PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【プレシーズン・マッチ】 vs スポルティング・リスボン

まずは、昨日に行われたプレシーズン・マッチ、スポルティング・リスボン戦の簡単なレビューから。

Sporting Lisbon 2 - 2 Tottenham 
         
Stadium:レッドブル・アリーナ

              前半   後半   合計                               
スポルティング・リスボン  1  1  2             
トッテナム  1  1  2
得点
Spurs:キーン、オビカ
Sporting:マティアス、ヴァルデス

ポルトガル王者との対戦は2-2のドロー。W杯以来封印していた睡眠時間を削っての深夜観戦(早朝2:00~)を強行したんですが、
その甲斐がある面白い試合でした。まぁ、この時期の強化試合は勝敗はどうでもいいんですけど、若手主体でよくやったな…と。
サンノゼ戦と同様にさすがは真夏のアメリカ、ものすご~く暑そうで試合をするには過酷なコンディションのように見えましたね。
前半途中にいったん試合止めて両チームの皆さんが水飲み休憩してたし(笑)みんな揃って頭から水かぶってたもんなぁ…。
ただ、少しづつコンディションも上がってきたのかそれなりに動けてたように思います。特にベイルは相変わらず元気でしたね。
慣れない1トップ起用ながらキーンは1ゴール、1アシストと結果を出してレドナップもお褒めの言葉。アピールに成功した様子。
後半途中起用のオビカもドローに追いつくゴールでマンオブザマッチ貰ってましたね。FWはゴール決めてなんぼの評価、よくやった。

それにしてもスポルティングはいいチームでしたね。普段はポルトガルリーグの試合は見ないので相手が主力なのかどうかすら
解らないんだけど、さすがポルトガルリーグだけにテクニシャンが多く揃ってるな…という印象。C・ロナウドもここ出身でしたよね?
W杯で観た選手も何人か混ざってたような気がしたな。リエジソンとか。先制点挙げたマティアスも確かチリ代表だしね。
あと、懐かしのペドロ・メンデスもいたな。先制点のマティアスも良かったけど、アウトサイドでクロス出した33番が凄かったです。
確かにマティアスを捕まえ切れなかったCBも甘かったけど、あの速さのパスをあのタイミングでアウトサイドキックで出されると
ちょっとお手上げかな~と思いましたね。この日のトッテナムは本職CBがゼロのバックラインだったので、責められない部分もあるが、
全体的に守備は悪い印象を受けましたね。ハットンも不安定だし、SBでは素晴らしいチョルルカもCBではちょっと軽さが目立った。
キーンが全得点に絡んだのと、怪我明けのニコが上々の出来だったのが収穫でしたね。あとバットンが可愛い顔してるのが印象的でした。

Decent display - Harry (tottenhamhotspur.com)
試合後のレドナップのコメント。炎天下の中で行われた試合ながら奮闘した選手たちを讃えています。
しかし、とんでもない暑さだったな。両チームの選手たちはよく頑張ったと思うよ。かつて在籍し、スパーズファンにはお馴染みの
ペドロ・メンデスもいるし、スポルティングは素晴らしい選手を揃えた強豪だ。昨季4-2でエバートンを下したヨーロッパリーグの
試合を観たが、その時から強いという印象を持っていたよ。充実したトーナメントだったし、選手には良い経験になっただろう。
このアメリカツアーを皆が楽しみにしていたし、この国のサッカーがこれからどんどん成長するという実感を抱いたよ。
(レドナップ)

最後に補強関連のトピックスをいくつか。

■ ラウル獲得を完全否定
レアル・マドリー退団が決定し、その動向が注目されているラウル。ニューカッスルと共に、移籍先の候補として名前が挙がっていた
トッテナムですが、指揮官レドナップは「彼がいい選手なのは認めるが、財政的にも獲得の可能性は全く無い」と完全に否定しました。

■ パブリュチェンコの代理人が残留を強調
レドナップもこれまでにメディアで度々公言していることからも、トッテナムがFWの新戦力獲得に動いているのは明らかですが、
パブリュチェンコの代理人曰く「会長もレドナップもパブリュチェンコ放出は望んでいない」と残留を強調しています。

■ やはり本命はL・ファビアーノ?
ここまでは補強が進んでいないトッテナムですが、レドナップが「あと2~3人の補強をする」と語っているのは先日お届けした通り。
その2~3人の選手が誰なのか?が注目されますが、「週給の問題で獲得出来るかは解らないが、L・ファビアーノはいい選手」と
レドナップが具体的な名前を出している事から本命視されます。他にはフンテラール、スアレスなども候補に挙がっているようだが、
現有戦力に加えるとすれば正に待望の「9番タイプ」に合致するL・ファビアーノの獲得を優先的に考えている可能性が高いのでは。

■ A・ヤング、ミルナー獲得は否定
一部メディアで急遽浮上した俄かには信じられない噂だった、ミルナー獲得レース参戦について「マンCと競るのはウチには無理」とピシャリ。
また、同じくアストンビラのA・ヤングについても「そもそもビラが彼を売るはずがないだろう」とレドナップがハッキリと否定しました。

| Article | comments:5 | TOP↑

おそらくヴァルデスはアタランタから来たチリ人のハイメ・ヴァルデスだと思われるのでチリ人にやられた格好となったようですね。まぁスポルティングほどのチームも今期はELに回ったようですし、本気度が伝わってきました。また開幕もだいぶ近づいて来ましたし、移籍市場で動きの少ないスパーズが土壇場でコスパのいい選手をとってくることを願っていますww

| スパーズとミラン | 2010/07/26 23:06 | URL |

>スパーズとミラン さん
ふむふむ。なるほど貴重な情報をサンキューです。どうもプレミア以外は疎くって、こういう情報がタメになります。
チリは代表も面白かったし、逸材の宝庫かもしれませんね^^
スポルティングはみんな巧くっていいチームでしたね。結構いいところまで行けそうな気配がありました。
スパーズは補強がイマイチ進みませんが、まだ期間はありますしじっくり待つことにしましょうか^^ 

| 管理人 ゆーや | 2010/07/26 23:18 | URL |

ポルトガル王者はベンフィカですね。スポルティングは4位だか5位だったか。
ファビア-ノには「トッテナムじゃステップアップにならない」とか言われちゃいましたからね。契約延長の方向に話が進んでるらしいんで無理っぽいですね。
スアレスも「移籍するならビッグクラブ」とか言ってましたし価格も高過ぎ。獲得に本腰のクラブが居なそうなんで交渉の余地はあるとは思いますが。
フンテラ-ルは得点力あるけどそれ以外がダメダメなんで止めた方が良い気が。
何となくキーン復帰で終了しそうな感じがしてます。

| ドンペン | 2010/07/26 23:34 | URL |

あああ・・・・結構楽しみにしてたスポルティングを見逃してしまった。。これは残念すぎる。いい試合だったようで本当に残念。

キーン好きな方々には非常に恐れ多いですが、ドンペンさんの仰るキーン復帰のみで終了となると結構ツライところですね。ファビアーノの補強が成功すれば万々歳なのですが、そういった反応をされるとやはりスパーズもまだまだビッグクラブとは程遠い事を実感させられます。マダマダコレカラヨ!

誰かバイトの「オープニングスタッフ募集」みたいなノリで、ヨーロッパに羽ばたく「スパーズの礎」となってくれる奇特なスペシャル選手はいないものか・・・・・

| もみじい | 2010/07/27 09:44 | URL |

>ドンペン さん
あら、王者はベンフィカでしたか!それは失礼!さっそく修正しないと。ご指摘に感謝です。

ファビアーノもスアレスも難しそうな気配ですね。ベラミーが来そうな気配はありますけど、どうなるでしょうかね。
フンテラールは僕もあまり評価していない選手ですね。彼を獲るならパブリュ残留でいい気がしてます。

>もみじい さん
なかなか面白い試合でしたよ^^ 僕も相当なキーン好きですが、正直に言えばもう彼はアンタッチャブルにはなりえないのかな…と。スパーズのレベルを一段上げるのであれば、FW補強は必須。
奇特なスペシャルがいればね~(笑)正にこれからのチームだから魅力あると思うんだけどなぁ。(かなり贔屓目だけども)

| 管理人 ゆーや | 2010/07/27 19:37 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。