず、再び4位に浮上しています。
試合では思いっきりツキに見放されましたが、他のライバルがみなコケるという幸運もあり。なんだか複雑な週末でしたね。

補強関連ニュースをいくつか。

Tottenham launch new move for David James (mirror)
クディチーニの負傷離脱で、控えGKの補強が急務のトッテナム。多くの獲得候補の名前が浮かんでは消えという状況ですが、
ここにきて財政難に瀕するポーツマスからジェームスを獲得する噂が再浮上。ジェームスも移籍に前向きの模様です。
ちなみに、ジェームスは先日ストークへのローン移籍が取り沙汰されたものの移籍金で折り合わず破談しています。

レドナップがジェームスの賛美者であることは広く知られていますし、ポーツマス時代には彼を重用していた実績もある。
レヴィ会長は、39歳と高齢のジェームス獲得に難色を示していると言われていますので、会長を説得しなければならない。
ただ、ジェームス自身がW杯での代表レギュラーを目指している点から、控えが濃厚なトッテナム移籍を決断するのは疑わしい。
レドナップは、つい先日にジェームス獲得を否定したばかりですが、獲得に関心があるのは事実でしょうし、どうなるでしょうか。

Tottenham boss Harry Redknapp is winning the battle to sign Palermo defender Simon Kjaer (dailymail)
セリアA、パレルモ所属の20歳のデンマーク代表DFのシモン・ケアの獲得が近づいているという記事。
パレルモのスポーツ・ディレクターが先週土曜日にロンドン入りしていることから、トッテナム入り濃厚では?と。
ケアは、189cmの長身を誇る将来有望なセンターバックで、リバプール、マンUなども獲得を目指した逸材として注目されています。
報道によれば£1100万程度での獲得を目指していると言われています。ちなみに、マンCからのオファーは拒絶したとのこと。

セリエAはほとんど見ませんし、デンマーク代表の試合も数える程度しか見ていないので、ほとんど知らない選手です。
ただ、かなりいい選手らしいという噂はよく耳にします。まだ20歳、長身でスピードもあるという評判ですから、興味はありますね。
トッテナムはセンターバックは4人と盤石ですが、そのうちキングとウッドゲートは怪我がちですし、ドーソンとバソングへの負担が
増しているのが現状。あくまで将来を見据えて、若手有望株を獲得出来るのであれば悪くないと感じますが…。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:2 | TOP↑

四位争い勢が勝ったり勝てなかったりを繰り返してダンゴのまま足踏みしてる隙に、じりじりとエヴァートンが上がってきましたね。例年になくスロースターターですが、その分一度好転すれば勢いがありそうです。
フルアムやバーミンガムも含めて、まだまだ試合数は多いので横ばかり見るわけにはいかなくなってきそうです。
昨季はこの時期からの追い上げにワクワクしたものでしたが、今季は当分胃薬が必要な時期が続きそうですね。笑

| sini | 2010/01/18 21:17 | URL |

>sini さん
確かにエバートンが復調してきたので、怖い存在になりつつありますね。最近の数試合を観ましたが、本来の戦いが出来ているように感じます。
もう今季は最後まで何が起こるか解りませんし、最後まで争う為にもポイントは簡単には落とせないと思いますね。
僕も昨季とは違った緊張感とワクワクを味わっていますよ^^ 

| 管理人 ゆーや | 2010/01/19 23:29 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。