PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

トッテナム 09/10シーズン通信簿

トッテナムにとって長年の悲願だった4位(チャンピオンズ・リーグ出場権)を達成という、素晴らしい結果に終わった09/10シーズン。
シーズン総括はまた別の機会に行うとして、今回は僕なりの選手別の評価(通信簿)を発表したいと思います。
今季は例年以上に試合を見るように頑張って色々なものを犠牲にして(笑)時間を作ったおかげで、ほぼ全試合を観戦出来ました。
頭に残っている記憶を総動員して、数字だけでは無く、チームへの貢献であったり個々の頑張りを十二分に加味して評価したつもりです。

0910最終査定

GK
今季は何と言ってもゴメスの安定感が際立っていたと思います。正に「守護神」という名に相応しい素晴らしい働きぶりでしたね。
本来、GKの活躍が目立つというのはそれだけピンチを招いているということで歓迎すべきことじゃないんですが、今季のトッテナムは
(特にアウェーで)僅差の試合をしぶとく勝ちきった印象が強く、ゴメスのスーパーセーブ連発で拾った試合も数多くあったように感じます。
他クラブのGKと比較しても失点率も低く、シーズン通して安定した働きをしてくれたゴメスには高い評価を与えられるでしょう。
誤算だったのはクディチーニの交通事故による長期離脱。最悪の事態にならず良かったですが、バックアッパーとしての役割を全うしたとは
言えず、厳しい評価にならざるを得ません。アルニック共々、残留は微妙で来季に向けて控えGKの補強は必要かもしれません。

DF
開幕当時CBはキング、ウッドゲイト、ドーソンを負傷で欠く苦しい状況でした。結局、ウッドゲイトは負傷が癒えず3試合の出場に留まり、
キングは万全な状態では無い為に出場は半分に限られた。主力二人が怪我がちなため、ドーソンとバソングにかかる期待は大きかったが、
その期待に違わず素晴らしい働きで穴を埋めたように思います。ドーソンは守備の要としてに留まらず、ゲームキャプテンとしてもチームを
引っ張り、バソングは新加入ながらすんなりとフィットして見せた。この二人の活躍無くして今季の躍進はありえなかったでしょう。

両SBのエコトとチョルルカは及第点以上の出来。エコトは未だ不安定さも顔を覗かせるが、序盤はレギュラーを確保して貢献した。
チョルルカも怪我で終盤を逃したものの、シーズンを通してみればクレバーな守備で右サイドに落ち着きをもたらしていたと思います。
そして、何と言ってもベイルの覚醒はトッテナムファンを大いに楽しませたことだろう。負傷したエコトに代わり1月以降で機会を得ると
印象的な活躍を披露し、瞬く間にレギュラーに定着した。SBとMFの二足のわらじだったが、どちらでも遜色の無い活躍を見せ、
シーズン後半だけで考えればMVPに挙げられる活躍だった。来季は本来のSBとして定着するのか、MFにコンバートされるかにも注目だ。
ハットンが期待を裏切りローンで放出された一方、1月に加入したカブール、若手のウォーカーらはハツラツとした動きを見せました。

MF
モドリッチが前半戦で4ヶ月離脱、レノンは後半戦で同じく4ヶ月離脱。この二人がシーズンで揃った試合が数えるほどだったのが
非常に残念ですが、それを感じさせなかったぐらい代役(本来、代役と言うのが失礼ではあるんですが)が頑張ったシーズンでした。
前者は新加入のクラニチャール、後者は昨季から不調にあえいだベントリーが共に奮闘し、戦力を落とさなかったのが素晴らしかった。
これまでレギュラーに定着出来なかったハドルストンが過去最高のパフォーマンスで、代表に選ばれるまでに成長を果たしたのも大きい。
パラシオスは終盤に調子を落とし、数試合で控えに甘んじたもののシーズンの大半では驚異的な運動量と献身的な守備で中盤を制圧し、
地味ながら貢献度はすこぶる高い。一方でジーナスは負傷に苦しんだ面もあるが、凡庸な内容に終始して期待を大きく裏切った。

FW
キーンは不慣れなMF起用も多く気の毒な面は確かにあったが、本来の出来とは程遠い。後半戦にはローンで活躍の場を求めた。
デフォーは序盤戦からゴールを量産、リーグ戦18ゴールは立派だが後半戦での失速が評価を下げた印象。クラウチはその高さで
貴重なオプションをもたらしゴール数こそ少ないものの貢献度は高い。パブリュチェンコはなかなか出番が与えられず移籍も示唆したが、
終盤戦では機会をもらい短期間ながら固め取りで応えた。1月にローン加入したグジョンセンも含めてタイプの違う4人が揃い、
試合の状況や相手に応じて選択肢があったことはチームに好影響を与えたと感じます。と同時に、ここぞの場面での得点力不足も露呈し、
来季に向けて課題を残したのも確か。ドスサントスやキーンらローン移籍組、ローンで加入のグジョンセンの去就にもよってくるが、
補強が必要なポジションかもしれない。システムに幅を持たせる為にも1トップ起用に耐えうる人材が加えられればベストか。

と、こんな感じになりました。個人的にはMVPにはドーソンを推したい。彼の成長、安定感は抜群で一番貢献度が高いと感じました。
次点はハドルストン、ゴメス。レノンとベイル、モドリッチは実質シーズンの半分しか働いていない為、評価は若干下げましたが、
彼らが怪我無くシーズンをフルに稼働したら…思うと、来季に向けて期待が高まります。もちろん、彼らを脅かす存在にも期待したいし。
今季の躍進の一番の要因はチームとしての総合力を存分に発揮出来た事。ダブルスカッドを組める陣容をフル活用して闘う集団に
まとめあげたレドナップの功績は見事。「誰が抜けても誰かが埋める」これが出来たシーズンでしたね。チームで勝ち取った4位です。

※FORUMでは今季のMVPを決める投票企画を実施中です。PCからの閲覧でFORUMに参加出来る方は是非一票をお待ちしています。

| Article | comments:3 | TOP↑

これは時間かかったでしょう笑
おつかれさまです!!

通信簿ですが私もほとんど変わらない評価だと思います。シーズンを通して活躍できた選手が少なかったので、なかなかGreatを連発というわけにもいかないですしね笑

MVPに関してはドーソンだと私も思います。今季ゴメスは目覚ましい活躍をして欠かせない選手になりましたが、それでもドーソンの高さとカバーリング能力と読み、そしてなんといってもあの「キャプテンシー」は若いチームに最も不可欠だったのではと思います。

ゆーやさんが触れてらっしゃらなかったので、ハリーについての通信簿やってみます笑
シーズン序盤から中盤戦では選手交代の遅さ、そしてキーンの中盤起用という首をかしげる戦術もいくつかとった。とくに選手交代の遅さはかなり致命的ではと危ぶんだ。しかし、去年からのチーム作りでディフェンス組織、ボール奪取後の切り替え等はかなり改善されており、間違いなく「安定感」をチームに与えることにも成功した。また、周知の通り中盤にかけて負傷者続出のアクシデント時にも得意の人心掌握で控え選手にもレギュラーに負けない活躍をさせる「手助け」をしたといえる。後半戦では選手交代も少し早いタイミングで行う場面も見られ、下手にメンバーをいじらず自分たちの戦いを突き通し4位進出に大きく貢献。
評価してもいいのなら序盤から中盤はGOOD、終盤はGREATですかね

| goodspeed | 2010/05/13 13:52 | URL |

うーむ実に良くまとめられてますね。。ゆーやさん本当にお疲れ様です^^;評価に関してもほぼ納得ですね。カブールの評価をもう一つ上げてあげたいと個人的な感情で思ったぐらいです。

ハリーの通信簿(笑)もgoodspeedさんが挙げられていますが、これにも納得。正直、シーズン序盤~中盤にはキーンの左アタッカー起用や、他に疲れて動けない選手が多数いるのに露骨にチョルルカとハットンを交代したがる等、選手交代に関しては不満だらけでした。。。「ハリーの功績はコネ(人望?)でクラウチ・デフォーらを獲得できた事だけ」と友人に吹聴していた僕ですが、シーズン中盤からのハリーにはびっくり仰天ですよ。絶望的な怪我人続出の中、見事に結果を残し続けましたし、試合中もよく動くようになりました。特にFA杯準々決勝のフラム戦(再試合)後半開始時に見せた采配は忘れられませんよ。

それにしても降格危機にあったクラブを、お金をジャブジャブ使った訳でもなくわずか1年半で4位に押し上げる。これはもう名将としか言いようがない功績ですよね。ほんとお見事。
ということで僕もハリーの評価は1学期→GOOD 2・3学期→GREATとさせてもらいます。。来季も頼むよハリーさん!

| もみじい | 2010/05/13 22:22 | URL |

>goodspeed さん
ありがとうございます^^正直、時間かかりました(笑)

今季はみんな頑張ったし、チームとして結果を出したので結構個人別の評価が難しかったんですが、やはりシーズン通しての貢献度を一番重視しましたね。ドーソンについては僕も彼のキャプテンシーだったり、
チームしあたえた影響の大きさが凄く伝わったシーズンだったかな…と思います。
ハリーの通信簿もどうもです^^僕と同じような評価で嬉しかったですし、面白かったです。

>もみじい さん
ありがとうございます^^ そう言って頂けると頑張って作って良かったなぁ。ハリーについては僕もシーズン序盤は
彼の頑固な起用法だったり不可解な采配に首をかしげることも何度かあったんですが、シーズン通してみれば
とても公平で正確だったと関心しています。

特に前半にサブ扱いしたパブリュ、ベントリー、ベイルの使い方が巧みでしたね。しっかりと機会を与えて、
結果を出したら使い続けた。選手層が厚く大変だったと思いますけど、選手たちにも納得のいく起用が出来て
いたんじゃないかなと感じます。交代カードの切り方も時に柔軟さも見せてくれましたしね。来季も期待したいですね!

| 管理人 ゆーや | 2010/05/14 00:20 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。