PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【第3節】 トッテナム vs ウィガン

イングランド・プレミアリーグ10/11 3節

Tottenham 0 - 1 Wigan Athletic 
         
Stadium:ホワイトハートレーン

              前半   後半   合計                               
トッテナム  0  0  0            
ウィガン  0  1  1
得点
Spurs:
Latics:ロダジェガ

1011 3
Subs:Alnwick , Bassong , Jenas , Keane


見事CL本戦出場を決定し、意気上がる中で迎えたはずのウィガン戦ですが、試合の大半をコントロールしながらも決定機をなかなか
作り出せないという何とも煮え切らない展開から、終盤にカウンターで一発を喰らい撃沈。非常に悔やまれる敗戦を喫しています。

なんともまあ…お粗末でございますな。自滅ですよ。昨季も何度かあったけど、ホームでガッチリ引かれた相手に攻めあぐねた末に、
一発を喰らってそのまま敗戦という、一番がっくり来るパターン。正にダメな時のトッテナムが顔を覗かせてしまいましたね。

■CLと並行の影響か?今後に向けての教訓に…
試合開始早々から、どこかしっくりこなくって、なんとなくモヤモヤした不安感はあったんですよね。凄く漠然としたものですけど、
チーム全体がどことなく集中を欠いているような、テンションが上がりきっていないような、そんな弛緩した雰囲気が伝わってきた。
開幕戦にいきなり4位を争うであろう直接ライバルのマンC戦、そこから週の半ばにはCL本戦出場を懸けたプレーオフを挟み、
敵地ブリタニアでのストーク戦、再びCLのプレーオフと難しいシチュエーションが続いた直後に迎えたこの日の試合、しかも相手は
開幕から2戦で10失点と早くも守備が崩壊し、連敗スタートだったウィガン。昨季は同じホームでの戦いで9-1と圧勝した相手です。
見守った我々も「普通にやれば勝てるだろう」と楽観ムードだったと思うし、選手たちも実際はそんなことはないんだろうけども、
心のどこかで似たような隙を作ってしまったんじゃなかろうか。CLプレーオフで本戦出場を決めて、フッと気を緩めてしまったのでは?
そう指摘されても言い訳出来ないような序盤の入り方だったし、全体を通してのプレーの淡泊さ、ミス多発に繋がっていたように思います。

リーグ戦と初出場のCLの並行をこなす「2足の草鞋」で今季は苦しむだろう…というのが、今季のトッテナムについての大方の見方です。
その指摘は強ち間違っていないし、僕自身もそういう認識をしています。ただ、昨季力強い戦いを見せてくれて、確かな成長を示した
現在のトッテナムならそんなネガティブな評価もきっと覆してくれるはずだ!と一方では頑なに信じているのも事実です。だからこそ、
この日(特に序盤)に見せたような、なんともふわふわとした気の抜けたコーラのような戦いぶりにはガッカリさせられたんですよね…。
負傷者も数多く出ているし、フィジカル的にもメンタル的にも連戦の疲労があったでしょう。リーグ戦の38試合を常に最高のテンションで
戦い抜け…というのは無理なのは解っている。それでも、ホームでこんな煮え切らない戦いをしているようではいかんですよ。
この日の試合をいい教訓として、反省し、気を引き締めないといけません。こういうシチュエーションは今季何度もやってくるのだから…。

■欠けたのはダイナミズムと創造性
かなり厳し目な評価で本日の記事を始めましたが、90分を通してみれば最悪の出来では無かったです。終始、相手にペースを握られた
わけでもなく、試合の大半をコントロールしていたのはトッテナムでした。迎えたピンチも失点シーンの直前に2度あったのと、
序盤にクロスバーに当てられた場面くらいで攻め込まれたイメージは無いし、ボールをしっかり保持して、主体的に試合を進めていた。
だが、肝心なラストパスの精度が悪かったり、引いた相手を崩すアイディアが足りなかった。そして、何より感じたのがシュートの少なさ。
たぶん10本も放ってないんじゃないかな?パスもそれなりに繋がって、ポゼッションの時間が長かったにも関わらず得点の匂いが
あまりしなかったというか、攻勢に出てるイメージが無かったのは、やはりシュートの数が少なかった事に起因してる思います。

ウィガンは前述した通り、開幕2戦で10失点と守備が崩壊していたので、この日は守備にかなり重点を置いていたように見えました。
彼らとすればアウェーで攻撃力のあるトッテナムが相手、ゴール前に人数かけて守り、カウンターを狙う戦い方を徹底するのは当然。
そうなるとサイドにもゴール前にもしっかりと人数が揃ってるので、トッテナムが自由に使えるスペースがほとんど無い状況で、
サイドでベイル、もしくはレノンがボールを持っても手詰まりになりCKを奪取するので精一杯…という場面が目立ちました。
サイドから効果的な崩しが出来なくなると、クラウチを頼っての放り込みが増えてくる…ってのが昨季からのトッテナムがダメな時の
典型的なパターンに陥って、結局シュートまでは持ち込めないという悪循環。それでも、クラウチは競り勝てるし、それで決まれば
これ以上効率のいい攻めは無いので、ガッツリ引かれた時の対応でその選択肢は悪くはないんだけど、それに頼り過ぎるのはよくない。
しかも、クラウチが前半途中に負傷したようで、後半にはその「困った時の放り込み」すらも使えなくなってしまったのが誤算。

あれだけゴール前を固められてしまったら、どこのチームでも苦労はすると思うんだけど、優勝争いするようなクラブはそれでも崩す
引き出しが豊富なんですよね。現状のトッテナムだと局面を打開出来るモドリッチが不在だと、ベイルかレノンの独力突破頼りになり、
そこが封じられると手詰まりになっちゃう傾向があります。後半はニコを入れて、タメを作れるようになってバランスが幾分かは
改善されたように見えましたが、もう少し中盤から思い切ってミドルシュート狙うなり、ワンツーでエリア内に入って行くような
ダイナミズムが欲しかったかな…と。そういう意味ではパラシオスだったりハドルストンの攻撃に厚みをもたらす動きが必要でしたね。
パラシオスはまだ好調時の動きには遠く、ハドルストンも展開をガラリと変えるパスだったり、得意のミドルが無くておとなしかった。
デフォーは前半に数度鋭い動きでシュートを放ったが、チームとしてもう少しシュートを放っていく意識が欲しかったですね。
シュートを撃たないとゴールは生まれません。もちろん、そのシュートに至るまでの創造性の欠如も明らかだったんですけど…。

その反面、後半から入ったニコは積極的にシュート放って相手GKを脅かしたり、SBにポジション移したベイルの攻撃参加を促したり…で、
非常に出来が良かった。ここまでの数試合では出場機会が少なかった事もあり、頭も体もフレッシュだったので、結果論ではあるけど、
先発で使った方が良かったかな…とは思いました。レドナップは固定メンバーで戦いがちだけれど、CLと並行で試合数の多い今季の場合、
昨季以上に柔軟に起用法を練っていって欲しいですね。この日はフィジカルももちろんだけど、それ以上に頭が疲れていたように
感じたし、そういう頭が疲れてる時って創造性ってなかなか生まれないんですよね。フレッシュな選手も巧く使っていく必要はありそうです。

3試合目にして早くも取りこぼしてしまいましたが、まだシーズンは始まったばかりなので、この日の内容、結果をいい教訓にして
次に臨んで欲しいと思います。幸いなことに代表ウィークが挟まり次の試合まで2週間空きますし、負傷者が数名戻ってくる事や
残り2日間となった移籍市場での駆け込み補強にも期待するとして、しっかり立て直してくれると信じて次を楽しみに待ちましょうか。
長いシーズン、こういう日もあります。こういう日をいかに少なく、しぶとく勝ちを積み上げられるか…で最終的な順位は変わってくる。
大事なのは、これを繰り返さない事。イマイチ安定感が無くて、時折「やっちまう」トッテナムのダメ加減も嫌いじゃないけど(笑)
今季は上位定着、リーグ戦での再びの4位確保がミッションだけにそうも言ってられん。2週間後の目の色を変えた戦いぶりに期待します。

今日のGood クラニチャール。後半から登場し、絶妙なタメや積極的なシュートで流れを変えようと発奮した。
今日のBad  クディチーニ。失点は彼だけの責任ではないが、そこまで難しいシュートでは無く、防げるはずの失点だった。

| マッチレポート | comments:10 | TOP↑

 なんにせよ、今のウィガンなんかに負けてたらダメですよ。

 こんなんだったら、CLが楽しみとか言ってたらダメだよ!選手の皆さん!!

 って言いたい。

| オダギリ | 2010/08/29 20:45 | URL |

>オダギリ さん
言わんとしている事もお気持ちも大変解るのですが、○○なんかという表現は個人的にはあまり好みません。
というのも、その「なんか」のクラブは昨季にプレミア制したチェルシーを破っているわけだし、もうトップリーグに何年も定着しているわけなので。ウィガンに限らずですけど、どこなら楽に勝てるというクラブはプレミアには無いですからね。まぁ、選手たちしっかりせい!という点には同意ですけれども。

| 管理人 ゆーや | 2010/08/29 21:15 | URL |

初コメントです!!

正直楽観視していたので残念です。
序盤のエコトは低い位置でボール奪取されて
危なっかしかったですね。

確かにシュート少なかった。特にミドルレンジ。
やはりシュートからリズムができますから打ってなんぼですよ。

| mika | 2010/08/29 21:15 | URL |

 試合前から「嫌な予感」がしていたのですが、当たっちゃいました・・・。まぁ、典型的な負けパターンですね、これは。引いた相手を崩すのはビッグクラブの宿命ですから、こういうのに勝ち始められるとスパーズもいよいよ本物ですよ~。
 スタッツは見てないのですが、おそらくポゼッションは圧倒的だったと思いますが、「ここは決めなきゃ!」みたいなのはそこまで無かったような気がします。全体的に動きが少ない退屈な試合になっちゃいましたね。
 ちなみに私の「今日のbad」はエコトですね(個人的な選手の好みも多分に入っていますが)。相変わらず試合ごとのデキが不安定すぎて・・・。今日も大事になる前に変えられましたが、毎回エコトで交代枠1つ消費するのが惜しすぎます。とくに昨日の試合なら、いろいろカード切りたかったところなのに。。

| phamco | 2010/08/29 21:24 | URL |

スパーズもウィガンもチャンスが何度かあり、勝ち点3がどちらに転ぶか分からない試合でしたね。
この敗戦が、市場がクローズするまでの動きに何か影響があるかも?!

| Socha | 2010/08/29 22:16 | URL |

前半に漂っていたなんともいえない不安が的中してしまいましたね。
ウィガンはアウェイで格上相手にするべき戦いができていた。ある程度ラインを下げてディフェンスのブロックを作ってスペースを消してカウンター。まぁ狙い通りのゲームだったでしょう。
こういう試合はやっぱり難しいですね。大量得点できるほどあの日のウィガンはあまくなかったし。
それに加えてクラウチのケガやモチベーションとコンディションを考慮するとまぁこういう結果も予想できたのかも。結果論ですが(笑)
やっぱこういうゲームをものにするかが上位との差なので頑張ってほしい。
ヨル時代とかハリーが来る前までよりチームの安定感は格段に増しているとは思います。個人的にですかが。だから今期、ヨーロッパと国内を戦ってもそんなに大崩れはしないとは思ってるんです。これは希望も込みです(笑)
ただこういうゲームを繰り返さないこと。まだCLなんて始まってすらない。リーグではもう上位と勝ち点3の差が開いた。今期4位になれなかったら、来期はCLで味わった興奮はやってこない。まだまだ成長しなくてはいけないと再認識して頑張ってほしい!!
あと補強はやはり必要かと。チーム内でも競争をしていかないと。ジオもまだまだだし、パブも雑なプレーが多いし、キーンはびびってる気がします。カブールもサイドの1対1は問題だし、失点シーンはクディチーニのミス。パラシオスはいつまでもうかうかしてたらポジションないぞ!
お隣が勝ってスパーズが勝ってないとイライラしちゃうから頑張ってくれ!!(笑)

| goodspeed | 2010/08/29 23:00 | URL |

ウィガンがしっかり守れていたので、厳しいゲーム、厳しい結果になっちゃいましたね。9-1のお返しをする!って思いはやっぱりあったでしょうし、全然集中が切れなかった。それに対してうちは、頑張っているのは分かるけど、必死さは感じませんでした。淡々と時間が過ぎていって、あせり始めたところでやられた感じですね。こういう負けはトップチームほど少ないですし、ちゃんと学んでくれればよいのだけど。今期も波乱が多くて、そこまで差がついていないのが救いでしょうか。次節、必勝ですね。

| KTA | 2010/08/30 12:05 | URL |

ウィガンからしたらしてやったりな試合だったでしょうね。

昨日の試合、普段バルサの試合を観ている僕個人が思ったことは、ああいった中盤でのぶつかり合いの少ない(バイタルエリア手前まで難無く行けてしまう)試合では、創造性やイマジネーションの高い選手が要るんですよ。
そう言った面でルカ一人が抜けてあれでは先が思いやられるかなと思います。
そもそもスパーズ以前はタイプが似ていてルカより上だったニコを始めから使ってたら結果は違ったと思います。
ニコを放出せず普段ベンチに座らせてるのはルカがいない時のためだと思っていたので尚更ハリーの采配にはガッカリです。
自分のサッカーに対する考えが優れていないのは分かっていますが、ここ最近のハリーの采配は?が浮かんでしまいますね。

今日はスパーズが負ける事なんてめったに無いので(笑)あえてネガティブな事ばかり書いてみました(^O^)

| Gio17 | 2010/08/30 15:05 | URL |

クラウチ大丈夫ですかねぇ。
デフォーの髪型はウケ狙いですかねぇ。(髪型はイケてなくてもあの反転シュートは久しぶりに可能性感じたよ!)

てか何であの状況でパブなんですかね??チャンスメイクできる選手がいない状況でパブでは何も生まれませんよ。あぁいう時こそキーンじゃないの?
滑り込みでルイファビ来ないかなぁ。そうなれば個人的に放出候補はpabu!

| じゅん | 2010/08/30 20:17 | URL |

>mika さん
はじめまして&初コメントありがとうございます♪
ウィガンの状態が悪かっただけに、ほとんどのファンが楽観していたとは思いますね。
僕もそうですが(笑)そういう類いの気の緩みが選手たちにも多少なり見られたのが残念でした。
エコトは集中欠いてましたね。ああいうプレーをたまに見せるのが玉に瑕です。

ちょっとシュート少なかったですよね。ボール持ってる割りにチャンスが少ないというか。
「決定力不足」ではなく「決定機不足」という試合だった印象ですね。もっと撃ってかないと!ですね^^

>phamco さん
僕は試合開始15分くらいで今日はヤバそうだな…と思いました。なんかフワフワしてたんで。
典型的な「負けるべくして負けた」試合と思いますし、こういう試合を(特にホームでは)拾っていかんとね。
全体的に決定機も少なかったですしね。

エコトは確かに悪かったですね。集中欠いてました。もの凄いいい時と悪い時の落差は確かに大きいかも…ですが、
交代に関してはエコトがどうの…というよりかはニコを入れたいから、ベイルを下げた戦術的理由と思います。
確かにあれで交代枠使うのはもったいない気もするんですが、やむを得ないかな~と。
そもそもがSBのベイルを一列前で使ってるわけなので、今後も彼を前で使うなら試合の流れを変えるには
エコトをひっこめて、ベイルを一列下げるのが一番妥当なカードの切り方と思いますしね。


>Socha さん
終盤まで0-0の状態で引っ張ってしまうと、もう何が起こってもおかしくない(というか、起こり得る)のでマズかったですね。
ホームだし、序盤から積極的に試合を進め、前半のうちに試合を決めておくべきでした。
昨季にも何度も見られたパターンなので、そろそろ学んでいただきたいもんですけどね^^
移籍市場も残り2日間、何かしらありますよ、今年も。明日は夜更かしすることになりそうです(苦笑)

>goodspeed さん
ホント、ああいう何とも言えないモヤモヤとした不安感ってのは案外当たっちゃうもんですよね^^;
仰る通り、ウィガンとしてはしてやったりという試合でしょう。昨季の1-9のリベンジにも燃えてたでしょうからね。
ハリー爺は試合後に否定してますが、モチベーションの低下は明らかでモチベーターな彼だけに
もう少しチームを引き締めて欲しかったなぁ…とは思います。こういう試合をやってるうちは優勝争いは夢物語ですし。
ただ、僕も一昔前にに比べりゃ安定感は格段に増したと思いますよ^^ バカ試合も減ったしかなり堅実になってる。
まだまだ成長途上のチームですけど、確実に強くはなってますね。あとはこういう試合を確実に勝ちに繋げる強かさ…でしょうね。
確かに1シーズンだけで終わってしまい、また中位に逆戻りじゃあなんの意味も無いので、リーグ戦では
しっかりと集中して一戦一戦大事に戦って欲しいですね。まだまだチャレンジャーなのですから。

補強はどうなりますかね。たぶんあと2日間で何かしら動きはあるでしょう。
明日は最終日なので寝ないで見守ることになりそうです。移籍市場デッドラインデー実況でもしようかしら(笑)

>KTA さん
ウィガンが燃えてましたね。リベンジの気持ちも強かったと思うし、すこぶる集中して守っていたように感じました。
非常に厳しいゲームでしたが、そこを突き破る逞しさを見せて欲しかったでうね。
仰る通り、気迫が感じられなくてそこが残念でした。戦術・システム云々以前の問題ですよね。淡々と勝てる程甘くは無い!
シティもサンダーランドに負けたようで。今季も混戦模様になるはずで、スパーズも必死についていかないと…ですね。
我々は追われる立場じゃなくて、あくまで挑戦者。それを強く認識しないと、また中位に逆戻りになっちゃいますからね。

>Gio17 さん
ウィガンはしてやったりだったでしょうね^^; 
バルサとは目指すところやそのアプローチ、揃ってる選手のタイプも全く事なるので単純比較は出来ませんが、
確かにこういう膠着した展開に多少のイマジネーションを欠いたのは事実ですね。また、その解決法を持っているのが
ニコであるという点についても同意です。結果論ではありますが、ニコの出来が良かっただけに先発起用はアリでした。
フレッシュだったのもあるし、チームのバランスを考えても。ちょっとベイルのMF起用にこだわり過ぎているような
気がしますね。ハリーは戦術家ではないので采配に関してはあまり期待しない方がいいかも…ですよ(笑)
僕はそこら辺の部分にはあまり期待していないです。彼は適材適所に選手を置いて、その特徴を活かすフットボールしか
出来ませんし、やらない方がいいので^^ 

>じゅん さん
クラウチもですし、デフォーも手術するだのしないだのって話があったのでどうなったのか心配ですね。
二人とも代表招集されてますが、それどころではないだろう…と。まずはコンディション整えないと話がはじまらん。
デフォーの髪型は前にも同じようなのやってるんで好きなんでしょう。と適当な事を言っておきます(笑)

ああいう展開だったらキーンの方が…とは僕も思いましたが、どうやらコーチ陣のキーンへの信頼が揺らいでる感がありますね。
起用法に不満…という声も漏れ聞こえてこますし、完全に序列が4番手に下がってる現状、残り2日間での動きもありそうです。
パブリュはああいう展開では何も出来なさそうに感じますし、事実この試合もほぼ何もしていないに等しいですが、
一方ではこういう展開でスバっと決めるのもパブリュの特徴です。彼はそんな不思議な選手なので僕には読めません(笑)
L・ファビアーノはどうですかね。年齢を考えるとウチの会長が高額な移籍金を払うとは考えにくいですけど…。
あるとすればセビージャが大幅に譲歩した時でしょう。残り2日間に注目ではありますけどね^^

| 管理人 ゆーや | 2010/08/30 21:37 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。