PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

J・コールへの想い

昨日のFAカップ決勝はチェルシーが制してプレミアリーグとのダブルを達成したんですが、ポーツマスも惜しかったですよね…。
俄然、ポーツマス贔屓で観てたんですけども元トッテナムのボアテンクが痛恨のPK失敗で、かなり凹んで泣いてたのが印象的です。
戦力的にも差があるし、試合内容自体も一方的だったけどポーツマスの頑張りというかファンとの一体感はとても素晴らしいものでした。

さて、FAカップも終了して今季の全日程が終了しました。これからは各クラブが本格的に来季に向けての補強を開始することになります。
まぁ、今夏はW杯があるため、現実的にはW杯終了後に本格化するとは思うんですが、水面下での交渉は激しく行われてることでしょう。
既に多くのメディアによって様々な憶測が飛び交っていますが、当ブログでも出来る限り補強の噂をフォローしていきたいと思います。
さすがに全てをお伝えしていくとキリが無いので、毎回個人的に気になった報道をピックアップしてお届けしていくつもりです。

J・コール   リチャーズ

Fabio just has to go with Joe (Sun)
レドナップはかつての教え子であるJ・コールを長年に渡って高く評価してきましたが、自身のコラムにてを改めて称賛しています。
ジョーがイングランド代表に選出されたことをとても嬉しく思うよ。彼は最近とても苦しい時期を過ごしていたから尚更だ。
私は彼が11歳の時に契約し、これまでの私の長い監督生活の中で携わった若手選手の中でも最も才能豊かな選手だと思っている。
彼はひとたびピッチに立てばズバ抜けた才能を発揮していたし、それこそ同年代の選手とは比較にもならないほどだったよ。
類い稀な才能の持ち主であるばかりでは無く、状況判断に優れ、ピッチの中で必要な事を全てこなせるオールラウンダーなんだ。
彼はまだ28歳。あと5~6年は十分トップレベルでやれるだろう。もちろん、W杯でも必ずや強烈なインパクトを残せるだろう。
CLの経験もあり、2~3の異なったポジションでプレー出来る。彼のような選手がチームにとってどれだけ貴重か計り知れないよ。
(レドナップ)

Spurs to swoop for £6million Micah Richards (mirror)
マンCで確固たるレギュラーの地位を築いていないマイカ・リチャーズに対して、獲得オファーを提示か?という報道。
管理人ゆーやの見解
まず、J・コールですが、獲得に動く可能性は非常に高いと見ています。むしろ、もう既に動いているかもしれません。
レドナップは一貫してJ・コールの賛美者ですし、彼の良さであったりチームの中での活かし方は熟知しているはずですからね。
また、このタイミングで自身のコラムにて称賛してる辺りが信憑性を高める一因になってる。基本的にはまだチェルシーの選手だし、
契約延長交渉の行方がどうなるか解りません。昨日FAカップの決勝が終わったばかりですから、これから交渉ということなんでしょう。
しかし、二冠を達成した今季のチェルシーにあってもJ・コールは中核を担っていたとは言えず、序列が下がりつつあるのは確か。
このギリギリの段階になっても契約延長がまとまっていない事からも、移籍の可能性は少なからずあるとみていいでしょう。

ただ、それがすんなりとトッテナム入りを意味するわけでは無く、いくつか考えられる高いハードルを超え無ければなりません。
まずは一番のネックである週給の高さ。彼の現在の週給は£80,000で、最低でも£100,000を要求していると報道されています。
当然の事ながらトッテナム加入となれば週給ダウン、良くても現状維持がせいぜいでしょう。彼がそれを受け入れる必要がある。
そして、彼が怪我がちである点、それから同じポジションに既に数名の選手を抱えているなど受け入れるトッテナム側の問題もある。
この辺については、レドナップは織り込み済みでしょうから何らかの解決策を模索するはずでそんなに障害は無いんでしょうが…。
これらの諸条件をクリア出来れば、移籍金がかからないということもありトッテナムにとっては非常に魅力的な補強となると思います。

個人的には現在のスカッドを見渡しても、そこまで深刻な補強すべきポイントでは無いと思うので微妙なところではあるんですが、
好きな選手ですし、コンディションさえ整えば違いを生み出せる選手。しかも、トップ下、サイド、1.5列目のシャドーとして…
など複数のポジションで起用可能、そのいずれでも遜色の無い働きが出来るユーティリティーを考えるとアリかな…とも思う。
現役イングランド代表ですし、何よりトッテナムのチームカラーやスタイルに上手くハマるタイプの選手という想いは強いですしね。
リバプール、マンUらも状況をモニタリングしてるらしいので、契約延長交渉がどう進むか、その去就に注目したいと思います。

続いてリチャーズ。これは面白いオプションになり得ます。まだ21歳と若くCBと右SBをこなせますし、ポテンシャルは高いですからね。
CBはウッディさえ戻ってくれば人数は足りてるし、右SBもチョルルカ、カブール、二人のカイルと層は厚いですが、数年先を見据えれば
キングとウッドゲイトに代わる存在として、ドーソン、バソングらと争える実力者(それもイングランド国籍)は必要だと思う。
結論から言えば目先の事(来季のみ)を考えれば不要、長期的な視点での強化という意味でを考えればアリということになるでしょうか。
ただ、仮に獲得となればカイル(ノートン、ウォーカー)のどちらかとハットンは確実に放出の方向で話が進むことになりそう。

| Article | comments:7 | TOP↑

ジョーはグジョンセンのポジションなんでしょうかね? ステヴァン・ヨヴェティッチこないかな・・・

| まな | 2010/05/16 19:25 | URL |

どちらも魅力的ですけど僕的には取らなくてもいいかなと思います。
それより噂になってるルイスファビアーノ獲得して欲しいです。

| ベイル | 2010/05/17 00:48 | URL |

Jコールは是非ほしいけど、個人的にチェルシーで見たい選手だからパス。
ただ、マイカは是非是非欲しいですな!

| hagittbowie | 2010/05/17 12:33 | URL |

>まな さん
どうですかね~?複数ポジション出来るのでチームの中で活かせる方法は数パターンありそうですけどね。
ヨベティッチってそんなにいい選手なんですか?あまり知らないんだけど、結構評判いいみたいですね。

>ベイル さん
確かに攻撃的なMFは絶対に補強が必要なポジションでは無いですからね^^ L・ファビアーノかどうかはともかくとして、
僕もFW補強が優先のような気がしないでもないですね。

>hagittbowie さん
僕はむしろスパーズのユニ着たジョーが観たい気がするんですけどね(笑)どうなることやら…ですね。
マイカについては今後が楽しみなDFなので、獲れれば面白いかもしれません。

| 管理人 ゆーや | 2010/05/17 20:11 | URL |

リチャーズは獲得すべきだと思います。私はスパーズのCBのコンビはキングとウッディが一番だと信じてるんですけど、正直この二人は計算しにくいですよ・・・。怪我はどの選手にも起こりうることですけど、この二人はちょっと多すぎますし、癖になってますしね。試合数も増える来期、CBもこなせるリチャーズはできれば欲しいです。ただ、そうなるとカブールっていうのが何とも微妙になってきますね。ハットンは放出でも仕方ないでしょうね。

| phamco | 2010/05/18 22:05 | URL |

でもリチャーズはグーナーだからねぇ。

| TTT | 2010/05/19 08:35 | URL |

>phamco さん
僕も概ね同意見で、ウッディが復帰すれば問題は無さそうに見えるんですが、仮に復帰したとしても多くの試合は
こなせないんじゃないか?という懸念がある以上計算が立ちにくいですよね。同じ事はキングにも言えますが。
なので、将来を見据えればリチャーズはいい選択肢になり得るかもしれません。カブールと役割がカブリ気味ですが、
複数ポジションこなせる選手が控えているというのはCLとの並行を考えれば心強いですからね。

>TTT さん
彼の口からアーセナルファンだからスパーズには行きたくないという旨のコメントが出ているのならともかくとして、
どこのクラブのファンであるかはそんなに重要なことですかね?僕はあまりそう思いませんが。
確かにずっと昔からトッテナムが好きだったという選手が入団してくれればファンとしては嬉しいものだし、
そういうロイヤリティも無視できないのは事実ですけども。

| 管理人 ゆーや | 2010/05/19 20:46 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。