PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポジション別現状分析レポート(6)左サイド

不定期でお届けしてきた現状のトッテナムの戦力をポジション別に分析する企画も今回が最終回。左サイドのユニットを考えます。

モドリッチ (10) クラニチャール

現在の左サイドハーフ:モドリッチ、クラニチャール、ドスサントス、ローズ、タウンゼント、オハラ、ベイル

左サイドにはプレーメーカーを!
正直、この左サイドのユニットが一番悩みました。というのも非常に豊富な選択肢があり、どの選手もレベルが高く捨て難い。
数年来、トッテナムの左サイドはウィークポイント(補強ポイント)とされてきました。現地ファンサイトやフォーラムを覗いても
ジノラ以来、高レベルで純粋な左のアタッカーが不在だと嘆く声を多く見かけた。しかし、モドリッチ&ニコの加入とベイルの台頭で、
そういったネガティブな意見は減り、今やトッテナムの攻守に渡るストロングポイントになりつつあるのが左サイドのユニットだ。

セントラルMFの回でも触れたが、左サイドハーフのファーストチョイスにはモドリッチがベストであると僕は考えている。
バックアッパーにはニコ。モドリッチが不調、或いは疲労でコンディションが低下してもニコであれば遜色無く埋める事が可能だ。
モドリッチはタッチ&ゴーで自ら突破するタイプ、ニコはミドルパスを軸にした展開力と積極的にシュートを放っていくタイプ…と、
若干のアプローチの違いはあるが、二人に共通しているのが戦術理解度の高さと左サイド~中央でゲームメーク出来る能力の高さだ。
プレーメーカータイプの彼らが左サイドに陣取ることで、レノンによる縦への突破が中心の右サイドと併せて絶妙なバランスが保たれる。
誰かが欠けたら戦い方を大きく変えなければならない、というのはチームとしてあまり好ましく無い。そういう意味でも、モドリッチと
ニコの二人をメインに考えれば長いシーズン戦い抜くうえでも不安は少ないし、補強の必要性もそこまでは高くは感じない。

もう一つのオプションとして攻撃的に行きたい場合は、モドリッチを中央に、左にはニコを置くクロアチアのW司令塔共存も可能だし、
ニコでは無くベイルを一枚前に上げてレノンとベイルで両翼がらガンガンしかける戦い方も出来る。昨季終盤のマンC戦のように…。
この並びも破壊力は抜群で大変に魅力的ではあるんだけど、チームのバランスを考えた場合は主に守備面において不安がつきまとう。
ベラミーを獲得出来ればこの戦い方がメインになる可能性もあるが、現状の陣容ならばあくまでオプションに留めるべきだ。
プレシーズンで印象的な活躍を見せているジオ、伸び盛りのローズらイキのいい若手も控えてるので流れを変える駒にも不足しない。
タウンゼントもスピードがあって面白いタイプだがまだ経験不足でローン移籍が濃厚。去就が微妙だがオハラもこなせるのは心強い。

獲得候補:ベラミー、A・ヤング

0910 34 エコト (4)

現在の左サイドバック:アス-エコト、ベイル、ノートン、ウォーカー、ローズ

チームの総合力を上げるには…
僕は常々「ベイルはSBでは無く、彼の攻撃力を活かす為にウイングとして育てるべき。ギグスのようになれる逸材」と言い続けてきました。
2年程前、初めてその想いを書いた時「何を馬鹿な…」と思った方もいたでしょう。が、昨季後半の彼こそが僕の思い描いてた姿です。
今まではその想いを捨てきれずにいたんだけど、その考えを改める時が来たように思う。ベイルは「世界最高の左SBを目指せ!」。
いきなり主張を変えるのもいかがなもんかと思うんだけども(笑)トッテナムが一段高いレベルに達するにはそうするのがベストかな…と、
考えが変わりました。確かに彼を一枚前で使うメリットは計り知れない。ドリブル突破、高精度のクロス、自らの得点能力…etc
昨季後半にレノンが負傷離脱して以降、トッテナムの攻撃を牽引したのは間違いなく彼でした。だからこそ、惜しい。惜しいんだけど、
彼はSBからでもその溢れる魅力を発揮してくれるのでは…と思うのです。いや、むしろ比較的マークが緩いSBの方がより活きるのでは…と。

守備面での不安が彼のウイング起用を今まで推してきた一要因でもあったのですが、ここ最近はかなり改善されてきており、
元々スピードは抜群で、当たり負けしないフィジカルの持ち主。そして90分間トップスピードで上下動出来る無尽蔵の持久力がある。
今世界を見渡してもSBは人材不足。エブラ、A・コールら世界最高レベルのSBと肩を並べる素質をベイルは確かに持っていると思う。
ベイルがSBとしてもう一段階レベルアップした時、それはすなわちトッテナムが更なるレベルアップを果たす時だと信じ、期待したい。
ベイルのSB起用を推すもう一つの要因が左SBの層の薄さだ。もし仮にベイルを一枚前で固定したとしよう。残る左SBはエコトのみ。
前述した通り、即戦力でレベルの高いSBの補強は至難の業で、若手のウォーカー、ノートンらに託すにはあまりにも荷が重い。
エコトは多少のムラは気になるが、かなりレベルの高いSB。レギュラーにベイルでバックアッパーにエコトなら何の問題も無いのだ。

獲得候補:タイウォ、フィゲロア

予想
左サイドのユニットのファーストチョイスはモドリッチ&ベイル。呼吸もピッタリで今やトッテナム最大のストロングポイント。
前述した通り、SHではニコ(補強が叶えばベラミー)、SBにはエコトと遜色の無い陣容を揃えられる事からこの組み合わせがベスト。
モドリッチを左サイドに起用するメリットとして彼がサイドに張り過ぎない事も挙げられる。彼は中央や前線に進出する事が多く、
左サイドにはスペースが空く。ここをベイルがトップスピードで走り込んで使う、或いはキーンが流れてきて使う事で攻撃に厚みが出る。
もちろん、状況に応じてベイルを一枚前で使うオプションを併用するのも手だ。両翼から「ガンガンいこうぜ」もたまには観たい(笑)

左サイドハーフ
レギュラー:モドリッチ
バックアッパー:クラニチャール、新加入選手(ベラミー?)、ベイル、ドスサントス、ローズ、
ローン移籍:タウンゼント
状況によっては放出:オハラ

左サイドバック
レギュラー:ベイル
バックアッパー:エコト、ウォーカー、ローズ
ローン移籍:ノートン

| Article | comments:5 | TOP↑

左サイドが飽和状態なのに獲得候補ってなんてわがままなんだ。

| | 2010/08/09 23:23 | URL |

>名無し さん
獲得候補については実際に噂が挙がってるものを列挙しているだけですよ^^ 
A・ヤングはともかくベラミーに関してはハリーが実名挙げてる事からも獲得を目指しているのは間違いないだろう…と。
わがままというのが僕に対してなのか、クラブの方針に対して言ってるのかが解らないので何とも答えようがないですけど(苦笑)
僕個人の考えとしては記事をよくお読みくださいとしか言いようがない。

ちなみに…ですが、その文脈でわがままというのは語彙の使い方を誤ってる気がしますね。
それをいうなら「ぜいたく」の方が適切かと。まぁ、ぜいたくという言葉もシティに向けて言ってくれと思いますけども(笑)

| 管理人 ゆーや | 2010/08/09 23:36 | URL |

昨季のベイルは突破力をはじめとした攻撃能力で注目を浴びましたが、特に僕が一番褒めたいのは驚異的な運動量とそれを可能とするスタミナですね。
試合中幾度となくオーバーラップを仕掛けても、試合終了間際でもまだスピードが落ちないですし。守備能力に関しても昨季を見る限りでは「穴」といえるほど酷いものでもなかったと思います(2回ほど雑な守備で失点した記憶がありますけど…笑)。

まぁ昨季からフルタイムで試合を見始めた僕にはそれ以前のベイルがどうだったか分からないのですが、エコっちゃんがイマイチ好きになれない僕としてみれば、LBにベイル・LMにルカ&ニコが鉄板ですね。

昨季終盤はベントリーが出場していても、FKはよくベイルが蹴っていましたね。今季はキッカーとしてのゴールも見たいです。

| もみじい | 2010/08/10 01:25 | URL |

エコトとベイルが良いのはもちろんなんですが、キックやスタミナの面ではオハラも左のバックでなかなか化けてくれそうかな~なんて思ってます。速さこそ物足りないですが、守備面ではエコトよりポカが少なそうですし。笑

左のハーフは基本的にモドリッチとニコが軸になるとは思うんですが、おそらくハリーの頭の中ではワントップにしてモドリッチやニコをセンターに置くオプションも結構具体性を帯びてあるのでは、という風に思います。
おそらくJコールやベラミーやAヤングの獲得を狙った(または狙ってる)のはそのオプション使用時にベイルの他で左ウイング役の選択肢を広げるためだったのではないかと。
いずれにせよ、一番想像が膨らんで楽しいポジションですね。

| sini | 2010/08/10 08:13 | URL |

>もみじい さん
ベイルのスタミナは凄いですよね^^ 90分間あれだけ走り回れるのはたいしたもんです。昨季は守備面でも向上の兆しを見せていたので、今季も攻守に渡って活躍してくれることでしょう。
プレースキックもいいもの持ってるんで、久しぶりに直接ブチこむのを見たいですね~!あ、エコっちゃんも嫌わないでやってください(笑)不思議キャラで、ポカも多いけど憎めない奴なんで^^

>sini さん
オハラはU-21代表でもSBやってたし、ハードワーカーなんでこなせると思いますし、試すのも面白いかも…ですね。
でも、残るのかなぁ?残して欲しいけど…。

1トップも構想にはあると思いますが、現状の面子だと巧くいかないでしょうね。
中盤はいけそうですが、肝心の1トップこなせるFWがいない。補強が巧く行かない限りは4-4-2がメインになると思います。
選択肢が色々あるにこしたことはないので、色々試しながらいい形を作って行って欲しいですね^^

| 管理人 ゆーや | 2010/08/10 20:14 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。