PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【FAカップ】トッテナム vs ボルトン 再試合

FAカップ 5回戦(再試合)

Tottenham 4 - 0 Bolton 
         
Stadium:ホワイトハートレーン

              前半   後半   合計                               
トッテナム  2  2  4            
ボルトン  0  0  0
得点
Spurs:パブリュチェンコ2、O.G(ヤースケライネン、オブライエン)
Trotters:

0910 FA 5
Sub:アルニック、デルビテ、エムポク、ケイン


ホームで行われたFAカップ5回戦再試合は4-0の完勝。既にフルアムとの対戦が決まっている準々決勝に駒を進めています。

完勝でしたね。カップ戦なのでとりあえず勝てれば内容云々はあまり問う必要は無いかな…と個人的には思っているので、
勝利出来たことにまずは一安心。印象としてはトッテナムが良かったというよりも、ボルトンのやる気の無さが目立ちましたね。
ボルトンは現在降格圏のボトム3に沈んでますし、週末には降格を争う直接のライバルであるウルブス戦もあることから、
とてもじゃないけどFAカップどころではないぞ…というのが、スタメンであったり90分間を通してのピッチに如実に表れていました。
4点差という大差がつきましたけど、さもありなん。そもそも勝つ気が全く無い相手。そういう意味では順当の結果と言えるでしょう。

エコト復帰とサプライズの右サイドバック起用
そんな試合の中で、まずはポジティブな面から。負傷離脱が続いていたエコトが12/29のウエストハム以来、久しぶりの復帰。
今季は開幕から不動のレギュラーとして君臨してきたエコトが、大事な終盤戦を前に戻ってきてくれたのは朗報ですね。

ただ、彼が抜けている間にベイルが素晴らしいパフォーマンスで、エコトの穴を埋めて余りある活躍をしていたもんですから、
復帰したエコトが即レギュラーに復帰!となるかは怪しいところ。それが、この日の起用法にも見て取れます。なんと右SB起用。
負傷を抱えながらプレーしているチョルルカはなるべく酷使したくないという現状から温存。しかも右SBの控えがいない。
ということで本来は左SBであるエコトを逆サイドのSBで起用したわけですが、この起用には驚きました。その手があったか…と。

ただ、この試合を観る限りですが止めとけ…と思いました(笑)左利きですし、慣れないポジションということを差し引いても、
ポジションの取り方が中途半端に中に絞り過ぎで危なっかしくて観てられませんでした。体の入れ方なんかも窮屈そうでしたし、
時折前線にクロス挙げてましたが、左足で挙げる為に必然的に中央に一回切り返さないといけないし、DFから見て出所が見える為、
全く脅威にならない。試合から遠ざかっていたこともあるし、ベントリーとの連携もイマイチなので仕方ない部分はあるけど、
この先の試合で彼を右SBで起用するのはかなり危険というか、彼の良さが出ないだろうな…というのは容易に想像がつきますね。
とはいえ、2ヶ月ぶりの実戦復帰で90分間フル出場ということでコンディションは戻りつつあるようで。彼の復帰で層の厚みは出ますね。

パブリュチェンコが好調をキープ
相手も積極的に勝ちにこだわっていなかっただけに、早めに先制してサッサと楽な展開に持ち込みたいと思っていたんですが
いい時間帯でパブリュチェンコが決めてくれました。モドリッチが相手ボールを奪ってからのショートカウンターでしたが、
グングン前に仕掛けて相手の嫌がるここぞ!というタイミングでパスを供給するモドリッチと、パスを受けてからDFに寄せられながらも
独力で打開し、冷静にゴールに流し込むパブリュのテクニックが巧くシンクロして生まれたゴール。非常にお見事でしたね。
パブリュは序盤から体のキレの良さを窺わし、好調を維持していた印象。コンビを組むデフォーとの関係性も良かったと思います。
互いに持ち味を引き出し合えるコンビですね。昨季も数度組んでますが、クラウチとはまた違った特徴を持っているので、
これはこれでいいんじゃないかという気がします。現在の好調さからも使わない手は無いので、週末のエバートン戦も同じでいいかも。

パブリュは後半にも、モドリッチと連携の良さを見せポストプレーからモドのシュートを引き出す動きをして見せたり、中央にドッシリ
構えるだけで無く、巧くサイドに流れ起点になったりという動き方が良かった。こういうのはクラウチにはあまり出来ない芸当なので、
モドリッチら中盤と絡んだ前線の流動的な攻撃には彼の起用は効果的だと感じます。クラウチに比べ、よりプレーの幅が広いというか。
ここ最近はクラウチの高さ頼みになりつつあり、それが思うような成果を挙げられなくなりつつあったので、パブリュを起用する事で
また違うオプションなり、攻撃の形が出来てくれば心強いですよね。膠着したらクラウチ入れて高さを活かすのもアリだし。
終盤にはダメ押しとなる4点目を決めましたが、これは相手がグダグダとなっていた末のオマケとはいえ2試合連続の2得点はお見事。

ニアサイドに速くて低いクロス
この日の4得点のうち、パブリュが決めた2ゴール以外の得点は相手のオウンゴールによるもの。それもどちらも同じような形。
一つ目はCKの工夫から。CKのキッカーだったモドリッチが単純にゴール前に放り込むのではなく、中盤で待つハドルストンへ、
ハッドはシュートを打つと見せかけて、右サイドでどフリーで待つパラシオスへ散らし、パラシオスは低くて速いシュート性のクロス、
これが詰めたデフォーをケアしに出たGKヤースケライネンの足に当たってゴール…と。一連の流れが素晴らしかったんですが、
雨でスリッピーな状況を活かして、ニアへの低いクロスを選択した判断が良かった。二つ目も左サイドをドリブルで仕掛けたベイルが
同じくニアにグラウンダーのクロス。これを相手がカットミスしてオウンゴール。中との息は合っていなかったですけど、
ニアへの速いクロスってDFも守りづらいですし、誰かに当たればゴールって確率も結構あるのでドンドン狙っていくのも面白い。
この日はピッチの両幅を広く使って攻める事が出来ていたと思うんですけど、せっかくサイドを割ってもクロスの精度が低ければ
なかなかゴールには繋がらないもの。結果的には相手のオウンゴールになりはしましたが、狙いとしては悪く無かったです。

前半を2-0で折り返したことで、後半からはデフォーやパラシオス、ベントリーら主力を休ませながら、グジョンセン、ローズら
出番が少ない選手を試す事が出来ましたし、かなり早い時間帯に追加点も決まったので後半はとても楽な展開になりましたね。
3-0となってからは明らかに両チームが省エネモードに突入し、まったりな(非常につまらない…笑)試合になりましたけど、
全体的には試合をコントロールし、余計な消耗もせずにしっかりと勝ちきる事が出来たことは評価してもいいと思いますね。

ただ、前述したようにボルトンがこの試合に重きをおいておらず(K・デービス、イ・チョンヨンら主力数名を先発から外した)、
シチュエーションがトッテナム有利であったので、4-0の完勝とはいえあまり過大評価してはいけないかな…とも思います。
前半にはベイルやモドリッチが軽率な横パスをカットされてあわやの場面も作られてました。失点にこそ繋がらなかったものの
ビッグクラブはこういう機会を逃してくれるほど甘くはありません。今後は勝ち点を落とせない状況が続くわけで、こういう
単純なミス、自分たちで墓穴を掘る様な軽率なプレーを減らしていかないと。緊迫した場面では、命取りになりかねませんからね。

今日のGood ゴメス。何度かあった相手の決定機を安定したセービングで防ぎ、クリーンシートに貢献
今日のBad  エコト。久々の実戦、慣れないポジションという面を差し引いても不安定なパフォーマンスだった

| マッチレポート | comments:6 | TOP↑

パブリュ、ちょっとずつスタメン確保の臭いがするようになってきたんじゃないでしょうか。嬉しいです。
ここ最近出場した2、3の試合を見ても、ゴール数は相当なものですし、かなり期待できそうですね。
モドリッチやベントリーと息が合ってるのは、鳴り物入りで入団しながら最下位低迷で叩かれて苦楽を共にした体験からしてるのかな、なんてどうでもいいことを勘ぐったりしています。笑
きっとエヴァートン戦でも鍵を握るのはパのはず!



PS.雪国にお住まいのゆーやさん、つい先日、僕は米沢あたりに旅行しましたがひょっとして近くだったりしますか?笑 人生初の雪国は、関東は町の景色も全然ちがくて新鮮で楽しかったです☆

| sini | 2010/02/26 04:28 | URL |

パブ最高!終盤戦で新しい攻め方が出来たのは心強いですね!

| まな | 2010/02/26 12:42 | URL |

パブはクラウチとの違いを見せたが、正直真価を問われるのはこれから。エバートン戦、果たしてどっちを使ってくるか。非常に楽しみですね。
グジョンセンも時折いいプレーを見せてましたし、4人をいろんな組み合わせで回せれば、キーン・ベルバ・デフォー・ミドの時代に迫れるかも。

| KTA | 2010/02/26 14:51 | URL |

今までの扱いを考えると、パブリュは上出来だと思います!
あとはこれに満足することなくチームに貢献、ゴールを狙って欲しいですね♪

あと王子&パブリュのワンツーからシュートまでもっていった後の笑顔のタッチは見てて気分良かったです(笑)

| Teddy | 2010/02/26 21:28 | URL |

完勝バンザイ!
試合を観るのはこれからなんですが、やっぱり失速した時期こそそれまでの控え選手の爆発が大切、というのを改めて実感させてくれるような展開だったみたいですね。

パブリュはこれからだ楽しみだーw
クラウチは是非今後奮起して欲しい!

・・・まったく、贅沢な悩みですw

| 白面 | 2010/02/26 21:46 | URL |

>sini さん
2試合連続の2ゴールですからね~^^ 先発奪取も見えてきたかもしれませんが、上位クラブ相手にどれだけ出来るか…ですね。
そういう意味ではエバートン戦はいい試金石になるかもですね♪
確かにパブリュは昨季の暗黒時代(笑)をくぐってきた同士ですからね^^ 
今季干されてた鬱憤を残りシーズンで存分に晴らしていただきたい。

P.S 米沢ですか~いいですね♪やっぱり牛ですか、牛(笑)僕はもっともっと北ですよ^^

>まな さん
パブリュは、またしても良かったですね。彼はクラウチとはまた違った特徴持ってますからね^^
巧くはまれば新たな攻撃の形を見せてくれるかもしれませんね♪

>KTA さん
同感ですね。確かにここ2試合のパブリュは素晴らしいですが、格下相手、或いはカップ戦を重要視していない相手でしたから、
真価が問われるのはエバートン戦かな…と。なので是非先発で観たいです。動きもいいですし、彼自身が自信を
取り戻しつつあるので今は彼に賭けてもいいような気はしますけどね^^

>Teddy さん
確かに上出来…いや、出来過ぎだと思いますよ♪僕もこれに満足することなく残りシーズン存分に暴れて欲しいなぁと思います。
彼が奮起することでクラウチやグジョンセンにも危機感や刺激を与えられチームの底上げに繋がるように感じます。
王子とパブリュの笑顔は癒されますからもっと観たいですね^^

>白面 さん
もう試合観られたでしょうかね^^きっと楽な気持ちで観ていられたものと想像いたします。
僕も誰かが調子落としたら、代わりに誰かが出てくる…というのがチームにとってとても大切と感じます。
デフォーは一貫して軸。序盤はキーン、中盤はクラウチが頑張ってくれたので、終盤はパブリュの番でしょう!期待したいですね^^

| 管理人 ゆーや | 2010/02/27 19:51 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。