PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドローもポジティブに

トッテナムにとってチャンピオンズ・リーグデビューとなったブレーメン戦を終えての監督・選手のコメントを。

We were fantastic - Harry (tottenhamhotspur.com)
まずはレドナップ。前半の出来はファンタスティックと称賛。ドローに終わったものの手応えは感じている様子。
前半の我々はファンタスティックだったね。試合開始から43分まではパスも繋がったし、ゲームをコントロール出来ていたよ。
2点のリードとなった時点で、追加点が生まれていれば良かったんだが、逆に1点を返されてしまった事で難しくなったね。
あれで完全に流れが変わり、相手が息を吹き返してしまった。同点になった後も、幾つかチャンスを作ったのだがね…。
前半を2-0で終えられなかった事、勝ち切れなかった事は大いに残念だが、全体を通して考えれば非常に満足している。
特に前半はしっかりとパスを繋ぎ、相手に何もさせなかったのだからね。これ以上は望めないくらいの出来だったと思うよ。
この日の前半のような戦いを続ける事が出来れば、自ずと結果もついてくるはずさ。
(レドナップ)
Best yet - JJ  (tottenhamhotspur.com)
お次は久しぶりの先発起用に献身的な働きで応えたジーナス。特に前半の出来には満足しているようですね。
CLでブレーメン、それも敵地というタフなシチュエーションの中で、相手に何もさせない見事な戦いが出来ていたよね。
あの43分間のパフォーマンスは僕がトッテナムに加入して以来のベストに近いものだったと思うよ。だから結果は悔しいよ。
せっかく前半にあれほど素晴らしい戦いが出来ていたのに、前半終了間際に許したゴールで相手を勢いづかせてしまった。
でも僕らはチーム一丸でなんとか立て直す事が出来たと思う。終盤にはあわやのチャンスも作ったわけだからね。
僕らはこの舞台に立つまでにとても困難なシーズンを乗り越えてきたんだ。だからこそ、この日はみんなが興奮していたよ。
(ジーナス)
Peter takes positives (tottenhamhotspur.com)
お次は驚異的な高さでゴールを奪って見せたクラウチ。ドローという結果にもポジティブに捉えている様子。
正直言って勝ち切れなかったのは本当に悔しいよ。ファンタスティックだった前半の出来を考えれば尚更そう思うよね。
本当に素晴らしいゲームへの入り方だったし、しっかりとボールを保持して戦えていたし、パスも見事に繋がっていたんだからね。
でも、僕らはCL初出場でグループステージの初戦だよ。それを考えれば上手く戦ったし、ポジティブに捉えていいはずさ。
僕らが本来の力を出せさえすればどんな相手とも戦える事は示せたね。でも、ホント勝てなかった事だけが残念でならないよ。
(クラウチ)

3人とも共通して前半の出来は素晴らしかったし、ゲームには手応えを感じているものの、勝ち切れなかった事を悔やんでいますね。
あの前半の失点が返す返すももったいなかったですよね。本当にあの一瞬だけ気を抜いてしまった。ミスからの失点だけに悔やまれる。
でも、いい教訓になったと前向きに捉えればいいんですよ。クラウチも言ってる通り、我々は初めてのCLへの挑戦なわけなので、
最初から上手くいくはずは無いんです。こういう経験を次への糧にしてチームが一段と逞しくなってくれればいいのですよ。
それにしてもブレーメンは強かったですね。1点返された後のスタジアムの雰囲気も凄かった。改めてCLの素晴らしさ、面白さと共に
怖さを体感してホロ苦さと、今後に向けた期待が同時に感じられた夜だったと思います。でも、本当にいい試合でしたよ。うん。

| Article | comments:3 | TOP↑

JJは素晴らしいパフォーマンスでしたね!後ろと前を上手く取り繕い、ボールを綺麗に受け渡してました。
僕はもう彼は一刻も早く放出すべきと言ってきましたが、この日は底力というかなんというか、今までの彼とは明らかに違った印象を受けました。トップ下にラフィーが加わったことで、ゲームメイクの重圧から解放されたんでしょうかね?特に昨シーズンは出場のたびに感じられた「焦り」というのが全くなかった気がします。

前半の圧倒的な存在感とは変わって後半はイージーなパスミスが多く集中力やスタミナが切れてきた印象でしたが、全体的に見ても大変満足のできる内容だったのではないでしょうか。ハリーも「彼のキャリアの中でもNo1の出来」とベタ褒めでしたし。(スタメンにJJの名前を観た時のガッカリ感がハンパなかったのは内緒。)

昨シーズン鉄壁だったハドルストン&パラシオスのWセンターが崩壊しつつあるので、途中出場やターンオーバー等の貴重な出場機会を大切に結果を出して欲しいです。僕もとりあえず「JJよ、冬まで待つ」と、何食わぬ顔で評価を上方修正させていただきますm(__)m 掌の返し方だけは早いですよー僕は(^^♪

| もみじぃ | 2010/09/17 08:45 | URL |

こういうコメントが出てくるようであれば、今後に期待が持てますよね!

反省点を抑えつつも、ポジティブな側面はしっかり捉えて自己評価する。
CLは恐れに飲み込まれず、蛮勇に驕らず・・・くさい言い方をすれば、ハートは熱く頭はクールに戦えるチームが結果を残せるコンペティションと思っています(笑)
クラウチは数少ないチーム内のCL経験者ですし、ラフィは・・・さすが元HSVのスター。ドイツ勢相手にはいつもの1.2倍ぐらいの仕事をしてくれそうな雰囲気が頼もしい><b

でも、選手たちにはリーグ戦も忘れずに、と一声かけておかないと(笑)
一回の成功で満足したり、息を抜いてしまうのではなく、成功は継続してこそ意味のあるものと思いますので・・・

それから、手前事で恐縮ですが、ようやくblogが正式稼動に入りました。
差し出がましい話で恐縮ではございますが、よろしければ相互リンクの方、何卒よろしくお願いしま~す。。。

| 白面 | 2010/09/17 23:00 | URL |

>もみじぃ さん
うむ。ジーナスは久々に良い姿が見られたな!と僕も嬉しく思っていたところです。
彼のプレースタイルからして良さってなかなかに見えづらいんですけど、この日はラフィーへのボレーパスのような
「派手」な働きから、懸命に走りながらスペースを消し、中盤でパス交換の潤滑油となる「地味」な働きまでよくこなしていましたね^^
ただ、彼はもっと得点機にダイレクトに絡んで欲しい選手なので、ゴールに自ら向かう姿勢をもっと見たいですよね!
こういう活躍を続けてセントラルMFのレギュラー争いに割って入って欲しいもんです。
もう彼は現有戦力の中ではかなりの古株ですから当然に期待も大きいですし。
僕の中でも彼の評価が下がり気味でかなり今季は厳しいとみてたんですが、いつでも掌返して称賛する準備は出来てますよ(笑)

>白面 さん
前半の出来を考えれば結果は残念なものでしょうが、初挑戦にしては敵地でよくやったと思います。
選手も監督も手応えを掴んだ様子なので、この追いつかれた苦い経験をいい意味で糧にして次に向かってくれれば…と。
ラフィーはまたしても良かったです。今のところ彼の持ち味を巧くスパーズの中で出せているという印象。
怪我しちゃったのが残念ですが、モドリッチ、ニコらとはまた個性に可能性を大いに感じますね^^
もちろん、今日のリーグ戦は大事です。ホーム未勝利ですし、ここまでは若干のスロースタートですから、ここはしっかり勝たないと!

相互リンクの件、了解です♪連休中にでもリンクに追加するのでご確認をお願いします(ペコリ)

| 管理人 ゆーや | 2010/09/18 11:37 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。