PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【第14節】 トッテナム vs アーセナル ~North London Derby!!~

イングランド・プレミアリーグ10/11 14節

Arsenal 2 - 3 Tottenham 
         
Stadium:エミレーツ・スタジアム

              前半   後半   合計                               
アーセナル  2  0  2             
トッテナム  0  3  3
得点
Spurs:ベイル、ファン・デル・ファールト、カブール
Gunners:ナスリ、シャマク

1011 14
Subs:Cudicini , Bassong , Corluka , Bentley


敵地エミレーツで行われた宿敵アーセナルとのノースロンドン・ダービーはトッテナムが2点ビハインドを跳ね返す大逆転劇で勝利!
敵地でのアーセナル戦勝利は1993年以来、実に17年ぶり。劇的な試合展開に最高の結末。興奮の余韻が未だ冷めません。

■「白の闘将」ギャラスの誇りと執念
昨季まで在籍したアーセナルで主将まで務めたギャラスにとって、この日は様々な想いが詰まった「古巣」との対戦となりました。
契約満了での退団がキッカケではあったものの、ローカルライバルであり宿敵への「禁断の」移籍であることに変わりは無く、
圧し掛かるプレッシャーは計り知れないものがあったことだろう。当然、エミレーツスタジアムで彼を待っていたのは盛大なブーイングによる
熱烈な「歓迎」。それに屈して圧し潰されるか、力に変えるか。この大一番に今季初めてアームバンドを託した指揮官の想いに応えた
背番号13は明らかに後者であり、かつてのホームで奮い立った一人の勇敢な戦士だった。親友との再会、母国の若手との確執、
宿敵への移籍による葛藤、思うように結果が残せない現状への焦り…。その全てを呑みこみ、受け入れた彼の揺ぎない決意の眼差し。
その溢れる情熱を内に抱きながら、相手の挑発にも務めて冷静に受け流し、己の仕事に集中する彼の背中のなんと頼もしいことか。

試合前の挨拶。両軍の選手が交わしていく中でギャラスと視線すら合わせることなく握手を拒んだナスリ。カチンときましたよね~。
ホント、舐めた真似しやがるな…と。確執あるのは解るけど、大人気ないとは思いませんかね。仮にもプロでしょうよ。ガキじゃあるまいし。
まぁ、こういう因縁絡みみたいなのも試合のドラマ性を高めるある種のスパイスになり得たりするから、面白いっちゃ~面白いんだけども。
そんなナスリの挑発に、競り合いの中でしれっと顔面叩く「お返し」してやる辺りにギャラスの意地を見たね。「舐めるなよ、小僧」と。


ギャラスはボールが渡る度にブーイングを受けていましたが、あれは半ばお約束の様なもんでしょうね。恨み、憎しみが込められた
それではなく、むしろ白を身に纏って帰ってきた彼の姿をアーセナルサポーターも楽しんでいるような。上手く説明は出来ないんですけど。
でも、この日のブーイングはむしろギャラスに力を与えてくれたような気がしないでもないです。ブーイングを受ければうけるだけ、
彼のプレーの一つ一つが研ぎ澄まされていくような印象でした。それぐらいに集中していたし、いい精神状態で戦えていたんだと思います。
存在感も断トツで、バックラインでの細かなミスは幾つもあったとは思うし、スマートとは程遠いんだけど気合で守っていたんですよね。
何よりも絶対に最後の壁は割らせないんだという意気込みはビンビン伝わってきました。そんな彼の姿を観るだけで僕も熱くなったし、
多くのスパーズサポーターも何かしら感じるものがあったはず。彼が本当の意味でスパーズの一員になれた試合だったような気がします。

■前半:攻められない、守れない。手も足も出ず防戦一方 
前半は完全なるアーセナルペースでした。序盤から面白いようにパスを回され、バックラインの裏を取られて大ピンチの連続。
セスクやナスリから供給される鋭いパスに何度も脅かされ、守備は常に後手後手でオフサイドを取り損ねたりで、防戦一方の展開に。
その流れの中から、よりにもよって一番決められたくない相手に決められる。セスクがセンターサークル付近からロングスルーパスを
浮き玉でバックラインの裏に放り込むとナスリが反応、追走するエコトをものともせずに突進するとゴメスが飛び出しに一瞬躊躇して
二、三歩後ずさりした隙を見逃さずにスルリとかわして角度のないところからゴールへ流し込む。なんともあっさりと先制点を献上。
高めにとったラインが仇になった形だが、ゴメスは思い切りよく飛び出せば防げたはずで、どちらかというとミスから自滅した失点。
どうも、このところゴメスがシャキっとしないんだよな…。判断に迷いがあるというか。ここらへんも守備陣の不安定の影響だろうけど。

開始9分で早くもリードを許して常に主導権を握られっぱなしと、フラストレーションが溜まる一方の展開で何もさせて貰えません。
トッテナムはボールの奪いどころが曖昧で、プレスもかからず守備がバラバラ。常に動きながらボールを受けるアーセナル攻撃陣を前に
満足にボールを奪えず、奪っても素早いプレッシャーを受けたモドリッチ、ラフィーらはミスパスのオンパレード。レノンは動きが鈍く、
ベイルには2人がかりの徹底マークで両翼からのアタックもモノの見事に封じられれれば、パブにはボールが収まらず、前線は孤立。
ジーナスはスペースを埋めようと必死に走るも、中盤が全く機能しない中では無力で追加点も時間の問題と思ってたら案の定でした。
数少ない攻撃の機会をフイにすると一気にカウンターを喰らい、アルシャビンのパスをシャマクがピンポイントで合わせて追加点。
結局、前半は0-2で済んだもののあと何点か喰らってもおかしくない展開だったし、内容としては今季ワーストに並ぶ酷い出来でしたから、
当然、アーセナルとしては勝利を確信していたことでしょう。僕も流石にこのままじゃ厳しいな…と半ば敗戦を覚悟しましたからね(汗)

■後半:メイクミラクル!奇跡的な反撃で逆転!
後半頭から精彩を欠いたレノンを下げて、デフォー。負傷で長期離脱していたエースストライカーが2ヶ月ぶりに復帰して4-4-2へ。
これが結果的にズバリ!機動力のあるデフォーがサイドへ流れたり、裏のスペースを狙う事で中盤からのパスを引き出すと攻撃が活性化。
前線に2枚並んで選択肢が増えて楽になったのか、トッテナムがパスを回せる時間帯が増える。攻撃に時間が割けるようになったのも、
中盤でいい形でボールを奪えるようになったからで、シンプルな4-4-2に戻した事で2トップの前からのプレスが効果的に効いたのと、
中盤~後ろがどこでボールを奪いに行くのか、誰がボールホルダーに行き、誰がスペース埋めるのか各々の役割が整理されたのが大きい。
攻守の切り替えが早くなり、縦への意識が増せばトッテナム本来の良さが出てくる。前半は目立たなかったベイルが仕掛ける場面や、
守備に追われてピッチを右往左往するだけだったモドリッチが前を向いてボールを持てるように。こうなればしめたもの。反撃開始!

まずはベイル。自陣深くからエコトが前線に放り込むとチビッコのデフォーが頑張りマイボールに、ラフィーがキープしてベイルへ、
ベイルがゴール左隅へ流し込み点差を1点に詰める。前半は完全に消沈していたトッテナムが元気を取り戻すのには十分すぎるゴールで、
試合展開がガラリと一変します。前半はおとなしかったパブも自陣まで戻って体を張って守備をしたり、攻撃の起点として粘り強く
パスを繋げるようになり、前線でデフォーが突っかけてこぼれたボールをモドリッチが狙うなど得点の匂いがプンプンしてきます。
そうすると思いもよらない敵からのプレゼントがやってきます。ベイルの動きを囮に自らドリブル突破でFKを得ると蹴ったのはラフィー。

セスクが信じられないハンド(しかも、シャマクの腕を抱えて…笑)をしてくれました。当然、(倉敷さん風に)PKゲットォ~。いやぁ~あざっす!
セスクの珍プレーで頂いたPKをラフィーが冷静に蹴り込んで遂に同点!あの成す術なかった前半はいったいなんだったのか。
押せ押せムードで一気に逆転を狙うべく、レドナップも強気の采配。ドローで御の字?バカ言っちゃいかん!ここはGO!とクラウチ投入。
こういう指揮官の積極的な姿勢というのはピッチに立つ選手にも伝わるもの。あそこで逃げ腰にならなかったレドナップは凄いな…と。

その後は流石にアーセナルもヤバイとばかりに必死に取り返しにきます。実はここら辺から興奮して観てたのでもうほとんど覚えてない(笑)
辛くもオフサイドで逃れたのとか、セスクのドンピシャのシュートをゴメスが執念で弾き返したりでヒヤヒヤして観てられん場面の連続で、
ソングがエリア内で倒れたっぽいのとか、コシエルニーがどフリーで決めるだけのヘッダーを外してくれたりがあったような…気がする。
せっかく追いついたんだからなんとか一気にひっくり返してくれ~!と祈るような気持ちで観ていたら、なんと奇跡の光景が目の前に…。
ラフィーを起点としたカウンターから右サイド流れて受けたベイルへ繋ぐと、ベイルの突破をコシエルニーが倒してFKを得る。
キッカーはラフィー。エリア内にひしめく赤の壁に、競り合ったのはカブール。ピンポイントのクロスをバックヘッドで突き刺す!!

信じられん!最高!カブール、お前最高だぜ!打点の高いヘッドが得意の彼だけど、バックヘッドで決めるなんぞオシャレ過ぎるわ!

まさかまさかの2点リードをひっくり返されたベンゲル氏のベストショットをドン!流石にショックが大きすぎたらしいですぜ。

そりゃ、そうだよな(笑)解るよ、気持ちは。あの前半考えると悪夢だよな。まぁ、粕谷さん風に言えば「This is football」ですよ。
「2点リードが一番危ない」とはフットボールでは使い古された表現。でも、案外そういう場面にはお目にかかれないもんです。
これぐらいのトップレベルになれば尚更。でも、あるんですね、こういうことが。しかも宿敵相手のダービーで。正にミラクル!
やっぱり最後の最後まで勝負を諦めてはいけないってことか。選手達の執念、気迫が実った奇跡の大逆転劇にもう心臓バックバクでした。

細かなツッコミどころは沢山あります。正直、前半は最低の試合内容でしたから。でも、この日ばかりは内容はどうでもいい。
結果が全て。それがダービー。お互いの誇りをかけてぶつかった一戦で、逆境をひっくり返したんですからね。ただただ嬉しい。それだけ。
これでノースロンドンダービー2連勝。気分上々ですよ。何たって最高に美味い酒が飲めましたもんね。スパーズ最高!COYS!

今日のGood ギャラス。文句無し。今日は彼の日だった。スパーズのギャラスとしてダービーで最高の姿を見せてくれた。
今日のBad  なし。ダービーで劇的な逆転勝利なので今回はお咎め無しで。

| マッチレポート | comments:32 | TOP↑

うぎゃーーーーーーーーーーーーーーーー!!

大学生ですけど、今夜は眠らずに歓喜に酔いしれます!!!!

スパーズ大好きになりました!

今度ユニフォーム買ってきます!!!!

| T.O | 2010/11/21 01:04 | URL |

ホント信じられない!
前半の不甲斐なさに負けを確信しただけに何倍も嬉しいっす!!
デフォー入って流れ変わりましたね。前線でのプレッシャーが効いてました。
って今日ははもう内容より結果ですね。トッテナム最高!

| じゅん | 2010/11/21 02:06 | URL |

正直ツキが味方してくれた感じもありますが、よく追加点を許さなかった。ベンゲル悔しそうだったなぁ~。そりゃそうだよ、展開的には去年と一緒だったもの。よもや負けるとは思わなかっただろうよ。
来週はこれまた必勝のCL、ホームでブレーメン。ここで決めるべし!!

| KTA | 2010/11/21 02:13 | URL |

はじめまして!

EURO2008で活躍したパヴやモドリッチが移籍してからスパーズのファンになった者です。

あまりに嬉しいので初カキコしました(笑)

試合を観られる環境に無いのでゆうやさんのマッチレポをすごく楽しみにしてます!!!

今回の勝利でリーグ戦でも波に乗って行きたいですね!!!

これからチョコチョコとコメントさせていただきます!
ぜひともよろしくお願いいたしますm(__)m

| スープカリー | 2010/11/21 02:14 | URL | ≫ EDIT

こんばんは!劇的な試合展開に痺れました!前半ボッコボコにやられて半ば諦めかけてたんですが後半に入って一気に流れが変わりましたね。敵地でのダービー勝利最高でした!
今日の後半を見るとやっぱり4-4-2の方が良さげですよね。デフォーも復帰したなら尚更です。
それにしてもデフォーは復帰早々に良い働きしてましたね!やっぱりスピードあって裏への抜け出しがある選手が入ると攻めのバリエーションが増えて見てて面白いです。
後半の感じでいけばこれからまだまだ内容良くなると思うので、レドナップさん頼むからデフォー1トップを試そうなんて思わないでね(笑)

| ボブろう | 2010/11/21 02:41 | URL |

スタッツ?内容?そんなものより勝利という結果が一番ですよね!
えみれつでの勝利は格別すぎます!

| ハイ | 2010/11/21 02:58 | URL | ≫ EDIT

僕が観た試合で勝つのは何カ月ぶりか。。。それがノースロンドンダービーとは、こりゃまた粋な話ですね。笑

それにしても前半と後半で、ガラッと雰囲気が変わった試合でしたね。
やられっぱなしの前半では半ば負けを確信、今日はもう寝ようかな、などと考えていました。笑
デフォー投入の後半頭に、もしかしたら・・・と予感を感じてズルズル観てしまいましたが、最後に逆転までしてくれるとは期待以上でした。
デフォーが入ってから、パブやベイルが活き活きし始めたのも印象深いですね。やっぱりスパーズは2トップありきのチームなんだと再認識しました。
今日は久しぶりにハリーの采配が冴えまくってたと思います。

それにしても、セスクのあからさまなハンドは観ていて腹が立ちました。あれのおかげで同点ゴールが生まれたと言えばそうなんですが、あのプレイにカードが出なかったのが不思議ですよ。
07/08シーズンのシティ対エヴァートンで同じように故意のハンドをやらかしたマイカ・リチャーズは退場になったんですけどね。。。
セスクだと許されるのかよ? といちゃもんを付けたくなりました。まあ結局勝ったからいいですけど。笑

次はブレーメンですね。
手強い相手ですが、今はかなり調子を落としてるようなので、ここはきっちり勝って次のステージへの切符をつかんでもらいましょう。

| sini | 2010/11/21 07:00 | URL |

前半は完全にあちらのゲーム、後半はこれでもか!というほどこちらのゲーム。
そんな試合でしたねw

ただ、これだけインテンシティが高い状態で戦い切った後は、反動が心配なのが今季のスパーズ。
喜ぶのはせいぜい今日か明日まで、肉体を休めると同時にモチベーションを十分に高めておいて欲しいです。
CLで前半のようなパフォーマンスを見せられてしまったら、流石にやりきれませんものね(笑)

早めに決勝T進出を決めて、リーグ戦に集中できる環境を整えてしまいましょう!!

| 白面 | 2010/11/21 07:24 | URL | ≫ EDIT

本当に言うことないです。去年ボコられた試合の痛すぎる記憶を払拭してくれました!ノースロンドンダービーのアウェイで勝つなんて、これ以上の勝利はもう望むことなどないです。想像を絶するブーイングに負けず頑張ってくれたギャラス、ありがとう!次はCLトーナメント出場を、是非ホームで決めて欲しいです。

| ばんでるばーると | 2010/11/21 08:15 | URL |

前半は2-0で終われたのが救いといえるほど向こうのペースでしたね。こちらのチャンスは皆無どころか、満足にラフィやモドリッチがボールに触れない始末。ベイルは常にブロックを形成された守備陣相手に全くスペースが与えられず、レノンは病み上がりでキレなし。。仕方ないですけどね(+_+)
それでも、後半にデフォーを入れてシステムを変更すると見事にこちらのペース。レノンを下げてクラウチ投入のツインタワーで行くのかな?と思いきや、まさかのお久しデフォーとは・・・・この采配を見て改めて今季のハリーは超強気だなぁと実感しましたよ。完全に「当たり」ましたね♪

全体を通して試合内容は決して良くはなかったですが、この一戦に関しては皆さんの仰る通り結果が全て。2失点の原因も明らかですが、チーム全員2点ビハインドを背負いながらも戦意を失わず戦い続けたことが勝利に繋がりました。ベストプレイヤーを一人挙げるとすればやはりギャラスですかね。今までの彼をあまり評価していませんでしたが、今日は素晴らしい活躍でした。初めてCAPを任せたのも指揮官からのこれ以上ない「激励」だったんでしょう。間違いなくスパーズ加入以来最高のパフォーマンスだったと思います。
選手入場の際にブーイングがなかったのが気になっていたのですが、試合が始まるとボールを持つ度に喰らってましたね。キャンベルと違い円満に(?)ライバルチームへ移籍したと思ってましたが、やはりイングランドではブーイングなしにライバルチームへ移ることは難しそうだ(-"-)


それはそうとベンゲルは試合後の握手、インタビューを全て断ったそうですね。ライバル相手に2-0からの逆転負けを喰らって悔しいのは痛いほど分かりますが、どんな試合であっても監督は最低限の礼儀・マナーは守るべき!インタビューはまだしも握手を断るなんて信じられない・・・・特にイングランドではそうゆうのは全く歓迎されないと思いますよ。去年9-1で敗れたウィガンの監督でもきちんと応じていたのに。ユナイテッド戦後のハリーの審判批判とは比べ物にならないほどの蛮行ですよ。なんなんだあいつ!!(激怒)

| もみじぃ | 2010/11/21 09:10 | URL |

逆転勝利きたああぁ
もう最高の試合だわ
ってかリードされる前にしっかりプレーしてくれよ
それにしても二点目のセスク(笑)

| ゆうすけ | 2010/11/21 09:42 | URL |

トッテナム新時代の夜明けか!?

| 隠れファン | 2010/11/21 09:50 | URL |

毎週楽しく通わせて頂いていますが、初コメです。
まさか対ガナーズ連勝とか。しかもエミレーツで。

パブやらレノンやらゴメスやら言いたいこともありますが、この結果は嬉しい。デフォーも帰ってきたし来週からは 4-4-2 が・・戻ってきますかね?

| ふしゅ | 2010/11/21 11:16 | URL |

逆転勝利、最高です!
やっぱリ2トップが1番ですね^^
久しぶりのデフォー、よくやってくれました
あとは次節以降どういったフォーメーションにしてくるかに注目ですね
ブレーメン戦も期待しています!

| LSB | 2010/11/21 12:30 | URL |

スパーズ最高!

| マスカラス | 2010/11/21 12:50 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです!

やりましたね!
友人と3人で観ていまして、前半終わった時点では友人は僕を気の毒そうに見てましたが、
僕はそこで言ってやったんですよ。
「スパーズみたいなバカチームだからこそ試合が終わるまで分からないゾ!」 と
そしたら打って変わって後半は見違えるようにチームが良くなり、まさかの3点!

いや~ たまらんですよ(; ;)

| Gio17 | 2010/11/21 16:22 | URL |

クソ監督がペットボトル叩き付けてるシーンはウケました。その数分後、うずくまって愕然とするクソ監督を見て爆笑しました。

| JJJ | 2010/11/21 19:31 | URL |

ぬほほほっほーーーーーーい!!!!!!!

いや~テンション上がりまするわ~~~おかしくなりそうです(笑)

本当に感動!!!!!!!!!!

よくやってくれましたね~~~


4-4-2で特大の結果が出たのもGOOD!!!

ナスリも・・・・まあざまあ、ということで(笑)

| C・Ronaldo | 2010/11/21 20:01 | URL | ≫ EDIT

いやーほんと、最高ですわ!!

もうたまらん(笑)

選手たちに乾杯!!

ラフィーも今回はチームとともに機能的に動いていたと思うのですが、どうでしたか?

礼儀も何も知らないナスリのアホがどんな胸中か考えたら、笑いが止まりません!あの馬鹿ベテランを何だと思ってるのか・・・

| T.O | 2010/11/21 20:09 | URL |

やった~!!
前半はそっくりさんのチームですかね
ともあれみんな良く頑張った~


あとナスリは上手いけど礼儀は守らないとね

| とろろ | 2010/11/21 22:07 | URL |

初コメです ^^

毎回楽しく見させてもらってます

ラフィーの移籍につられてファンになったんですが、いろんな意味でとんでもないチームですね笑

| ballboy | 2010/11/21 22:35 | URL | ≫ EDIT

多くの皆さまのコメント本当に感謝です。そして、最高の勝利。おめでとうございます(笑)
数が多いので抜けてる方がいましたら、教えてください。(たぶん、大丈夫だとは思うんだけど…)

>T.O さん
うぎゃーーー!ですか(笑)なかなか面白い歓喜の表現ですね。
いや、それぐらい興奮冷めやらぬ展開でしたけども。こういう試合を見せてくれるとスパーズ好きになる人も増えてくるでしょうし、それは一ファンとしても嬉しいことではあります。
今季のユニフォームはレトロなデザインが秀逸なのでオススメです!

>じゅん さん
前半の展開を考えれば信じられないような結末でしたよね。それだけに逆転の瞬間の喜びったら半端無かったですけど^^
仰る通り、今日は結果が全てですから文句なしです。デフォーはいい復帰戦でしたし、今後も期待したいですね!

>KTA さん
確かにツキというか、得体の知れない引力に導かれたかのようななんとも不思議な展開でしたよね。
ホント、完全なる負け試合でしたから。これだからフットボールは解らないし、面白い。
そうそう、歓喜に沸くのはほどほどに、次に向けて気持ちを切り替えていかないといけませんね!
ホームだし、一気に決勝T進出を決めてしまいたいところです。

>スープカリー さん
はじめまして&コメントありがとうございます^^
嬉しさの余りのコメント、嬉しいです(笑)今後もまた書き込みにきてくださいね♪
マッチレポは僕の想いをかきなぐった駄文ですが、楽しんで読んで頂けてるならば幸いです。
この勝利を次に繋げていきたいですね!

あ、関係無いですけどスープカリーは大好物でしょっちゅう食べに行きます(笑)

>ボブろう さん
こんばんは♪劇的でしたよね~。前半のグダグダからは信じられないような後半45分でしたよ。
やっぱり4-4-2は合ってると思うし、スパーズの良さが出やすいシステムではありますね。慣れてますし。
デフォーの復帰は大きいですし、彼にとってもいい復帰戦になったことでしょう。
僕も今後ハリー爺がデフォーの1トップで迷走しないことを切に願っております(笑)

>ハイ さん
全く同感です。ダービーは結果が全て。内容云々なんぞ何の助けにもなりゃしません。
そこら辺、あちらの指揮官はよく解ってらっしゃらないご様子で。
リーグ戦でエミレーツで勝ったのなんて初めて観ましたから、嬉しいんですが、なんとも不思議な感覚でしたね^^

>sini さん
siniさんが勝利試合を観る事が出来て良かったです^^ ダービーまで取っておいたんでしょ?(笑)
しっかし、前後半でここまでガラリと一変する試合も珍しいですよね。何が起こったのか謎です。
4-4-2に戻して好転したのは明らかで、それに呼応して各々の動きが良くなったのは偶然ではないはず。
やはりこの形がベストだと再認識しましたし、ハリー爺がそれに気付いてくれればいいんですけどね^^

セスクはなんであんなことしたんでしょうね。カードが出なかったのも謎ですけど。
いい選手ではありますが、時折メンタル面での弱さも見せる選手という印象は拭えないですね。
まぁ、この試合に関してはあれで一気に流れがこちらに来たので有難い限りですけども。
この勝利を次に繋げたいですね!次で決勝T決めちゃいましょう!

>白面 さん
前半から後半でここまで流れが変わる試合というのも珍しいですし、その要因がどこにあったのか…というのを
考えてみるのも面白いかもなぁ…と。僕はスパーズが好転した理由は何個か思いつくんですけど、
アーセナルがなぜあんなにグダグダになったのか皆目見当がつかないですもんね。
サッカーはリズムを掴む事が重要なファクターと思うけど、流れというのはこうも恐ろしいものなんですね。

仰る通り、この試合を次に繋げ無いと意味が無くなっちまいますから、次の試合が重要。
その意味ではCLブレーメン戦、リーグのリバプール戦と続く今週の連戦は非常に大事だと思います。
ここで連勝出来れば一気に乗れそうな気がするんですけど、そう上手くはいかないんだろうなぁ(笑)

>ばんでるばーると さん
最高でしたよね!現地はさぞかし盛り上がってることでしょう^^
ノースロンドンダービー、それも敵地で勝てたことにはただの一戦に留まらない価値があると思います。
ギャラスは漢でしたね^^ 頼もしかったし、魂のこもった数々のプレーに痺れました!

>もみじぃ さん
前半は散々な出来でしたね。ダービーなので内容は問うまい…と記事では簡単に流しましたけど、前半のバランスの悪さは特筆すべき酷さでした。今季のスパーズの問題がギュっと凝縮された45分間だったのかな…と。
後半頭からのデフォー投入は吉と出て、そこら辺は流石ハリー爺と感じましたが、後半の形こそがベースだろ!
と思わざるを得ないですね。この前後半の違いとここまでの戦いを受けてどう組み立ててくるかは興味深いです。

2失点しながらも、最後まで闘ったからこその結果なので、選手達を讃えたいですね。
僕もギャラスをキャプテン起用したのがハリー爺らしいし、見事に当たったと思っています。
彼の気迫や意地が他の選手にも伝わったのかもしれません。ブーイングすらも力に変えたギャラスに痺れましたよ^^

ベンゲルについてはまぁ、彼らしいな…と。負けず嫌いというか、素直に認めないところがおフランスの典型で。
仰る通り、どんな状況であれ最低限の礼儀は守って然るべきで、褒められた行為ではないですね。
まぁ、そういうのも見慣れましたけど(笑)あぁ、またか…と。腕は確かですが、好きになれない理由の一つですね。

>ゆうすけ さん
まさか逆転するとは思いもよりませんでしたね^^ 最高の結果でしたが、確かになぜ最初からそれをやらんのか!とツッコミたい気持ちはありますね。どうも今季はお尻に火がつかないとシャキっとしないですもんね。
セスクは魔が差したんでしょうかね。謎のプレーでしたが、結果的には助かりました。有難い。

>隠れファン さん
そうなったのならば嬉しいですし、そうしていかなければいけないとも思います。
17年ぶりの敵地での勝利で感慨も喜びもひとしおですが、そもそもその状況こそが情けない話です。
今後は常に勝ち負け出来る強さを身につけていかなければいけませんね。

>ふしゅ さん
はじめまして&コメントありがとうございます♪
まさかまさかの展開でしたが、敵地でのダービー勝利。これ以上嬉しいことはないですね^^
ツッコミどころも満載ですが、とりあえずよしとしましょう。

4-4-2はやはりベストな選択と思えますが、当面はまだ1トップで行くんじゃないでしょうかね。
ただデフォーが復帰した事で選択の幅が広がったことは確かなので、柔軟に使い分け出来れば理想ではあります。

>LSB さん
最高でしたね!2トップにしたことで上手くハマってくれましたね^^
デフォーはいい復帰戦で今後にも期待が持てますし、選択の幅が広がって楽しみが増しますね。
とりあえず、次の試合(CLブレーメン戦)でしっかり勝って決勝T決めちゃいたいところです。

>マスカラス さん
右に同じです(笑)

>Gio17 さん
お久しぶりです^^ やりましたね~!お友達との観戦、さぞかし盛り上がったことでしょうね^^
確かにバカチームの側面が魅力の一つではあるんですけど、心臓に悪いったらありゃしないですよ(苦笑)

>JJJ さん
ふふふ(笑)流石にクソとはちょっと表現がキツイのでアレですけど、概ね僕も同じような気持ちではありますね。
あのおフランスの紳士殿は見ていて飽きないですよね。解りやすくて。ある意味エンターテイナーと言えるかもしれません。

>C・Ronaldo さん
ぬほほほっほーーーーーーい!!!!!!!ときましたか(笑)
確かにテンション上がりましたね、僕も。昨日はベロンベロンになるまで飲んでやりましたから。
最高の結果でした。ナスリ君はまぁ…まだ若いというかギャラスに火をつけただけでしたね。
眠れる闘将を目覚めさせたのはあの握手拒否だったかもしれません。今日はギャラスのが一枚も二枚も上でしたね。

>T.O さん
あれ?2回目のコメントかな?(笑)たまらん結果でしたね。
ラフィーはフリーダムなんで戦術云々にはめることなく、いつも通りノビノビやってたと思いますよ。
彼の場合、サイドに置いてもトップ下に置いてもさほど変わらんですから。問題はむしろカバーする周りの選手の負担増で(笑)

ナスリの行為にはカチーンときましたが、結果的にギャラスの闘争心を煽っただけでしたね。
最低限の敬意は払いたいので馬鹿とまでは言わないですけど、まだまだ甘ちゃんですね。

>とろろ さん
やりましたね!ホント、前後半で別人のようなチームでして、なぜにあれほど変わったのか謎です(笑)
ともあれ、2点差をひっくり返したのですから結果オーライでしょう。

ナスリは才能はあるんだと思うんですが、どうにもいけすかない選手ですよね。あの握手拒否はいただけないと僕も思います。

>ballboy さん
はじめまして&コメントどうもです♪そう言って頂けると嬉しいですし、今後ともよろしくです。
ラフィーはこの日も1ゴール、2アシストですか。流石ですねぇ。
確かに色んな意味でとんでもないチームだとは思います。でも、応援しがいのあるチームですよ^^

| 管理人 ゆーや | 2010/11/22 01:01 | URL |

いやーこれだけの数のコメント返信、すごい(笑)

ゆーやさん、お疲れ様です(笑)


ちょっと英語力UPのために、イギリスのサッカー解説番組を見ていたんですが(ほとんどわかりませんでしたが 笑)


昨日の、ノースロンドンダービーについての特集で、お偉いさん?の解説者の人たちは皆、デフォーを褒め称えていましたね。


デフォーが常にDFの裏を狙うことで、多くのパスを引き出し、アーセナルDFも、間延びせざるを得なかった、と…


得点シーンを見ても、デフォーがスペース作ってるのがよくわかりますよね。


MOMはデフォー、なのかもしれませんね^^

頼れるエースが復帰して何よりですね!^^

| C・RONALDO | 2010/11/22 08:59 | URL |

いつも時間差のコメントで申し訳ありません。

もう、何も言うことはありません。最高です!

これも見れたし↓。

標準版(ボトルとキャップの二連投)
http://www.youtube.com/watch?v=z9IqHdoyObg

お楽しみ版
http://www.youtube.com/watch?v=enYI6N277Qk

| Lily of the White Valley | 2010/11/22 09:00 | URL |

最高でした!!!!

| きょうへい | 2010/11/22 17:30 | URL |

コメント遅くなりました!
やっぱスパーズは4-4-2ですね。
ハーフタイムに爺さんから喝が入ったんだとは思いますが、選手は遥かにやりやすそうな感じしましたもん。
4-5-1でもインテル戦のように各選手が走りまくれば機能するんでしょうが、4-4-2の方が安定してる気がします。
ハリーの気が変わってくれるといいんですが(笑)

にしてもアウェイで勝てたのはデカい!!
正直ハーフタイムの時点では、あーあって感じでしたが(笑)
こういう試合でドローではなく、勝利できたっていう事実がスパーズは「新時代」を迎えつつあるという希望を膨らましてくれますよ。
しばらくはいろんな友人にも威張っていられそうです(^_^メ)

| goodspeed | 2010/11/22 20:53 | URL |

コメント数26……!
凄まじいですね。さすがダービーは違います。
まさに、この日まで勝ち試合の観戦を避けてきた甲斐があります。笑

おっしゃるとおり、時折セスクのメンタルには弱さや落ち着きのなさが目につきますね。過剰に審判をとりかこもうとしたり、テリーのような大先輩に対して不必要に挑発をしかけたり。。。こうしたシーンを見てると、相手が紳士的だから済んでるもののもしボウヤーやロイ・キーンが相手なら骨折覚悟だぞ、なんていうヒヤヒヤものな時もありますし。
この日のセスクやナスリもそうですし、過去に移籍問題で揉めに揉めたアデバイヨールやフラミニ、アシュリー、フレブなんかの例を見ても思うんですが、アーセナルは試合ぶりではハイレベルでもメンタル的な面ではもうちょっと鍛練が必要なのでは、と思ってしまいます。
若手中心のチームだから仕方ない、と言うのではなく、若手中心のチームだからこそそうした面をより整えていくべきなんじゃないかと。
ある意味では、よそを渡り歩いた百戦錬磨のギャラスみたいな選手がアーセナルで浮いてしまったのは、むしろ周囲とのそうしたメンタル面におけるギャップのせいだったのかな、という気がします。そういえばアーセナル入団した最初の年にギャラスが「このチームはいいサッカーをする力はあるがメンタル面に問題を抱えている」というような発言をしていたのを思い出します。



いずれにしろ、この勝利をきっかけに上位との差を詰めていくようになってもらいたいですね。
復活気配なユナイテッドは別にしても、幸いチェルシー・シティ・アーセナルの三者は不安定ぶりが目につくところですし、落っこちてくることに期待をかけつつ。。。
上位四つ以上にやたら安定してるボルトンに予想外に苦しめられそうな気もしますが。。。笑 いつからあんなに強いチームになったんでしょうね。

| sini | 2010/11/22 23:05 | URL |

>C・RONALDO さん
いえいえ^^ やはり宿敵相手の勝利、皆さんの喜びもひと際大きいですから嬉しい悲鳴です♪
デフォーはいい動きしてましたね。やはり彼が前線で精力的に動いてくれると活性化する気がします!
頼りになる男が帰って来て嬉しい限りです。あとはドーソン、オハラ、ウッディあたりの復帰待ちですね。

>Lily of the White Valley さん
いえいえ、時間差など気にしなくてOKですよ。1年前の記事にコメント頂いても返しますから(笑)
ホント、何も言う事がない試合でしたね!面白動画のリンクもサンキューです^^

>きょうへい さん
うむ。その一言に尽きると思います^^

>goodspeed さん
いえいえ、コメント頂けるだけで有難いですよ♪ こちらこそ、なかなかそちらのブログにコメント残せなくて申し訳ない^^
でも、いつもチェックはしてますよ。皆さんも是非goodspeedさんのブログへもGO!です。(僕よりマッチレポが上手いです…笑)

後半の出来は良かったですよね。やっぱり4-4-2なんだよな~。やりやすそうだし、見ていて楽しい。
相手が相手なので喜びも二倍増しですが、アウェイで結果出せたのは本当にポジティブですよね。
前半の感じだと完全な負け試合だったのに、よくぞ最後にひっくり返してくれたもんだと驚いてます。
仰る通りで、こういう積み重ねがチームの本当の意味での「強さ」に繋がっていくと思いますね。

>sini さん
多くの皆さんにコメント頂き感謝してます♪これだけ来たのはCL本戦決めた以来かな?

セスクはたぶん魔がさしただけなんだと思うんですが、前にも似たような事やってた記憶があるのでメンタル面ではまだまだ課題を残してますよね。まぁ、あれだけの技術、才能がある選手ですし、完璧な人間などどこにもいないので、ある意味では人間くさくていいのかもしれませんけどね^^
お隣の課題は良くも悪くも安定感の無さなんだろうな…と、あくまで外野からの浅い見解ながら思います。
それも若さ故の過ちというものでしょうか。(シャアかよ…笑)でも、それももう何年も言われてますしねぇ。
まぁ、こういう隙があってくれないと厄介なんで(それでなくてもいいチームなので)このままでお願いしたいですが。

今季は例年以上に混戦模様ですからスパーズもふんどし締めてしかんといけませんね。
ダービー勝利に浮かれるのはほどほどに、次のCL、リバプールとの連戦に向けて引き締める必要があります。
他がコケてくれることに期待せず、文句なく自力(昨季はかなり余所の自滅に助けられた)で4位以内を確保を目指してチーム一丸で戦い続けて欲しいと願ってはおります。

| 管理人 ゆーや | 2010/11/23 01:17 | URL |

遅ればせながら やりました!!^^
前半から正直僕はあきらめムードでした。:
仕事しながら横目でチラチラ^^
17年ぶりですか~
レベルは近づいたのか?
前半だけみるとあいわらず圧倒的にやられてましたね;
ただ内容はともあれ、結果勝てたという事は
スパーズにも違いを生み出せる選手がいるという事ですよね^^
あとはチームの攻守のバランス・連携を高めて 安定感!!
常時質の高いサッカーをし 次回はベンゲルの言い訳を無言に変えてやりましょう!!

| kisuke | 2010/11/23 13:52 | URL |

遅ればせながら嬉しい勝利でしたね!!!
これで今シーズンはホワイトハーレンでも勝ってアナル相手にダブル達成
更にアナルをBIG4から蹴落としたい!!!
ベンゲルの握手拒否はFAから厳罰が下って欲しいわ…

調子が上向いてきているので、ブレーメン戦・レッズ戦と
ホームなので勝ち点6ゲットして4連勝したいですね
あと怪我人よ出ないでくれ~
特にデフォー、ラフィー、ベイル、モドリッチ…

| NOP | 2010/11/24 05:09 | URL |

>kisuke さん
やりましたね~♪僕も前半の出来が酷過ぎてHTの時点ではこりゃダメだな~って思ってましたよ。(反省)
でも、結果的にひっくり返す事が出来たのは地力が少しはついてきた証かもしれませんし、お隣との差も縮まってきたのだとは思いますね。
あとは安定感ですね^^この日は前後半でも違いすぎるし、今季は特に試合毎に内容にバラツキがあり過ぎます。

>NOP さん
こらこら(笑)「-セ」が抜けて、お下品になってるよ(笑)
本当に嬉しい勝利でしたね。前半が酷かっただけに信じられない結果でしたけど(笑)
ベンゲルは相当お怒りのご様子でしたね。愉快、愉快。

まだ不安定ながら2連勝とようやく波に乗れかけてるので、余計に今週の連戦は重要と感じます。ここはしっかりと勝ち切って常勝街道ばく進といきたいですね!

| 管理人 ゆーや | 2010/11/24 22:02 | URL |

「死のグループ」? 何それ(^◇^)

完全楽勝ムードだったお隣さんより先に決勝T決定するとは実に気分の良い朝♪

カブール・ギャラスのおフランスコンビが段々頼もしくなってきた!?

| もみじぃ | 2010/11/25 06:51 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。