PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウィリアム・ギャラス獲得



Gallas deal agreed (tottenhamhotspur.com)
トッテナムはクラブ公式サイトにて今夏アーセナルと契約更新せずフリーとなっていたフランス代表DFウィリアム・ギャラスの獲得を発表。

ギャラスは育成年代をフランスの国立育成機関であるクレール・フォンテーヌで過ごし、その才能を育んだ後、カーン、マルセイユを経て
2001年チェルシーに加入。チェルシー時代にはプレミアリーグ連覇、国内カップ戦の制覇に貢献、213試合出場(14ゴール)を記録。
2006年にアーセナル移籍後は145試合出場(17ゴール)を記録、2007/08シーズンには主将としてチームを牽引する活躍を見せた。
フランス代表としてもデサイーの後継者として不動のCBとして君臨。06’W杯の決勝進出に貢献したほか、通算84キャップを達成している。

ギャラス加入について指揮官レドナップのコメントを。
彼が加わる事で我々が得られるもののの大きさは計り知れない。彼はトップレベルの選手であり、手本となれる存在だ。
ファンの複雑な心情は理解している。しかし、彼は連続殺人犯じゃない。彼はフットボーラーだ。過剰な嫌悪はナンセンスだよ。
彼はトッテナムとアーセナルの間で初めて移籍した選手ではない。フットボールの世界ではよくある類いの話の一つに過ぎないんだ。
彼はこれまでに大きな成功を掴んできたし、そのプレーぶりに私は感銘を受けている。必ずやトッテナムに力を与えると確信してるよ。
トッテナムに移籍する事は彼にとって簡単な決断では無かったはずさ。ギリシャに移籍すればもっと多くの給料を得られただろうし、
(宿敵への移籍で生じるであろう)大きなプレッシャーにさらされずに済んだだろうからね。それでも彼はトッテナム移籍を望んだ。
それも大金を要求したわけでもない。我々の給与体系に収まる条件を快く呑んでくれたわけだ。私はその心意気が嬉しかったよ。
よほどの覚悟が無ければそんな決断は出来ない。契約は1年だが、30試合以上の先発を達成すればもう1年延長される契約だよ。
『トッテナムでプレーしたい』と難しい決断をしてくれた彼に対して、ファンも必ずや温かく迎えてくれると私は信じている。
(レドナップ)

遂にギャラスの獲得が決まりました。トッテナムファンにとっては期待と共に様々な複雑な思いが同居する移籍劇となったことでしょう。
かくいう僕も例外ではありません。正式決定した現在でもまだ完全には消化しきれていない…というのが正直なところです。

おそらく、多くのトッテナムファンが懸念している(獲得に積極的に肯定出来ない)のは次のような要因からでしょうか。
1.単純に憎き宿敵アーセナルで主将まで務めた彼がスパーズ入りする事実への嫌悪感
2.フランス代表や、チェルシー、アーセナルでも度々に起こしてきたトラブルメーカーというイメージ
3.既に多くの選手を抱えるCB陣(キング、ウッドゲイト、ドーソン、カブール、バソング)に新たに加える必要性はある?


まず1については、時間の経過と共に自然に解決する気がします。まだ実際に白いユニフォームを身に纏ったギャラスの姿を見てないし、
今のところ違和感があるのは致し方ない。そりゃ、そうだ。アーセナルにいたんだもの。それだけで嫌う理由の80%は占めてる。
でも、トッテナムの為に体を投げ出し、味方を鼓舞して戦う彼の姿を目にすれば、自然と応援している自分に気付くのに時間はかからない。

次に2だが、これは確かに大きな不安要素ではある。こればかりはレドナップが巧くコントロールしてくれる事を願うばかりだし、
ギャラス自身の覚悟というか決意に期待するしかない。プライドが高い=自分の力を信じているという事。これはプラスにもマイナスにも
なり得る要素だ。彼自身が時には自分を抑え、チームの為に…という姿勢で臨まなくてはいけないし、周りが彼を理解する事も必要だ。
現在のトッテナムは抜群のチームワークで今の地位を築いてきたチーム。ワールドクラスのビッグネームはいなくとも、
それを補って余りある結束力とハードワークでビッグクラブと対峙している。そこに不安要素となり得るキャラクターは必要なのか?
多くの方が思うのは当然だし、僕もある意味では同意です。だが、チームワークの良さは甘え体質の助長に繋がる恐れもある。
トッテナムが本当の意味での「強さ」を身につける為には「闘うプロ集団」であるべきで「仲良しクラブ」である必要は…ない。
チームが好調の時はイケイケドンドンで、不調時にはズルズル行ってしまうのでは困る。時には味方を怒鳴りつけ、鼓舞する選手が必要だ。
彼のキャラクターを最大限に有効活用する事を、そして、それこそが現在のトッテナムに欠けているものだとレドナップは思っているはずで、
だからこそ同様に問題児のレッテルを貼られるベラミーの獲得を熱望し続けたのであり、今回のギャラス獲得なのだ…と思うのだ。
彼の強烈な闘争心であり、豊富な実績に裏打ちされた経験を惜しみなく、且つ正しい方向性でトッテナムに注いでくれる事を願う。

最後に3。これは多くのトッテナムファンが周知の通り、怪我がちなキング&ウッドゲイトが計算が立たないという事実で十分説明がつく。
キングは慢性的な膝の爆弾を抱え、1週間に1試合が限度。(出場を決めれば)CL本戦と国内カップ戦との並行で試合数が増加する今季、
ドーソン、バソング、カブールの3人で回すのは負担が大きい。チョルルカは右SBに専念させたいし、若手の急な抜擢はリスクが伴う。
そして、ウッドゲイト。思いのほか負傷が長引き、未だ復帰時期の目途が立っていない。新たに手術を行う情報も入っており、もはや
25人の登録リストから漏れるのは必定だ。1月の登録リスト更新までに復帰出来れば御の字で、最悪引退の二文字もチラついている。
ギャラスならばプレミアリーグでもCLでも経験豊富。バックアッパーに留まらず、主力とレギュラー争いが出来る実力者だ。
これでよほどのアクシデントが重ならない限りは、CBの層は盤石だし、守備陣の更なる安定が見込める事からも何の疑問もないだろう。

いずれにしろ、ギャラスが100%トッテナムの為に力を尽くしてくれるのならば、僕も120%でサポートするつもりです。
正直に言えば、嫌いな選手でした。今でも好きではありません。モヤモヤした気持ちが、まだ完全にはぬぐい去れずにいるのも確かです。
多くのスパーズファンも同様だと思う。でも、今日この日から彼は僕らの愛する「トッテナム・ホットスパーのウィリアム・ギャラス」です。
余計な先入観は捨て、彼を全力で応援しようと思う。きっと、「この補強は間違いじゃなかった」そう証明してくれるはずだから。
他ならぬギャラス自身が、絶体絶命の場面で懸命に体を投げ出すタックルで、ここぞの場面でチームを救う炎のヘッダーで。

| Article | comments:14 | TOP↑

スパーズファン歴3~4年の浅ーーい僕からしてもあまり歓迎できる気が起こりませんが、既にもう彼はスパーズの選手。現地サポーター含めて歓迎ムードでないことは本人も重々分かっているはずなので、自分自身で信用を勝ち取るしかありませんよね。ほら、「昨日の敵は今日の友」と言いますし。





(でもやっぱ違和感大アリだよなぁ・・・・・↓↓↓)

| もみじぃ | 2010/08/23 21:35 | URL |

力強く、心強い選手が加入したんだと僕は割り切ってます^^
後はピッチの上でどういう姿 つまりどのようなプレーを見せるかですね。
気持ちのこもったプレーなら彼は得意なはずですからスパーズファンも気付けば心許していたなんて流れが理想ですね!!

とにかく間違った補強では無いと願うばかりです。

| Gio17 | 2010/08/23 22:18 | URL |

考察拝見しました。
なるほど。思い入れの大きさという点以外では、自分と非常に似通った捉え方をされているなと・・・前回いただいた返信の通りですね。
ことここに至って、自分の考え方は極めてシンプルです。

評価に値する仕事を成し遂げた人間に、評価を与えられないクラブは三流です。

評価に値するとまではいかなくても、評価を得ようと努力を続ける人間を鼓舞できないクラブは二流です。

評価に値する仕事をしようと努力しても、そこに到達できなかった人間を叱咤して、評価される位置に後押しできるようなサポーターを持つクラブこそ・・・
皆が胸を張って、誇れるクラブ。本当の一流と言えるのではないでしょうか。

極めて客観的に、かつ正当な評価を得られるのであれば、必ずや彼はスパーズの力になってくれると思います。
それは彼という偉大な選手が、過去代表でも、クラブでも、どうしても得られなかったものです。
もちろん、その原因のいくつかは彼自身の問題でもありましたが、一方でファンやスタッフからの信頼、サポートが万全に与えられていたとは、自分にはどうしても感じられなかったんですよ。

リスペクトを与え、声援を送れば、彼は必ず奮い立つと信じています。
なにより、ガラスという選手以上に、彼と共に戦うこれまで応援してきたスパーズの選手を、直接舵を取るハリーのことを信頼していますからねw

楽しみです。
こちらのサイトでは、自分のような感じ方をしている人間は異端なのだと理解はしているのですが・・・吉と出るか凶と出るのか含めて、不謹慎にもワクワクしてしまうのは事実なのです(苦笑)

| 白面 | 2010/08/23 22:28 | URL |

ギャラスのプレイヤーとしての実力は絶対にプラスになりますし、経験豊富でリーダーシップ取れるのでイイ補強だと思います。


ただトラブルメーカーの点では不安ですけどキングやキーンやレドナップが上手くやってくれることを期待してます

| ベイル | 2010/08/23 23:11 | URL |

さすが素晴らしいサポーター精神ですね。

私も当然のようにギャラスは嫌いでした
でも現実問題として彼の加入は非常に大きなプラスだと思うし
とても勇敢な決断をした彼の決断を尊敬し、歓迎しています。

100%の努力を120%の力でサポート…
これには軽く感動しちゃいましたw

まあ、隣でも内部で問題引き起こしてくれてた訳だし
仲間といっても過言ではないですからね!笑

頑張ってほしいなぁ^^

| 六等星 | 2010/08/23 23:20 | URL |

とうとう正式決定しましたね。
複雑な気持ちは変わりませんが、決まった以上は頑張って欲しいと思います。
実力と実績は間違いなく一流なのですから。

「トラブルメーカー」というイメージも、まずは何処かへ置いときましょう。
スパーズでは、そうならないことを信じて・・・

| かるろす | 2010/08/24 00:01 | URL |

ギャラスは右のセンターバックを好んでます
サイドバックはチェルシー時代にやりたくないと言ってましたし、フランス代表では左のセンターバックを拒否しました

トッテナムのセンターバックの左・右のできるメンツを教えてほしいです
例としてはドーソンって左できましたか?(普段コンビを組む相手から右でしか自分は見たことがないです。左はキングやバソング)

| だー | 2010/08/24 00:51 | URL |

ゆーやさんどうもです。
ギャラス獲りましたね!!
ブログ本文にもありましたが、
“火種”にならなければいいですね・・
大砲のチームではキャプテン剥奪されてますから。
しかし、いい選手なのは間違いない
うちの補強は終わりっぽいのでウラヤマシス

| malkovich | 2010/08/24 00:54 | URL |

ギャラスは確かに問題人ですけど、スパーズの契約内容に納得して、更に本人もやる気を見せているから心配はしていない(キリ…とはいってもやはり不安ですね。でも不安と期待は表裏一体なもんですから



ところで、グッディの件のときはありがとうございました。ようやく彼の話も出てきたので獲得あるかなと個人的には期待してます。

あとパソコンのネット環境が整ってFORUMを発見しました。次のヤングボーイズ戦からは僕もネット観戦してできればFORUMに参加させていただきたいな…と。。因みにネット観戦(実はatdhe.netというところで見ていたんですけど)、ヤングボーイズ戦ではWHLで初めてチャンピオンズリーグアンセムが流れるということでその場面を是非とも目に焼き付けたいと思っておるのですが、それを見られそうなところありますか?

| ミスターパン | 2010/08/24 00:56 | URL |

サッカー関係ないんですが、なんとなく中村紀博が中日に行った時を思い出してしまいました。拾ってくれた意気を感じて、その年は日本シリーズMVPでした。そうなってくれるといいなあ(^^;
あ、野球の話ですいません。

代表で左のCBを拒否していましたが、元々左へのコンバートを打診された理由は「セバスティアン・スキラチが右しか出来ないから」っていう理由だったと思います。我侭っちゃあ我侭なんですが、採りようによっては「スキラチ>ガラス」と思われても仕方ない。その上、監督が“占星術師”でしたからww
ガラス本人以上に、監督のチームマネージメントの拙さもあったと思うので、同情できる部分はあるかな。

アーセナルでの“キャプテン剥奪事件”にしても、ベンゲルは薄情だったなぁ、というイメージですね。勿論、サポや監督やチームメイトの心証を害したのは事実ですけどね。

少なくとも、自分の中では巷でもたれているイメージほど「問題児」という感じではないですね。アントニオ・カッサーノとか、マリオ・バロテッリに比べりゃあね・・・。カッサーノはホント大人になった(^^;

とりあえず、エミレーツでゴールを決めてベンゲルに中指を立てるぐらいは期待します(笑)ちょっと不謹慎かな?ww

| ハイヘッジ | 2010/08/24 02:23 | URL |

僕はスパーズファンですけどそこまでアーセナルが嫌いではなかったんです。(すいません)でもギャラスにはいいイメージをもてなかった。でもせっかくパナシナイコス蹴ってスパーズに来てくれたのだから、これから好きになると思います。

予想外のビックネーム獲得ですが、このような形でフリーで余ってる選手いないですかね?

| THS | 2010/08/24 15:23 | URL |

ついに正式決定ですか~。
なんやかんや言っても、チェルシー時代のギャラスは決して嫌いじゃありませんでした。むしろ05/06シーズンなんかはギャラスとクレスポがチェルシー優勝の陰の立役者のようなものでしたし、コイツいい選手だなースパーズ来てくれないかな~なんて思ってたくらいで……ガナ入団時以降大嫌いになりましたが。笑

ギャラス入団がセンセーショナルすぎてついそちらに注意が向いてしまいますけど、本当はそれ以上に心配すべきなのはウッドゲイトの負傷状況なんですよね。
今夏はこれまでCB補強の動きはなかったにも関わらずわざわざこの土壇場でスタメン級のCB獲得に動いたということは)……

あまり嫌な想像はしたくありませんが、もしかしたらウッディの解雇を覚悟したほうがいいのかもしれませんね。

| sini | 2010/08/24 21:31 | URL |

フランス人というかフランス系アフリカ人が増えてきてますね。
最終ラインもエコト、バソング、ギャラス、カブールができますねw


まあでも英国系の選手中心でいって欲しいのでローズ、ウォーカーを筆頭に自国の若手が育って欲しいもんです。
お隣も少しずつ英国系が育っていってる気がしますが、お隣りのようにフランスの植民地にならないで欲しいです・・・

| ブノワ | 2010/08/24 21:40 | URL |

>もみじぃ さん
そうですね^^ 一番心配してるのが、ちょっと不調だった時に彼が敗戦のスケープゴートにされてしまうことですね。
そうならないようにファンも過剰にプレッシャーかけずに見守ってあげる必要もありそうですね。
仰る通り、茨の道であることは十分承知のうえでしょうから、彼が自らの力で証明してくれるのを楽しみにしています。

>Gio17 さん
うむ。確かに力強く心強い補強と感じます。ピッチで熱く戦うの彼ぬ姿を見ればファンは必ずや支持することでしょうね。
きっと違和感があるのも最初だけで、彼を自然と受け入れる空気が広まるのは案外すぐなのかもしれません。

>白面 さん
三流~一流のくだりはとても心に響きました。全く同感で、スパーズもそういうクラブであって欲しいし、そういうファンでいたいものです。
彼を心から信頼する仲間や監督がいて、我々ファンも含めて彼を全力でサポートすれば、必ずや結果で応えてくれる男だと信じてます。
きっと選手たちにとっても経験があって頼れる存在だと思いますしね。スパーズを一段高いレベルに引き上げる力となって欲しいです。
いや、僕もこうして考えてみると案外ワクワクしているのかもしれません^^ 

>ベイル さん
選手としての実績・経験・実力は折り紙つきなので、あとはどれだけハリー爺が巧くコントロールするかであり、
ファンや仲間たちが信頼できるか…に懸っているのかもしれませんね。必ずやいい補強になるはず…と、期待しましょう!

>六等星 さん
僕は基本的にトッテナム・ホットスパーというクラブが好きなので、つまるところ誰が出ても、入ってもトッテナムの選手であるだけで
応援してしまうんですよね。ギャラスに関しても元お隣の選手ってことで違和感アリアリで複雑な心境だったんですけど、彼の加入後の決意を聞いたり、練習の様子を見たらもう好きになりかけてる自分がいたりして(笑)不思議なもんです。
茨の道を敢えて進んだ彼を僕らも全力でサポートしたいですね。必ずやその想いに応えてくれる選手なのだと思います。

>かるろす さん
同感です。彼に余計な先入観でプレッシャーを与えたり、過剰なリアクションしてしまうのは避けるべきでしょうね。
彼自身の決意、覚悟は相当なものでしょうからスパーズに全てを尽くしてくれるはず…と信じて応援したいですね!

>だー さん
ギャラスは右CBを好んでいるらしいですね。これまではあまり気にして見ていなかったので気づかなかったですけど^^
ハリー爺は彼をサイドバックで起用するつもりは無いと思います。人員も足りてますからその心配はなさそう。
スパーズのCB陣の位置ですが、基本的にキングが左、ドーソンが右でそれぞれが欠けた場合はそのポジションにいれますね。
バソングは左、カブールが右に入る事が多いです。まぁ、技術的には全員どちらもこなせるはずですけど、
細かな向き、不向きだったり好みはあるでしょうから、そこら辺の起用法はコーチ陣がじっくり検討するとは思います。

>malkovich さん
どうもです^^ きちゃいましたね~(笑)僕も当初はまさか…と思ってたんですが、現実になるとは…。
彼がいい選手であるのは間違いないので、周りがしっかり彼を理解し、サポートすることでトラブルを防いでいければよいですね。
マンUは今年も強そうですね!チチャリート君の面構えが個人的には凄く好きです。

>ミスターパン さん
問題人って(笑)まぁ、何かとお騒がせな選手ではあるのは確かですが、本人も相当の覚悟で移籍したでしょうから期待しましょう。
グッディ自身はスパーズ復帰を望んでいるので、状況が許せば獲得はあるかもしれませんね。
FORUM(PC限定)もみつけて頂いてどうもです^^ 試合の時は応援チャットやってるので、お暇なら是非ご参加くださいな。
ネット観戦についてはFORUM内のインフォメーションを参照ください。番組自体は当日の直前にならないと僕も解りません(笑)

>ハイヘッジ さん
なるほど、中村紀ですか^^ 詳しくはないですが、彼のように請われて行った新天地で心機一転、大活躍となってくれれば言う事無しですね。
代表での逸話は知らなかったので一つ賢くなりました(笑)まぁ、ドメネクは不思議な監督なので同情すべき点もありますしねぇ。
さすがにエミレーツで中指なんぞ立てようものなら更なる遺恨が増しそうで、勧めませんが(笑)そういう人間くさい選手は嫌いじゃないかも。
昨季だったかな、アデバヨルがゴール決めてガナーズサポの所に全力で走っていって挑発したの。ああいうドラマがフットボールをより楽しく奥深いものししてるのは見逃せない事実ですしね。(あまり褒められた行為じゃないけど…)

>THS さん
なにも謝る必要はないですよ(笑)同じファンであっても色んな考え方があるのは当然なので、こうでなくてはいけない…ってもんではないですし。
(スパーズファンを長くやって、スパーズに思い入れが強くなればなるほど自然とアーセナル嫌いになっていくとは思うけど…笑)
フリーで獲得出来たってのは大きいですね。フリーの大物かぁ。まだいたかな?(すいません、思いつかなくって…笑)

>sini さん
能力自体は魅力的な選手ですからね^^ やっぱりアーセナルにいたという事実こそが一番大きいのかもしれません。
そういう意味ではもうスパーズの選手なので、彼がプレーするにつれみんな好きになっていくんだろうな…と。
仰る通り、ギャラス獲得はウッディの状況と密接にリンクしてると感じます。さすがに解雇は無いでしょうけど、
確か来夏で契約切れなので、復帰の目途が立たなければそのまま…というのは十分あり得ます。
復帰を心待ちにしている一方で、今から心の準備をしておく必要はあるかもしれませんね。もしそうなれば悲しいですけど、こればかりは避けて通れないので…。

>ブノワ さん
ホント、アフリカ系フランス人が激増中ですね。これでL・ディアッラが来たらスタメンの半数を占める可能性もありますよ(笑)
スパーズが英国系を重用するのは今やアイデンテティになりつつあるので、心配は無用と思います^^
英国系選手を軸に、有能な外国籍選手が脇を固めるってのが理想ですね!
お隣も英国系選手が次第に増えてくるのでしょうかね。お隣のユース選手あまり知らんですけど、ウィルシャーは伸びて欲しいな…とは思います。お隣の為というよりかはイングランド代表の未来の為に^^

| 管理人 ゆーや | 2010/08/24 22:27 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。