PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

新スタジアム建設計画に新たな動き

新スタジアム建設計画「ノーサンバーランド・デベロップメント・プロジェクト」の続報が先日、クラブ公式サイトにて発表されました。
それと共に、2012年にロンドンで行われるオリンピックのメインスタジアムである、「ロンドン・オリンピックスタジアム」の大会後の
後使用への申請も行ったという興味深いニュースが明らかになっているので、それについても簡単に触れたいと思います。



まずは新スタジアム建設計画から。トッテナムが現在56,000人収容の新スタジアム建設と、スタジアム周辺地域の再開発を含めた
一大計画である「ノーサンバーランド・デベロップメント・プロジェクト」を進めているのは、皆様もよくご存知の事と思います。
※これまでの経過は当ブログでお届けしてきた過去記事を参照されたし 新スタジアム建設計画 #1~6

新スタジアム建設の具体的な話が出始めたのが約2年前。当初は2012年、もしくは2013年の完成を目指して計画が動き出しましたが、
周辺地域の歴史的建造物の保護や、周辺道路の交通渋滞の懸念等で計画の修正を余儀なくされ、今年5月に修正プランが発表されて、
新たな建設計画を行政機関に申請しました。その申請の認可が9/30に無事に下り、この度計画が一歩前進と相成ったわけです。

Stadium Plans  (tottenhamhotspur.com)
めでたく地元議会から計画の認可が下りた事を受けての会長ダニエル・レヴィのコメントを簡単に箇条書きにまとめてみると…。
・今回地元議会において全会一致で建設計画にGOサインが出た事を喜んでいるし、サポートに感謝している。
・しかし、まだやる事は山積みである。ロンドン市長、国務長官からもGOサインが出なければならないのだ。
・現段階では詳細は明らかに出来ないが、オリンピックスタジアムの後使用にも申請を行った。
・クラブにとって最良なプランは何かを常に模索している。色々な選択肢を持つ事が重要で、今後の進捗は随時お伝えする。
(レヴィ会長)

まずは、地元議会で認可が下りたのは非常に喜ばしいニュースです。ちょっと計画が足踏みしていた印象があったので、少なくとも
この認可を受けて計画が再び前進する事に期待出来ますからね。まだ、幾つか乗り越えないといけないステップがありますが、
トッテナム・ホットスパーそのものの利益に留まらず、周辺地域の雇用、住居、交通…etcを大きく改善する再開発を含む計画ですから、
行政から無用な横やりを入れられて頓挫させられる道理はありません。恐らくはポジティブに事が進むであろうと考えられます。
しかし、今後計画が頓挫する可能性もゼロでは無いし、この計画自体が莫大な資金を要するもの。伝えられるところによると
およそ£4億~4億5000万(現在のレートで約530~595億円)にも匹敵する一大プロジェクトですから、簡単に結論出せる次元じゃない。
(会長以下ボードはビジネス面の手腕が巧みなので、心配は無用でしょうけど…)下手すれば将来的にクラブの財政が逼迫する可能性も
あるわけなので、色々な可能性を模索しつつ、考えうる選択肢は幾つか手元に置きながら慎重に計画を進めていくことになるでしょう。



その色々な「選択肢」の一つとして会長が示唆したのが、ロンドン・オリンピックスタジアムの後使用という仰天プランです。
流石にこのニュースは各方面に波紋を呼び起こしています。というのも、このオリンピック・スタジアムは同じロンドン市内とはいえ、
イースト・ロンドンのストラトフォードという場所で、この移転が万が一実現するとなればクラブ創設以来ノース・ロンドンに根をはり、
存続してきたトッテナムが、その誇りとも言うべきノースロンドンを「捨てる」ことを意味するからです。ホームスタジアムの移転となれば、
激しい反発を招くのは必至。そりゃそうでしょう。トッテナムは今年でクラブ創設128年という長い歴史と伝統を誇っていますが、
それはすなわちノースロンドンの歴史でもあるわけですから。普通に考えれば到底受け入れがたい事実である事は、遠い島国の一ファン
である僕なんかでもよ~く解ります。無理、無理、絶対無理ってのが大多数のサポーターの心境でしょうね。冗談じゃないと。

それとは別に今回のトッテナムの名乗りに困惑し、憤慨しているのがウエストハムです。建設中のオリンピック・スタジアムの場所は、
現在のウエストハムの本拠地であるアップトン・パークと目と鼻の先ほどの距離にあり、ウエストハムはおよそ4年も前から、
オリンピックスタジアムへの移転を検討していることを明らかにし、実際、今年の初めにも移転計画がある旨を明言しています。
当然、9/30が提出期限であったオリンピックスタジアム後使用の申請も済ませており、ウエストハムとしてはトッテナムの参戦は寝耳に水。
自らの縄張りによそ者が横槍を入れてきた事、およそ後だしジャンケンにも似たトッテナムの動きに嫌悪感を露わにしています。
ここら辺は、なんとなくウエストハムの憤慨する気持ちは理解出来ますね。アーセナルがノースロンドンに移転してきて97年ですが、
今の今まで遺恨が続いてる(恐らくは今後も続く事でしょう)事実を考えれば、ウエストハム側が困惑するのもなんら不思議では無い。

Redknapp quiet on stadium preference (telegraph)
ウエストハムでも長らく指揮を執った現トッテナム監督のレドナップは両スタジアムの比較に対する明言を避けました。
お偉いさん同士の話し合いだから、私には解らんよ。会長からは新スタジアム建設の許可が得られたのは聞いたがね。
新スタジアムもオリンピックスタジアムもどちらも素晴らしいじゃないか。いずれにしろ私はただの雇われの身だからな。
何かしら不都合な事を言いたくはないから、黙っておくよ(笑)ただ、ストラトフォードの近くには美味しいパイの店はあるよ。
いずれにしろまだまだ先の話だろ?だいたい、ハマーズのサポーターもアップトンパークからの移転に賛成するのかね?
あそこは素晴らしい伝統と雰囲気を備えたスタジアムじゃないか。もちろん、ホワイトハートレーンにも同じ事が言えるがね。
(レドナップ)

出た!狸親父発言(笑)この爺さん、おしゃべりでペラペラ色んな事を話すけど、肝心要の所は煙に巻くもんね。まぁ、当然か。
イングランドの監督はGM的な仕事も兼任してる場合が多くて、実際ファーガソンやベンゲルのようにかなり大きな発言権や影響力を
持ってるお方もいらっしゃるけれども、こういう一大プロジェクトともなると監督とはいえ、下手な事は言えないでしょうしね。
特にウエストハムとは浅からぬ関係を持ってるレドナップに突っ込んだところで、奥歯にモノが挟まったコメントしか出ないでしょうよ。

今後どのような動きを見せるかは解りませんが、会長が新スタジアム建設計画に並々ならぬ意欲を見せてきた点や、膨れ上がっている
地域住民、トッテナムサポーターの期待を踏まえれば、今回のオリンピックスタジアム後利用の申請は表現は変ですが「ブラフ」である
可能性が高いとは思います。今後の建設計画を円滑に進める為の「駆け引き」というかね。「最悪、移転もありますよ?」とカードを
チラつかせることで交渉を有利に進めようという思惑があるんじゃないかな…と。というか、そうであって貰わないと困るというか(笑)

ちなみに建設中のオリンピックスタジアムは8万人収容ですが、当然陸上トラックがあり、サッカー専用スタジアムではありません。
しかし、トッテナムは仮に移転となれば陸上トラックを潰し、6万人規模のサッカー専用スタジアムへと改修する計画とのこと。
トッテナムは今回の申請に際してAEG(スポーツエンターテインメント会社)とのパートナーシップで動いていますが、AEGの社長は
他にも多くの申請があるので現段階では不明としながらも、「負けるところとは組まない。スパーズが本気になれば他よりも優位に立てる。
ファンの動揺も長期的に考えれば問題にならず、むしろ交通アクセス等の利便性を考えればロンドン有数の立地への移転は支持されるはずで、来るべき30年でイングランドで最高のフットボールスタジアムにする事が可能である」云々かんぬん…との声明を出しています。

一気に過熱した報道で様々な憶測が飛び交っていた為か、クラブもさっそく続報を出し、基本線は新スタジアム建設計画の推進であり、
オリンピックスタジアム後使用への申請はあくまで予備的な措置であることを強調しています。流石にサポーターも困惑してますしね。
さてさて、どうなるでしょうかね。個人的には現在のWHLの場所に新スタジアムを建設する計画を支持していますけど…。

| Article | comments:7 | TOP↑

これはもう新スタが完成する前にレーンに行かなければなりませんね!!!

オリンピックスタジアムの話ですが、もし使用するようなことになれば、ウェストハムとも対立関係になりそうだし、なんだか昔のお隣さんと同じように移転する感じでヤですね(笑)

| Socha | 2010/10/06 23:24 | URL |

自分もオリンピックスタジアムの件は「ブラフ」だと思っていますし、そうでないと困ります(汗)
これはあくまで新スタジアム建設が何らかの理由で頓挫した場合のバックアッププランの一つでしょう。

一番の選択肢は、やはり新スタジアムと周辺地域の再開発と信じています。
だってノースロンドンと言えば、我らがスパーズじゃないですか!
やはりスパーズのホームスタジアムはBill Nicholson Wayにあるべきで、Seven Sisters駅から徒歩で25分かかろうが、その時間は「試合の話を楽しむ時間」なのです(笑)

そうそう、オリンピックスタジアムの件でハマーズ側からクレームが出ているみたいですが、現在のアプトンパークでも空席が目立つのに更にキャパを広げてどうするの?と余計な心配をしてみたり・・・
アプトンパークも一回行きましたが、歴史と伝統を感じさせる良いスタジアムなんですがね。

| かるろす | 2010/10/07 01:37 | URL |

僕もオリンピックスタジアムの話はきっと布石だろうな…と考えてます(笑)
それにいつかトッテナムの試合を生で見にロンドンまで行ってやろうと考えているのですが


まだまだ金のない大学生なので…10年後になるかも20年後になるかもわかりません
ただ、その時はやっぱりノースロンドンで試合を見たいです
ものすごく個人的な意見ですしまだまだファン歴3年目ほどのペーペーですが…歴史ある地でトッテナムを生で見たいのが夢なので
ノースロンドンから移転して欲しくないですね

| さラクダ | 2010/10/07 10:00 | URL |

観戦するにはいくら位するんでしょうか???
かなり高いとは聞いていますが;;
僕もノースロンドンで試合が見たいですね
まだ高校生の身なんでいつになるかわかりませんが・・・必ず!!

| mika | 2010/10/07 22:15 | URL |

>mikaさん

チケットは対戦相手によって違いますが、定価は正面スタンドで41~76ポンドです。ちなみに今の為替は1ポンド=約130円位です。向う正面はもう少し安い(36~66ポンド)ですが、柱が2本立っており、場所によっては柱が邪魔になるところもあります。ゴール裏はさらに安い(30~49ポンド)ですよ。ただ、チケットはメンバー優先で、一般販売にはあまり量が回らないので、クラブのメンバーになった方が買いやすいかも知れません。いわゆる金券ショップみたいなサイトもありますが、そこで買うと大体200ポンド前後しますので、お勧めできません。

| ばんでるばーると | 2010/10/08 06:53 | URL |

>Socha さん
新スタジアムは長期的な視点で見れば必須ですけれども、WHLも素晴らしいスタジアムですから、今のうちに行ける方は是非!
東ロンドンへの移転はたぶん無いと思いますが、あんまり賛成では無いですね^^

>かるろす さん
恐らくはブラフだろうと思いますし、色んな可能性を考えてオプションを持っておく事はオーナーとしては賢明な判断に思えます。
が、これでハマーズとの遺恨が増したような印象がありますが(笑)
かるろすさんも仰る通り、新スタ建設と再開発が一番と僕も思います。ノースロンドンでこそのトッテナムですしね。
オリンピックスタジアム移転なら、変な話それこそニューハム・ホットスパーになっちゃいますもんね(笑)
しかし、ハマーズは経営状態も芳しくないようですし、スタジアムも常時6万人は難しいような気がしないでもないですね。

>さラクダ さん
僕もそう思います。あくまで新スタ建設が本線でしょうし、ファンもそれを望んでいると思いますね。
いつか現地観戦に行けるといいですね!大丈夫、10年、20年先でもスパーズは逃げていきませんから(笑)

>mika さん
ばんでるばーるとさんが説明してくれてるので、詳細は省きますがそれこそ対戦相手のカテゴリーや席種でもピンキリではあります。
いつか観戦に行けるといいですね^^その頃にはきっと、ノースロンドンに新たなスパーズの要塞が築かれていると信じて…。

>ばんでるばーると さん
ご丁寧な説明どうもです^^こうして実際に経験されてる方の情報は色んな方の助けになると思います。ありがとうございます♪

| 管理人 ゆーや | 2010/10/09 01:15 | URL |

>ばんでるばーるとさん

詳しいご説明ありがとうございます!!
とても勉強になりました^^
もっと高いと思っていたのでほっとしました;
英語がんばります(笑)



| mika | 2010/10/09 18:19 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。