PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【第15節】 トッテナム vs リバプール

イングランド・プレミアリーグ10/11 15節

Tottenham 2 - 1 Liverpool 
         
Stadium:ホワイトハートレーン

              前半   後半   合計                               
トッテナム  0  2  2            
リバプール  1  0  1
得点
Spurs: O.G(シュクルテル)、レノン
Reds :シュクルテル

1011 15
Cudicini , Corluka , Kranjcar , Pavlyuchenko


ホーム、ホワイトハートレーンに4位を争う直接ライバルの一つ強豪リバプールを迎えた一戦は、先制されながらも後半ロスタイム、
レノンの劇的逆転弾でトッテナムが勝利!これで公式戦4連勝。リーグ戦でも3連勝を飾り、ようやく上昇気流に乗ってきた模様です。

■前半のみで2人が負傷のアクシデント、狂ったゲームプラン
開始10分にして早くも一つ目のアクシデントがトッテナムを襲います。攻撃の核として期待されたラフィーがヒールで折り返しを
狙った際にハムストリングを痛めた模様で、交代を余儀なくされる。これは痛い。もう少し観たかっただけに残念だが仕方ない。
代わって投入されたのがデフォー。それに伴って4-4-2へと急な布陣変更。これは計算外だった。デフォーは長期離脱から復帰まもなく、
まだ万全の状態では無かったはず。恐らくはラフィーで行ける所まで行って、70分前後で満を持してデフォー投入…というのが
レドナップのプランだったと思われる。しかし、そんなアクシデントの不安をかき消すかの如くデフォーがキレの良い動きを見せる。

前線から激しいプレスをかけたり、中盤からのパスを引き出す為にサイドに流れたり。しかも、相手を背負ってもフィジカル勝負で負けず、
しっかりとボールをキープして押し上げを促す。ここら辺はさすがの働きぶり。そんなデフォーに大チャンスが到来したのは30分過ぎ。
スローインに素早く反応したモドリッチのグラウンダーでの折り返しがレイナを強襲、弾いたボールをデフォーが詰めるもキャラガーが
間一髪でブロック。ゴールはならずもストライカーらしい嗅覚を感じさせ、惜しかった。この他にも積極的にゴールを狙う姿勢で好印象。

2つ目のアクシデントは前半も残り10分ほどとなったところでのカブールの負傷交代。トーレスのシュートをブロックした際に
腰か臀部か解らんが痛めた模様。碌にウォーミングアップも出来ないままバソングが投入される。前半だけで2枚の交代カードを負傷により
切らなければならなくなったのは誤算だった。だが、代わって入ったバソングもデフォー同様に素晴らしい働きを見せてくれた。

前半ロスタイムにトーレスが抜け出した決定的な場面。全力疾走で追走すると間一髪で体を投げ出し、執念のタックルで防いでみせた。
急なアクシデントで試合途中からゲームにすんなり入るのは難しいものです。こういうテンションの高いビッグゲームでは尚更。
しかし、デフォーもバソングもそんな不安を微塵も感じさせないパフォーマンスを見せてくれた。これはチームにとって大きい。
こういう不測の事態にこそチームの総合力が問われますからね。そういう意味ではこの日の二人の活躍は非常にポジティブなものでした。

■お互いが攻め合うスリリングな攻防、一進一退のシーソーゲーム
今季は開幕から思わぬ不振のリバプール。昨季CL出場圏内から脱落し、代わりにCL出場権を得たのが我らがトッテナムということで、
是が非でも直接ライバルを叩き完全復活への足がかりとしたい一戦だったことでしょう。それはもちろん、トッテナムにとっても同じ。

毎度お馴染みとなった試合開始直前の円陣。主将のギャラスがいつも以上の熱量でチームメートを鼓舞した姿が、この大一番の重要性を
物語っていた。実力伯仲の両者が互いに勝利に向けて激しい火花を散らすとあって、熱い試合になりそうな予感はあったけど、それに違わぬ
好ゲームとなりました。プレミアリーグの醍醐味が凝縮された様な、激しく攻守が入れ替わるスピーディーな展開で試合は進みます。

開始早々からお互いの積極性が感じられる序盤戦。さっそくリバプールが果敢に仕掛けてくるもスパーズは落ち着いて対応、
まずはバックラインで慎重に回しながら穴を探しつつ、カブールのロングフィードでラインを押し上げていくといった感じ。
主に右サイドのレノンを使った攻撃が目立ち、鋭いサイド突破を何度か披露。ハットンのパス出しも効果的で期待感が高まる。
一方のリバプールはマキシとエンゴグが巧くトーレスをサポートしていた印象。特にマキシは常にこちらの嫌がるスペースに顔を出し、
シンプルにパスを捌きく動きがリバプールの攻撃にいいアクセントを加えていた。サイドに張り過ぎず、周囲の選手と連携しながら
ボールタッチが増えてくるとこの選手は厄介。エンゴグも2トップではやり易いのか、上手く中盤からのパスを引き出していた。
リバプールはマキシ、メイレレスが鋭いシュートを放ちながらゴメスのビッグセーブに防がれるなど決定機をチラホラ作ってたし、
アウェーで成績が悪い今季の悪い時のリバプールではなさそうだった。前からプレスをしてくるわけじゃないけどゾーンに入ってきた
選手を数人で囲い込んで奪って素早い攻撃に繋げるなどバランスも良かったので、どちらかというとリバプールが主導権を握る前半戦。

トッテナムもクラウチの高さとサイド攻撃を織り交ぜて厚みのある攻撃を仕掛けるのだが、細かなミスが多くなかなか波に乗れない。
前述したデフォーの決定機やベイル、レノンがサイドを突破する場面など見どころは多かったけど、決定機の数では相手が上だったかな。
そんなこんなで互いにチャンスは作るものの決めきれないまま迎えた前半終了間際に、リバプールがセットプレーから先制します。
これは少々アンラッキー。競り合いでこぼれたボールがエンゴグの腕あたりに当たって、シュクルテルの足下に転がってしまった。

しかし、今季のトッテナムはなぜか先制されても嫌な感じがあまりしないんですよね。むしろ、ビハインドになってようやくギアが上がる
傾向があるというか。この日も例に漏れず、前半よりも後半になって勢いが出てきた印象。これはいいんだか、悪いんだか…(苦笑)
それでもリードを奪われても諦めず、勝負への執念を見せられる様なチームになってきたのは喜ばしいところであるのも事実で、
ガンガン仕掛けて反撃に出るチームにどこか頼もしさを感じつつ、必ずやひっくり返してくれるはず!と信じて観てました。
レノンのクロスからこぼれだまをベイルがボレー、エコトの積極果敢なミドルなどのチャンスで次第にペースを引き寄せると、
遂に同点に追いつく千載一遇のチャンスが。ベイルのFKをエンゴグがハンド!なんかつい一週間前にも同じような光景があったような(笑)
PKキッカーはデフォー。しかし、これを決められない。デフォーはPKあまり得意じゃないんだよな…。なんか嫌な予感したもんね(泣)
せっかくの好機をモノに出来ないものの、ここでガクっと来なかったのが成長の証か、わずか2分後、エコトのキックが50:50に
なったところをモドリッチが素早く反応し、密集する相手DFの間を縫って稲妻のように駆け抜ける。スピードに乗ったモドリッチを
止める術はなく、折り返されたボールをシュクルテルが触れるのがやっと。これがコロコロとゴールに吸い込まれる幸運。遂に同点!

振り出しに戻ったゲームは、再びお互いが攻め合うシーソーゲームの様相に。どちらに転んでもおかしくないような展開が続き、
リバプールもエンゴグ、キャラガーが相次ぎ負傷交代。なんと両チーム併せて4人が負傷交代という、死力を尽くした総力戦、
このまま終了か?と思われた後半終了間際、歓喜の瞬間が訪れる。全体的に疲れが見えて、クラウチへのロングボール放り込みに
頼った結果、劇的逆転弾を演出することに。エコトからのロングボールをクラウチが競って落としたボールをレノンがヘッドで繋ぎ、
デフォー!!やった~~~!と叫んだのもつかの間、オフサイド判定。こら、返せ!わたくしの歓喜を!(笑)喜び損したじゃないか。

しかし…本当のドラマはこの後に待ち受けていた。


エコトからのロングボールが再びクラウチ目がけて放り込まれると、悠々と競り勝ったクラウチはしっかりと落とす。これに猛然と
詰めるスピードスター、レノン!ワントラップして追走するコンチェスキーを振り切ると、レイナとの一対一を落ち着いて流し込む。
後半ロスタイムに逆転!ノースロンドンダービーに続く2週連続の劇的な逆転弾。最高潮のムードに包まれるホワイトハートレーン。
その後、レノンはカウンターからもう一発決めるチャンスが。スピードに乗ってグングン突き進むとフォローするモドリッチらを尻目に
自ら決めにかかるもこれは惜しくも枠外。ケーキに苺は乗らずも、同時にタイムアップの笛。これ以上無いほどの劇的な幕切れ。

■互角の勝負を分けたものは…
紙一重の試合だったと思います。負けていても不思議では無かった。やはり低迷しててもリバプールはリバプール。流石に強かった。
勝負を分けた要因は色々あるんだろうけど、最後まで諦めず試合を捨てなかった「勝負に対する執念の差」だったのだと思いますね。
あとは「スピード」。レノンはコンチェスキーを、ベイルはG・ジョンソンを再三置き去りにしてブッちぎった。モドリッチもだし、
デフォーにしても然り。相手はトッテナムのスピードに対応しきれなかったし、それはリバプールのバックライン全員がイエローカードを
貰ってるところに現れてるのかな…と。しっかり守備ブロックを作り対応してたけど、危険な場面はファールで止めるしか無かった。

キャラガーもシュクルテルも人への当たりは強いけど、スピードについていくのには難があるタイプ。コンチェスキーもレノンに翻弄され、
G・ジョンソンの攻め上がりはベイルの突破により封じられた。守りに回ったG・ジョンソンはあまり怖くない。攻撃は最大の防御なり。
縦に速い展開が目立ったゲームだったけど、スピードの差は歴然で、ここが一つの勝負の分かれ目だったのかな…と思いました。

リバプール相手に先制されながら、しかも2人の負傷離脱者を出すアクシデントに見舞われながらもひっくり返して見せた。
ちょっと試合終了からマッチレポのアップまで時間が空いちゃったんですが、未だ興奮の余韻が残っているくらい劇的な勝利でしたね。
非常にオープンなゲームで両チームがガチンコで攻め合うスリリングな展開に一喜一憂させられました。ここまでイマイチ波に
乗り切れない感があったスパーズにようやく力強さを感じられるようになったのが何より一番嬉しいですし、後々に振り返れば、
今季のターニングポイントとなった試合となるかもしれない、そんな予感が漂うほどに重要で価値ある3ポイントだったように思います。

今日のGood レノン。右サイドを疾走し、再三好機を演出。消えてる時間もあったが、最後にエネルギーを爆発し、劇的逆転弾。
今日のBad  パラシオス。時間を追って良くなったが、前半はパスミスが多くリズムに乗り切れていなかった。

| マッチレポート | comments:24 | TOP↑

レノン万歳!!!!!
右レノン、左ベイル、2人が好調ならCLで強豪と当たってもいいとこまで行けそうな気がする。
あとは安定感を身につけて!!

ファンデルファールトは残念だけど、一先ず5位に上がったから4位以内に入れるようがんばれ!

| えと | 2010/11/29 03:48 | URL |

先週に引き続き、劇的でしたね!今節は皆身体が重そうで中盤のロスト多かったですが、レノンが一発で決めてくれましたね。

眠たかったけど、デフォーのオフサイドから目が覚めてくれて本当に良かった。良い一週間になりそうです。

ラフィーはもちろん、カブールの怪我が軽けりゃいいなぁ。

| ふしゅ | 2010/11/29 04:03 | URL |

いやっほー
歓喜の1週間だったぜぇ~やっぱりレノンとベイルの両翼は相手にとって脅威だわぁ
ってかレノン最高
だんだん良いレノンに戻りつつあるなぁ

あとデフォーはもうPK蹴らない方が…

ラフィとカブールのケガは心配だな

| ゆうすけ | 2010/11/29 04:21 | URL |

アクシデントが重なった試合でしたが、マジカルなモドリッチと好調レノンが決めてくれましたね。
パラシオスのパスにはいちいち肝を冷やされましたが、タックルの出足自体は素晴らしいものがあったのでまあオッケー的な感じはありますよね。
PK失敗はもはやスパーズの伝統芸能と化してますが、まあそれに左右されない攻撃力があるってことで自分の中ではもう割りきることにしました(笑)

むしろ今シーズンは怪我人たちが心配事ですよね。ドーソンが練習復帰したと思ったら今度はカブール・・・。なんという自転車操業・・・。
あとあんま関係ないですが、最近は両ウイングの働きでコーナーを獲得する回数が増えてるのに、ヘッドでズドンと決まることが少ないように感じるので、それが不安です・・・。

| ハイ | 2010/11/29 05:00 | URL | ≫ EDIT

簡単には勝たせてもらえないと予想してたけど、本当にドラマチックな勝利です!巷の予想は大体スパーズ勝利と言っていましたが、こんな時に取りこぼすのがスパーズですから。。。序盤のパラシオスのパスミス連発には肝を冷やされましたけど、ブーイングの後にファンがチャントを歌って励ましてたのが印象的でした。そしてモドリッチとベイルとレノンは良かったですね。ちょっと低迷してるとは言っても相手はリバプールですから、この勝ち点3は大きいと思います。バーミンガム戦を挟んでいよいよチェルシー戦ですね。ホームでは2年連続で勝っているけど、今年も頼むぞ!でも、まずはバーミンガム戦ですかね。

| ばんでるばーると | 2010/11/29 06:23 | URL |

とても面白い試合でしたね。前半30分でラフィとカブールが負傷退場した時にはゲームプランのへったくれもないなと嘆きましたが、難しい試合で予想外の出場となったバソングは良く仕事してくれました。特にトーレスへのタックルは素晴らしかった!マークを外す等、パーフェクトな出来とはいいませんが、今日の勝利には十分貢献してくれましたね。ラフィも心配だけどカブールだけはやめて。。。

前半のパラシオスのイージーなパスミス連発で中盤勢は特に余計に走らされましたね。前節は良い動きでしたが、某海外サイトに「とても一年前と同一人物だとは思えねー」と酷評されていた通り、猛省すべきパフォーマンスでした。後半はやや持ち直しましたが、チームの動きを止めていたのは間違いなく彼でしたね。カードを2枚使い、もうサンドロしか代える選手がいないだけに、ピッチ上で自身で持ち直してくれることをただただ祈るばかりでした(-"-)

ベイルとレノンの両翼に加え、モドリッチもかなりコンディションが上がってきてくれて嬉しい限りです。ベイルばりの複数DF相手を置き去りにするスピードドリブルは久しぶりに見た気がしますね。あそこからアウトサイドでクロスを上げるのもルカらしくてイイです。「イエスッ!」と叫びながら何度もガッツポーズしたのも印象的でした。ラフィがいない時にはやはり彼をもっと前へ置きたいですね。ハドが来年まで不在となるとパラシオスに頼むしか…。去年の安定感をもう一度見せてくれっ



PK、一度モドリッチに蹴らせてみようよ(T_T)ベイルとデフォーはだめだよぉ。。

| もみじぃ | 2010/11/29 08:26 | URL |

レノン!!!
最後の最後にあのスピードは反則ですね!笑

この試合は
シュート打ってるのにアクシデントやイージーなパスミスでカウンター食らったりして流れに乗れませんでしたね。

悪い流れ作る原因オンパレードの試合で尚且つリバプール相手に勝ち点3取れるようになったのはチームの実力が上がってきた証拠だと思います。
内容悪くても結果勝てるチームになれたら優勝争いにも食い込んで行けるはずです!!


アクシデントは仕方ないですけど、
パラシオスのプレーの質がヒドかった(>_<)
解説は試合出てないからって言うてましたけど
そんなの理由になりません。
なんか気持ちが空回りしてるように感じました。
自分のミスで苦しくなってまたミスる悪循環から抜け出せないまま試合終わったんじゃないでしょうか。
去年のプレーに戻るにはまだ時間がかかりそうですね!!


とにかくホントに勝てたのは大きい試合でした!!!

| ベイル | 2010/11/29 09:07 | URL |

成績としては最高の1週間になりましたね!

だけどラファとカブールの離脱は痛いですね(汗)

特にカブールは最近ものすごい活躍でしたし、何よりもセンターバックの人数が。。。

でもここでバソングには頑張ってほしいですね!!!

| スープカリー | 2010/11/29 11:00 | URL | ≫ EDIT

スパーズ、強くなりましたね。まだ昨季ほどの安定感はないものの、ここ二試合で見せ付けた底力は大きいと思います。
あとは、毎度前半にくらわされる失点を減らしていければ言うことないんですが……

前半だけで言えば、パラシオスの出来はスパーズ入団以来最悪でしたね。後半に入って落ち着きを得たのかハリーにどやされたのかはわかりませんがだいぶ改善されたので次の試合で好パフォーマンスを見せてくれるよう期待したいです。

ラフィーとカブちゃんの怪我は痛いですね。とはいえ二人とも歩けないほどではなかったのでハドルストーンよりは早く戻ってくるものと思いますが……
レノンやデフォーの復活があるので、ある意味ラフィーにはお疲れ休みという感じでゆっくり回復してもらいましょう。

この試合のMOMはおそらくレノンかクラウチ、モドリッチあたりか、ある意味では2ゴールのシュクルテル(笑)でしょうけど、
個人的にはアスエコトの健闘ぶりに目を見張りました。対面するカイトにほぼ仕事をさせず、ベイルとの連携で左サイドを巧みに制圧していましたね。試合終盤には驚きの視野の広さを発揮して敵の急所をつくロングパスを何本も入れてましたし。最近はベイルの成長ばかりがクローズアップされがちですが、アスエコトのプレイもここ数年で一段と磨きがかかってるのを感じます。
試合前は、ギャラスが味方を鼓舞した円陣中でも一人だけ黙ってすっとぼけた顔してたので心配しましたが、それがエコトのキャラなんですよね。笑 頼もしい選手に育ってくれたものです。
できればこの流れのままチェルシーを叩きたいですが、次節はわりと苦手なバーミンガム。連勝のまま大一番にいけるかどうか、ここが肝心ですね。

| sini | 2010/11/29 11:02 | URL |

やったよ、やりましたよーーーーー!!

なんて凄い一週間だろう、アーセナル、ブレーメン、リバプールを倒すとは!

ラファとカブールの怪我はオーマイゴッドですけど、こういうときは昨シーズ

ンの経験を生かして頑張ってほしいです。

バーミンガムにも勝ち、怪我の選手たちも戻れば、トッテナムならどこまでも

突っ走れる可能性がありますね!

だんだんラファやギャラスといった新加入の選手と他の選手たちのコンビネー

ションがよくなってきていると思うのですが、どうでしょうか?

これからどんどん強くなりどこからでも得点できるチームになると思います!

| T.O | 2010/11/29 11:46 | URL |

レノン、でかい仕事をやってのけたね。YOU!これからはベイルよりも目立っちゃいなYO!
しかし、最近のモドは華麗すぎる。当たり負けするからセンターよりサイドの方がいいとか言っていた時期が嘘のようだ。すごい進化だよ。マジで怪我だけはしないようにね。抜けた時のダメージが計り知れない。
次はお前の番だぜ、デフォー。

| KTA | 2010/11/29 14:30 | URL |

見てて面白い試合でした

デフォーのPKやベイルのボレーが外れた時はやばいなって感じだったけど、ここ最近のスパーズはしぶといですね!

怪我人は心配だけど、バソングが代わりに出てもDFが安定していたのが嬉しい。ドーソンも戻ってくるし、守備陣がしっかりしてくると本格的にビッグ4入りも見えてきますね

| NOP | 2010/11/29 15:19 | URL |

どうしたんでしょう。

難易度のある程度低いチームとの対戦が続いた先月あたりは、リーグ戦は不調だったのに、この大爆発。


アーセナル、リバプールとの連戦で勝ち点6、ですか、ハンパないっすね~


間のCLにもキッチリ勝ちましたし…


そしてレノン。


復活しましたね。


これで、ワールドクラスのサイドアタックが両サイドから出来そうですね!

| C・RONALDO | 2010/11/30 00:01 | URL |

ギャラスが試合前の円陣で鼓舞している姿が熱くてイイですね~
バソングも緊急事態のなか良くやってくれたと思います。

| ブノワ | 2010/11/30 01:36 | URL |

キーン移籍問題以来の投稿です

リヴァプールサポーターです

ユウヤさんの辛口評価が好きでトッテナムの成績も気になり
いつもこのHPを拝見させてもらってます

トッテナム強いですねー!!プレミアとCLで負傷者が多い中いい成績残せてることには脱帽です!!

めちゃくちゃショックやけどスパーズの方が素晴らしいことには間違いないです


しかしこれからも絶不調のレッズを復活させるべく死ぬ気で応援したいと思います


チームは違うけどお互い頑張りましょう!!

次はアンフィールドで必ずリベンジ!!

| コウスケ | 2010/11/30 15:36 | URL | ≫ EDIT

初コメントさせて頂きます!
スパーズファン3年目のかつみつと申します。ゆーやさんの面白い分析のあるマッチレポを楽しみにしています。

スパーズがTOP4に入るためにも、
今回のリバプール戦で勝ち点3がとれたことは、今後の戦いに向けても良い弾みになるのではないかと期待しています。レノンも調子を戻してきているし、デフォーの活躍等で攻撃に厚みが出てくれば今年も・・・と思わずにはいられません。

まだ新参者ですが、宜しくお願いします^^

| かつみつ | 2010/11/30 17:08 | URL |

パラシオスは残念でしたね。
CLでは非常にいいパフォーマンスをしてしたのに残念!イージーミスが目立っていましたね。

| コメス | 2010/11/30 18:24 | URL |

いやートッテナムは強かったです(汗)こんなにスピードのあるチームでしたっけ?

レノンとベイルのスピードは想定内ですが、モドリッチが物凄く良い印象です。
昨シーズンあたりは正直「テクニックのある選手」くらいの印象でしかなかったのですが、プレースピードが格段に上がった気がしています。たまにしか見ていないのでそう感じるのかも知れませんが、スパーズファンの方はその辺りどう見てるんでしょう?

そして恥ずかしながらファンデルファールトとカブールの負傷交代で「チャァンス!」と思ってしまったのですが、それは大きな間違いでした。デフォーとバソングがキレキレでホント参りました(苦笑)


そしてリバプール的にはあれだけスピードに乗ったドリブルをされてしまうとファウルで止めるしか術がありません。スピードに乗せる手前のもっと高い位置でしっかりプレッシャーを掛けられれば良かったのですが、それが出来ませんでした。特に後半は押し上げられず、トッテナムに自由を与えすぎましたネ。


アンフィールドでの再戦に向けて良い宿題を頂きました…。

| ラッシュ | 2010/11/30 20:32 | URL |

こういう試合でいつもドラマを起こしてくれるからスパーズからは眼が離せないですね!
内容的には、どっちが勝ってもまたはドローで終わってもおかしくないくらい。でもそういう試合を勝てるってのは、メンタル的にも充実してるからなんでしょうね。

あと、ご指摘の通りスパーズのスピードって相手からしたらほんとにうざいんでしょうね笑
ベイルにしろレノンにしろ単純に足が速いだけじゃなく、このチームのスタイルがより彼らを活かすんでしょうね。
クラウチがヘディングで後ろに流して画面にレノンが映ったときのあの感じ忘れられない笑
エキサイティングなゲームでした!!

| goodspeed | 2010/11/30 23:53 | URL |

>えと さん
レノンは消えてる時間も多かったですが、ここぞの時の爆発力は流石でしたね。
ベイルの左サイドに攻撃が偏りがちだったんですが、レノンの復調に伴って両サイドのバランスがとれてきたように思います。
仰る通りレノンの場合はあとは安定感となりますかね。プラス、ハットンとの連携もあと一歩。
ラフィーはちょいと長引きそう(恐らくは2~3週間)で残念ですが、層は厚いので問題ないでしょう。
順位は現段階ではさほど気にする必要はないですが、上位をキープし続けるのはいいことですね。

>ふしゅ さん
アーセナル、リバプールと厄介な相手に連続逆転劇ですからね^^たいしたもんです。
ミッドウィークにCLもあったのでコンディションはキツかったでしょうが、レノンがよく決めてくれましたね。
負傷者の状態が気になるところですが、残った面々の奮起に期待しましょう!

>ゆうすけ さん
正にパーフェクトな1週間になりましたね♪やはり、両翼が躍動するとスパーズの良さが出ますね。
レノンはようやく彼らしいキレが戻ってきたように思いますし、今後がますます楽しみだな…と。
PKキッカーは固まりませんね~。いっそ、エコトに蹴らせれば?と思いますよ(笑)

>ハイ さん
あのアクシデント2連発は厳しかったですが、よくぞ逆転してくれたもんだと思いますね~^^
パラシオスは多少ミスが目立ちましたが、意図の見えるミスだったのでそこまで悲観しなくてもいいかもですね。
今後試合勘が戻ってくれば本来の彼が見れると思います(まぁ、どのみち攻撃での貢献は期待薄だけど…笑)

今季は怪我人が多いですね。リバプールにフィジコを引き抜かれたのが影響してるのかもしれません。
ただ、デフォーも復帰してドーソンもそろそろ戻ってきそうなので闘えるメンバーで乗り切るしかないですね!
セットプレーからの得点はちょっと少ないかな?と僕も思います。ギャラスのゴールとか見たいですね^^

>ばんでるばーると さん
僕も一筋縄にはいかないだろうな…と思ってましたが、予想以上に選手達が執念を見せてくれましたね。
CLの躍進や昨季の4位達成で自信がついてきてるのも一因かもしれませんね^^
パラシオスへのチャントでの励ましあったんですか!それは嬉しいエピソードですね。
彼は今季苦しんでますが、絶対に必要な戦力だと思うし、彼の復活は今季も不可欠だと僕は考えています。
日本のファンもモドやラフィーのような華やかな選手だけじゃなくて、地味に支えるパラシオスみたいな選手にもう少し目を向けて欲しいな…と思ったりもしますよ^^

仰る通り、価値ある3ポイントでリーグ戦も3連勝とようやく勢いが出てきましたね!
バーミンガムは難敵ですが、ここはしっかり勝ってチェルシー戦に繋ぎたいところです。

>もみじぃ さん
うむ。面白い試合でした。お互いが攻める意識が高くて、迫力もあったし展開も劇的でしたからね^^
アクシデントは痛かったですが、バソングの出来は評価したいですね。よくトーレスを抑えてくれました。
パラシオスに関してはとても褒められる出来では無かったので酷評はやむなしでしょうね。
ただ、守備面では地味に頑張っていたし、同ポジションに怪我人続出とあっては彼に頑張って貰わんといけませんから、次に期待することとしましょう。

両翼がかなり効いていたのが勝因でしょうが、モドリッチの貢献度は相変わらず高いですね。
ラフィーがいないと彼が攻撃でより輝く場面が多い気がします。ここら辺は複雑ではありますが^^
ハドルストン、ジーナスの離脱を埋めるのはやはりパラシオスの奮起だと思うので頑張って欲しいですね。
PKキッカーは問題ですね。ただ、モドリッチは蹴らないと思いますね。本人が蹴りたがっていないですし。

>ベイル さん
ちょっとミスが目だって波に乗り切れない時間もありましたが、チャンスは多く使ってみどころの多い試合でしたね。
最後にレノンが決めてくれての逆転勝利ですから、最高です^^
仰る通り、悪いながらもポイント取れるようになって初めて優勝争いに加われると思います。
今季はリードされても諦めない逆境力が身についてきてますが、もう少し横綱相撲で勝てるようになって欲しいですね。

パラシオスについては酷評されても仕方ないかな…とは思いますが、現状ではやはり彼に奮起して貰わんと困ります。
攻撃面での貢献は元々期待出来ないタイプなので、まずはしっかり自分の形(献身的なハードワーク)で
リズムを取り戻して昨季のような彼本来の姿を見せて欲しいな~と願っています。

>スープカリー さん
最高の1週間でしたが、怪我人だけが心配ですね。誰かが戻ってきたら、誰かが抜けるという…。
ただ、こればかりは仕方ないので残った面々が奮起して埋めるしかないので、一丸で乗り切って欲しいです。
カブールとギャラスが安定してきた矢先で残念ですが、バソングがレギュラー奪取に燃えてるでしょうから、
やってくれるはずです!

>sini さん
うむ。強くなってきたな~と実感出来る1週間ではありましたね。今季はイマイチだったんですが、ようやく
満足出来る状態に近いくらいのチームになってきつつあるのかな…と。毎度の先制され癖はいかんですけど(苦笑)
パラシオスは前半は酷かったです。まだリズムに乗り切れないですし、周りとの息も合ってないように感じましたね。
反面、後半では持ち直した感があるので、次に期待したい。彼が復調すればかなり大きいですからね。

僕もエコトの働きは高く評価してます。守備面でもポカは無かったし、彼の持ち味であるキック力とキープ力が
発揮されていたように思います。ベイルとの関係も相変わらずいいですし、安定感は格段に増してきてますね。
ベイルが一列前で固定されてる現状、彼が一人で左SBを支えてるので、影のMVPとすら思いますよ。
円陣ですっとぼけてるのも彼らしかったですね。絶対、ギャラスの話聞いてないっすもん(笑)
次のバーミンガムも気が抜けない相手ですが連勝を伸ばしたいですね!今はいい波が来てますし^^

>T.O さん
やりましたね!ホント、素晴らしい1週間になりましたね。
僕も怪我人続出は心配ですが、残りの面々が埋めてくれると信じてますし、どこまでも突っ走って欲しい。
ラフィーにしろ、ギャラスにしろ馴染んできてますし、信頼感も高まっているように思います。
何よりチームの雰囲気が良さそうなのが嬉しいですね。

>KTA さん
あはは(笑)僕もレノンの活躍は嬉しかったですね。やっぱり彼みたいな古株が奮起してくれると嬉しい。
モドリッチは恐るべき選手ですね。あの華奢な体なのに、当たり負けしないですしね。
確かに今ではフィジカル考えてサイド起用を推す声はほとんど目にしなくなりましたからね。
僕は別の理由で彼のサイド起用をまだ推してますけど(笑)今はセントラルで輝いてるので文句はないです。
次はデフォーですね。動きは良かったけど、いい加減PK決めろよ!と。

>NOP さん
僕も凄く面白い試合でした。手に汗握る展開で90分間があっという間に過ぎた気がします。
正直あのPK失敗でヤバイかな~と思ったんですが、不思議と追いつけそうな気はしてたんですよね。
ファンの僕らがそう思えるくらいなので、選手達はもっと自信があったことでしょう。それぐらいの風格がほんの少しですが出てきたのが収穫ですかね。まだまだ発展途上ですが、昨季の4位がフロックじゃないことは証明出来ていると思います。(とりあえず、今の段階では…笑)

>C・RONALDO さん
今季はここまでなかなか波に乗り切れなかったですが、ようやくエンジンかかってきましたかね^^
公式戦4連勝に、レノンの復調、今のところポジティブな要素が満載ですね。これで安心してコケないことを祈ります(笑)

>ブノワ さん
ギャラスの主将起用は成功と思いますね。モドはいい選手だけど、主将というタイプじゃないですし…。
彼自身も意気に感じてやってくれてるんじゃないでしょうか。バソングの働きも良かったですね。
CBは怪我人多いのでバソングが遜色無くやってくれるとかなり助かります。

>コウスケ さん
お久しぶりのコメントありがとうございます。
僕、辛口ですかね?(笑)自分ではそんなことないと思うんだけどなぁ…^^

まだまだ本当の強さは身についていないと思うんですが、選手達に自信が漲ってるのは伝わってきます。
今後もリバプール、シティらと厳しい4位争いを演じることになると思うので、もっと逞しく成長して欲しいですね。
リバプールはなんだかんだ言っても復活すると思いますよ、僕は。この日も流石の強さでしたし。
お互い贔屓のチームを全力で応援していきましょう!

あ、コモッリ観に来てましたね。彼がどうリバプールで働くのか注目してますよ。

>かつみつ さん
はじめまして&コメントありがとうございます♪そう言って頂けると嬉しいですし、励みになりますよ。
新参なんて気にする必要なしですよ^^ 必要なのはこれからずっと応援していく気持ちだと思いますしね。

仰る通り、今季も4位以内に入らないといけないので、直接ライバルを叩けたのは大きな価値があると思います。
この1週間は今後に向けて大きな後押しになったはずなので、これを活かしていきたいところです。

>コメス さん
他の選手が良かっただけに、余計に彼の出来が酷く見えたってのもありますが、本来の良い時の彼を知ってるだけに物足りないし、一層の奮起を期待したいですね。次はしっかりやってくれるはず!

>ラッシュ さん
いやぁ~ラッシュさん、どうもです。
両翼がしっかりと働いてスパーズの強みを活かすことが出来ましたが、試合自体は紙一重でしたね。
こういう戦いが出来ていれば、上位に顔を出してくる日も近そうで、こちらとしては厄介だな~と(笑)

モドリッチは流石の働きしてますね。やはり彼の存在感が絶大だし、攻守において欠くことが出来ない選手ですね。
彼はもの凄い速い選手とは思いませんが、状況判断が速いんだと思いますね。その時、その時の状況で最善なプレーを選択してるのが一番大きいかな…と。それを実行するに足るスキルを兼ね備えてるのは言わずもがなで。
昨季もそこら辺は速かったですが、今季はセンターに位置を変えてそれが際立って見えてるのかもしれませんね。

アンフィールドでの再戦を楽しみにしてます。あそこで勝ってこそ、本当の意味で強いと胸を張って言える気がします。

>goodspeed さん
ホント、劇的な試合を連続して見せられてスパーズファンにとってはたまらない1週間でしたね^^
確かにこういう互角の実力を持ったチーム相手に、しかも先制されて厳しい展開になりながらも追いつき、追い越せたのはメンタル面での成長だと思うし、チームとして地力がついてきた証かもしれませんね。

やっぱりスパーズ速いですよね(笑)いつも見慣れているからほとんど当たり前のようになってるけども、他のチームの試合とか見て比較しても、明らかに速いですもん。これはやっぱり武器ですよね。
ホント、レノンが画面の端からいきなり現れたもんね(笑)お前、どっから出てくるねん!という。
エキサイティングでしたし、スパーズの魅力が詰まった試合でしたね!

| 管理人 ゆーや | 2010/12/01 00:14 | URL |

はじめまして。
私は大のレッズファンなのですが、ゆーやさんのブログは購読させて頂いている者です(笑)

いやースパーズ強いっすね
ハイライトでしか観てませんでしたが、改めてこのチームの強さを実感いたしました。

特にレノンとベイルのサイドアタックを観て「こりゃ、ワールドクラスだ(汗)」と驚愕致しました。
ウチのDF陣はデフォーや、同点弾のきっかけとなったモドリッチ等に連携+スピード感溢れる攻撃を喰らい、正直ボロボロでしたね(笑)
途中で「もう、やめて下さい(泣)」と思ってしまいました(苦笑)
まぁそんなこんなで(?)単純にレッズよりスパーズの方が強いというのが現状であり、ウチがCL出場権争い(※スパーズは優勝を狙えますが)に食い込むには、力不足(某H監督含め)を実感させられ、良い勉強(今更かよ(笑))になったんじゃないかなと思いました。

最後に長々とすいませんでした。

| 赤男 | 2010/12/02 01:55 | URL | ≫ EDIT

罪ですよ。

いつも楽しく読ませてもらってます。
というかもう若干中毒気味です(笑)

学生時代はプレミアやブンデスを見てました。卒業旅行ではナポリ対ローマを現地調達のチケット(ダフ屋で偽物を買わされ、警察に怒られた挙句スタジアムに入る…)で見に行く程のサッカー観戦好きです!!

社会人となり環境が変わってサッカーはめっきり見れなくなりました(>_<)
このブログをみるたび気持ちが高ぶり、粕谷さんの解説を思い出します…。

我慢してたつもりでしたが、もう我慢なりません!というかスパーズの試合が見たくてたまりません!

このブログはすごい力を持ってます。サイコーです。ありがとうございます。


一緒に応援がしたくなってしまったではありませんか!
ということでボーナスもでることですし、どっかと契約して観ます。
もしよろしければ、オススメの観る方法があったら教えてくださいださいm(_ _)m


文章めちゃめちゃですが、僕は生きる楽しみを見つけられた気がします。ありがとうございます。




| 楽しんご。 | 2010/12/02 17:52 | URL |

はじままして

はじめまして。最近こちらに辿りつき毎試合楽しく読んでます。
今期からJSPO+加入してプレミア試合たくさん見てますが、CL含めスパーズの試合が一番ワクワク面白いです!
点を獲られるけど獲り返すからスリルありますね。
日本の視聴者層にはアーセナルが断然人気あるみたいですが、ポゼッションやり過ぎるチームは意外と退屈に感じることもしばしばで。。。
私はスパーズはクリンスマンが昔居たイメージで止まっていて、今は荒削りだが凄い可能性あるチームになってるの知らなくてビックリしました。
特にモドリッチとベイルは飛び抜けた選手だと思います!
私はプレミア初心者なので逆に少し疑問なのが‥イングランド代表クラス選手の多くが凄い高額な移籍金評価されてるのに、プレーは金額に見合わない感じ多く感じます(プレミアのチーム全体的に)
これからも記事楽しみしてます♪

| スパナー | 2010/12/02 18:34 | URL |

>赤男 さん
他クラブのファンなのに、いつも見てくださってるとは有難いです。どうもです^^
個人的にはスパーズはまだまだ本当の意味での強さは身につけていないと思うんですが、長らく中位が定位置だった時代に比べれば確実に地力はついてきたと感じるし、結果も残せるようにはなってきたのかな…と。
レノンとベイルが共に好調の時の両翼はかなり破壊力ありますから、上手く噛み合った時は面白いんですけどね^^
僕は必ずしも現状の実力でスパーズがリバプールよりも上回っているとは思っていないですよ。
この試合を見ても実力はほぼ五分。細かいディティールの差が結果としてこうなっただけで、どっちに転んでもおかしくなかった。

ホジソンは苦しんでいるようですね。でも、いい監督だと思いますし、もう少し時間が経てばしっかりまとめてくるのでは?
アンフィールドでの再戦を楽しみにしています。あそこで勝てればそれこそ大きな価値があると思いますし^^

>楽しんご。 さん
ドドスコスコスコ…というのはおいといて(笑)いつも読んで頂いてありがとうございます。
卒業旅行で現地観戦ですか~。それはいいですね。僕は10数年前の卒業旅行はワイハーに行きましたけど(笑)
環境とか変わって見れなくなったのは残念ですね。いつの日かまた整えて観戦出来るようになるといいですね!

ウチのブログにそこまで力があるとはやってる自分自身は思わないんですけど、そう言って頂ける方も少なからずいて、更新の励みにはなってます。
僕も何分日々の生活が忙しくて、以前のように毎日更新出来ないんですけど、時間をみつけてはまったり更新していきますので、今後もご贔屓にして頂ければ幸いです。
オススメですか。う~ん。やはりスカパーのサッカーセットに加入が一番いいんじゃないですかね?
プレミア、CLはほぼ見れますしね。スパーズは放送枠から外れる事が多いですけど(笑)

>スパナー さん
はじめまして&コメントありがとうございます♪
スパーズの試合は面白いですよね。僕も贔屓目なしでも胸をはってオススメできますよ。
その反面、安定感には欠けるのでドイヒーな試合も沢山見せられてストレス溜まりますけど(笑)
まぁ、それが魅力といえば魅力ではあるんですけどね^^
仰る通り、スパーズは未だ成長過程にあるチームなので、その過程を見守れるというのは醍醐味の一つのような気がします。
若く才能溢れる選手が多くいるので、今後がますます楽しみではありますね。

イングランド代表クラスの移籍金高騰はルール改正(ホームグロウン)が大きく影響してるような気がします。
そもそも昨今のサッカー界全体の移籍金や週給の額自体が異常というのもありますけど(笑)
更新頻度も低いし、稚拙なブログではありますが今後ともよろしくです。

| 管理人 ゆーや | 2010/12/02 23:54 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。