PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハリーのジレンマ

今夏の移籍市場最終日、しかもデッドラインギリギリでレアル・マドリーから電撃的に加入したラファエル・ファン・デル・ファールト。


リーグ戦4試合3ゴール、CLでは2試合で1ゴール。もっかチーム一の得点者である。チャンスを確実にモノにする決定力もさることながら、
その視野の広さとパスセンスで攻撃を牽引しながらゲームメイクまでこなす、そのプレースタイルは早くもチームにとって欠かせない
戦力になりつつある。プレミアリーグ初挑戦、しかも加入間もないが故の連携面での不安を踏まえれば、ここまでの彼の活躍ぶりには
正直驚きを禁じ得ない。いい選手であることは解っていたつもりだ。スパーズに久しぶりに加わったワールドクラスのビッグネーム、
当然期待は大きかった。必ずやスパーズに新たな力を加えてくれるだろう…と。しかし、加入が決まって間もなくの頃は、ちょっと待てと、
彼は新加入なのだし、すぐさまフィットしての大活躍を望むのは酷というもの、長い目で見なければいけないと思っていたものだ。
加入決定に沸くスパーズファンの喧騒にも若干の距離を感じ、心のどこかで皆と同様に諸手を挙げて喜んでいない自分がいた。

※過去記事 ラファエル・ファン・デル・ファールト獲得 (09/02)

その記事の中で、彼の加入を手放しで喜ぶのは彼が本来の能力を発揮し、躍動する姿が見られてからでも遅くないはずだ…と書いた。
それがどうだ。この無双とも言える程の活躍ぶり。確かにチームはイマイチ波に乗り切れていない。しかし、ここまで彼が出場したのは
わずか6試合だが、サポーターの心を掴むのには十分だった。まさか、ここまで早い段階でフィットして結果を出すとは思わなんだ。
まずは謝ろう。疑ってすまん、ラフィー。いや、まぁ嬉しい誤算だし、むしろネガティブな意見をいい意味で裏切ってくれるのは
いつでも大歓迎だし、いつでも掌返して称賛する準備は出来ていますが(笑)現段階ではケチがつけらない活躍ぶりです。

しかし、(イチャモンをつける気は毛頭ないが…)彼が入ったことで、チームが若干の混乱をきたしたことは紛れもない事実としてある。
メンバーが変わってるので単純な比較はあまり意味を成さないが、一番解りやすく一定の指標となり得る昨季と同じ時期(7戦消化)を
比較対象とするならば、昨季は7試合で5勝2敗、得点17で失点10。(敗戦の相手はチェルシー、マンUでこの2試合で6失点)となり、
今季はリーグ戦の7試合で3勝2敗2分け、得点8で失点が6。上位を争う強豪との対戦がマンCとアストンビラのみという点を踏まえれば
決して満足のいくスタートとは言えないように思う。結果もイマイチ冴えないものだが、それよりも深刻なのがその試合内容の乏しさだ。
怪我人続出で満足にメンバーを固定出来ないバックラインの問題があるにせよ、開幕戦以外の全試合で1失点喫してるのはいただけない。
そして、8得点中、FWが挙げたゴールはパブリュチェンコの1ゴールのみ。ゴールだけがFWの仕事では無いがなんとも寂しい数字だ。

システムも昨季からの継続の4-4-2なのか、新布陣の1トップなのか?今後も状況に応じて併用するのか?未だ固め切れておらず、
チームとしても、また彼自身にとってもベストな形はどういうものなのか?(所謂、彼をどうチームに組み込むか)という命題に対する、
明確な答えは未だ見つかっていないとも思う。もちろん、たかだかリーグ戦は7試合を消化したに過ぎないし、彼が入ってからまだ4戦、
答えを出すにはまだあまりにも時期尚早だが、チームがどう攻め、どう守るのかの方向性を定め、骨格を形作るのは早いに越した事は無い。
この辺がブレていると成績の安定は望めないし、いつまでもラフィーの(彼以外の特定の誰かも含め)個人技に頼るわけにはいかない。
僕はラフィーの活躍ぶりを喜ぶ一方で、システム変更を伴うチームの再構築に対する不安をまだどこか完全には拭いきれないでいます。

今後レドナップがラフィーをどのように起用してチームを固めていくのか?直近のアストンビラ戦後に発したコメントの中に、その問いに
対する答えに通じるヒントが隠されていたように思いました。興味深いコメントだったので抜粋するとともに、今後の展望をしてみたい。
(ベストな布陣を見極めるのは)なかなかに難しい問題だね。仮に2トップを組むと考えた場合、ラフィーをトップ下に置くことになる。
中盤をダイヤモンド型にするということだね。だが、そうなるとベイルを普段やり慣れないポジションに置くことになってしまう。
ラフィーをサイドに配してもあまり意味は無い。常にプレーに関与していたいタイプだし、中央でのプレーをより好むからね。
そうするとチームとして攻守に適切なバランスを保つ事が非常に難しくなってしまう。スペースが生まれると相手はそこを突いてくる。
彼は恐らくプレースタイルを変えないだろう。そして、私も変える事を強制しない。彼はその位置でファンタスティックな選手だし、
ゴールに直結する決定的な仕事が出来る。だからこそ、彼のような選手を最大限に生かすシステムを見つけなければいけないんだ。
(レドナップ)

このコメントの中で注目すべき3つのキーワードがあります。それが「攻守のバランス」「ラフィーのプレースタイル」「ベイルとの共存」

この3つのキーワードを中心にレドナップのコメントを読み解くと、ラフィーを活かすにはあくまでトップ下であってサイドでは無いこと、
当面はベイルを左サイドのMFで起用する方針であること、同じ司令塔タイプのモドリッチとの共存についてはなんら問題を感じておらず、
チームのバランスを重視するならば4-4-2ではなく、4-2-3-1或いは4-4-1-1を中心に考えている…ということになるでしょうか。
もっと極論で言えば、ラフィーがチームの為にプレースタイルを変えるよりも、チーム全体として彼に合わせていく方針ともとれます。

僕はこのコメントを聞いてますます不安な気持ちが増しました(苦笑)薄々感じていたどこか漠然とした不安感の根幹が解ったというか。
確かにラフィーは素晴らしい選手です。それは彼がプレーした6試合で十分に理解出来る。が、彼をアンタッチャブルな存在にして、
言うならば彼と心中というような考え方を監督が持ってるならばそれは非常に危険な兆候ではないか?少なくとも僕はそう思います。
彼が好調ならばそれでいい。だが、彼自身が不調に陥いる時期、研究されて閉塞感に陥る時期はいずれ必ずやってくる。
そうなった時に、彼ありきのシステムを固めたチームが柔軟に対応出来るのか。そもそも、彼が怪我や累積警告などで不在ならばどうする?
現状ではデフォーが不在だが彼が復帰したならばどうする?という問題も出てくる。高さが無いデフォーを1トップに据えるのか?
イングランド代表ではルーニーと縦関係で上手くやってるじゃないか?しかし、ルーニーとラフィーは違う。デフォーとルーニーも。
そもそも現状ではラフィーのゴールはほぼクラウチの高さありき。クラウチからデフォーに変えて上手く機能するだろうか…。

4-5-1がベストというにはここまでの戦いぶりではあまりにも根拠が薄い。まぁ、デフォー不在の現状、ベターな選択肢とは言えるが。
ラフィー自身は中盤ならポジションにこだわらないと語っているが、彼をサイドに置きながら4-4-2で活かす道は本当に無いのだろうか?
昨季の攻守にバランスの取れた4-4-2を支持している僕としてはどうも腑に落ちないのだが、別の形で進化する事に期待するしかない。
だが、もしも1トップをメインに考えているならば、4-2-3-1よりも限りなく4-4-2に近い4-4-1-1のような形で戦う事が理想に思う。
ラフィーが組み立てから参加する中盤の一人としての役割というよりかは、よりゴールに近い(或いは1トップのFWに近い)位置で
ボールに触れる事、すなわちセカンドトップ的な役割に比重を置くことが重要。4-5-1というよりも4-4-2の2を縦に並べるイメージ。

安易なシステム論で片づけるつもりはないが、やはりやり慣れた形、スパーズに合ったスタイルで戦えるシステムを選択するべきだ。
それが4-4-2であると思うのだが、ラフィーを組み込んでの進化を考えているなら昨季からの変更は最小限に留める方がリスクは少ない。
これだけゴチャゴチャ個人的な予測を語ってきたけど、案外しれっと4-4-2も併用しつつで戦っていくのかもしれないけど…(笑)

ラフィーが加入した事でレドナップの中にも生じた起用法へのジレンマ。その答えが出るのはもう少し先になるのだろう。
今後の数試合で結果が出るかどうかにも依存するし、指揮官の信頼がすこぶる高い昨季のトップスコアラーが復帰したら状況も変わる。

10月はCLのインテル戦も挟みながらフルアム戦(A)、エバートン戦(H)、マンU戦(A)と非常に厳しい日程が続いていく。
兎にも角にもいち早くリーグ戦で軌道に乗せなければならない。これ以上の足踏みをしている余裕は無い。数々の不安要素が僕の杞憂に
終わるように願っているし、内容と結果が伴って昨季からの成長を感じられる姿が早く観られる事を大いに楽しみにしています。
そして、ベンチで燻っているキーン、ニコ、ベントリー、パラシオスら昨季の躍進を支えた面々の奮起にも同時に期待したい。

| Article | comments:5 | TOP↑

あぁ、やはり感じる不安は同じのようですね。

自分もゆーやさんと近い考えなので、逆にあえて言っておきたいことは、今の時点でラフィの活躍はチームを支えている、ということ。疑いの余地はありません――。


ラフィを応援している声をしばしば聞くのであまり声を大にして言うことは出来ないのですが、(それもまたもどかしかったりする)個人的には今夏の補強から現在までの流れには消極的な印象を感じずにはとてもいれません。



FWの得点力不足(この場合、‘流れの中での得点’を言ってます)ですが、これはキーンとパヴ(の2トップ)を使えば、おのずと減っていくはずです。つまるところ、恐らく今後も改善されることはないでしょう。



せっかく形になりつつあったスパーズの形が崩壊しつつある気がしてなりません。

1サポーターの力では(まぁ仮に1000万人いても)この不安を拭い去ることはできません。あぁ、どうすればいいんでしょうね。どうしようもないけど。

| k738373 | 2010/10/10 12:59 | URL |

おひさしぶりです・・・
近頃、本当に忙しく・・・・
VDファールトの件は難しいですよね・・・
悲しいかな、トップ下、というポジションが得意な選手には、現代サッカーはどんどん窮屈になっていきますよね・・・・トップ下、というポジションを置くチームが少ないので・・・

怖いのは、ユベントスが典型例です。
慣れ親しんだフォメを捨ててトップ下を置き、ジエゴをトップ下に→ジエゴの調子のよかった序盤は勝ちまくり→ジエゴが怪我→不調となり→チームは減速・・・・と・・・

ドルトムントも、ハンガリーのハイナル、という古典的なトップ下を置いていましたが、彼が不調に陥ると、減速・・・(今季は香川が代わりに大活躍してるので。躍進中ですが。)

他に、トップ下を置くチームは、ベンフィカ(アイマール)、デポルティボ(F・ロドリゲス)、ビジャレアル(B・バレホ)、バレンシア(マタ)、など・・・

リーガでは、トップ下を置くチームはいい感じですよね。
ただプレミアのスピーディな展開には少し合わないんですよね・・・トップ下、というポジション、そしてプレースタイルが・・・
素早い展開を遅らせてしまうというか・・・・

だから、僕も4-4-2、のFWにVDファールトをいれて、セカンドトップ化させるか、あるいは、サイドにして自由を与えるか・・・・

トップ下、というポジションの構築はかなり危険な気がします・・・・

| C.Ronaldo | 2010/10/10 23:08 | URL |

なんでしょうね・・・

プレミアファンとカルチョファンの感覚の違いもあるので、なんとも言えない部分もあるのですが・・・
自分はシステム云々、布陣、ポジション云々以前に、チームとしての大原則・ルールが徹底されているかどうかのほうが気になります。

簡単に言うと、攻撃の大前提はこう。守備の大前提はこう。
どういう布陣で、選手構成でゴールを奪う、ボールを奪回するにしても、選手間で共通した意識づけができているかどうか・・・?

それこそが問題な気がするのです。

この意識共有がしっかりできていれば、例えラフィがいようといなかろうと、どんな布陣で戦っても、スパーズのスタイルは安定するのではないかと。

現状、それをどこまでハリー爺さんがチームに浸透させているのか。
はたまた、そもそもそういうチームづくりの仕方をハリーがしているのかどうか・・・

自分の場合、産みの苦しみに関しては、ここ数年間毎年のように経験してきたもので(笑)、
いわばチームの
『骨組み』
に執心する癖がついてしまっています。
こういうちょっと的外れな意見が出てきてしまうことはお許しください;;

それでも持論をあえて言うなら、新規加入選手や新監督がやってきてチームを構成していく際に、

「どんなシステムで戦う場合でも、意思統一しておかなければならない部分」

に注視していくと、単純なシステム、個人以上のものが見えてくるのではないかと・・・
まずは、そこから探られてみてはいかがでしょうか?
ゆ~やさんなら、きっと何か見えてくるものがあると思います!

| 白面 | 2010/10/11 19:51 | URL | ≫ EDIT

>k738373 さん
僕もラフィーの活躍自体は素晴らしいと思いますし、現状ベイルと並んで一番頼りになるというか結果を目に見えた形で出せているのは疑いの余地はないんですよね。
だからこそ、彼が入って未だチームの形が定まっていないのが惜しいというか、どういう風に固めていこうとしてるのかが曖昧なのが残念でなりません。
時間が解決してくれるものなのか、それとも方向性自体が正しくないのか現時点では判断しかねますけど、昨季に築いた土台が巧くいかされていない印象があるのが気がかりではありますね。

今後なるべく早い段階でラフィー個人の能力と周りの選手が巧く噛み合った「チームとしての攻守のバランスが取れた形」が導き出されるといいんですけどね^^

>C.Ronaldo さん
お久しぶりです^^というか、ウチのブログの更新頻度が毎度お久しぶりモードに入ってるので(笑)ゆるりと暇な時にコメント頂けるだけで十分ですよ♪

さてさて、ラフィーの所謂トップ下起用問題はなかなかに難しいな…と。
僕なんかはサイドに置いても巧くハマるような気がしちゃうんですが、ハリーはあまり気が進まない様子で、今後も1トップ下が多くなりそうな気配ではありますね。
どうも僕自身がトップ下を置いたスパーズを見慣れていないせいもあるのか、未だにしっくりこないんですよね(苦笑)
どうしても現状の方向性だとラフィーの出来に依存するチームになっちゃいそうでそこら辺はちと怖いかな~と思ってしまう面があります。
トップ下の採用してる他クラブの考察も興味深かったです^^
スパーズはなんとかラフィーを最大限活かしつつ、チームとして最良の形を見つけて欲しいなぁと思いますね。

>白面 さん
ふむふむ。言わんとしてる事はとてもよく解ります。僕も白面さんと近い考えでシステムだったり起用する選手が誰かというのは副次的要素に過ぎなくてチームとしての約束事(どう攻め、どう守る)がしっかり徹底されていればそうそう崩れる事は無いし、成績も内容も伴ってくるものだと思っています。また、チームは本来そうして構築するものだと思いますしね^^

昨季のチームはその約束事が非常に徹底されていたと思うんですよね。モドリッチが抜けても、レノンが抜けてもベイルやベントリーが埋めたり、2トップの組み合わせが変わっても、セントラルMFのコンビが変わっても基本的なコンセプトを大きく変えず戦う事が出来ていた。数試合を除いて4-4-2で一貫していたという面はあるにせよ、土台となるべき約束事がしっかりしていたのが上位定着のカギだったと思っています。

で、今季のチーム。残念ながらここまでは試合毎にバラバラで一貫性がまるで感じられない。それがラフィーの加入に全てが起因してるとは思わないんですが、少なくとも彼を最大限活かそうと固執し過ぎている点にあるのではないか…と。それが一番目に見えて解り易い(説明し易い)のがシステム変更なので、どうしてもそこの部分にスポットを当て気味になっちゃうのかもしれませんね。

そもそもがどんなシステムでも不変なバックボーンを有してさえいれば、こんな混乱に陥る事は無いと思うんですが、悲しいかな現在のスパーズはそこまでに成熟していないと思うんです。成熟する前に自ら色々な事に手を出して首を絞めてしまってるというか。ここら辺はうまく表現出来ないんですけど(笑)
3~4年毎年リーグで4位以内(それこそ優勝争いにも絡むような)でCL常連のような成熟されたチームであれば、ウチのチームはこれだ!という骨組みがしっかりしていて、苦しい時には立ち返る「拠り所」があるでしょうが、現状のスパーズだとそこまで確固たるものが確立されていない「途上の」チームだと思うんですよ。下手すればまた万年中位に逆戻りも十分にあるくらいの「脆さ」で。なので、まだベースを作る時期なんじゃないかなという想いがどうしても強くて、それが僕が必要以上に昨季からの継続性(翻って今季のシステム変更含む改革路線に慎重)にこだわる理由なのかもしれません。

ちょっと長くなり過ぎちゃってキリが無いので、この辺にしときましょうか(笑)こういうの語りだすと止まらなくなるわ^^
的外れな意見だなんて、とんでもないですよ。耳が痛い部分もありますが、こういう色んな角度からの意見が聞けて参考にもなるし、有意義だと感じます。
いずれにしろ、今後のチームがどうなるのか楽しみに見守っていきましょう!

| 管理人 ゆーや | 2010/10/11 22:13 | URL |

>ゆ~やさん
わかります、わかります。
特に自分なんかは、戦術マニアの国なリーグを普段から視聴しているもので・・・特にそういう傾向強いです(笑)

守備に関しては、基本的なメカニズムはおぼろげながら見える気がするんですよ。
他方、今季のスパーズの場合、攻撃が現在のところ成り行き任せになりがちで、明確な必殺パターンがない。

攻撃のバリエーションが単純に一本化してしまうことと、攻撃における約束事の意識がチーム内で共有されていることは、全くの別物ですからねw
それをどう今後折り合いをつけるか、ハリーの手腕に期待です。

これ以上は歯止めが効かなくなる=まずいと思いましたので(笑)、自分の所で長々と綴ってみました・・・本当に長っいんですけどe-263

お暇な時にでも、よろしければ流し読みしてみてくださいw

| 白面 | 2010/10/12 23:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。