PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本とイングランドの強化試合

昨日、イングランドと日本の親善試合がありましたね。イングランド代表が好きな自分としてはとても楽しみにしていた試合でした。
もちろん、日本人として自国の代表にはやっぱり期待したいし、なんだかんだ言って応援してるわけで、頑張って欲しいな…と。
この日の注目点は2つ。主にこの2点にフォーカスして個人的に感じたことを簡単に。

1:日本代表が本番を間近に控えてどんな戦いを見せてくれるのか?(イングランド代表相手にどれだけ出来るのか?)
2:イングランド代表の最終メンバー23人の生き残りを目指すトッテナム所属選手のパフォーマンス

England 2 - 1 Japan 
         

              前半   後半   合計                               
イングランド  0  2  2            
日本  1  0  1
得点
England:O.G(闘莉王、中澤)
Japan:闘莉王

日本代表を応援する視点からの雑感
僕は基本的に日本代表を応援していますけど、試合をくまなく観ているわけでもないし、代表に関しては戦術・システム云々や監督の
采配、起用法などを語るんじゃなくて、ただ単純に勝って欲しい(というかW杯を肩に力を入れずに楽しみたい)というスタンスです。
昔はそれこそ、日本代表についてあ~だこ~だと周りと熱くなって語ったりしたもんですが、僕が日本代表の試合を観るようになってから
ドーハの悲劇で出場を逃したのを含めればこれが5度目のW杯イヤーですからね。20年弱見続けてきた結果たどり着いた結論が、
代表戦はあれこれ考えずシンプルに楽しんだ方がいいな…と。なので、巷の代表を取り巻く世論に対して割と半身だったりします。
だからといって、日本代表を見放したわけでも興味を失ったわけでも無いんですけどね(笑)ただ観るうえでいい意味で力が抜けたというか。

ちょっと横道に逸れたので話を戻そう。で、イングランド代表戦。なんか、ここ1年間ぐらい代表の試合を観てもなんだかモヤモヤして
消化不良な感じが残る試合ばっかりだった気がするんだけど、久しぶりにおっ!なかなかやるじゃん日本!って思いましたよ。
まぁ、その時間がもの凄く短かったんですけど(笑)それでも、久しぶりに興奮したというか、TVに前のめりになれた気がしました。
開始早々に一発かましてリードしたというのもあったけど、ドン底の状態を経験して、選手・監督がいい意味でちょっと吹っ切れたというか
若干ポジティブな印象を受けましたね。なんか無意味な(実際はそんな事はないんだろうけど)ショートパスをちょこちょこ繋いで
全然シュート撃たない、或いはFWの裏のスペースへの狙いが無いってのを繰り返していたのに比べれば遥かにマシに見えました。

阿部をアンカー起用して長谷部、遠藤が前に行けたとか、俊輔外した「怪我の功名」だとか、今野と長友の両SBの出来が良かった…etc
もちろん相手のイングランドがテスト仕様でそもそも本気度が低くて、もの凄い低調だったなど様々な要因があるんだろうけども、
僕としては一番大きかったのが「選手たちがいい意味で開き直れた」ことなんじゃないかな…と感じました。メンタルの部分で。
とにかく自信を失ってたと思うんですよ。選手も、監督も。特に岡田監督なんて、最近の様子を観てても顔色悪かったしね(笑)
もうこの期に及んであれこれやったところで時間は無いし(それでも最後の最後まで最良と思える形を模索するべきだけど)、これからW杯に向けて劇的に改良出来るところなんて、メンタルぐらいだと思うんです。自分たちはのやるべき事に集中して、自信を取り戻す事が出来れば
それなりに戦えるはずだし、グループリーグで対戦する3ヶ国に3戦全敗間違い無しってほど圧倒的に差があるとも思えないんですよ。
フットボールってそもそも、紛れが多いスポーツだと思うんですよね。オランダにだって10回戦えば1回は勝てるチャンスがあるし、
3~4回くらいはドローに持ち込めるかもしれない。他の2つはもっと可能性があるだろうし。そんな紛れを起こすには、メンタルが重要。

そういう意味で、この日の選手たちが見せてくれてた姿勢は好印象でした。特に恐れを抱くわけでも無く、向かって行けてたから。
大久保なんてぶつかり合ったG・ジョンソンに喰ってかかったし、長友だって屈強な選手に当たり負けして無かったじゃないの。
川島なんてランパードのPK止めてあのガッツポーズ、気持ち入ってたよね。岡崎だってリオをなぎ倒して前進してたもんね。
後半でガクっと運動量落ちたとか、やっぱり勝ちきれないとか粗を探せば見つかるけども、悪い試合じゃ無かったように思いました。

トッテナムの6人はイングランド代表最終メンバーに何人残れる?
現在のイングランド代表30人の中にトッテナムの選手が6人選ばれてます。キング、ドーソン、ハドルストン、レノン、デフォー、クラウチ。
30人中6人ですから五分の一を占めてるわけで、これは凄い事だと思います。イングランド・ホットスパーと言ってもいいぐらい(笑)
で、その中の何人が23人の最終メンバーに残れるのか?ですが、僕は4人だと思います。ハドルストンとドーソンが残念ながら落選かな。

この試合、ハドルストンが代表先発デビュー戦と同時に生き残りをかけた最後のチャンスだったわけですが、ほとんどインパクトを残せず
前半だけで交代になってしまいました。ハドルストンの一番の良さは展開力なんだけど、それが全然活きていなかったと思います。
コンビを組んだランパードとの相性もあまり良く無いかな?と感じましたし、彼がアンカーの4-1-4-1なら面白そうだけど、
今のイングランド代表のやってる戦い方にはちょっとフィットしていないのかもしれません。(まぁ、時間が少ないんですけどね)
バリーをファーストチョイスで考えてることを踏まえれば、仮にバリー不在ならキャリックっていう選択になっちゃいそうです。
そして、ドーソンは全くチャンスも貰えず。これには不満ですし、現段階で不調のリオよりドーソン使えよ!と思わなくもないですが、
カペッロの中では他のCBと比較してそこまで評価が高く無いのかもしれませんね。でも、リオも相当酷かったけどね、この試合。

一方でレノン、彼は当確とみていいでしょう。この日はテストで本来の右では無く、左サイドで起用されましたが、キレ味鋭い動きを
見せていたし、川島のグッドセーブに防がれましたが一度惜しいチャンスもありましたね。彼の突破は本大会でも武器になります。
むしろ、ウォルコットこそなぜ起用されるのかが解らん。ただ速いだけで、この日も完全にブレーキ。代表レベルに到達しとらん。
もう右サイドはレノンの固定でいい。で、この日のように後半の半ばでJ・コールにスイッチでいいんじゃないかと思うんだけど。
あ、J・コールはいいアクセントになってました。彼はトップ下でもいけるし、サイドでも違いを作れるから今大会のジョーカーですね。

この日は出番が無かったデフォーですが、この試合でのベントを観る限りデフォーの滑り込みは堅いかな…という気がします。
やっぱり核はルーニーなわけで、彼をいかせるポストワーカーの重要性が浮き彫りになっただけでイングランドにとっては収穫でしょう。
今のイングランドの戦い方ならデフォーやベントじゃダメですね。ヘスキーかクラウチをルーニーと組ませないと厳しいと思う。
なので、恐らくFWは4人。ルーニー、ヘスキーがファーストチョイスで、クラウチ、デフォーで決まりでいいんじゃないでしょうか。
個人的にはクラウチ&デフォーの2トップ、トップ下ルーニーも観たい(笑)グループリーグで勝ち抜け決めた3戦目とかどうかな?

まぁ、泣いても笑っても明日には発表されます。カペッロ曰く「23人はもう既に頭の中にある」トッテナムファンとしては、最後まで
6人全員がメンバー入りを果たす事を信じて朗報を待ちたいと思います。一人でも多くW杯で観られれればいいんだけれど…。

| Article | comments:8 | TOP↑

代表のメンバーに関して、自分もほぼゆーやさんと同じ意見です。

負け惜しみっちゃぁそうかもしれませんが、残念ながらハッドは「合ってない」気がしてなりません。あそこはどうしてもジェラードやランパードが主体になるので、はなから「彼らに合うプレイヤー枠」のような印象をうけます。
まぁ、しょうがないことでしょう。実力があるのは周知の事実ですしね。

それに右サイドはウォルコットでしたしね(怒)どう考えてもレノンでしょ!
ちなみにAジョンソンって選ばれてないんですかね?(イングランドですよね?)まだ若いですが彼には個人的に期待してるので、数年後、レノン&Aジョンソンの両翼を見てみたいです。

| k738373 | 2010/05/31 21:48 | URL | ≫ EDIT

ハドが代表ユニ着て試合前に整列してる姿には感動でした(´;ω;`)
相変わらずのミドルも1度見れましたね~ ルーニーへのパスっぽくも見えたんだったかな?
あのヌルッとしたシュート、パスはハド特有です(笑)
あのガタイに似合わない繊細なパスとか、ミラクルなミドルとか面白いところはいっぱいなんですけど、代表ではまだ遠慮してるのか本来よりも実力を見せられませんでしたねー

あとは1番見たかったクラウチを見れなくて残念でした。。。

| Teddy | 2010/05/31 23:02 | URL |

>k738373 さん
イングランドはセントラルMFの層が厚いですからね~。ジェラードがサイドやってるぐらいですし^^;
ハッドは他のメンバーと毛色が違うので面白いとは思うんですけど、ここ2試合観た感じだと厳しそうです。

現状ではどう考えてもウォルコット<レノンなのでウォルコットはいらん気がします。
彼よりかはA・ジョンソンを推しますね、僕も。両サイド行けますし、ウォルコットよりバイタルエリアでの引き出しが多い。
でも、彼もギリギリで厳しいんじゃないかな…とみてます。

>Teddy さん
ハッドもやっと風格が出てきましたよね(え?体型がそうさせてる?…笑)
ルーニーが超人的な反応であわせたけど(笑)あれはシュートですね、絶対^^
まだ遠慮がちなのか良さが発揮出来ていなくて今季の彼をずっと観てきた僕らにすれば歯がゆさはありますよね。
選ばれて欲しいんだけどなぁ。クラウチは大丈夫です^^本大会で観れますから。
でも、中澤とクラウチのマッチアップはちょっと観たかったかも(笑)

| 管理人 ゆーや | 2010/06/01 00:19 | URL |

試合前まではデフォー、ドーソン、ハッドが当確線上と思っていましたが、ハッドは皆さんの仰るとおり代表のポジションには向いていないみたいですね。元々ある意味「特殊な」タイプの選手ですし。
デフォーはこの試合のベントとの比較となると、言い方が悪いですが正直どっちもどっちですね。個人的にはベントをもっと買っていたのですが、あまり良い出来ではなかったし、デフォー選出も十分ありえそうですね。

それにしてもここまでドーソンに出場機会を与えられないとは・・・・ほんと悔しい限りですよ。6人の中でも一番「代表に選ばれてほしい!」と願っていた選手でしたし、1ヶ月前まではドーソン・キング両方とも選出の可能性は高いと考えていたのですが、ほんとに残念。ん!?待てよ。ここまで使わないというのは逆に・・・・・!? うん、そうそう、絶対そうだ!

| もみじい | 2010/06/01 03:49 | URL |

ハッドは厳しいかもしれないですね。日本戦はなんだか体が重たそうに見えました。パーカー入れた方がイングランドは良くなったんじゃないかな、と個人的には思っています。
あと、クラウチとキング、レノンは確定だと思いますが、デフォーはもしかしたら外れるかもですね。正直、スパーズだからというのを考えないと、デフォーでもベントでもどっちでも良いような気が…w
ちなみに、試合途中に発表されたモドリッチの契約延長のニュースで私は試合どころではありませんでしたー!

| phamco | 2010/06/01 18:58 | URL |

>もみじい さん
ハッドは残しても面白いとは思うんですけどねぇ。ちょっと他にはいないタイプですし。
デフォーとベントは僕の中ではかなり差がありますねぇ。ベントはたぶん代表では活躍出来ないと思います(笑)
ドーソンも微妙ですけど、アップソン選ぶくらいなら断然ドーソン選ぶべきだとは思います。これは贔屓目抜きにしても…。

>phamco さん
本当はハーグリーブスがフィットしてれば何の問題も無いんですよね。彼がダメだからハッドやパーカーって名前が挙がるわけで。
現状ではハッドは若干厳しそうですが今季の活躍見れば選ばれて然るべきではあると思うんだけも…。
デフォーとベントについては代表レベルでの過去の実績や他のFWとの相性を考えても断然デフォー>ベントだと感じます。
もちろん、ベントの得点力は買いますけどね^^ モドの契約延長はグッドニュースでしたね♪

| 管理人 ゆーや | 2010/06/01 23:00 | URL |

どうせこうなるとは思ってたけど、やはり悲しい :cry: :cry:
ドーソンの初CAPはまだまだお預けですね。。。

| もみじい | 2010/06/02 00:10 | URL |

>もみじい さん
だいたい予想通りの結末になっちゃいましたね^^;
ドーソンもハッドも今季はいいパフォーマンス見せてたし、代表に相応しい選手だとは思うんですが、こればかりは
カペッロの決断なので仕方ないし、尊重するしかないですね。
ただ、二人とも先はありますから、これで腐らず前に進んで欲しいですね!

| 管理人 ゆーや | 2010/06/02 00:55 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。