PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファイナルまで、あと一つ

ベックフォードの活躍により大苦戦したリーズ戦、タフなフィジカルファイトを粘り強く耐え抜いたボルトン戦、ギリギリの攻防を
なんとか制したフルアム戦…。今季のFAカップのここまでの道のりは長く険しいものでした。なんたって3戦連続の引き分け再試合。
どんだけ試合数増やすんだよ!というツッコミはありますが、裏を返せば昨季までだったら落としていたであろう苦しい試合の数々を
なんとかドローに持ち込むタフさを身に付けた証明だったのかもしれません。それも怪我人が続出する苦しい台所事情の中で。

二兎追うものはなんとやら…とはよく言ったもので、二つの目標を掲げ、そのどちらも貫徹するのはそんなに簡単ではありません。
しかし、現在のトッテナムなら、そのどちらも達成する可能性は十分にあるはず。極めて困難なタスクではあるが、そう信じたい。
リーグ戦は来週から、いよいよ上位3強との3連戦。だが、まずは目の前にある試合に全力を尽くし勝ちきる。それが大事。
ポーツマスとのFAカップ・セミファイナル@聖地ウェンブリー。情けは無用。そもそも我々にそんな余裕は無い。一戦必勝。勝つべし。

Pav intent on Cup glory  (tottenhamhotspur.com)
ここまでのFAカップ6試合で4ゴールを挙げているパブリュチェンコ。念願のタイトル奪取へ並々ならぬ強い決意で臨みます。
FAカップのタイトルへの道のりは果てしなく長い。だけど、僕らはセミファイナルまでたどり着いたんだ。この場所で戦える
クラブはそう多くは無い。だからこそ、僕らはここで満足する事無く、何としても絶対にタイトルを勝ち取らないといけないんだ。
ウェンブリー・スタジアムは僕が今までプレーしてきたスタジアムの中でも最も素晴らしく、全ての選手が憧れる場所さ。
多くの観客で膨れ上がった夢の舞台で戦う事が出来るなんて最高の気分だよね。そして、リーグ戦とは全く違った戦いになる。
カップ戦は一発勝負。ここまで来ればどこにもチャンスはあるし、簡単な試合にはならないはず。自分たちの力を信じて頑張るのみさ。
(パブリュチェンコ)

なんとなく…ですが、パブリュは先発起用される気がします。そして、ファイナルに導くゴールを決めてくれる。そんなイメージが
頭の隅から離れません。クラウチもいるし、グッディもいる、もちろんデフォーも。それでもパブリュがやってくれそうな気がする。
思えば昨季もカップ戦ではゴールを量産してくれました。そして、今季も。誰よりも期待したい。「スーパーパブ」、頼むぞ!

Wilson's tightrope (tottenhamhotspur.com)
現在パラシオスはイエローカードが累積9枚。あと1枚貰えば2試合の出場停止。しかし、4月の第二週(すなわちあさって)を迎えれば
通算15枚までは累積停止を逃れる事が出来ます。言わば、現在のパラシオスは首の皮一枚でギリギリ助かっている状態。
最後に警告を受けた2/14以来、この難しい状況で試合をこなしているパラシオスが「綱渡り」の心境を語っています。
最後の6~7ゲームは本当に難しかったよ。特に僕のようなポジションだと、どうやったってカードは避けられないからね。
あと1枚貰ったら2試合出れなくなるのは解っているから、いつも以上に気を遣いながらのプレーをせざるを得なくてしんどかったよ。
明日のポーツマス戦はリーグ戦で勝った時ほど簡単な試合にはならない。あの時の彼らは負傷での離脱者が多くいたからね。
そこから何人かのキーマンが戻ってくるし、カップ戦は一発勝負だから、彼らはここに賭けている。タフなゲームになるよ。
(パラシオス)

さすがに何試合かは温存したし、彼自身の怪我もあって出ていない試合もありますが、それでも2カ月カード無しは奇跡的(笑)
基本的に彼のプレースタイルだったり、ポジション、役割はイエローカードを恐れてられないわけで、その中でなんとかかんとか
ここまで耐え凌いできたのは流石…というか幸運です。絶対、どこかで貰うと思ったもんな…。いや、素晴らしいです。
ここのところパラシーの動きが心許無いなぁ…と思っていたんですが、それもこういう事情を鑑みれば責められない気もする。
まぁ、そもそも守備的なセントラルMFの層が薄いのに補強を怠った(オハラのローン含め)ツケが回ってきただけなんですけどね。
この累積の呪縛から逃れたら、あとは思いっきり暴れてもらいましょう。地獄の3連戦、彼が中盤を制圧してくれるはず!

TEAM NEWS
先日お届けした通り、レノンが待望のトレーニング復帰。ポーツマス戦での実戦復帰の期待も高まりましたが、レドナップは
「万全な状態で復帰させる、強行出場はさせない」と慎重な構えで、今回は恐らくベンチメンバーにも含まれない模様。
また、負傷離脱中のドーソン、ハドルストン、ジーナス、キング、チョルルカの5名は当日のコンディション次第となりそう。
レノンも含めて主力級の6人が復帰となればこれ以上の追い風は無いですし、このポーツマス戦では1~2人の復帰に留まっても
これから続く上位との連戦には間に合いそうな雰囲気が出てきたのはポジティブなニュースです。いやぁ、これは嬉しい。
長期離脱中のウッドゲート、クディチーニは引き続き欠場。K・ウォーカー、カブールはカップタイドの為、出場不可です。

予想スタメン:Gomes, Ekotto, Dawson, Bassong, Bale, Bentley, Palacios, Modric, Kranjcar, Defoe, Pavlyuchenko.

微妙と言われている5名のうち、何人が出場にこぎつけるかによってメンバーは変わってくると思います。ドーソンかキングの
いずれかが戻ってきてくれればバックラインはなんとかなりそうですし、ハッドがOKならばモドリッチを一枚前で起用出来て
格段にバランスの良い布陣が組めるでしょう。あとはそこにレノン、チョルルカらが戻ってくれば今季最強のスカッドに。

まぁ、ここまで来ればもう勝ちたいという想いが上回った方が勝つと思います。選手たちも口を揃えている通り、相手が最下位の
ポーツマスとはいえ、楽に勝てるとは思わない方がいいでしょう。彼らはここに全てを賭けてるはずで、モチベーションでは
むしろ彼らが上回っているかもしれません。だからこそ、強い気持ちで試合に臨まないと、あっという間に喰われる可能性もある。
リーグ戦での対戦など度外視。ここはチーム一丸でこのタイトルに向けての気迫、意気込みを見せて欲しいところです。
しっかりと勝ち切って、国内カップ戦3年連続(FAカップに限れば1991年以来19年ぶりの)ファイナル進出を果たしましょう!

| Article | comments:4 | TOP↑

前回の敗戦ショック&年度初めで、ほとんどここまでチェックもできず過ごしておりました(苦笑)

この一戦から先は、アドレナリン常時出っぱなしで全員戦ってくれること、後悔しない戦いができること、それだけを望みます。結果は後からついてくるもんだと思うんですよねw

遠くイングランドへ念波(笑)を送りましょう!

| 白面 | 2010/04/10 18:57 | URL |

最初日程みた時、これはいぢめか?!と思った魔の三連戦がついにやってまいりましたねぇ(笑)

なんとか乗り越えてほしいもんです。

| きーん | 2010/04/10 19:48 | URL |

いよいよ明日から始まりますね・・・。今週は胃が痛くなる1週間となりそうですが、とりあえずポンペイにガツンと勝ってロケットスタート決めちゃいましょう!

| もみじい | 2010/04/10 22:03 | URL |

>白面 さん
この時期は何かと忙しいですよね~。なんやらかんやらで飲み会も多いですし…。
さてさて、最大の山場を迎えましたね^^仰る通り、一戦一戦、アドレナリン全開で文字通り「闘う」姿を見せて欲しいですね。
僕もそれが見れれば満足です。それが見られれば自ずと結果もついてくるはずですしね。
必死で念を送りましょう!僕らにはそれしか出来ないので(笑)

>きーん さん
遂に来ましたね~。ですが、まずはFAカップのポーツマス戦!目の前の試合を全力で。これに尽きます。
最高の結果で乗り越えてくれるはずです。信じましょう!

>もみじい さん
僕はもう胃が痛くなってます(笑)まずはウェンブリーで今後に弾みのつく勝利が欲しいですね。
絶対勝つ!信じて待ちましょう^^

| 管理人 ゆーや | 2010/04/11 03:07 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。