PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【FA カップ】トッテナム vs ポーツマス

FAカップ 準決勝

Tottenham 0 - 2 Portsmouth 
         
Stadium:ウェンブリー・スタジアム

              前半   後半   延前   延後   合計                               
トッテナム  0  0  0  0  0                
ポーツマス  0  0  1  1  2    
得点
Spurs:
Pompey:ピキオンヌ、ボアテング

0910 FA semi
SUB: アルニック、エコト、リバーモア、ローズ


トッテナムにとっては1991年以来、19年ぶりのファイナル進出をかけたFAカップ・セミファイナルは0-2で無念の敗北。
両チーム譲らず、延長戦までもつれこんだ死闘を制したのは財政危機による破産から来季の降格が既に決定したポーツマス。
ある意味、失うものが無い捨て身のクラブの、この一戦に賭ける気迫・執念の前に屈し、残念ながらファイナル進出はなりませんでした。

完敗です。決して、内容で劣っていたわけでもなく、一方的な展開だったわけでは無い。失点は「不運」としか言いようの無いもので、
こちらの同点弾は「不可解な判定」により取り消された。放ったシュートは27本。奪ったCKはその数20。120分間攻めに攻め続けて、
最後まで全力を尽くして戦った。それでも、この試合に臨むポーツマスの「戦う」気持ちだけは上回れなかった。だから…完敗。
不利な判定も、滑る芝も含めてこれがフットボールであり、FAカップのセミファイナルというもの。潔く認めるより他は無いでしょう。

劣悪な芝により分かれた明暗
嫌な予感はありました。前日に行われた準決勝のもう一試合のチェルシーとビラの試合を観た時から。とにかく芝の状態が酷い。
思えば先月のカーリングカップの決勝の時もそうでしたが、聖地ウェンブリーの芝は緩く、プレーの度に所々がめくれて、選手の
ほとんどが足をとられてバランスを崩し、転倒する者さえいた。とてもじゃないが、満足にフットボールの試合が出来る状態には無い。
構造上の問題で日当たりが悪いと聞いた事がある。フットボール以外の利用(例えばアーティストのライブ)も多いのであろう。
スタジアム建設の費用を少しでも捻出する為に…という理由は理解できるのだが、「聖地」にふさわしいピッチコンディションとは
言えないというのが僕の感想だ。この日の観衆は8万5千人近く。素晴らしい雰囲気だっただけに、その点だけが残念でならない。

無論、芝の状態を敗北の理由にするつもりは毛頭無い。相手だって、同じ条件で戦っているのだから、受けるリスクも50:50。
フットボールの神様、あるいはピッチに棲む魔物(まぁ、この際どっちでもよいのだが)のさじ加減一つで、僕らの愛するクラブに
利する可能性もあったわけだ。この手の類のアクシデントもフットボールを彩るファクターの一つだから…と諦めてはいるが、
せっかくの華やかな舞台、そして緊張感のある好ゲームの結末が、ピッチ状態の不備によっていくらか左右されてしまうのは、
ほんの少しだけ残念な気持ちが残る。改善出来るのであれば(いや、改善出来るはずだ)早急になんらかの手を打つべきだと思う。

試合中のほとんどの場面で、劣悪なピッチに選手たちが四苦八苦していた。踏み込んだ足が滑り、体勢が崩れる場面が続出し、
ヒヤヒヤしたもんです。特にDFは気を使ったと思いますよ。自陣深くの位置で芝に足をとられて転ぼうものなら、決定的なピンチ。
あぁ~こういうアクシデントで試合が変わらなければいいなぁ…という予感は悪い意味で的中。延長戦も半ばに差し掛かった99分、
ボアテングの蹴ったFKのボールがゴメスとDFの間のスペースに。入ってきたピキオンヌのカバーに行ったのは守備の要、ドーソン。

しかし、その刹那。ドーソンが芝に足をとられて転倒。悠々とフリーになったピキオンヌに詰められ、均衡した試合は崩れた。
重すぎる失点。なんという不運。もう言葉にならなかった。この場面、ドーソンは責められない。無論、他のディフェンダーも…。
その後、前掛かりになった隙をカウンターで突かれPKを献上し、試合はジ・エンド。これも仕方ない。1失点も2失点も同じ。
同点を、いや逆転を信じ、狙ったうえでの失点なのでね。ただ、パラシオスは痛恨のイエローカード。これで累積10枚になり、
次節のアーセナル、チェルシーとの連戦は出場停止に。絶対に避けたかった最悪のシナリオが現実に。敗戦共々これには落胆。

怒涛の攻勢に耐えるポンピーが見せた意地
試合のほとんどの時間、トッテナムがコントロールしていたと思います。序盤から素晴らしい立ち上がりで、パスを丹念に回し、
相手の綻びを探しながらポーツマス守備陣に襲いかかった。ドーソン、チョルルカ、ハドルストンの頼れる3人が怪我から復帰して
格段にバランスが良くなった印象で、ポゼッションしてよし、クラウチの高さを使ってよしで、ゴールは時間の問題と思えた。
しかし、とにかくポーツマスの選手全員の気迫、集中力が半端無く、崩してシュートまで持ち込んでもCBのモコエナを中心に
全て跳ね返されてしまった。そして、いつもは肝心な時にポロリをして大いに沸かせてくれるひと際目立つピンクのユニを
身に纏ったドレッドヘアーの守護神もまたこの日は当たっていた。クラウチのドンピシャのヘッダーも、ハドルストンの角を狙った
絶妙なシュートもことごとく掌に収まってしまった。元トッテナムのローシャもベテランらしいいぶし銀の働きで守備陣を支え、
最後の最後の局面でシュートコースに体を投げ出し、ブロックし続けた。そこにはリーグ戦で失点を重ね、最下位に沈んでいる
ポーツマスの姿は無かった。財産管理下におかれても、降格が決まっても、おらがクラブを支えるんだ…とばかりに詰めかけた
大人数のポーツマス・サポーターの声援に後押しされた彼らは勇敢で、勝者にふさわしいプレーを120分間弛まず続けていた。

ガッチリと人数かけて守り、攻撃はピキオンヌとディンダンのカウンター。やっていることはシンプルだったが、もの凄く脅威だった。
時折見せるスピードの乗ったドリブルで何度もヒヤリの場面を作られた。あれだけ、腹をくくって120分間同じ事を繰り返すのは
容易なことでは無い。そういう意味では敵将のグラントの手腕は称賛に値する。限られた戦力で、そして与えられた駒の特性を
しっかりと活かした。試合をコントロールしていたのはトッテナム…と先に書いたが、実は、ポーツマスだったのかもしれない。
指揮官の指示に応えた選手たちも見事だったけど、この日はグラントの手腕の巧みさが際立った試合だったんじゃないだろうか。

トッテナムとしては再三迎えた絶好機のうち、一つでも決めておくべきだった。なんせ、放ったシュートは27本、CKは20本。
怒涛の攻撃を繰り返しながら、相手の攻守があったとはいえ一つも決めきる事が出来なかったのは悔やまれる。あと一歩、あと一歩。
半ば念仏のように唱えるほどに、ゴールはすぐそこだったが、どうしてもネットをゆさぶるまでには至らず。惜しかったなぁ…。

後半の早い段階で、デフォーに変えてパブリュチェンコ、この日は精彩を欠いた右サイドのベントリーからニコへのスイッチ、
ハドルストンからグジョンセンへ変え、より攻撃的に…とレドナップは打てる手は打ったと思うし、スタッツからもわかるとおり
選手たちは本当に、本当によく頑張ったと思う。決定力不足…と言ってしまえばそれまでだが、どんなに猛攻を繰り出しても、
報われない日というのもある。この日はトッテナムの日では無かった。そういうことにした。悔しいけれど、仕方ない…。

幾つかのアクシデントはあったし、結果は望むものとは違ったが、両軍気合が入って、魂のこもった好ゲームだったと思います。
これぞ、FAカップのセミ・ファイナルと言っても過言では無い試合。フットボールの怖さ、面白さが凝縮された手に汗握る120分。
ここまで夢を見せてくれた選手たちに感謝の気持ちでいっぱいだし、勝ったポーツマスには心からの祝福を送りたいと思う。
ポーツマス・サポーターの夢を乗せたファイナルの相手はチェルシー。ここまで来たら、ポーツマスの優勝応援しちゃうかもなぁ。
この日は規約で出れなかったオハラは燃えてる事でしょうね。まぁ、頑張れ。(多くは語らんが…笑)

今日のGood クラウチ。決めきる事が出来なかったが、多くの決定機に絡んだし、競り合いには無双の強さを見せた
今日のBad  ウェンブリーの芝。敗戦の理由にはしないが、酷過ぎる。決勝までにはなんとかするべし…と思う

| マッチレポート | comments:11 | TOP↑

スパーズの選手たちにお疲れ様、ポンピーにはおめでとうと正直に言いたいです。ドーソンのは仕方ないですね…誰も悪くないです。ただパラシオスが…

| ヴァレット | 2010/04/12 02:56 | URL |

ポーツマスおめでとう。決勝もがんばれ。さあ気を取り直してリーグ戦に集中ですね。 リヴァプールは躓いてますがシティが爆発してる! 勿論ヴィラもまだまだ怖い。アーセナルにはいろんな意味で絶対勝つんだ!

| まな | 2010/04/12 07:02 | URL |

ポンピーの気持ちが素晴らしかったというしかないですね。しかし、オハラは良かったですね。チームメイトもオハラをウェンブリ-に決勝戦にオハラを!!という気持ちがかなり強かったようですし。オハラはポンピーで本当に愛されてますね…僕は個人的にスパーズ入団時からオハラが好きです。今ポンピーはあんな状況ですがオハラはグラントのシステム4-3-2-1の3の部分で水を得た魚のように生き生き動いてますし。ポンピーはお金がないだろうけど来季もオハラを中心にチームを組みたいでしょうね。オハラ自身もスパーズに戻るよりは試合出場は叶うし。しかし、ポンピーは二部ですか…いいチームですね。完敗を認めるしかない。

| kmy | 2010/04/12 07:49 | URL | ≫ EDIT

よくやったよ、スパーズは…ミッドウィークはパラシオスが出れない上に、2試合なんで、ガナーズ戦、チェルシー戦が欠場となる?ので、かなりきついですね。でも、もうあと5試合!全力で応援しましょう!!

| スパーズとミラン | 2010/04/12 19:57 | URL |

正直ドーソンには同情します。昨年の準決勝後も勝者敗者ともに芝に注文をつけていましたし、今年のCCファイナルも同じ。FAの収入確保のためになぜ選手が嫌な思いを背負わねばならないのか?

屋根が障害になることは、サンシーロが20年にわたって証明しているというのに・・・・

| aki | 2010/04/12 21:33 | URL | ≫ EDIT

昨日の敗戦はとても悔しかったです。
ボールはキープしていただけに・・・

逆に言えば、キープしていても点に結びつかない。
これが今のスパーズの弱点かもしれません。


パラシオスの出場停止は痛すぎですね。
あ、でも、JJがアーセナル戦から復帰だそうです。
まぁ、復帰したばかりで、すぐに結果を求めるのは酷かもしれませんが、
人手が足りない、という事態は避けられそうです。

しかし、’人手不足は辛うじて避けられた。’という状態で連戦を迎えるとは・・・

| k738373 | 2010/04/12 23:43 | URL | ≫ EDIT

降格するチームとの試合ではないですね
シュート、CKも多かっただけに
いやぁ...ホントに悔しいです、

しかもパラシオスもギリギリでか(>_<)
運が悪いっていうか
審判が悪いっていうか(笑)

でもベイルはさすがでしたね!
守備はちょっとおろそかにしてたけど
攻撃面では中心人物でしたね

3強との試合、、、
少しでも多く勝ち点を!!
ダービーでは勝利を!!!
頑張れ☆スパーズ!!!!!

| たから | 2010/04/13 00:06 | URL |

>ヴァレット さん
同感です。ドーソンは責められませんね。彼の事を思えば胸が苦しくなりますが、ほんの少しの運が無かったですね。
それを引き寄せたのはポンピーのファイト。完敗ですね。

>まな さん
結果は残念でしたが、僕も切り替えています^^ 凹んでいる暇は無いですし、次は嫌でも負けられない相手。
状況は厳しいですが、勝ってくれる事を信じましょう!!

>kmy さん
仰る通りで、ポンピーの気持ちが勝ったということだと思います。オハラにとってはいい結果だったことでしょう(笑)
彼は今季ずっと頑張ってるし、ファイナルの場を与えられて然るべき選手。僕もオハラ好きですし、ウェンブリーでは
昨季のCC決勝のPK失敗の借りを返す活躍を期待したいですね。

>スパーズとミラン さん
僕もそう思います。やれることはやったけど、ポンピーが上でしたね。パラシーについては残念ですが、必死に追った末での結果なのでこれもまた責められん。彼の穴は計り知れず大きいですが、チーム一丸で埋めるしかない!次は絶対に負けられない相手ですからね^^

>aki さん
芝は残念でしたね…。聖地だけに、なんとかならんもんかな…とは思います。

>k738373 さん
僕も結果には落胆してるし、あれだけ攻めながら得点奪えなかったことは悔しいんですけど、ポンピーの気迫が凄かったので仕方ないのかな…と。
パラシーの穴は痛いですよね~。正直JJじゃ、なんのアドバンテージにもならん(笑)
が、彼の復帰は大きいし、ダービーに強い男なので、期待はしてます^^ 厳しいですが、勝ちますよ!信じましょう!

>たから さん
やっぱりリーグ戦とカップ戦は別物ですね。ポンピー、強かったですもん。判定には文句言いたいところですが、それ以上に相手の気迫が凄かったですね。
ベイルはなかなかいい動きしてましたね。突破といい、クロスといい頼もしいです。今後は厳しい試合が続きますが、やってくれるはずです!

| 管理人 ゆーや | 2010/04/13 00:10 | URL |

トッテナムの選手たちはこの大会ホントに頑張っていましたネ。
良い試合悪い試合はあったのでしょうが、何度も再試合を戦いここまで勝ち上がって来たことは称賛されるべきだと思います。

この試合も両チームの「勝ちたい」という思いがヒシヒシと感じられる試合で、久々に心を打たれました。

さぁこれからはリーグ戦に集中ですネ!
残り試合でシティを追い落としてくれることを期待しています。
もうリバプールでは手が届かないので…(苦笑)

| ラッシュ | 2010/04/13 19:18 | URL |

お、ラッシュさんはリバプールサポーターの方かな??
シティの4位阻止は必ず達成してほしいですね。幸いスパーズからはありませんでしたが、お隣を始め、チェルシーやユナイテッドからも主力級をがっつり持っていっちゃいましたし。こういう金満クラブ(人の事言えない!?)に堂々とCLに出場されるのは正直面白くないので。。
まだまだCL・EL圏内のライバル同士ですが、レッズの活躍をお祈りします。

いよいよ明日ですね!ハード日程・満身創痍の状態ですが、何があるのか分からないのがフットボール。ウルブスにダブル喰らった分、明日はきっととんでもなくイイ事が・・・
「ウッディが試合開始1時間前オーストラリアから緊急帰国、ついでにそのまま試合出場」
「レノンの足が3倍速くなって完全復帰」
「パラシオスの累積カードは1枚数え間違いだった事が判明→出場可能に」
「ニコの足首の痛みは実は仮病」
「ハッドがなぜか痩せてる」
とか起こればいいな・・・。いや信じれば起こるはず!COYS!
ともかく明日何としても勝ってくれぇぇ。

| もみじい | 2010/04/14 03:05 | URL |

>ラッシュ さん
お久しぶりです^^ トッテナムにとっては残念な結果でしたが、確かに両チームの気持ちが入った好ゲームでしたね。
かなりマンC優位とはなりましたが、ウチとしては直接対決を残しているので、それまでついていければいいんですが、
対戦相手が厳しくて難しいかもです(笑)最後まで信じるつもりではいますけどね^^ 

>もみじい さん
そうそう、ラッシュさんのブログは当ブログからもリンクしてるので是非一度見てみるといいですよ♪
僕もリバプール情報収集のために毎日のようにお邪魔してますよ。

僕は金満クラブ(この呼び方もどうかと思うが…笑)に否定的では無いですが、このままマンCに走られるのも面白くないですし、
なんとかついていきたいですね。その為にも今日のダービーは負けられません!

願望の数々、笑いました^^
個人的にはハッドがなぜか痩せてるがツボです(笑)

| 管理人 ゆーや | 2010/04/14 20:16 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。