PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファン・ニステルローイ獲得は無い!

熾烈な4位争いの当面のライバルであるリバプールとの直接対決を終えての監督のコメントから。

Opportunity missed - Harry  (tottenhamhotspur.com)
敵地での対戦ではあるが、相手はジェラード、トーレス、ベナユン、G・ジョンソンを欠いていた。我々にとってはチャンスだったが、
そのアドバンテージを活かす事が出来なかったね。開始早々に先制を許し、相手を勢いづかせてしまったのが誤算だった。
リバプールの気迫は凄まじく、猛然とプレッシャーをかけてきたことから、我々がやりたい事を全くさせてもらえなかったよ。
後半開始早々には、得点出来そうな時間帯もあったが、試合全体を通して見れば期待外れのパフォーマンスだったように思う。
爆発的なスピードで相手に脅威を与えるレノン不在も痛かったね。この日は、我々の一番の文字味であるスピードが欠けていた。
残念な結果だが、この試合で全てが終わった訳ではない。我々は素晴らしい戦いを続けてきたんだから、まだチャンスはあるはずさ。
(レドナップ)

確かにレノンの不在は痛かったですけど、それは何の言い訳にもならない。彼の離脱は、あと数週間続くのだから、彼が不在でも
チームとして攻撃の形を作っていかなければなりません。ハル戦ではそれが出来ていたわけなので、一貫性を示したいですね。
最後の一行は奇しくも僕もマッチレポートで同じ事を書きましたが、チャンスはまだまだあるはずで、その灯を消すも消さぬも
今後の戦い次第。この試合の重要性はもの凄く大きかったですし、「6ポイントの価値」がある試合だったのは事実ですが、
実際得られるのは「3ポイント」なんです。リバプール戦だろうが、最下位のポーツマス戦だろうが同じ3ポイントしか得られない。
その3ポイントをいかに今後積み上げていくか。それこそが大事。この敗戦を払拭し、次のフルアム戦ではしっかり勝ち切ろう。

さて、リバプール戦の余韻も冷めやらぬうちから、また次の試合がやってきます。そう、現在は地獄の過密日程の真っ只中。
選手達にとってはキツイでしょうが、敗戦のショックを引きづらず、さっさと忘れるには逆に都合がいいのかもしれません。
本日はFAカップ4回戦のリーズ戦。3回戦でオールドトラフォードでマンUを破る波乱をみせた、かつての強豪との興味深い対戦。

'Daws' up for the Cup!  (tottenhamhotspur.com)
ドーソンはFAカップ制覇を熱望。しかし、下部カテゴリーのリーズとはいえ簡単な試合にならないと気を引き締めています。
僕らは全てのコンペティションで結果を出したいと考えている。FAカップはファンタスティックなタイトルだからね。
リーズとの対戦は楽しみだけど、簡単な試合にはならないよ。当然勝てるだろうなんて考えていたら痛い目に遭うことになる。
彼らはオールドトラフォードでも自分たちの戦い方を貫いて勝った。だから、WHLでも同じように勇敢に立ち向かってくるだろう。
ファンのみんなはタイトルを熱望しているだろう?僕らだってそうさ。今年こそは僕らの年になることを願っているよ。
本当にFAカップは素晴らしいタイトルなんだ。絶対に勝ち獲りたいと思っているし、リーズ戦が今から待ちきれないよ。
(ドーソン)

本音を言えば、カップ戦を勝ち抜く事は試合数が増える事を意味するので、これからの日程を考えても厳しいんです。
でも、国内カップ戦はトッテナムが現状狙える可能性がある唯一のタイトル。是が非でも獲りに行って欲しいと思います。
伝統的にカップ戦に強いですが、FAカップ制覇からは長い事、遠ざかっていますからね。長い歴史と伝統のあるFAカップは
現地サポーターにとっても重要なタイトル。CL出場権を得て、今季の最後はFAカップ制覇で締めくくれれば最高です。

とはいえ、一番のプライオリティーはリーグ戦であって、3日後にはすぐフルアム戦がやってきます。出来るだけ主力は温存し、
若手や、控え組の活躍で勝ち抜ければそれにこしたことはありません。出場機会が少ない選手にとっては絶好のアピールの場。
今後まだまだ先が長いリーグ戦を戦いぬく為にも、チーム全体のレベルアップは不可欠。それが試される試合になるでしょう。

Team news (tottenhamhotspur.com)
クディチーニ、レノン、ウッドゲート、エコト、ハドルストンが負傷によりアウト。キングも2試合連続のプレーは無理でしょう。
多くの負傷者に加え、主力の疲労も蓄積してる為、レドナップも多少のメンバー変更(ローズの起用)を示唆しています。

補強関連のニュースをいくつか。

Tottenham, Man City and Sunderland in £10m race for Portsmouth defender Kaboul (dailymail)
大きな期待を寄せられ加入したものの、わずか1シーズンで放出されポーツマスに移籍したユーネス・カブール。
2008年夏に£400万で放出した大型CBにサンダーランド、マンCが獲得に興味とか。そこにトッテナムも加わるのでは?と。
どうやら市場価値は£1000万とのこと。ポーツマスは財政的に非常に厳しい為、主力選手の売却の噂が絶えませんね。

カブール(笑)トッテナム在籍時はスケールの大きさこそ感じさせたものの、凡ミスが多く再三ガッカリさせてくれましたよね。
打点の高いヘッドやDFらしかぬ強烈なキック力とか、確かに将来的には楽しみな選手だし、かなり成長も見せてます。
今ではポーツマスで一番いいDFになってるんだから解らないもんですね。彼の放出時には何の異論も無かったですけど、
今となっては惜しかったような気がしないでもない。あくまで今の彼を見れば…ですが。キング&ウッディがこんなだから尚更。
ポーツマス時代には獲得したことからもレドナップが興味抱いても不思議ではないですし、CBの補強は必要な気もします。
が、またもやポーツマスからの引き抜き、しかも、出戻り第4号となれば各方面からツッコミ浴びそうですねぇ(笑)

Redknapp rules out Ruud  (Sun)
獲得交渉を行っていたファンニステルローイですが、ウエストハム、ハンブルグなどの参戦もあり、状況に変化が。
£100,000を要求しているようですが、レドナップが「それじゃ話にならん!」と一蹴。これで獲得も無さそうです。
週給£10万を要求だって?我々は、そんな高額の週給を支払わんよ。レヴィ会長はクラブの健全な経営を重視している。
大体、そんな高額な週給だと我々の選手達の賃金体系を完全に崩してしまう。確かに彼はそのぐらいの価値がある選手ではあるし、
実際、レアル・マドリーではもっと貰ってるんだろう。彼は偉大な選手だし、それはこれからだって変わりはしない。
だが、彼のコンディションは万全じゃない。万全ならば、ワールドクラスであることに疑いの余地はないが、現在は違う。
そういう選手に高額な賃金を支払うのは一種のギャンブルなんだよ。仮に彼と契約して18ヶ月間、全く動けなかったとしたらどうだい?
支払った高額な週給は全て水の泡さ。もちろん、ゴール量産でクラブをもう一段レベルアップさせる可能性もあるがね。
私は彼の能力を買っているし、魅力的な選手ではあるが、トッテナムは彼の要求する週給は払わない。よってノーチャンスだ。
(レドナップ)

当ブログでも交渉のネックになるのが彼の「高額な週給」と「コンディション」であるとお伝えしてきましたが、図らずも
思った通りの結末に落ち着きそうですね。£10万は高いよ。チェルシーとかマンU、リバプールじゃないんです、ウチは。
トッテナムは健全経営がモットー。借金をバカバカしてCLの収益をあてにした火の車のような経営状態ではありませんからね。
チームで一番週給が高いであろうキングですら£7万~8万程度のはず。動けるかどうか解らん選手に払える余裕は無し。

確かにファンニステルローイの実績・能力は素晴らしいんでしょうけど、僕は元々、あまり賛成では無いんですよね。
現在のFW陣は好調だし、パブリュでさえ出番が回らない状態。そこに彼が入って、序列に変化を加える必要があるのか?
むしろ無理して獲得したら、調子が良いクラウチ&デフォーを外してまで、彼を使わざるを得ない。キーンすら立場が危ういのに。
以前にも書いたけど、今冬はFWにビッグネームの獲得は必要無いと思う。獲るならある程度、控えを受け入れるベテランか、
思いっきり若手。他に補強が必要なポジションはいくつもあるはず。左SBは?控えGKは?そして守備的MFは必要じゃないのか?
今冬の移籍市場も残り1週間。よもやの獲得ゼロも現実味を帯びてきましたが、果たして今後に動きはあるのでしょうか。

| Article | comments:5 | TOP↑

まだ正式な発表は出てないみたいですが、ニステルさんはハンブルガーSVに決まりそうですね。マンUからマドリーに行ったのはアタマにきてしまいましたが、プレミア屈指のCFだったのは紛れもない事実。ブンデスで観られるので楽しみといえば楽しみです。(ブンデスで応援しているブレーメンとの試合では大人しくして欲しいけど)


ところで昨日の「Foot!」を観ましたが、粕谷さんがハドルストーンを褒めていましたね。私も以前から試合観ていていい選手だな・・と思っていたので、W杯のメンバーに滑り込んで欲しいですね。

| まり@11 | 2010/01/23 18:46 | URL |

更新お疲れ様です

ゆーやさんも再三おっしゃられている通り、やはり補強が最急務なのは守備的MFだと思います。攻撃的なMFが多い中、アンカー的な選手はパラシオスのみ…百歩譲ってもハッドとオハーラぐらいかと(>_<)しかも累積警告も怖いですから。。

…とは僕も思っているんですが、エッシェンやキャタモール、マスチェラーノといった絶対に引き抜けないような選手しか知りません。なので、プレミアかFLCの選手でイチ押しのアンカーがいたら教えて頂けないでしょうか!?
よろしくお願いします(^ω^)

| パヴィ | 2010/01/23 19:59 | URL |

リーズ戦はドローですか…最後の最後で追い付かれて残念です。 
でも!!久々にパブリュが出てしかもゴールしたよおぉぉ!! 
嬉しすぎる。 
ファンニステルローイも獲れなかったみたいだしパブリュはほぼ残留かなぁ 
これからカップ戦からでもいいからチャンス掴んでほしいです。 
あ、今さらながら個人的にファンニステルローイはいらない、控えで我慢するタイプじゃないし、いい選手ですけどうちにはいいFWいるので起用しづらい 
しかも高いしね。 
あとカブールは結構好きなんで獲得してほしいけどさすがにポーツマスからこれ以上引き抜くのは…

| ゆうすけ | 2010/01/24 04:47 | URL |

パブリュチェンコおめでとう!! 次回はクラウチに変わってスタメンかな?^^ジオも出してやってほしいな

| まな | 2010/01/24 13:35 | URL |

>まり@11 さん
ニステルのハンブルガー入りが決まったようで^^ これでブンデスも一層盛り上がりそうですね。
マンU時代のニステルは凄かったですし、コンディションさえ整えばまだまだトップレベルで出来る
可能性も十分あるはず。プレミアでまた見たかった気もしますが、選択としては正しいと思います。

僕も「Foot」見ましたよ♪珍しくスパーズの話題が多くて気分が良かったです。ハッドは僕も期待してるので、
もう一皮むけてくれれば本当に将来が楽しみな選手と感じます。もちろん今年のW杯も入れたら
面白いと思うんだけど、厳しいかな…?

>パヴィ さん
お気遣いどうもです♪そうですよね~。守備的MFの補強は必要だと思うんですが、獲得無さそうな雰囲気も漂ってますね^^;
オハラが戻ったからかもしれませんが。

僕も便宜上、パラシーを守備的MFと書いてますが、実は彼はbox-to-boxプレイヤーで、純粋な意味では、
守備的なMFで無かったりするんですよね。レドナップもアンカー的に彼を使ってないですし、そもそも4-4-2の中央ですから、
攻守に貢献しなければいけない。そういう意味では今のスパーズには欠かせない選手ですね。

とはいえ、どちらかといえば守備に持ち味を発揮出来る選手で、他のスパーズの面子を見渡しても彼以上(もしくは同等)に
守備が出来る中盤の選手がいない。これは結構問題だと感じます。彼が不在だと中盤のフィルターがかかりませんし、
図らずもリーズ戦でもそれが証明されちゃいましたからね。

さて、ご質問の回答ですが純粋なアンカーとなるとほぼいないというのが答えになるでしょうかね。
名前が出ていないところでいえばハーグリーブスぐらいで。守備が得意でスパーズクラスでもレギュラー争い出来る
MFということならボルトンのムアンバ、エバートンのフェラーイニとロドウェル、ヴィラのペトロフ、ハマーズのパーカー、
マンUのフレッチャーあたりでしょうかね。こうして並べてみてもどれも獲得が難しそうな選手ばかりですが(笑)

>ゆうすけ さん
なんだか最近同じような過ちを繰り返してる感がして若干呆れております。ニステルはブンデス移籍が気まったようですが、
意見としては同感です。パブリュはよくやってくれましたね。これで残留が決まったかどうかは怪しいですが、
彼の意地は見た気がしますし、戦力となり得ることは証明してくれたと思います。

>まな さん
パブリュはよく決めてくれましたね♪僕も嬉しかったですが、これでレギュラ-奪取、残留決定という
流れにはならない気がします。ジオも見たいですけどね…。

| 管理人 ゆーや | 2010/01/24 17:20 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。