PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【CL グループステージ】 トッテナム vs ヴェルダー・ブレーメン(H)

UEFA・チャンピオンズ・リーグ10/11 グループステージ

Tottenham 3 - 0 Werder Bremen 
         
Stadium:ホワイトハートレーン

              前半   後半   合計                               
トッテナム  2  1  3            
ブレーメン  0  0  0
得点
Spurs: カブール、モドリッチ、クラウチ
Bremen:

1011 CLGS5
Subs:Cudicini , Bassong , Corluka , Keane


ホーム、ホワイトハートレーンにブレーメンを迎えたCLグループステージ第5節は、終始主導権を握り優勢に試合を進めて3-0の完勝。
インテルと共に最終節を待たずして決勝ラウンド進出を決定。最終節のトゥエンテ戦にグループ首位通過をかけることとなりました。

■4-4-2がもたらす黄金比
普段、ブンデスリーガはあまり観ないので詳しくは存じ上げないんですが、相手のブレーメンが最近は絶不調だったそうですね。
それをこの試合にも引きずったのか散々な有様で、少なくともアウェーで戦った時のブレーメンとは違ったな…という印象です。
ただ、それを差し引いてもスパーズの充実ぶりだけが目立つ試合だったように思います。今季は毎試合失点して久しくクリーンシートから
遠ざかっていたスパーズですが、ハッキリ言って全く失点する気配が無かったです。これだけ安心して試合を観ていられたのは久しぶり。

この日はラフィーが負傷で欠場したこともあり、前線にクラウチとパブのツインタワーを並べた4-4-2で戦ったわけなんですが、
個人的にはこの試合、今季最高の出来だったと思います。攻守のバランスという意味では。90分間を通して、バックラインと中盤で形成する
所謂4-4ラインが崩れる場面はほぼ無かったですし、選手間の距離感が絶妙で全く穴が空かなかった。攻撃面においても、どちらかの
サイドに偏ることなくチャンスを作り出していたし、ことさらロングボールに頼ることなく、連携した崩しで相手ゴールに迫っていました。
安易なシステム論で片づけるのもどうかとは思うし、当ブログでも何度も言い続けてきて半ば食傷気味の方もいらっしゃるでしょうが、
やはりトッテナムは「4-4-2のチーム」ということなんです。1トップの時と比べて、あらゆる面において4-4-2の優位性が顕著です。
この日の形こそが昨季の良かったスパーズの言わば「基本形」。適材適所に選手を配置して、個々の持ち味を最大限引き出せる布陣で、
正に「黄金比」とも形容出来る絶妙なバランス。今後もこの形をベースとして進化させて行くべきだと改めて感じさせられましたね。

■最初と最後の5分間での得点で理想的な展開に…
試合開始直後と前後半の終了間際が一番気をつけないといけない時間帯と言われますし、実際にアウェーでのブレーメン戦は
この時間帯での失点で試合の流れを一変させてしまいドローに持ち込まれたわけですが、この日はスパーズがいい時間帯に得点を
挙げることが出来ました。開始わずか6分にして先制ゴール。今季なかなか先制出来ずに苦しい戦いを強いられる事が多いスパーズには
心強い先制点でした。決めたのはノースロンドンダービーでも劇的な決勝弾を叩きこんだカブール。2試合続けて大仕事をやってのけた。

CKを相手DFが跳ね返したボールをハットンが素早くサイドに展開、右サイドからレノンがえぐってマイナスのクロスを供給すると、
中で待ち受けたカブールがハーフボレーで叩きこむという見事なゴール。お前はデフォーかというぐらいにいいポジション取ってたね。
カブールの持ち味は恵まれた体格を活かした堅い守備だけど、しばしば試合を左右するゴールを決めてくれるのが何とも頼もしい!

カブールは守備においても堅調でしたが、ハドルストンとドーソンといったピッチを幅広く使ったロングフィードが出来る選手の
不在を補うかの如くバックラインから押し上げるフィードを幾つも見せてくれた。それが尽く前線のクラウチ目がけてピタリと合う。
特に前半はチーム全体が足下から足下へのパスが多くて若干攻撃にダイナミズムが欠けたんですが、アクセントを加えるという意味では
重要な役割を担っていたように思いました。彼はDFにしては尋常じゃないキック力があるので、これはある程度武器になり得るな…と。

話が少々逸れたので元に戻しますが、この先制点で精神的に大分楽になったと思うんですよね。失点を怖がらずにバックラインを高く
保てたのもこの先制点があったからこそでしょうしね。序盤から全体の運動量が豊富で、チャンスを多く作りだしていたんですが、
特に目立ったのがジーナス。中盤のバランスを取りながら、時折得意のドリブル突破でつっかけてFKを得たり、パスを効果的に散らしてた。
しかし、このジーナスが前半20分あたりで負傷してピッチに座り込んでしまう。それでもカウンターを受けたピンチで痛がりながらも
立ち上がって懸命に続けようとする姿は熱かったですね。彼のああいう姿勢が好きなんですよね。軽傷であればいいんだけど…。

しっかりとボールを保持して試合をコントロールする盤石な戦いぶりで、ピンチらしいピンチはほとんど無かった前半終了間際、
左サイドのエコト→中央のパラシオス→後方のカブール→右サイドを上がったハットンと巧みなサイドチェンジで相手を揺さぶると、
ハットンのクロスをクラウチが競り勝ち、落としたボールをモドリッチが絶妙なワンコントロールで相手をいなしてのシュートが決まる。

これ以上無い時間帯で生まれたゴールでリードを2点に広げ、ブレーメンの低調ぶりを考えれば、これでほぼ試合は決まった印象でした。

■復調気配!潰し屋パラシオスと突貫小僧レノン
前半早々にジーナスが負傷するアクシデントで交代で入ったのがパラシオス。急遽の出場でウォーミングアップもそこそこに
投入された彼ですが、本来の潰し屋としての嗅覚が戻ってきたのかこの日は出色の出来でした。猛然とチェイスしてスペース埋めたり、
ヤバイ!という場面で体を投げ出したタックルで喰い止めたり…。モドリッチがよりゴールに近い位置で決定機に絡む仕事が出来たのも
パラシオスがしっかりと中盤の底を支えたからだと思います。ジーナスの復調で序列が下がった感のあるが、こういうアクシデントに
しっかりと対応して、カバーしてくれるとレドナップからの信頼も更に得られるでしょうし、レギュラー奪還の足がかりになるはず。
ハドルストン、ジーナスと立て続けに負傷し、サンドロは未知数。今こそパラシオスの出番ですし、今後に期待を抱かせる出来でした。

そして、もう一人印象に残る働きをしたのがレノン。完全復活とまではいかないまでも、持ち味のキレのある動きはかなり戻ってきた。
ちょっと一列後ろのハットンとの関係が上手くいっておらず、レノンが欲しいタイミングでボールが出てこないとか、レノンが仕掛けたい
ハットンがオラオラオラ~とドカドカ上がってきたり(笑)でどこかギクシャクする場面が目立ったのが気になるんだけども、
ハットンのスルーパスに鋭く抜け出してサイドをブッちぎる場面もあったので、意思疎通がもう少し図れれば面白いコンビになりそう。

先制点のアシストもレノンらしい鋭い縦への突破から生まれたものですが、特に素晴らしかったのが2点目のアシストですね。
エリアの少し外からゴールに向かって股抜きで仕掛けると、素早くDFと入れ替わりグラウンダーのクロスを中で待つクラウチへピタリ。

やはりレノンがこうして常に相手の裏を狙い続けたり、バイタルエリアで自ら仕掛ける回数が増えてくると脅威も増しますから、
今後もこういう場面をいかに多く作っていけるかがカギになってくるでしょうね。この日は彼らしい思い切った仕掛けが見れて満足です。

■「走るファンタジスタ」モドリッチの真骨頂
何度も左サイドを疾走して、クロスを放り込みまくったベイルも大いに敵の脅威になっていましたが、何と言ってもこの日の主役は
中盤の底からに留まらず、ピッチ全体を幅広く走り回りながら躍動したモドリッチでしょう。前半はバランスを取ることに専念してたが、
パラシオスが守備の負担を減らしてくれたおかげで時間を追うごとにゴールに近い位置で決定的な仕事が増えていった印象です。
彼得意のパス&ゴーでダイナミックに前進する動きに加えて、両サイドを巧く使うサイドチェンジのパスも効果的に織り交ぜていた。

一度ボールを失ってもすぐさま猛然と取り返しに走るし、彼が奪ってショートカウンターという場面が何度も見られたのは攻撃のみならず、
守備においても貢献している証拠。この日はラフィーが不在ということもあってか、いつにもまして彼のオールラウンダーぶりが発揮され、
正に大車輪の活躍でした。パスも出せるわ、ドリブルで前にも行けるわ、誰よりも走るわ…で、オマケに芸術的なゴールまで披露しちゃう。
やっぱり現状、最も欠かせない選手ですね、彼は。足首にタックル受けた時はヒヤリとしましたけど、その後も走ってたので大丈夫かな?

■初のCL挑戦で、決勝ラウンド進出の快挙!
結局、攻守に渡り完全に支配しての盤石の試合運びで3-0快勝。これで決勝ラウンド進出決定です!いやぁ~たいしたもんですよ。
かなり困難なグループに入ったので正直厳しいと思ってたし、初挑戦なんだから結果はどうあれスパーズらしい戦いが見れれば満足…と
思ってたんだけども、予想以上の充実ぶりで大健闘ですね。これで次のトゥエンテ戦に勝てば首位通過。ここまで来たら首位で抜けよう!

今日のGood レノン&モドリッチ。前者は鋭い動きで2アシスト。後者は文句なくピッチの王様たる存在感だった。
今日のBad  エコト。守備面ではミスは少なかったものの、単純なパスミスの連続でしばしばカウンターを許したのがマイナス材料。

| マッチレポート | comments:11 | TOP↑

ようやく”レノン”が見れましたね~

彼の、サイドは俺の庭、とでもいうような、疾走&蹂躙する姿を見たのは、かなり久しぶりなので、本当に嬉しいですね!


ジーナスの怪我は少し心配ですね…

せっかくスタメンに帰り咲いたのに…

僕も、ついこないだ靭帯断裂の怪我を負ってしまいましたが、サッカーできないのは本当に辛いものです。(汗)



だからドーソンたちも早く帰ってきて欲しいですね!


次勝てば首位ですか!

いや~これは組分けさえよければ、ベスト8も…てまだ早いですかね(笑)

| C・RONALDO | 2010/11/25 21:12 | URL |

こんばんは!この試合は見ていて負ける気がしませんでしたね。久々にスパーズの盤石な戦いぶりを見た気がします。レノンが中へ切れ込んでのクラウチへのアシストは昨季のレノンを垣間見た気がして嬉しかったです。
ギャラスもFWの前に体を入れて決定的な仕事をさせないような守備が出来ていて本来の力が出てきているのかなと思いました。やはりダービーでの逆転勝利が効いているんでしょうかね。
しかしPKキッカーはなかなか固定されませんねえ…(笑)

次勝てば首位通過。この戦い方なら絶対勝てると思います!
その前に週末のリバプール戦に勝つことが大事ですね!

| ボブろう | 2010/11/25 21:45 | URL |

終わった~;;

兎にも角にも、まぁ・・・個人的に長く息苦しかった、CLグループリーグの両チーム突破が決まってほっとしております(笑)

もちろん、ここまできたらスパーズこそが首位通過にふさわしいチームであることは疑いようもなし。
最終戦をきっちり勝利で飾って、決勝トーナメントでも堂々たる戦いぶりを見せて欲しいと思うばかりです!

問題は今後、どれだけコンディションが維持できるだろうなぁ・・・

決勝トーナメントとリーグ戦の二足草鞋は、想像を絶する消耗を選手に強いります。

自分はモウは当代最高のモチベーターの一人と思っていますが、彼を持ってしてもちょ~ど昨シーズン、インテルがリーグ戦で苦戦したのがCLの試合前後なのですよ;

予選をこれだけいい内容で勝ち抜けただけに、是非この勢いを維持して欲しいと願う反面、一方で必ずその代償は払わされることになるはずです。

そこでどう勝ち点を拾っていくか?
それこそ引き分け以上なら御の字、むしろ負け試合後のメンタルの修正をどうするかまで考えるべきです。

・・・と、気が早すぎますね(苦笑)
申し訳ございません、つい悪い癖が;;

今晩は、しばしこの余韻に浸っていたいです。

ただ正直、二度と愛するチーム同士の戦いは見たくないとも思った2試合ではございましたw

| 白面 | 2010/11/25 23:11 | URL | ≫ EDIT

さり気にニコが出てるんですね
試合は見てませんでしたが
彼が出たので嬉しいです

| とろろ | 2010/11/25 23:49 | URL |

絶賛の声があちこちで上がっていますが、正直物足りなさも大いに感じています。要所で得点していましたが、心が折れていたブレーメンの出来を考えれば、あと2、3点決めていて然るべき。とっとと3点目を決めていればもう少し早くベイルを休ませてニコにチャンスを与えられたのに。怪我人多数、エースが病み上がり、連戦の疲労、いろいろある中でよく結果を出したと言いたい所だけど、リーグ戦はさらに過酷な条件下で結果を求められるわけで・・・。勝ち抜け決まったのに日曜に控える強敵が気になって素直に喜べない自分でした。

| KTA | 2010/11/26 00:10 | URL |

レノン大好きなんで活躍してくれて良かったー
んだけど、これ以上の活躍を期待します!

| えと | 2010/11/26 00:34 | URL |

いやーこのグループでもう突破ですかー^^

ラフィーが出れなかったのは残念ですが、奴なしでも素晴らしいチームですね

ほんと応援しがいがあります :)

| ballboy | 2010/11/26 09:23 | URL | ≫ EDIT

よく頑張りましたね!!

やはり応援しがいのあるクラブです!

最終戦も勝利して、気持ちよく決勝トーナメントに進んでほしい(>w<!)

でも、ラフィーが出てないよーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

彼は怪我のようですが、必要な選手ですよね?

| T.O | 2010/11/26 10:04 | URL |

両翼が恐ろしいほどキレてましたね!
このサイドにスペース与えちゃうと
止められないですね!
レノンが元のようにキレてきたのは嬉しいです
そして4-4-2はやはりシンプルに縦に攻めれて見てて気持ちいいです
レノンが調子を戻して、
4-4-2も調子が良いとなると
ラフィーをどう使おうかという
贅沢な悩みも出てきますかね(笑)

| エンヴィー | 2010/11/27 13:03 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/11/27 13:14 | |

>C・RONALDO さん
この日のレノンは良かったですよね^^ 
動きにもキレがあったし、積極的に仕掛けてサイドを制圧していていい活躍でした。
ジーナスは今季は調子良さそうなだけに、早期に復帰出来ればいいのですが…。
一方でドーソンはようやく練習に復帰したので、もう少しで元気にプレーする彼が観れそうですね♪

CLはせっかくなので首位通過して、ベスト8目指して欲しいですね!(ちゃっかり目標を上方修正…笑)

>ボブろう さん
こんばんは♪確かに内容も圧倒していたので安心して観ていられましたね^^
僕もレノンの活躍が一番嬉しかったです。最近はベイルやラフィーの活躍の陰でイマイチ存在感が無かったで、久しぶりにサイドをぶっちぎる彼を観て爽快でした。これを続けて欲しいですね。
ギャラスは怪我を抱えながらも流石のプレーぶりでした。やはりまだまだ腐ってはいないようです^^

次も勝って首位通過といきたいですね!もちろん、それ以上にリバプール戦は重要です!

>白面 さん
いやはや、インテル揃って勝ち抜け決定で、とりあえずは安堵といったところでしょうか^^
怪我人続出と監督交代で苦しむインテル、絶不調のブレーメンに助けられた部分も少なからずありますが、初めてのCL挑戦で決勝ラウンド進出決めたのはたいしたもんだと思います。(正直、予想外でした…笑)

あとはやはりリーグ戦ですね。決勝ラウンド進めたのは嬉しい限りですが、あくまでリーグ戦の成績が重要。
仰る通り、両立の難しさの難題が今後も付いて回るわけで、真価が問われることになりそうですね。

>とろろ さん
短い時間でしたが、久しぶりにニコを見れて嬉しかったです。
彼にとっては厳しい状況ですが、ここは腐らず出番を待って欲しいですね。

>KTA さん
ふむふむ。確かにブレーメンが予想以上に低調だったので、もう2、3点取れたのでは…とも思いますし、物足りないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。ただ、僕はこの試合に関しては高く評価してます。
全開にガンガン行けばもっと得点出来たかもしれないけど、恐らく失点もしてたことでしょう。
特に前半の戦い方を見ても、守備の意識を高く無失点で抑えようという姿勢が見られたので、とりあえず盤石の内容で試合を終えられた事、クリーンシートを達成出来た事で十分かな…と。

しかし、これで満足していては向上はないですから、シビアに評価するのはいいことだと思いますよ。
リバプール戦に向けてしっかりと気を引き締め臨んで欲しいですね!

>えと さん
レノンは久しぶりに彼らしい突破とチャンスメークが見れましたね^^
やっぱり彼がサイドで躍動してくれるとスパーズの攻撃にもいいアクセントになりますからね。

>ballboy さん
かなり厳しい組だったので、結果よりもスパーズらしい戦いを見せてくれれば…と思ってたんですが、まさかここまで躍進してくれるとは嬉しい驚きですね。そもそもラフィー無しで勝ち取ったCLなので、彼を欠いてもとりたてて問題は無いとは思います。もちろん、彼が加われば更に期待値が増すとは思うんですけど^^
今はいい感じできてるので、この勢いのまま首位通過できればいいですね!

>T.O さん
よくやってくれました^^いい内容で結果も出てるのでベストに近い状態になってきましたね。
ラフィーが出てないのは残念でしたが、もちろん彼は必要な選手です。というか、彼に限らず今のチームに必要じゃない選手というのはいないと思います。
よく、あいつは使えないからイラネーとか、あいつがいないから負けた云々という意見を目にしますが、チームというのはそういうものじゃないですからね。
戦ってるのはスタメン11人に限らず、サブも含めてです。そして、長いシーズン戦い抜くうえで、サブやベンチから漏れてる選手の奮起というのは必要不可欠なもの。特定の選手ではなく、全員に期待したいというのが僕の持論です^^

>エンヴィー さん
やはり両翼の出来がスパーズの攻撃の調子を図るバロメーターとなり得るので、この日は良かったですね。
ベイルはもちろん、レノンが輝いていたのがポジティブですね。
デフォーの復帰でハリーの悩みの種も増えたことでしょう。まぁ、オプションが増えるのはいいことです。
ベースは4-4-2、オプションを1トップ(現在は逆)にするのがベターかな?と個人的には思います。

P.S メールも頂いてたのに忙しくて返信も出来ずすいません^^;
ブログの件、了解です。近日中にリンクさせて頂くかもしれませんが、その際はよろしくです♪

| 管理人 ゆーや | 2010/11/27 16:33 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。