PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【PREVIEW】 Tottenham vs Fulham

ほぼ3日に1試合ペースで試合が来ると大変ですね。マッチレポート書いたと思ったら、もう次のプレヴューですもんね(汗)
明日の早朝に行なわれるフルアム戦のプレヴューの前に、まずはリーズ戦を終えての選手・監督のコメントから。

Frustration for Harry (tottenhamhotspur.com)
指揮官はロスタイムに追いつかれてしまったチームの試合運びの稚拙さに失望を隠せない様子。
序盤から3~4つ得点のチャンスがあったが決められなかったね。パブリュが素晴らしいゴールを決めてくれたが、勝負を決める事が
出来なかったのが悔やまれるね。残り1分でキープすれば良かった場面で、もう1点狙いにいってしまったのは反省すべき材料だ。
相手にみすみすチャンスを与えてしまったようなものだよ。次からは、同じ事を繰り返さないようにしなければならないね。
(レドナップ:試合の雑感) 

また、最後のドーソンのタックルがPKになった主審の判定について…
主審の判定は正しい。時に我々にとっていい判定も悪い判定も下されるが、あの場面はどう見てもPKだと思うよ。
ドーソンはボールを奪いにタックルしていると思うが、相手の足に入っているんだからね。判定には文句を言えないだろうさ。
一番の問題はああいう場面を作ってしまったことなんだ。しっかりボールキープしていればあんなことにならなかったのだからね。
(レドナップ:PKの判定について)

全く持ってその通り。決められる時に決め切れない、キープすべき場面で、相手にボールを渡す。細かい部分ではありますが、
そういう積み重ねが出来るか出来ないかの差が、シーズン終わった時に如実に表れてくると思います。これが、いい教訓になれば。

Michael's penalty pain  (tottenhamhotspur.com)
お次は最後に「やっちまった」ドーソン。今でもPK判定には納得がいかないようで、判定にはひどく動揺している様子。
PKの判定はホントに信じられなかったよ。、試合後にTVで見直してみたけど、ちょっと厳しいんじゃないかなってね。
試合終了直後に主審と話したんだけど、彼は私のタックルがボールに行ってなかったと言ってたよ。納得できない気持ちもあるけど、
判定は覆らないんだから受け入れないとダメだとは解っている。けど、くよくよ考えてしまって、あんまりいい気分じゃないね…。
僕らは2-1で勝っていたし、あのプレーが無ければ勝っていた。それを僕のタックルで台無しにしちゃったんだから、悲しいよ。
フルアム戦には絶対に勝たないとね。アンフィールドでは散々だったし、僕らは再び勝ち続けないといけないんだ。
WHLでは多くのサポーターが大声援で後押ししてくれると信じてるし、彼らの為にもいい試合をして、しっかり結果を残したい。
(ドーソン)

あれはPK判定に文句は言えないだろ、ドーソンよ。そもそも飛び込んだ判断そのものが間違ってる。自分のミスで試合を台無しにして
ショックなのはとっても解るけど、反省するべきところはして、切り替えるしかない。これからも試合は続くんだから。
もうキングやウッドゲートに頼る時期から、守備の要として、チームの柱として戦うべき時期にさしかかっていると僕は思います。
泣き事言ってる暇は無い。キーンやキングがピッチにいない時にキャプテンマーク巻くのは誰だい?君しかいないんだよ。

今日はプレヴューにニュースにと盛りだくさんなのでサクサクいきましょう。
今冬の移籍が濃厚とみられているパブリュチェンコの去就問題について。レドナップ、パブリュ双方の思いを端的に表す記事を2つ。
Redknapp in no rush to sell Pav (Sky)
(現段階では)彼の未来はここにある。彼が出場機会を求めるなら懸命なハードワークとしっかりとした働きが必要だ。
彼は素晴らしい能力を持っていると私はずっと言い続けてきた。彼は”トップクラスの選手”その点についての疑問は一切無いんだ。
ただ、彼自身がここに留まってプレーをしたいかどうか?そこが一番の問題だと思うよ。彼の取り巻きも移籍に熱心のようだしね。
以前の繰り返しになるが、私は彼の放出は望んでいない。そして、クラブも適正なオファーが無ければ放出を容認しないだろう。
(レドナップ)
Pav reiterates exit desire (Sky)
監督からは”僕の出場機会を増やすつもりだ”と今まで何度も聞かされたけど、全然状況は変わっていないじゃないか。
ゴールを決めたけど、これで僕を取り巻く状況が変化するとは到底思えないんだよね。兎に角、今冬に移籍できる事を願ってるよ。
(パブリュチェンコ)

この件については当ブログでも再三触れてきたので、そろそろしつこいかな…とは思うんですが、結局は単純な話ですよ。
彼が望む「移籍」が実現するかどうかは、「クラブが望む適正なオファーの有無」この一点に尽きる。それが無ければ、
彼が望むと望まないに限らず「残留」でしょう。レドナップが彼を評価しているコメントも半分は本音、半分は建前といったところ。
本当に評価しているのならもっと使ってるはずです。まぁ、パブリュにとって不運なのはレギュラー争いのライバルであろう
クラウチがしっかりと結果を残しているという事実。よほどの事が無い限りは、そうそう状況が一変はしないでしょうから。
移籍市場閉幕まで残り1週間を切りましたが、最後の1週間で動きがあるでしょうか。注意深く見守りたいと思います。

Tottenham to strip Jermain Defoe of penalty-taking duties (guardian)
ポーツマス時代から含めて直近の10回中4回しかPKを成功していないデフォー。トッテナムでもエバートン戦、リーズ戦と
続けて失敗しており、レドナップもニコ、ハドルストンら他の選手へのPKキッカーの変更を示唆しています。
まだデフォーとは話してはいないんだが、PKキッカー変更を考えている。彼は生粋のストライカーだから蹴りたいと言うだろうけどね。
彼は偉大なスコアラーだが、PKに関しては素晴らしくない。異なるプレッシャーがかかるPKはやはり特別なものなんだろうな。
練習で決めるのとはわけが違う。幸い我々には優れたキックを持つ選手がいる。例えばニコであり、ハドルストンのような選手がね。
(レドナップ)

TEAM NEWS
前節に引き続きクディチーニ、ウッドゲート、エコト、レノンはアウト。レノンはかなり回復してるようですが、復帰はまだ。
一方で、キングとハドルストンは月曜の練習に復帰。リーズ戦でベンチ入りしながらも出場は無かったオハラも含めて、
中盤をどういう組み合わせで戦うのか注目が集まります。イマイチ機能していないニコ&モドの両翼を続けるのかどうかも。
あとは、リーズ戦でゴールを挙げたパブリュチェンコ。そ頸部負傷で試合出場出来る状態かどうかは微妙の模様です。
もしOKであれば先発での起用があるのか。ここらで彼の先発起用も見たいけれども、爺はなんだかしない気がするな…。

予想スタメン:Gomes, Bale, King, Dawson, Corluka, Modric, Palacios, Huddlestone, Kranjcar, Crouch, Defoe.

ハル戦やリーズ戦のドロー、リバプール戦の完敗などで今年に入って低迷期に突入したような印象があるトッテナムですが、
実際の所、最近の8試合ではわずか1敗。しかもそのうち6戦ではクリーンシートなので、絶不調というわけでもないんですね。
ただ、今年だけに限れば2分け1敗と勝ちきれない試合が続いていますので、ここらで流れを変える為にも勝利が欲しいところ。

相手は堅調なフルアム。ハンゲラン、シュウォーツァーを軸にしっかりとした守備をベースに堅実な試合運びで中位をキープ中。
昨年12/26の対戦でも、0-0のドローに終わっています。わずか1ヶ月しか経ってませんが早くも再戦。今度はWHLですから、
なんとかモノにして勝ち点3ゲットしたい。相手の守備は堅いですが、早めの先制点で試合を優位に運べれば、勝機も十分のはず。
レノンが未だアウトなので、ニコ&モドを中心に違った形でサイドを有効に使っての崩しが出来るかどうかも、鍵になるでしょう。
ここ2試合好調のベイルの積極的な仕掛けと、恐らく復帰するであろうハッドのキャノン砲に期待。あとはドーソンね。
リーズ戦の失態は完璧な守備で帳消しにしてくれよ。早朝5:00~の試合ですが、僕も気合入れて久しぶりに早起きしたいと思います!

| Article | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。