PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポジション別現状分析レポート(5)セントラルMF

現状のトッテナムの戦力をポジション別に分析する企画の第五回。今回はチームの屋台骨である、セントラルMFを取り上げます。

ハドルストン (4) パラシオス (5)

現在のセントラルMF:パラシオス、ハドルストン、ジーナス、オハラ、サンドロ、リバーモア、パーレット、ボストック、モドリッチ

パラシオスの重要性
トッテナムの現状のスカッドを見渡しても、特に中盤の充実度には目を見張るものがあります。レドナップが強く希望したJ・コールの
獲得には失敗したものの、代替選手の補強の必要性を特に感じないほど。しかし、守備的MFは?という事になれば話は別かもしれません。
どうしても直接的にゴールに絡むアタッカーに目が行きがちですが、人一倍走ってスペースを埋め、体を張って時にはカードも辞さず
相手を潰すような、また守備から攻撃への起点となれるような汗かき役がチームには必ず必要です。目立たず黙々と働く黒子の役割が。
トッテナムには長らくそういう選手が不在でしたが、パラシオスが加入することでようやく一番必要だった中盤の「強さ」が加わった。
それまでどこか希薄だったチーム全体の守備意識が高まったのも、失点数が著しく低下して安定した戦いが出来るようになったのも、
彼の加入によるところが非常に大きかった。コンビを組んだジーナス、ハドルストンらも明らかに守備意識が向上しましたからね。
彼もまた純然たる守備的MFでは無く、所謂「Box-to-Box」 プレイヤー。しかし、与えられた役割は守備面での貢献に重きが置かれ、
攻撃面での貢献は物足りなくともチームには欠かせないピースと感じます。そんな彼が不在となった場合に一抹の不安が捨てきれません。

確かに昨季はダービー、チェルシーとの連戦をはじめ終盤の大事な時期に彼が不在でしたが、チームはなんとか乗り切る事が出来ました。
しかし、シーズン全体を通して見て、攻守におけるバランスを考えた場合、セントラルMFの一枚は彼を起用するのがベストと僕は思うし、
彼と同じような役割を担える選手が他に見当たらないのが少々気がかりです。昨季はローン移籍していたオハラが一番近いけれど、
現在は腰の負傷を抱えているし、そもそも去就が不透明。新加入のサンドロは若くして現役セレソンですがプレミアでは未知数で、
いきなり期待を懸けるのは酷だ。若手のリバーモア、パーレット、ボストックにはまだ荷が重いだろう…と考えていくと案外層が薄い。
ハドルストンは展開力に魅力があるもののパラシオスと組んでこそだし、ジーナスもまた然り。ジーナス&ハドルストンのコンビだと
中盤がチンチンに制圧されるのは過去の実績が証明しているし、モドリッチを一角に置いても守備に追われるようでは本末転倒。
一見して頭数が揃ってるように見える陣容でも尚、パーカー獲得への動きが見え隠れするのはレドナップも若干不安だからではないか。
サンドロがすぐにフィットするなら問題は無い。しかし、順応に戸惑うことも視野にいれ、オハラは手元に置いておく方が良いと思う。

状況に応じてモドリッチ起用も視野に
個人的にはモドリッチは守備の負担が軽く得意の攻撃に時間を割ける左サイド起用がベターだと思っている。彼は左サイド起用しても
サイドにずっと張ってる選手じゃないし、機を見てはボックス内に侵入したり、中央に寄ったり、中盤の底に下がったりというように
ある程度自由に動き回れる選手。セントラルの二枚にはしっかりと相手を潰せるパラシオスと展開力&ミドルがあるハドルストンで
チームの背骨をしっかりと安定させて、モドリッチには一枚前の(より相手ゴールに近い)位置でゴールに絡む仕事をさせた方がいい。
ただ、試合状況や相手に応じてモドリッチをセントラルで起用し、中盤の底からゲームメークさせるオプションも併用すべきでしょう。
当初は懸念されたフィジカルファイトでも負けず、守備においてもある程度の貢献を果たせる事をこの2シーズンで十分に証明したので、
彼をセントラルMFとして起用しても機能するとは思います。代表でもそうですし、彼自身は中央でゲーム作るのが得意な選手ですから、
ボールを奪い、そのままタッチ&ゴーで前にもいけて、なおかつ広い視野でパスを出せる中央での起用も捨てきれない選択肢だと思います。

彼をセントラルで起用することで、左にニコを置いてクロアチアのW司令塔共存も可能だし、ベイルを一枚前で起用し持ち味の攻撃力を
活かす戦い方も出来る。例えばベラミーを獲得したとすれば彼を左サイドに起用も出来る。オプションは無限に広がりますよね。
補強の進み具合やチーム状況に応じて起用法は流動的になると思うので、結局のところ彼がセントラルなのか左サイドなのか
未だにハッキリと断言出来ないんですけど、僕としてはハッド&パラシオスの安定感を基本線、より攻撃的に行くならセントラル起用…と、
柔軟性を持って使い分けていくのがいいのかな…と思っています。いずれにしろモドリッチがチームの軸ですから怪我なく、シーズン通して
フル回転してくれるのを期待したい。14番が思う存分に自らの力をいかんなく発揮し、ピッチで躍動すれば自ずと結果はついてくるはずです。

ジーナスとハドルストン
ここまではパラシオスとモドリッチにスポットを当てましたが、もちろんこの二人がどれだけやれるか個人的にも注目しています。
むしろ、この二人の出来がカギを握ってると言えなくもない。まずはハドルストン。昨季にようやくブレイクへのキッカケを掴んだ。
ポテンシャルの高さは評価されていたもののイマイチ伸び悩んでいた彼が、パラシオスという相棒を手にしたこと、レドナップの
信頼や起用法が功を奏した面も手伝ってか昨季は飛躍的に貢献度が増した。キック力は破壊力抜群だし、キックの種類も非常に豊富。
堅守からのスピーディーなサイド攻撃を武器にするトッテナムにあって、彼の長短織り交ぜたパスによる展開力は今や欠かせない。
今季も昨季同様の働きに加えて、あと一歩欲を言えばゴールに直結する決定的な仕事や、自らのゴール数も増えてくれば鬼に金棒です。

一方のジーナス。彼は昨季は散々なシーズンでした。序盤こそ見せ場があったもののレギュラーポジションはハッドに完全に奪われ、
自身の怪我もあり出場機会は激減。攻撃ではモドリッチ、守備ではパラシオス。彼ら二人や「一芸」に秀でるハッドと比較すると
ジーナスをどうしても起用しないと!という根拠が薄く、存在感が無くなってきている。在籍が長い彼にとっても今季は正念場と言える。
元々、自らが輝くのでは無く、気の利いたポジショニングやパスなどで周りの選手を活かしたり、活かされる事で持ち味を発揮する選手。
自らが光を放つ太陽では無く、光を受けてぼんやりと周りを照らす月のような。でも、そろそろそれだけじゃ物足りないのも確か。
強引にドリブルで仕掛けたり、中盤から思い切りシュート狙ったり。本来はそういうのが出来る奴なんだから、もっとエゴを出してもいい。
もう何シーズンもずっと言い続けてきたフレーズだけれど、今季こそは一皮剥けた彼の姿が見たい。そう思ってるファンも多いはずです。

獲得候補:パーカー

予想
昨季からの継続で考えれば、現状では主に3パターン。ハドルストン&パラシオス、ハドルストン&モドリッチ、パラシオス&モドリッチ。
状況によっていずれかにジーナス、オハラらがポジション争いを挑み、合流が遅れるサンドロがフィットすれば加わるという図式。
先にも触れた通り個人的には成長著しいハドルストンと守備での絶大な貢献度を買って、ハドルストン&パラシオスのコンビを推す

レギュラー:ハドルストン、パラシオス
バックアッパー:ジーナス、オハラ、サンドロ、リバーモア
ローン移籍:パーレット、ボストック
放出:場合によってはオハラ、ジーナスの可能性も?

| Article | comments:3 | TOP↑

僕もCMFはハドルストン&パラシオスでほぼ決まりでいいんじゃないかなぁと思います。相性も抜群に良さそうですし。
でも正直ジーナスはもうスパーズにはいらない人材なんじゃないのかなと思ったり・・・。昨季の彼を見ると、魅力的な能力っていうのが何も見当たらなかったんですよね。「相手のスペースを縫うようなドリブル」が良いなと思ってましたが、それもリーグ前半の1~2試合だけで終わっちゃいましたし、サブとしても流れを変えるような「何か」を持っているとも思えなかったし。。もともと弱点のあまりない万能型選手だったようですが、怪我の影響もあるのか器用貧乏という印象がぬぐいきれません(T_T)もう一皮剥けてほしいとは思いますが、僕の中ではもうタイムオーバーなんじゃないかなぁと。

サンドロの獲得はグッジョブですね!プレミアでも遜色なく能力を発揮してほしい。ようやくパラシオスの後釜となる選手を獲得できた訳ですが、今季はその役をオハラに任せてほしいです。ハリーは昨季のゴタゴタで彼をどう扱うのかも注目ですが、放出はもう1年待ってほしい!
FWほど緊急ではないにしろ、守備的MFをもう1人ぐらい獲得してもいいんじゃないかなと思いますね。ジーナス売却が前提の話ですが。

| もみじい | 2010/08/01 18:28 | URL |

オハラはなんだかんだで必要な気がします……ハドルストーンやモドリッチやパラシオスらのほうが序列は上にしろ、逆境で見せるメンタル的な強さではオハラ(とベントリー)の負けん気みたいなものは他の選手にはなかなか見られないし、十分に買える能力だという気がします。
放出するには勿体ない素材じゃないかなぁ、と。

それから、JJ。
スパーズが一番苦しかった時期(07/08~08/09シーズン)を中心選手として支えてくれた彼が、快進撃なった昨季に影薄いまま終わってしまったのはあまりにも残念でした。
古い話にはなってしまうものの、08/09シーズン序盤のサンダーランド戦(負け試合ですが……)で見せてくれたみたいなパス&ゴーで飛び出し、リターンパスを受けてのミドルでゴール、という感じの攻め(ケーヒルとかランパードがよくやるようなプレイ)が彼の真骨頂だと僕は思っています。
素質ではランパードやジェラードにも負けないと言われる彼がチーム内で生きてくれれば、これほど頼もしいこともないと思うんですが……現状では苦しいですけど、なんとか再起を期して欲しいです。

個人的にはハドルストーンやオハラのさらなる成長やサンドロのフィットとJJの復活に期待して、中盤センターは現状維持でいいと思います。あとは個々の奮起に賭けたいところです。

| sini | 2010/08/01 21:10 | URL |

>もみじい さん
JJに関しては記事にも書いた通り、正念場かなと思いますね。いいものは持ってるんですが、一貫性が無いんですよね。在籍が長いので思い入れのある選手だし頑張って欲しい気持ちは強いんですけどね…。

サンドロ獲得がグッジョブと言えるかどうかはまだ解らないと思いますよ。全然使えない奴かもしれないし(笑)
まぁ、今季は期待し過ぎないに限ります。その意味でもオハラは残すべきですね。JJかオハラを放出するならば、
あと一人守備的にふるまえるMFの獲得が必要になってくると思います。

>sini さん
同感ですね。オハラは複数ポジションこなせるし、何より「戦える」選手。ああいうファイターは必要です。
JJについても僕もどうしても期待してしまうんですよね。いい時の彼をよく知ってるだけに…。厳しい状況には変わりないですが、意地を見せてポジション争いに加わってくれたら嬉しいですね。
逆に言えばJJが復調せず、サンドロも計算が立たない…となれば結構深刻な事態になりかねないと懸念しています^^

| 管理人 ゆーや | 2010/08/02 20:28 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。