PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

W杯イングランド代表にトッテナムから最多の6人招集!

先ほどW杯に臨むイングランド代表予備メンバー30人が発表されました。代表監督カペッロが選出した30名はこちら。

Capello names provisional squad (TheFA.com)
GK:ハート(マンC)、ジェームス(ポーツマス)、グリーン(ウエストハム)
DF:G・ジョンソン、キャラガー(リバプール)、A・コール、テリー(チェルシー)、R・ファーディナンド(マンU)、
キング、ドーソン(トッテナム)、アップソン(ウエストハム)、ウォーノック(アストンビラ)、ベインズ(エバートン)

MF:バリー、S・W・フィリップス、A・ジョンソン(マンC)、キャリック(マンU)、J・コール、ランパード(チェルシー)、
ジェラード(リバプール)、レノン、ハドルストン(トッテナム)、ウォルコット(アーセナル)、ミルナー(アストンビラ)、
パーカー(ウエストハム)

FW:ベント(サンダーランド)、クラウチ、デフォー(トッテナム)、ヘスキー(アストンビラ)、ルーニー(マンU)

まだ予備メンバーの段階で本大会前に最終的な23人に絞り込まれるんですが、この段階でトッテナムから最多の6人が選出されたのは
ファンとして非常に嬉しいです。まだこれからサバイバルは続きますが、なんとか最後まで残ってW杯で勇姿を見たいですね。
それにしてもキャラガーはサプライズだったなぁ。彼は代表引退したんじゃなかったっけ?まぁ彼の復帰は心強い気はするが。

Cameroon announce World Cup squad (BBC)
日本とも対戦するカメルーン代表にはトッテナム所属のDFバソング、アス-エコトの二人が選出されています。

Honduras name 23-man squad (Sky)
ホンジュラス代表にはトッテナム所属のパラシオスも順当に選出されています。

最後に補強関連ニュースをいくつか。09/10シーズンも終了したので、当ブログでも補強関連情報を解禁します。
今季を4位で終え、来季のチャンピオンズ・リーグ出場権を得た為にメディアも例年以上にトッテナムの補強を煽ることが予想
されますが、まぁ話半分程度に楽しむぐらいが丁度いいとは思います。基本的には獲得するということは誰かが放出されるわけで、
チームのほとんどの選手に思い入れがあるだけに、この手の話もあまり心の底からは楽しめない…というのが正直なところです。
が、一方ではオフシーズンの話題もフットボールの魅力の一つ。メディアに踊らされるのを承知で一喜一憂出来る方はお読みください。

Tottenham in hunt for Luis Fabiano (telegraph)
セビージャ所属で29歳のブラジル代表FWルイス・ファビアーノに£1800万でオファーか?という記事。
ブラジル代表でも36試合で25得点をあげる典型的なセンターフォワードは残り1年の契約を残してますが、移籍にも前向きな模様。

補強についての僕のプランは近日中にまとめたいとは思うんですが、得点力のあるワールドクラスのFWの獲得は必須と思います。
リーガはあまり見ないので詳しくは無いですが、CLなどで数試合見た限りではゴリゴリ一人で突破出来るFWというイメージかな。
その反面、守備なども含めてチームで献身的に頑張るタイプでは無いような。個人的にはあまりワクワクしない話ではありますね。

Chelsea plot £20m move for Modric (mirror)
チームの若返りを目指すチェルシーが£2000万でモドリッチ獲りを画策という記事。チェルシーは同じアタッキングMFのJ・コールが
今夏で契約が切れる為に今夏限りでの放出が濃厚の状況。同ポジションのデコも放出が決定的で、補強に積極的と見られています。

ノー!ノー!マンUに続いて今度はチェルシーかよ。しっしっ!(嫌悪)だいたい、4位を確保してこれからトッテナムの新時代が
幕開けだというのになんで主力を放出しなければならんのよ。もう、そんな過去とはおさらばして欲しいですよ。全力で阻止すべし。
代わりにJ・コールと交換だとしてもノー!ですわ。他をあたってくれ。余らせてる所は他にあるだろ、スペインの白いところとか。

| Article | comments:10 | TOP↑

モドリッチとベイル、レノン、ハドルストンはこれからの将来が非常に楽しみですし、僕の中では「何があっても絶対売却禁止リスト」に入ってます(笑)
他の選手もあまり放出してほしくないですね。特にゴメス、ドーソン、ベントリー、クラウチあたり・・・。戦力抜きにしても個人的にずっとスパーズでいてほしい面々です。

モドリッチやベイルに関しては今年も来年も獲得の噂が飛び交うでしょうね。本当に素晴らしい選手ですよ。でも先日のハリーのコメントから察して、モドリッチがいなくなったら本当に監督辞めそうだし、そうやすやすと放出しないはずと信じたい。信じていいよね会長。。。

| もみじい | 2010/05/11 23:44 | URL |

ユナイテッドにもチェルシーにもモドリッチやるわけねーだろ
寄るな(笑)
4位確保してチームの核を出すわけないだろ
ってか出したら失望するわとくにユナイテッドには今まで何人さらわれたと思ってんだよ!!
補強はしても放出はしなくてヨシ!!
でも補強するなら放出しなくちゃいけないですよね ベラミーの獲得はあっても不思議じゃないかなぁ
ついでにテベスも来ないかな(笑)
個人的には大型FW好きなんで少し前にチラっと噂があったジェコ獲ってほしいかなぁ
でもクラウチ&パブリュいるから微妙か…

| ゆうすけ | 2010/05/12 04:09 | URL |

放出したらバカの極みですよ。
続々と契約延長してますし安心です。

FWは1人欲しいです。

| ベイル | 2010/05/12 08:22 | URL |

モドリッチはない。取られたら泣きますよ。Jコールどころか、ランパードやエッシェンとのトレードでもお断わりです。彼は今やスパーズの“顔”ですからね。


最終候補30人の顔触れ、カペッロが何に頭を悩ませてるかがわかりやすく表れてますね。笑
センターバックが六人も選ばれてるし、サイドアタッカー人選も揺れてそうです。

おそらくカペッロさんはリオとレノンのコンディションを見ながら、ワールドカップにつれていく選手を確定するつもりなんでしょうね。
ハドルストーンの場合はバリーの負傷状況に左右されることになりそうです。

六人選ばれてるのは喜ばしいですくど、クラウチ以外は全員に落ちる可能性があるのがちょっと怖いです。笑

| sini | 2010/05/12 10:31 | URL |

よそのファンサイトで、にわかスパーズファン増えそう…
てな話題がありました。
ま、いいんじゃないですかね、イングランドといえばビッグ4 しか知らない人達が、スパーズを認識してくれるんならそれはそれで。(笑)

代表候補ですが、ドーソンが入ってるのがうれしいですねぇ。見るとこ見てるねカペッロさん!(^-^)v

モドリッチは………
寝ぼけてんじゃねぇよ!ざけんなこらぁぁぁぁ!
と、でも言いたいですわ(すいません、ガラ悪くて…笑)

時に………
大将はどないなるんでっしゃろ……???

| きーん | 2010/05/12 13:32 | URL |

>もみじい さん
僕も挙げてくれた選手は絶対売却禁止リストに入ってますね(笑)
モドやベイルなんかはどうしても狙われるとは思うんですが、簡単に手放してはいけないし、
これから上位をキープするのであれば絶対に必要な選手と感じますね。

>ゆうすけ さん
せっかく4位を確保したんですから、今のチームは出来るだけ維持して戦力を加えたいところです…が、
来季から25人が上限なので獲得すれば、放出は必要かもですよ(笑)

ジェコ、ベラミー辺りを獲れればかなり大きいですが、難しそうですね。ただ、FWは入れ替えがあるかもしれません。
パブリュ、キーン、グッディの去就はどうなるか解りませんね。

>ベイル さん
同感です。FWは一人獲るべきかな…と僕も思います。

>sini  さん
モドは中心なだけに獲られたら僕も泣きます(笑)が、大丈夫でしょう。
会長もベルバ放出→最下位低迷で懲りてるでしょうし。
イングランド代表の6人は嬉しいですが、まだどうなるか解りませんし、最後までアピールして残って欲しいですね。
4人ぐらいは行けそうな気がするんですけどねぇ^^

>きーん さん
確かにニワカファンは増えると思いますよ(笑)ただ、それでいいと思います。誰もが最初はニワカですから。
どんな形であれ注目を浴びることは必要で、そこから広まっていけば嬉しいじゃないですか。ただ、大事なのは
そうしたニワカファンがどれだけ定着するか…ということで、僕も微力ながら定着の助けとなるようにブログで
発信していくつもりです。まぁ、僕も8年そこそこなんでニワカと言えばニワカですけど(笑)

モドは意地でも慰留するとは思いますし、彼自身もスパーズで長くやってくれると信じています。
代表候補には頑張って最終メンバーに残って欲しいですね。キーンはどうでしょうね。一応戻るとは思いますし、
個人的には彼と一緒にCL行って欲しいんですが、いいFW獲れれば放出もあるかも…ですね。
それはパブリュやグッディにも同じ事が言えますが。

| 管理人 ゆーや | 2010/05/12 23:06 | URL |

スパーズの脅威

4位おめでとうございます。
最終節、ちょっと不安だったアーセナルファンです。
実はこちらのサイトで、ちょこちょこライバルチームの動向を
拝見させて頂いております(笑)

こちらのベンゲルも言ってましたが、今季のスパーズは脅威でした。
トドメもさされました。悔しいです。

同時に潤沢な資金を上手く使って、いいチームを作られてしまったな、
と言う印象です。特にモドリッチとクラウチ、ベイル、レノンは素晴らしいですね。

来季は更に厳しい、そして熱いプレミアになりそうですが、
アーセナルもタイトル目指して突き進んで参ります。絶対に負けません(笑)

| itau | 2010/05/12 23:27 | URL |

>itau さん
ライバルクラブのファンから祝福いただくなんて嬉しいですね~。ありがとうございます^^

今季は互いにホームで完勝ということで、ノースロンドンダービーの名に相応しかったかな…と思います。
まだまだ同じレベルに達したとは思いませんが差は詰められたという実感はあるので、シーズンが終わったばかりで
なんですが来季がますます楽しみです。恐らくはマンCは更なる脅威になるはずですし、リバプールも黙っては
いないでしょうから今季同様に混戦になるかもしれないですね。

| 管理人 ゆーや | 2010/05/12 23:47 | URL |

イングランド代表予備メンバー、クラブ別でスパーズから最多というのは本当に喜ばしいことです!
まだ最終23人への絞込みはありますが、6人には「おめでとう!頑張って最終メンバーに残ってくれ!」と言いたいです。

やはりプレミアのクラブである以上、英国系の選手を中心にチームを作るというのは重要だと思うし、それが良く表れているのではないでしょうか。
同時に、ちょっとした変化や色を出すために上手く英国系以外の選手を「ブレンド」するのもスパーズの伝統ですよね。
特に今シーズンのチームは、そんな「スパーズらしい」チームだったと思います。

| かるろす | 2010/05/13 00:40 | URL |

>かるろす さん
僕も非常に明るいニュースだと思うし、少なくとも正しい方向に確実に前進していることを実感出来るニュースでした。
チーム作りに関しては各クラブで色々な哲学があるので、それぞれの色でいいとは思いますが、やっぱりスパーズは
会長も監督もイングランド人ですし、イングランド人選手にこだわる姿勢は貫いて欲しいなと思います。そのうえで、外国籍選手(今季は特にクロアチア勢)がいいバランスでかみ合ってるのが強みですし、
これまでもそうしてきたので今後もこの方針でよしと思います。

| 管理人 ゆーや | 2010/05/14 00:24 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。