PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

トッテナム 2010/11シーズン登録メンバーリスト

今季からプレミアリーグで施行される新ルール、「ホームグロウン制」に関しては賢明なプレミアリーグファンの方は既にご存知でしょうが、
その新制度に伴って各クラブに義務づけられたのが「登録上限25人のリスト提出」です。そのリスト提出の期限が9/1だったわけですが、
プレミアリーグ公式サイトにてプレミアリーグ全20クラブの登録メンバーリストが公表されました。

ここで改めて、新ルールを簡単におさらい。
各クラブは9/1の17:00までに登録上限25人のリストを提出しなければならず、リストから漏れた選手は出場不可
※リストに登録する選手の変更は来冬の移籍市場終了後に再び認められる。
25人の登録選手には必ず8人の自国育成選手を含める(ホームグロウン外の選手は最大17名の登録が可能)
※21歳になるまでの段階でイングランド、ウェールズのクラブに3シーズンあるいは、3年(36ヶ月)以上在籍した選手
21歳以下の選手はこの25人枠に含める必要が無く、登録リストに含まれなくても起用する事が可能
※今季該当するのは1989年1月1日以降に生まれた選手
■この制度が適用されるのはプレミアリーグのみで、カップ戦には適用されない。

以上を踏まえて、プレミアリーグに提出された今季のトッテナムの登録メンバーリスト入りは次の25名となりました。
青字はホーム・グロウン選手、選手横の数字は背番号)
GK(3名)
1.エウレリョ・ゴメス 23.カルロ・クディチーニ 37.スティペ・プレティコサ
DF(9名)
26.レドリー・キング 20.マイケル・ドーソン 19.セバスティアン・バソング 13.ウィリアム・ギャラス 22.ヴェドラン・チョルルカ 
4.ユネス・カブール 2.アラン・ハットン 32.ブノワ・アス-エコト 16.カイル・ノートン
MF(9名)
5.デイビッド・ベントリー 6.トム・ハドルストン 7.アーロン・レノン 8.ジャーメイン・ジーナス 14.ルカ・モドリッチ
12.ウィルソン・パラシオス 21.ニコ・クラニチャール 24.ジェイミー・オハラ 11.ラファエル・ファン・デル・ファールト
FW(4名)
9.ロマン・パブリュチェンコ 10.ロビー・キーン 18.ジャーメイン・デフォー 15.ピーター・クラウチ
登録リストに入れる必要が無い、21歳以下の主な選手
3.ギャレス・ベイル 25.ダニー・ローズ 28.カイル・ウォーカー 17.ジオバニ・ドスサントス 30.サンドロ 29.ジェイク・リバーモア

今夏は特に人員整理を行わず放出が少なかった為、昨季にプレミアリーグ4位を達成したメンバーがそのままリスト入りした形です。
それに加えて今夏に加入した4選手のうち21歳以下のサンドロ以外の3選手は当然ながら、メンバー入りを果たしています。
リストを見渡してもごくごく妥当な人選なのですが、残念ながらリストから漏れてしまったのがGKのアルニックとDFのウッドゲイト。
前者は新加入のプレティコサと怪我から復帰したクディチーニの壁を越えられず、後者は長引く負傷で復帰の目途が立たたない事から
無念の落選となりました。アルニックはローンでの放出、ウッドゲイトは来冬のリスト更新での復帰を目指すことになりそうです。

他のクラブの登録リストを見渡すと、登録上限25人に満たないクラブや登録リスト内に一人のイングランド人もいないクラブもあれば、
ホームグロウン選手が足りず21歳以下の選手を無理やり突っ込んで頭数を揃えてるクラブなど、非常に特徴があって面白いですね。
その点、トッテナムはホームグロウン選手が25人中11人、しかも25人の上限人数一杯にシニア選手を揃えつつ、リストに含まれない
21歳以下の選手にも数名の主力級を抱えてる盤石の体制です。裏を返せば巧く人員整理が進まなかったとも言えるのですが…(苦笑)
来冬にはまたリスト更新が認められているので仮に新たな選手を獲得した場合や、ウッディが復帰した場合には放出も出てくるでしょう。

…と、ここまでは2日前の段階で書いてて、その時点ではポジティブだったんですけど、ドーソンが昨日の代表戦で重傷負ったとか。
試合観てないし、公式での情報がまだ入って無いのでなんとも言えないところですが、現時点で漏れてくる情報を幾つか拾うと、
最悪今季絶望も十分あり得るぐらいの怪我みたいです(泣)だから代表戦は嫌なんだよな。まぁ、親善試合じゃなくってEURO予選だし、
代表に選ばれる事自体が名誉で、本人も燃えてただけに複雑ですね。軽傷であればいいのですが、もし離脱が長引くようならば
かなりの痛手。なんたって守備の要ですし。キングには無理させらんなし、バソング、カブール、ギャラスの出番が増える事になりそう。
序盤から負傷者が続々と出て負のオーラが漂ってますが、昨季同様、「誰かが抜けたら誰かが埋める」結束力で乗り越えて欲しい!

| Article | comments:8 | TOP↑

ドーソンは早くも負傷してしまいましたね。
ギャラスを獲っておいて良かったと感じます。
しかしながらドーソンが軽傷であることを願いたいです。

| エンヴィー | 2010/09/04 19:08 | URL |

新ルールは一目見た時から、

「これは特にブルーズには不利に、スパーズには有利に働くなあ・・・」

と思ったものですが・・・
ほぼ同じ顔ぶれ、というのは良くも悪くもすごいですよねw
その分、今後"元"ビッグ4を中心に、自国育成のため若手有望株を先手先手で拾いあげる体制を整えてくると思うので、今の状態に安然とせず・・・むしろフロントには、今後どんどん積極的に若手育成システムへの投資・充実をはかって欲しいと感じます。


>これだから代表戦は嫌

本当にもうね・・・心から同感ですよ。スパーズ以外にも、各国リーグで複数クラブを応援している自分の場合はもう・・・国際Aマッチデーのたびにヒヤヒヤしていますorz
ドーソンはとりあえず軽症であること、仮に重くても後遺症が出ないたぐいの怪我であることを切に望みます。まだまだこれからの選手だけに、どうか怪我が癖になるのだけは避けて欲しい;;

今はとにかく、無事を祈ることにします。

| 白面 | 2010/09/04 19:11 | URL |

昨日はいろいろやることがあったので、ついでにイングランド戦を見てたのですが・・・・・。
結構ヤバそうな感じでした。今季絶望とかほんと勘弁して欲しいですね。
いずれにせよ白面さんの仰る通り、彼のキャリアに重大な影響を及ぼすほどのケガではないことを心より祈ってます。。

| もみじぃ | 2010/09/04 19:26 | URL |

ドーソンは内側側副靭帯を損傷したみたいですね

俺も損傷したんですけどめちゃくちゃ痛いですよ

| コメ | 2010/09/05 16:03 | URL | ≫ EDIT

ドーソンちょいとヤバそうですね
自分も代表招集はクラブ側目線で見ると微妙なんだよなぁ
昨季のキングのことでのカペッロとのちょいとしたやりとりもあったし
ほんとギャラスいて良かったかも(笑)

| ゆうすけ | 2010/09/05 18:39 | URL |

最初は歩くのも難しい。足を曲げる事もまったくできません!

| コメ | 2010/09/05 19:24 | URL | ≫ EDIT

ギャラス取っておいてよかったですね
DFラインはギャラスに全権任せてもいいかもしれません
周りに活をいれて叱咤激励する選手は今のトッテナムには必要だと思います
流れが悪いときにダラダラと試合が終わるまで何もできないことが多いチームですから

| 123 | 2010/09/05 20:28 | URL |

>エンヴィー さん
まさかこんなに早い時期によりにもよってドーソンが抜けるとは誤算でしたね。
なんとか最悪の事態は免れて離脱期間も2ヶ月ほどで済みそうらしいですが、痛いですね~。
結果的にギャラスを獲得出来たのが良かったですけど、彼だけではなくてカブールや
バソングも含めてみんなでカバーするという意識が何より重要と感じます。

>白面 さん
ドーソンについては本当に無念というか、仕方ない事ではありますが代表戦は怖いですね。
シーズン全休は免れたものの、CLの前半とリーグ序盤戦の大事な時期に彼の不在はとてつもなく痛い。
ここは他の選手の奮起に期待したいところです。

ホームグロウンに関してはまだ1年目なので、各クラブそこまで大きな影響は無かったかな…と。
それでもチェルシーの若手の充実は目を見張りますね。チェルシーですらああいう方針に
転換を図っているのですから、今後はスパーズも一層のアカデミーの体制作りが求められるでしょうね。

>もみじぃ さん
僕は観て無かったんですが、かなりヤバそうな怪我だったようですね。
不幸中の幸いと言っていのか解りませんが2ヶ月で済みそうだというので少しだけホッとしました。
ただ仰る通り、怪我が完治した後のメンタル面での回復も心配されますよね。
せっかく頼もしいCBに変貌を遂げつつあったので、このタイミングでの離脱が残念ですけど、
焦らずゆっくりと完治させて、また元気に戻ってくるのを待ちたいと思います。

>コメ さん
内側側副靭帯を損傷なんですね。名前だけで痛いな(笑)十字靭帯じゃなくて良かったですけど、
重傷であることには変わらないので、リハビリ含めてじっくりと治して復帰して欲しいですね。

>ゆうすけ さん
代表でこういう怪我されるとクラブとしてはたまらんですが、こればかりは避けて通れぬ道ですからね…。
ドーソンの復帰を心待ちにすると共に、ギャラスら残りのCB陣の奮起に期待しましょう。

>123 さん
ギャラスの経験だったり実力ならば守備陣のリーダーシップをとっての役割にも期待は出来ますね。
ただ、彼に全権云々ではなく他のCBみんなが等しく奮起することが何より重要です。
ギャラスがいい意味でチームに活力を与えてくれる事を僕も期待しています。

| 管理人 ゆーや | 2010/09/05 22:25 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。