PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

マンCからのローン補強を画策

8/14に迎える2010/11シーズン開幕戦まであと2週間を切りましたが、トッテナムはここまでのところ非常に静かな夏を過ごしている。
昨季に悲願の4位を達成し、今季はCL(プレーオフ突破が条件)とリーグ戦で再び4位以内を狙うという大事なシーズンとなるので、
昨季からの更なるレベルアップを目指して補強を行っていきたいところだが、現状では遅々として進んでいないという実感がある。
今夏に行われたW杯や、今季から導入されるプレミアリーグの新ルール「ホームグロウン制」などの影響もあり、今夏の移籍市場の動向は
非常に読みづらく、一部のクラブ(マンC、レアルなど)を除いて、各クラブが補強に手間取っている印象。無論、トッテナムも例外では無い。
W杯が終了して本格的に幕を開けた今夏の移籍市場。それから約1ヶ月が経過したわけだが、指揮官レドナップの補強に関する
コメントにも最近は若干の変化が見られる。果たしてトッテナムは効果的な補強を実現出来るのか。現状を今一度整理してみる。

Harry ready for Ledley sting  (People)
我々は現在のチームを向上させる2~3人の選手を必要としている。いるだけで、チームメイトを奮い立たせるような誰かがね。
私はJ・コールがその役割を担えると期待したがそれは叶わなかった。現在はマンチェスター・シティの動きを注視しているよ。
彼らは巨大な選手層を誇っているから、溢れる選手が必ず出てくる。そういう選手をローンで獲得出来れば…と考えているんだ。
噂に挙がっているアイルランドはとても好きな選手だよ。だが、彼の獲得には£1100~1200万必要だ。彼の獲得に興味はあるが、
現在の我々にはそれぐらいの高額を費やす立場には無いんだ。私は現在、補強に大金を投じる必要性を感じていない。
J・コールはフリーで獲得出来る魅力的なケースだったが、それと同様のモニタリングしなければならない1~2つの動きがある。
(レドナップ:補強について)

記事の前半部分は開幕戦のマンC戦と、直後に行われるCLプレーオフでキングをCLプレーオフに優先して起用する事を示唆したもの。
注目すべきは記事の後半部分で、レドナップが現在の補強方針について、かなり突っ込んで言及しています。で、上記はそれの抜粋。
当初レドナップは「スペシャルな選手」という表現を用いて、現在のトッテナムに効果的な数人の補強を施したいと語っていました。
そのうちの一人がJ・コールだったとは容易に想像出来ますが、獲得を目指した彼以外にも「スペシャルな」ストライカーの補強を
考えていたはずです。フォルラン、ジェコ、L・ファビアーノ、スアレス、フンテラール、ラウル…これまでに多くの名前が挙がったのもFWで、
レドナップ自身もフォルラン、L・ファビアーノの2名については実際に実名を挙げて獲得への興味を示唆し、獲得も期待された。
しかし、繰り返されるのは「週給が高くて我々には手が出せる範囲ではない」という旨の発言。そして、ここにきて上記の最新コメント。

レドナップは移籍市場においても百戦錬磨の「狸親父」ですし、出されたコメントを額面通りに受け取るわけにはいかないんだけれども、
この最新コメントから、今後の補強の予測をまとめると次のようなものになるだろうか。(あくまで、ここまでの動きからの推測ですが…)

・トッテナムの過去の獲得移籍金レコード(ベント、モドリッチ:各£1650万)の更新はおそらく実現しない
・£6~7万の週給バランスを崩すような方針変換(例えば一選手に週給£10万提示など)に会長はGOサインを出さない
・補強は他のクラブ(特にマンチェスター・シティを注視)で干されている選手をローンで獲得
・仮に高額な資金を投じる大型補強を行うとしても、CLプレーオフ突破を決めてからではないか?


マンCが登録上限25人を超える勢いで補強を進めているので、そこから溢れる選手を狙うというのは狙いとしては悪く無い。
しかし、マンCにとってトッテナムは4位を争う直接ライバル。昨季は他でもないトッテナムとの最終決戦で敗れて5位に甘んじたわけで、
そのライバルクラブが戦力増になる移籍に応じるのか?という疑問が出てきますよね。リチャーズ、ベラミー、サンタクルス、オヌオハ、
アイルランドなどが溢れる可能性があり、これらのうち数人の補強を考えていると予想されるが、果たしてそう上手くいくだろうか。
話を複雑にする要因は他にもある。フルアム新監督に就任したマーク・ヒューズは前マンC監督で同じく彼らをターゲットにしている。
どうせ余剰戦力となったのならトッテナムではなくフルアムに売ろうとマンCが考えるのは自然の流れだし、選手たち自身だって
追いだされたのならば重用してくれた前監督の元へ行きたい!となってもおかしくない。ヒューズは信頼されていたと聞くし…。

フルアムのオーナーであるアル-ファイドは自身の所有してたハロッズ(高級スーパー)を売却するなど、財政的なピンチか?という
見方も出来るし、そもそもそんなに資金を費やせるクラブではない。しかし、格安で補強出来る状況になれば話は別だろう。
また、マンCはビラからミルナーを獲得する意思を示してはいるが、ビラ側は£3000万と強気の設定で徹底抗銭の構えを見せている。
この移籍がキッカケでアストンビラも代替選手の獲得に動き出した場合、トッテナム、マンC、ビラ、フルアムまで加えた4クラブ間で、
様々な思惑が絡んで一気に選手が動く可能性は高い。開幕まで2週間、移籍市場終了まで1ヶ月。まだまだ動きはありそうだ。

補強に大金を投じずに戦力アップ出来ればそれにこしたことはないので、レドナップが本当に必要であると認識している選手を
獲得出来さえすれば、それでいいと思います。僕らは結局はハリー爺を信じるしかないわけだし。ただ、それが上手い事進むか…?
我々ファンは、今しばらくメディアから発せられる真贋入り混じった報道にヤキモキする期間を過ごすことになりそうですね。

| Article | comments:3 | TOP↑

マンCからお零れ頂戴できるかと思っていましたが、スパーズの戦力アップは絶対阻止?みたいな空気を感じますね。考えてみれば当然か、4位以内に入る力があるチームを助けないわな。今年は最低ノルマ4位以内だろうし。去年も軒並み上位から引き抜いてチームの戦力アップと敵の戦力ダウンを狙っていたし、そういう戦略なのかも…。サンタクルスあたりローンで来ませんかね。上背あって足元も上手いし、調子が上がれば決定力もなかなかのもんです。意外と嵌りそうな気がしますけど、お給料は高そうですね…。

| KTA | 2010/08/04 00:43 | URL |

ベラミーかしてくれんかのう
と思ってたらシティ側がスパーズからのローン移籍打診を拒絶との記事を見ました
まぁシティ側からすりゃみすみすライバルに選手かさないよな(笑)
なんかこのままかFW補強無く終わりそうな気配が…
今のFW陣がダメではないですが絶対的なエースが欲しいですよね
よく言われてる「スペシャルな選手」

| ゆうすけ | 2010/08/04 03:47 | URL |

>KTA さん
感じますね~(笑)当然と言えば当然なんですけどね。開幕戦終わってから移籍市場終了までの2週間でなんとかローンで出してくれないないかな?と期待してますが、難しいかもしれませんね。
サンタクルスは僕も好きな選手で、トッテナムに必要なタイプの選手ですがフォルランやジェコの噂があった頃は、サンタクルスじゃそこまでワクワクしなくなってた自分がいたんですよ。でも、ここまで補強が進まないとサンタクルスでも来てくれれば有難いなぁ…と不思議とハードル下がってきてます(笑)

>ゆうすけ さん
ベラミニーにはオファー出して拒絶されたみたいですね。まぁ、かなり低額のオファーのようなのでとりあえずは様子見でしょうね。
今後状況を見つつ金額上げての再オファーで向こうがじれるのを待つ持久戦になるかもしれません。
「スペシャル」な選手の加入は期待薄ですけど、FW補強が上手く進む事を期待してます^^

| 管理人 ゆーや | 2010/08/04 22:34 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。