PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【FAカップ】トッテナム vs ボルトン

FAカップ 5回戦

Bolton 1 - 1 Tottenham 
         
Stadium:リーボック・スタジアム

              前半   後半   合計                               
ボルトン  1  0  1            
トッテナム  0  1  1
得点
Spurs:デフォー
Trotters:K・デイヴィス

0910 FA 4
Sub:アルニック、バソング、デルビテ、ローズ、グジョンセン、パブリュチェンコ


敵地リーボック・スタジアムに乗り込んだFAカップ5回戦のボルトン戦は、両チームのエースが1点づつ獲り合ってのドロー。
後半には勝ち越しの絶好期となるPKを得るも、痛恨の失敗。4回戦のリーズ戦に引き続き、勝ちきれずに再試合が決定です。

勝ちきれなかったのを嘆くべきか、それとも引き分けに持ち込めたことをよしとすべきか。前後半で180度違った展開だっただけに、
評価が難しい試合かもしれません。個人的には1点のビハインドから後半にしっかりと立て直し、勝利に迫った事を評価したいと
思いますし、過去の対戦でもかなり相性が悪いリーボックのボルトン戦。ドローに持ち込めて御の字と言っていいのかな…と。

完全に劣勢の前半
ボルトン、非常に良かったですね。自分たちのストロングポイントをよく理解しているし、チームとして徹底されている印象でした。
序盤から積極的なプレスをかけてきたので、トッテナムは中盤でも主導権を握れずに押し込まれる展開が25分までは続きました。
開始23分の段階で相手のCKが6本を数えたことからも、防戦一方だったのが良く解ります。基本的にはロングボール主体で、
玉際での競り合いを制すれば、前線のエルマンデル或いはK・デイヴィスにシンプルに当てて、こぼれを二次攻撃というスタイル。
監督がメグソンからコイルに代わって多少は繋ぐ意識も増したのかもしれませんが、この縦にシンプルな攻撃が非常に効果的で、
前半は完全にボルトンのペースでした。ただ、エルマンデルはじめ総じてシュートが下手でほとんどが枠外に飛んでまして、
トッテナムとしては非常に助かりました。たぶん10本ぐらいは打たれたと思うんですが、枠内は3本くらいだったような気が…。

それでも先制はボルトン。得意のロングボールでは無く、小気味いいパスを3~4本繋いでの流れるような展開からのゴール。
これは見事でした。本来はこちらがやりたかった(やらなければならなかった)サイドを使った攻撃をまんまとやられたというかね。
利いていたのは右サイドの韓国代表イ・チョンヨン。スピードもあるし、テクニックも抜群で攻撃のいいアクセントになってました。
彼を経由した時だけ、途端にクリエイティブなパス回しになるんだからあら不思議。なかなかにいいを補強しましたねぇ。
そういや、巷では国内組同士の日韓戦の話題で持ちきりですけど、海外組合流して怖いのはむしろ韓国なんじゃないかと。
このイ・チョンヨンもそうですし、パク・チソンもいるし、他にも色々いますよね。そういやイ・ヨンピョは元気でしょうか?
ちょっと話がずれましたが、前半はボルトンのやりたいようにやられた印象で、1失点で済んだのがむしろラッキーというか、
守備陣が1失点でなんとか抑えたのが良かったですね。この頑張りが後半の挽回に繋がるわけですから、解らないもんです。

イ・チョンヨンvsベイル
この日の試合で一番面白かったのがこちら側から見て左サイドの攻防。この日も得意のスピードに乗ったドリブルによる果敢な
攻め上がりを見せていたベイルと前述したようにボルトンの攻撃を牽引していたイ・チョンヨン。この2人のマッチアップが熱かった。

前半の失点シーンではまんまと裏を取られたベイルですが、やられっぱなしでは無く、時にはダイナミックなオーバーラップで
鋭いカウンターアタックを仕掛けてチャンスを作るなど互角の勝負を演じてまして、見ていてとても面白かったですね。

ここ数試合で本来の力を存分に発揮して好調を持続してる印象のベイルですが、この試合も積極果敢に攻撃参加してました。
ファーサイドへのフワっとしたクロスと、ニアに低くて速いアーリークロスを織り交ぜる工夫も見られ、光ってましたね。
同点ゴールも彼の頑張りから。モドリッチからパスを受けるとDF2人のマークをものともせずにドリブルで強引にしかけて、
中央のデフォーへ絶妙なパス。これをデフォーがワントラップしてここしかないというタイミングで豪快に振り抜く同点弾!
決めたデフォーも流石の仕事ぶりですけど、お膳立てのアシストをしたベイルを褒めたい。これ以外にもあと一歩でアシスト…
という場面が何度もあり、彼の貢献度の高さには目をみはるものがあります。後半は攻撃もほとんど左サイドが起点でしたしね。

何よりベイルがいいなぁ~と思うのは、試合が終わった時に彼のユニフォームはいつも泥だらけで汚れてるんですよね。
この日も例外じゃなくて、泥とかラインの白い粉がユニフォームにビッシリとついてたりする。こういうの僕は凄く好きです。
サイドバックなんだから当然といえば当然ですけど、やっぱり「戦ってる」証だと思うんですよ。それだけ体張ってるって事だし。
テクニックある若手って得てしてキレイなプレーに走りがちだけど、ベイルは違って、ひたむきさとプレー出来る喜びみたいなのを
しっかり感じる事が出来る。こういう選手ってやっぱり(特にイングランドでは)ファンは評価しますし、チームには欠かせない。

まるでオセロのような…
後半はデフォーのゴールもあり同点に追いついてからもチャンスが多く、一気にひっくり返せそうな雰囲気はありました。
この日はほとんど脅威になっていなかったクラウチの曲芸のようなリフティングから、相手のハンドを誘いPKゲットの場面が
ありましたが、これはハドルストンが止められちゃいましたけど、モドリッチに代わって入ったニコの強烈なシュートも惜しかった。
前半は孤立していてほとんど消えていたデフォーが得点を獲ってから急に活き活きとしだすところなんかがフットボールの
面白い部分だなぁ…と思ったり。完全に劣勢だったトッテナムが、後半には逆に押せ押せで終盤のボルトンはあっぷあっぷ状態で、
まるでオセロのような試合でした。盤面のほとんどが白で覆い尽くされてたのが、みるみるうちに黒に変わっていくような。
何がキッカケで一気に形勢が逆転したのかはよく解らんのだけども、流れを引き寄せた選手達の頑張りは見事でした。

余計な再試合がまた増えてはしまいましたが、苦手なリーボックで引き分けに持ち込み、これで再戦はホームで戦える。
相手の屈強なフィジカルファイトにも粘り強く対処し、1失点で凌ぎきった守備陣もよくやったと思うので、よしとしましょう。
クラウチを経由しない攻撃の方が得点の臭いがするので、彼の使い方はもう少しチームで再考する必要がありそうですし、
キッカーを変更しても失敗するPKだったり、ツッコミどころもありますが、内容よりも結果重視のカップ戦ですから、
ここで敗退が決まらなかったのをポジティブに捉えてもいいんじゃないでしょうかね…って感じで今日は〆ます。

今日のGood ベイル。失点の場面は残念だが、攻撃面では存在感タップリでアシストを記録
今日のBad  クラウチ。ほとんど相手の脅威にはなれず、沈黙した印象。

| マッチレポート | comments:7 | TOP↑

次の対戦相手は、フルハムになりました。またチェルシー対シティ・ストーク、レディング・ウエストブロム対パレス・ヴィラ、ポーツマス対バーミンガムに決まりました。チェルシーじゃなくてよかったです。

| スパーズとミラン | 2010/02/15 12:38 | URL |

>スパーズとミラン さん
確かにチェルシーが一番難しい相手であることは間違いないんですけど、一発勝負のカップ戦において簡単な相手
というのは実は存在しません。優勝を目指すのであれば遅かれ早かれ当たるわけで、どの相手でも打ち破らないといけませんからね^^ 
僕は敵地のフルアムも十分怖いと思いますよ。まぁ、その前にボルトンとの再戦に勝たないと話が始まらないんですけどね(笑)

| 管理人 ゆーや | 2010/02/15 20:51 | URL |

とにかく負けなくて良かった。そう思わせてくれる試合でした。後半の出来がよかったからですかね。
エコトの離脱がベイルの力を引き出してくれましたね。実に頼もしい限り。かなり自信付けたんじゃないですか?足はやいっすよマジで。直線のかけっこならレノンといい勝負なんじゃないでしょうか。

| KTA | 2010/02/16 00:15 | URL |

クラウチのどこがBAD?
モドリッチよりも遥かに仕事してましたよ(笑)

| クラシッチ | 2010/02/16 13:35 | URL |

確かにベイル泥だらけですね笑
パラシオスも常に汚れているイメージがありますね。
ベイルはスピードもありますが90分間走り続けるスタミナもあるんだなーと最近は感心しています。

あと遅ればせながらブログ開設2周年おめでとうございます!
ゆーやさんのブログ訪れたのもカーリングカップ制覇したときあたりだったと思うので、今度はFAカップを制覇してもらいたいものです。

| ブノワ | 2010/02/16 20:32 | URL |

>KTA さん
僕も勝てなくて残念より負けなくて良かったという気持ちが強かったです^^ 前半は酷かったですからねぇ。
ベイルはちょっとだけ覚醒したかな…と。足速いですよね♪届かないだろってボールにも猛然と走り込んで
届いちゃいますからね。レノンが戻れば両翼からガンガンしかけたら見応えありそうですね。

>クラシッチ さん
ふむふむ。確かにモドの出来も悪かったので悩みはしましたよ、僕も。ハッドと前半だけならデフォーですら
僕の中ではBad候補でしたから。ただ、少なくともクラウチがモドより「遥かに」出来が良かったとまでは思いませんでした。
せいぜいどんぐりの背比べレベルかな・・・と。まぁ、ここら辺は人によって感じ方が違いますし、どれが正解というものでは無いですが^^ 
あ、余談ですけどクラシッチはいい選手ですね。個人的には好きなタイプです(笑)

>ブノワ さん
ベイルいつも泥だらけですよね^^
もちろんパラシーもですが、僕は基本的に頑張る選手が凄い好きなので、感心しちゃいますね。
お祝いコメントもどうもです。FAカップは是非とも欲しいですね。あのファイナルの興奮はやっぱり別次元ですからね^^ 

| 管理人 ゆーや | 2010/02/16 20:51 | URL |

>クラシッチさん
モドリッチは直前まで風邪で不調だったので、たぶん無理して出たのでは?
好調ならば、当然間に合うはずのボールにも走らなかったですね。もどかしさを感じました。
現状で比べるなら、クラシッチは良い具合のようですね。

| tassi | 2010/02/18 00:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。