PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

トッテナムに残りたい!

連勝を5に伸ばし、今季リーグ戦での連勝記録を更新したポーツマス戦を終えての監督のコメントから。

High fives from Harry (tottenhamhotspur.com)
指揮官レドナップはしっかりと勝ち切り、5連勝を達成したチームに手応えを感じている様子。
現在の我々のチーム状態は素晴らしいな。難しいと思っていた敵地でのストーク戦、FAカップでのフルアム戦に勝てた。
この日の勝利で連勝も続き、4位争いでも優位に立てているんだからね。ただ、この日の試合は決して簡単なものじゃなかった。
前半には(ゴメスが防いでくれたものの)相手に2度の決定機を作られたし、後半はパフォーマンスも落ち、尻すぼみになってしまった。
誰もが簡単に勝てるだろうと言うが、ポーツマスはアウェーでも結果を残しているし、グラントの作る手堅いチームを破るのは
困難な事なのだ。結果的に勝ち点3を奪う事が出来て何よりさ。このままの成績を維持して行けば、今後に向けて期待が高まるね。
(レドナップ)

アストンビラは敗れたものの、マンC、リバプールは共に3-0で快勝し、ピタリと背走してきていますから、3ポイントをしっかりと
積み上げる事が出来たのが良かったですね。これでリーグ戦5連勝ですが、まだ楽観するのは早いし、アドバンテージすら
握っていないというのが僕の認識です。今後は更にタフな相手が続くわけで、ビラはちょいと脱落しかけてる印象がありますが、
マンC、リバプールも含め今後そんなに勝ち点落とすとは思えないですからね。ここからが本当の勝負。気を引き締め一戦必勝。

Gareth 'amazing' - Harry (tottenhamhotspur.com)
お次もレドナップのコメント。最近、印象的な働きを見せてるベイルを称賛。将来への更なる飛躍に期待しているようです。
ベイルにはいつも驚かされるよ。もの凄いテクニックを持ち、素晴らしい才能を秘めているし、優れたアスリートでもある。
186cmの恵まれた体躯に、素晴らしい左足。無尽蔵のスタミナに、ドリブル、クロス、パス、ヘッドに至るまですべてが一級品ときた。
彼が何より凄いのが運動量だ。果敢に攻め上がったと思えば、全力で守備に戻る。そして、また前線に駆け上がるんだからね。
50m以上の距離を走った直後に、再び同じく駆け上がることなんてそうそう出来やしないんだが、彼はなんなくこなして見せる。
なんたって彼はまだ20歳と若い。(ダブル達成時のレジェンドでありウェールズ代表だった)クリフ・ジョーンズも綿に言ったよ。
”彼ならばウェールズ代表史上初の代表100キャップ達成も可能だ”とね。怪我さえ無ければ、末恐ろしい選手になるはずさ。
(レドナップ)

度重なる負傷の影響や、守備面での不安が指摘され、今季序盤はエコトに奪われていた先発の座も完全に奪い返した印象で、
最近の攻守に渡る存在感はチームの中でもひと際輝いていますね。間違いなくシーズン後半戦のMVPと言える程の活躍ぶり。
これぐらいはやってくれるし、出来るはずの選手なので驚きは無いんですが、彼の真価が問われるのはビッグ4との3連戦でしょう。
格上である相手に対して、本来のダイナミックな攻撃参加であったり、守備が通用するか…。ここが一番興味深いところです。
加入直後にはノースロンドン・ダービーで直接FK叩きこんでますし、現在のベイルのパフォーマンスをしっかりと見せられれば、
チェルシーやマンU、アーセナルを相手にしたって互角以上に渡り合えるはずです。非常に楽しみだし、期待したいですね。

気になる負傷者の近況ですが、朗報が二つ。

Defoe ready to return (Sky)
Michael Dawson boost for Spurs as defender looks set to face Sunderland (dailymail)
ハムストリングの負傷でここ数試合欠場しているデフォーが次節のサンダーランド戦での
復帰を示唆。また、ポーツマス戦でアキレス腱を負傷して交代したドーソンもスキャンの結果、大事には至っていない模様です。
サンダーランド戦前日のクラブからの公式ニュースが出るまではハッキリとは解りませんが、揃って出場の可能性も高そう。
デフォーは前線の、ドーソンは守備陣の軸とも言える存在だけに、この二人が出場OKとなれば非常に頼もしいし、助かります。

Gudjohnsen reveals deal in place to extend Spurs stay (mirror)
モナコからローン移籍で加入したグジョンセンですが、来季以降もトッテナム残留を希望していることを示唆。
僕はここ(トッテナム)での時間を楽しんでいるよ。”出来るだけ試合に出場して、チームを助ける働きがしたい。”
それこそが僕がここに来た理由さ。違う地でプレーしていても、ずっとイングランドが恋しかったし、今は本当に充実してるんだ。
上手くいってるチームに途中から加わるのは簡単なことじゃないけれど、現在の自分の働きぶりにはまずまず満足しているよ。
今は家族と離れて生活しているんだけど、願うならば完全移籍となって家族みんなを呼び寄せて一緒に暮らせれば…と思っている。
でも、こればかりは僕が決めることじゃないからね。僕は今季終了までのローン移籍。その後の事は両クラブが決める事さ。
一応、ローン期間を延長するオプションはついてるんだけど、どうなるかは解らないね。僕は成り行きを見守ることしか出来ないよ。
(グジョンセン)

どうなるでしょうかねぇ…。彼の経験や、複数ポジションこなせる柔軟性だったり、ここぞという場面での仕事ぶりを見るにつけ、
個人的には残って欲しいという気持ちが増していますけど、パブリュの移籍の有無や、現在ローン移籍中のキーンの処遇に加え、
チャンピオンズ・リーグの出場権を確保するか否か等…様々な要因で状況が変わってくると思うので現段階では読めませんね。
モナコもローンバックを望み、プレミアの数クラブも獲得に興味という報道もあるので、今夏の動向には注目です。
ただ、残留を希望してくれているのは嬉しいですし、是非残り試合でインパクト残して完全移籍を勝ち取ってくれれば…と。

| Article | comments:4 | TOP↑

ドーソンとデフォーの復帰は大きいですね! キャッツ戦を前に朗報が入ったのは喜ばしいかぎりです。

勝手な予想ですが、残り数試合でリヴァプールが得る勝ち点は+15(チェルシー戦以外すべて)、シティは+11くらいだろうと思っています。
対して、スパーズは+12の勝ち点を稼げれば四位入りは充分可能なのではないかと。
バーンリー戦とボルトン戦で確実に+6、黒猫戦とシティ戦でなんとか合わせて+3、3強連戦で厳しいかもしれませんが最低+3を積み込みできれば。

ここ数年大敗を繰り返してるオールドトラッフォードはいさぎよく諦めて(笑)、残り六試合を堅実に戦っていければチャンスをものにできるはずです。

| sini | 2010/03/31 10:24 | URL |

>sini さん
ドーソンとデフォーが次節出れそうで心強いですね^^ 
残り試合の見立ては概ね同感で、僕は69~70ポイントが境目となるかな…とふんでます。逆に言えば70ポイント積んで
4位に残れなければしょうがないと諦めもつきますわ(笑)なので、残り7戦でいかに12ポイント積むか。
3勝3分け1敗(最悪でも3勝2分け2敗)ぐらいのペースで行ければなんとかなるかもなぁ・・・と。恐らく3敗したらアウト。

バーンリー、ボルトン、サンダーランドから9ポイント積めればだいぶ楽になりますね。
地獄の3連戦よりかは、直接対決となるマンC戦の結果が大きく左右するかもしれません。
ただ、こういう星勘定ほどアテにならんものは無いので、一戦必勝で目の前の試合に全力尽くして勝ちに行ってほしいですね。
もちろん、FAカップのタイトルも含めて。

| 管理人 ゆーや | 2010/03/31 22:58 | URL |

ホワイトハートレーン見学だったんですけど現地のトッテナムで働いてるトレヴァーさんがガイドをしてくれてボクがトッテナムのユニを着て行ったら大変喜んでもらいました。見学ではベンチに座らしてもらったりロッカールームに入れてもらいました。
すると次の日トレヴァーさんが予定のないスパーズロッジも案内してくれました。
するとケガの治療してるジーナスが練習してました。
遠くから見ていて叫んでたら
何とトレヴァーさんとコーチのクリスとペリー(コーチは2回練習教えてくれた人です。)がサプライズでボクにハドルストーンとジーナスのサインをいただきました。それで室内練習場を見た帰りにジーナスも練習終わりだったのでトレヴァーさんが『写真撮らしてやるから来いよ』って言ってくれてその時の3分間ぐらいが人生で一番緊張しました。
まだケガが完治してないのかふとももを押さえたままトレーナーと話しながら僕に近寄ってきてくれて2ショット撮らしてもらいました。
本人を前にしたら感無量でセンキューしか言えませんでした。写真を撮り終えてバスに戻るとすると車からパラシオスが降りてきて手振ってくれました。本当この日は夜寝れなかったです。

ポーツマス戦はなんと一階席コーナー前の三列目で見れました。
アップから見せてもらってキーパーが先にやってて生ゴメス上手すぎです。するとドーソンを筆頭にロッカールームから出てきてファンが拍手で迎えました。
選手がアップを終えて帰ってちょっとしたらCOMEONYOUSPURSの大合唱で選手を待ちました。日本と違ってみんなで歌うのがさすがイングランドだなって思いました。
試合は最初ハラハラしました。
けどベイルがボールを持つ度にサポーターが期待してるのが分かりました。それに答えたベイルのアシストは見とれてしまいました。
点入った瞬間みんなで立ち上がり叫んだのが最高に気持ちよかったです。
クラニチァール点取っても古巣からか喜び方を考えてるところが良かったです。
後半はファンの暖かさに感動しました。
度重なるケガで試合中断がある中日本やったら『早よ立て』やブーイングなどするところを立って拍手したときファンじゃないサッカー部の友達も感動してました。
上手くまとめられないですけどトッテナムファンになれて良かったと本当に思いました。
トッテナム愛深まりました。

| ベイル | 2010/04/01 00:10 | URL |

>ベイル さん
お帰りなさい♪色々と貴重な経験が出来たようで良かったですね!感想どうもです^^
特にJJとの記念撮影ってのは羨ましいですね~。僕も同じシチュエーションになったら「サンキューベリーマッチ」の一言しか言えなさそう(笑)

まとまっていない文ですけど(笑)逆に興奮や感動がダイレクトに伝わってきて、とってもいいですよ^^
ベイルさんにとって、一生忘れない宝物になったことでしょうね♪
スパーズ愛が深まったとのことで、嬉しく思います。

| 管理人 ゆーや | 2010/04/02 01:14 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。