PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の補強を考えてみよう ~DF編~

時が経つのは早いもので、2010年も残すところ1ヶ月を切りましたね。1月には冬の移籍市場もオープンするということで、当ブログでも
補強に関する話題を解禁(現有戦力に期待したいので補強関連の話題は直前から…というポリシーがあるんです)することにします。

個人的には冬の移籍市場はあまりギャンブルを冒さず、ピンポイントに現有戦力の弱点を補完するべき期間であると捉えています。
夏の補強と違ってシーズン途中での加入ですからフィットするまでに時間がかかる…では困りますし、そんな余裕もありません。
また、各クラブもシーズン途中に主力を放出するリスクを冒す可能性は低いので、あくまで余剰戦力の整理が主になってくるはずで、
そこまで大きな動きは無いかもしれません。そんな中でどのように立ち回り、弱点を補完しつつ、人員整理を進める事が出来るか。
現在のトッテナムには30数名のトップチームの選手がいますが、登録枠は25。新戦力を獲得するには、当然放出も必要不可欠で、
今冬はまず膨れ上がった余剰戦力のスリム化がメインテーマとなりそうです。そのうえで、数名の獲得という流れが妥当かな…と。

DF、MF、FWとポジション別に3回に分けて、ここまでの起用法、今後の予測も踏まえながら冬の補強の展望をしてみようと思います。
今回はDF編。怪我人続出のCB、余剰気味の右SBに比べて層が薄い左SBという、ややアンバランスな構成の守備陣を取り上げます。

【センターバック】
キング、ドーソン、ギャラス、カブール、バソング、チョルルカ、ウッドゲイト、(コールカー:ローン移籍中)

CB_20101203021717.jpg

今季開幕前にアップしたポジション別現状分析レポート(3)CB でも触れましたが、センターバックの補強は非常にややこしく、デリケートな
問題を抱えている為に、少々動きが読み辛く、短期的で考えるか中長期的に考えるかでその是非が変わってくるかもしれません。
南アフリカ代表のCBクマロの獲得が内定しているが未知数であるし、ハドルストンのコンバートは今回は考慮しないこととすると、
現在のCBは5名(SBとの兼用2名)。一見すれば人数は問題なく、むしろ余剰とすら思える充実ぶりですが、その内情は少々複雑です。

ウッドゲイトは昨季に痛めた鼠径部の負傷から未だ復帰を果たしておらず、キングは膝に爆弾を抱えて慢性的な負傷に悩まされている。
この二人がシーズン通して活躍する事はもはや期待出来ず、現実的には2人で1人(或いは0.5人程度)の換算と捉えるのが妥当な状況で、
現在は復帰間近ながらドーソンも離脱中、カブールも2週間アウト、チョルルカは本職はCBながら右SBに比べて安定感を欠くので、
CB起用はよほどのスクランブルでない限りは二の足を踏まざるを得ず、まともに起用出来るのがギャラスとバソングのみと苦しい。
無論、同一ポジションに負傷者が続出すれば苦しくなるのはどこのクラブでも例外ではないのですが、トッテナムの場合、前提として
キングとウッドゲイトの二人が計算出来ないにも関わらず、起用したいとなれば枠を空けておかなければならないジレンマを抱えている。
ザックリまとめても下記の2通りの考え方があるので、どちらを支持(重視)するかで今冬の移籍市場の動き方が変わるのではないか。
・短期的な視点…ドーソン、カブール、ウッディの復帰、チョルルカのコンバート、キングたまに出場で十分回せるはずで補強は不要。
・長期的な視点…ウッディとギャラスは来夏契約切れ、キングの残りキャリア(恒常的な欠場)を踏まえれば本職CBの補強は必要。

もちろん、キングは生え抜きで10数年に渡りクラブを支えてきた功労者なので、出来る限りは現役を続けて欲しいですし、ウッディが
復帰を果たしてくれることを望んでいますが、反面ではいつまでもウッディとキング二人も計算が立たずにその都度構成に悩まされる現状は
よろしくない…とも思う。しかも、ギャラスも怪我がちなのでそう何年も期待出来ないので、補強が必要な時期はそう遠くない。
問題は「いつ」この難問に手をつけるのか?それが今冬なのか、まだ先でよいと捉えるのか。ということになるでしょうか。
テイラー  S・ダン  G・ケーヒル
今のところ主に獲得の噂として挙がってるのが、テイラー、ダン、ケーヒル。イングランド人で若く(20代前半)将来を有望視されている
という共通項があります。ケーヒルはボルトンが財政難の為に放出が既定路線と言われアーセナル、リバプールなどが参戦か。
テイラーは地元出身で本人は移籍を望んでいない可能性が高いが、来夏はフリーで現段階では契約延長がまとまっていないという状況、
ダンはバーミンガムでレギュラーを確固たるものとしており評価も高い。放出を容認するかは微妙で来夏以降なら可能性もありか?

(管理人ゆーやの見解)
レドナップがどう捉えているかは全く読めませんし、個人的にも非常に悩ましい問題なのですが、今冬は動きはないかな…と思います。
取り立てて一番可能性が高いというか現実的なのは、ギャラスともう1年、2年契約延長して、現状維持というところでしょうか。
ただ、テイラーは魅力。来夏フリーということは年明けから自由交渉可。思わぬ安価で獲得も視野に入るとなれば動かない手はない。
テイラーが加われば、キング&ウッディ&ギャラスが抜けてもドーソンとのコンビを軸に、カブール、バソングを含めて層が厚くなる。
そこにコールカー、クマロら若手が成長して争いに加われる感じになれば、CBはかなり理想的な体制になるように思います。

【サイドバック】
まず右サイド。こちらは明らかに余剰です。チョルルカ、ハットン、カブール、(ノートン、ウォーカー:ローン移籍中)と多すぎる。
現在はハットンがチョルルカからレギュラーを奪い定位置を確保してますが、守備で堅実なチョルルカは未だに必要な戦力ですし、
カブールもCBが本職ながら右SB起用でもそれなりに結果を出してることからいざとなればいつでも行ける。問題は残り2名の若手。
ウォーカーは荒削りながらキラリと光る才能を感じるし、ノートンは線が細くフィジカル向上は必須だが、ポテンシャルはありそう。
しかし、2人とも現段階ではレギュラー争いに加わるには至らずローン移籍という状態。ただ、とりあえずは現状維持が濃厚でしょう。

お次は左サイド。こちらは補強が急務。本来はSBであるベイルが皆さまご存知の通りのブレイクぶりで、今後も一列前での起用が濃厚。
となると、残された左SBはエコトのみ。こなせるというだけならば、バソング、ギャラス、オハラもいるが三人ともCB、MFで起用したい
タイプで、出来れば本職SBを揃えておきたいところ。あとはベイルの起用法を今後どうするか?となるが…。
・ベイルをMFで固定…当然、SBが実質一人となる為、エコトのバックアップ、或いはレギュラーを争える選手の確保が急務
・ベイルを左SBに戻す、もしくは兼任…エコトとベイルの2枚体制なら補強の必要性は特になし。

J・エンリケ  ブリッジ
獲得の噂に挙がっているのがエンリケとブリッジ。前者はニューカッスルで不動のレギュラーを確保し、昨季チャンピオンシップで
ベスト11に選ばれ、1年でのプレミアリーグ再昇格の立役者となったことから仮に獲得に動いてもは容易に進まないでしょう。
一方のブリッジはマンCで不遇。コラロフ、ボアテンクら新加入選手に完全に押し出される格好で機会を減らしてる為、移籍はあり得る。
ただ、マンCがライバルクラブに選手を放出するかが懐疑的である点、週給が£9万5000と高額である点がネックとなるかもしれません。

(管理人ゆーやの見解)
長期的な視点に立てばベイルをSBに戻す選択肢は捨てるべきではない。彼は少々守備面では不安はあるがSBに必要な能力を兼ね備え、
世界最高クラスのSBになれる資質を持っている。レドナップも彼を将来的にはSBとして起用したい意向を示唆していますしね。
ただ、現在ここまでMFでブレイクしてしまってるので、当面はこの形を崩さないと考えるのが妥当。むしろ、崩すのもナンセンスです。
となれば、エコトへの負担は軽減しなければならないし、有事の際の備えは必要。よって、早急にSBを補強する必要はあるでしょう。
ただ、世界的に左SB自体が人材難。ピンポイントでエコトと同等のレベルの選手を補強するのはそんなに簡単なことではないはずです。
SBの補強に高額をつぎ込むのは考えにくく、手頃な価格で獲得出来る掘り出し物を探すか、見つからなければ現状維持も十分あり得る。
補強がなしであればエコト不在時はベイルをSB起用し、左MFにニコ、モドリッチ、ラフィーらをスライドするのは可能ではあるが…。

今回はDF編をお送りしました。あくまで僕の主観ですのでトッテナムファンの皆さまでも賛否両論、色んな意見があることでしょう。
よろしければ皆さまの意見もお聞かせ下さい。トッテナムは今冬の移籍市場でDFの補強が必要ですか?不要ですか?
※ブログ右側のメニューに投票フォームを設置したので、閲覧のついでに投票頂ければ嬉しいです♪

| Article | comments:19 | TOP↑

ふ~む・・・

CBは動きづらいですね。
下手にこの状況で誰か獲りに行って余剰人員が出てしまえば、かえってチームへの悪影響が増えてしまいそうで;

絶対的に人材不足なSBの方が、むしろテコ入れの必要性は高いと思います。

幸いスパーズはウインガーには不自由してませんし(むしろ国内どころか、欧州全体でも屈指の陣容という気が・・・w)、SBにそこまで高い攻撃の負担を強いらなくても安心設計。

ブリッジは個人的にいいですね。
そもそもマンCで腐らせておくにはもったいない選手です。

問題はどうやって移籍金を下げるか、あるいは外に出させるか・・・
裏技使う手もありますが、あれをやるとパンデフのように叩かれますし;

悩ましいです。

| 白面 | 2010/12/04 07:57 | URL | ≫ EDIT

CBは本当に難しいですよね。もしコンディションが100%の状態であるならキングとウッディが筆頭、続いてドーソン・ギャラス、そしてバソングといったところでしょうか。しかしその筆頭2人とも慢性的な怪我を抱えているという、何とも複雑ですよね。ただ昨季ウッディの代わりにCBを務めたドーソンが驚異的な成長を見せ、また今季のカブールも好パフォーマンスを維持していることですし、中長期的にはこの2人がスパーズのCBを担うのは間違いなさそう。可能なら1人スタメンクラスの補強が出来れば良いですが、期待の若手枠としてクマロ・コールカーもいることですし、LBに比べれば緊急度は低いと思いますね。問題は今・・・ですが、カブールの怪我は大したことなさそうですし僕は今冬の補強は必要ないと思います。

RBは余剰かもですね。ハットンとチョルルカの2人に、ウォーカーも2人には劣るもののバックアッパーとしては十分行けると思うんですけどね。カブールやギャラスもプレイできますし、ノートンも将来が期待できそう。補強は必要なし。

問題はLBですね。今欧州で騒がれている度No.1と言っていいベイルですが、僕も彼はサイドアタッカーよりもサイドバッカーとして据えて欲しい。決して守備力が高いからと言うわけではないですが、あのスピード・突破力を試合終盤でも全く衰えることなく発揮できる無尽蔵なスタミナこそが彼の真の持ち味だと思ってるので。
ただエコトも守備面での不安定さは少し残るものの、彼のフィード・展開力は今ではスパーズに必要不可欠。試合に出場し続けているのも評価できますね。もしエコトが出場できないとなると、ベイルを一列下げる・バソングLB起用しか方法はない(ギャラスがLBやってたのって結構昔じゃ??)以上、本職LBの補強が急務でしょうね。というか今冬誰か補強するならココしかない!


オハラをまたスパーズで見られるのはいつになるんだろう(^_^;)… 色々あってハリーに超嫌われてそうだし。。。

| もみじぃ | 2010/12/04 15:26 | URL |

更新毎度お疲れ様です(^-^)
自分もブログやってみて大変さわかるようになりました(笑)まだ更新頻度は多くないものの、悪戦苦闘ですよ(^_^メ)

DF陣の冬の補強に関しては概ね同感です。やはり非常に動きづらいですね。スパーズの場合は他チームとは違って、やっかいでデリケートな部分。
キングはフルシーズン稼働は無理で、ウッディは長期離脱で仮に復帰したとしてもその後も万全とはいかないでしょうし(ウッディについてはこんなコメントするのはとても悲しいですが。。。)。
この2人を除外すると、ドーソン、ギャラス、カブール、バソング、チョルルカ、クマロ。
ドーソンも戻ってくるし、CBは現時点でこれ以上必要ないとは思います。カブール、バソングもまだ若く今後の成長にも期待できるので。

課題はSBでしょうね~。右は多いし、左は少ない。今シーズンはレギュラーに定着してるハットンですが、守備の面ではまだまだ甘いし、攻撃面はチャーリーより魅力はあるけど、クロスの精度や攻め上がりのタイミングは改善の余地あり。特にクロスの精度はもうちょい頑張ってほしい(笑)
左はエコトとベイルのみと手薄な感は否めない。仮にどちらか負傷すると、けっこう痛手になるしもうひとり欲しいポジションですね。それこそエコトと争える選手いればいい刺激になると思います。難易度は高いかもしれませんが、粘り強く他チームと交渉を続ける必要があるのかも。

まとめると、ゆーやさんとほぼ同意見ということです(笑)
長くなってすいません('_')

| goodspeed | 2010/12/04 19:32 | URL |

はじめまして。
EURO2008でモドリッチに魅せられ、スパーズのファンになった者です。
よろしくお願いします。

素人的な発想なのですが、左SBが本職でCBもそれなりのレベルでプレーできる選手を獲得するのはどうでしょうか。(なかなか限られてしまいますが…)
それでいて精神的支柱となれるようなベテランなら御の字ですね。

| T.melty | 2010/12/04 22:01 | URL |

WANTEDがかっこよすぎでしょ!!!

本題に入りますと、まずサイドバックについてですが、両サイドとも補強の必要性はないと思います。右はハットン・コルルカの復調・若手の奮起でなんとでもなる気がします。というか、ウォーカーを先発起用してくれないかな~。去年の印象だとべイル並みの素質を感じたんですけどね。一方、左は確かに人材難ですが、世界的にも人材難のポジションですし、エコト・ベイルと2枚揃ってるだけまだましだと思います。(自分もベイルの左SB賛成派です。)プラス左SBを補強ポイントにしているビッククラブは少なくないので、選手一人一人の価値高騰が予想されます。べイルに加えコエントラン(ベンフィカ)が大人気ですね。コエントランは初めてワールドカップで見ましたが、その時はあまりスペシャルなプレーヤーだと思いませんでしたが。よって無理に動く必要はないでしょう。

問題はCBだと思います。毎時試合に出れないウッディー・キング、未知数のクマロを頭数に入れない、ある意味非情な考え方をすれば、即戦力が必要そうに見えますが、果たして今それが必要なのか本当に微妙です。カブール・ドーソンが復帰すれば頭数は一応揃いますが・・・ここはトットナムの補強慣例に従い、即戦力がバーゲン価格になった場合に限り買い取るというのがベストかと。

最後に今月のワールドサッカーダイジェスト(wsd)に一言。特集が移籍の話なのに、何でアーセナルのページがあってトットナムのがないんでしょうか。アーセナルなんてうち以上に補強に慎重なクラブなのに。まあベイルのインタビューがあったから・カレンダーついてたから買っちゃったけど。

| トットコ | 2010/12/05 00:45 | URL |

>トットコさん
私もWSDを買って悲しい気持ちにはなりましたが、それはしょうがないでしょう
いくらCL決勝トーナメント入りを決めて2度もインテル相手にいい戦いを演じたとしても、CLに出る1年目のクラブですし、世界的なクラブではありません
トッテナムについて知りたい!と思ってくれる人の数がどれだけビッククラブのそれに迫れるかも疑問です
それにトッテナムを取り上げたならバレンシアやローマなどのクラブも同じく取り上げなくてはなりません
誌面の都合を考えれば仕方ないと思います


話がずれましたが、私は右SBとCBに関しては今のままでいいかと
ゆーやさんが取り上げた若手3人はどれも高いんですよね……
競合相手も多数ですし(泣)
いずれ彼らのうちの1人がトッテナムに来るコトを望んではいますが

あと左SBですが個人的には今シーズンに限ってはベイルをSBの頭数に入れたくないこともあり、
そうすると現状エコトだけですのでそれなりの選手は必要かと思いますが、
いい選手は少ないし高いのでトッテナムは動かない可能性の方が高いかもしれませんね

| アザール | 2010/12/05 03:11 | URL |

お、スコット・ダン。個人的に相当推してる選手なので来て欲しいなあ・・・。

Twitterで時折返信いただいてますが、ありがとうございます。

冬の移籍だけ考えれば、「CB、右に梃入れの必要なし、左は急務」かと。とりあえず、クオリティはどうあれ左の層の薄さは危険。本人が頑健でも、ニューカッスルのベン・アルファのような可能性もありますし、バックアッパーが欲しい。
「短期レンタルで獲得」が現実的な落としどころですかね。候補はいまいち思い浮かびませんが・・・(^^;

夏の移籍、もしくはその後のことも考えると、
・センターバックはドウズ、カブール、バソング、ガラス、内定したクマロ、パートタイマーとしてキングの5.5体制で、ガラスの契約切れ後に誰か狙う、もしくはコールカー復帰。ウッドゲートは切らざるを得ないのでは・・・。
・右サイドは現状を維持しつつ、若手を使っていく形。
・左は、ベイルの再コンバート論を支持しない立場なので、スカッドの見直しが必要では。エコト+安定感のあるバックアッパー。

というのが自分の意見です。

結局、「サイドバックとしては大成していない」事実をどう受け止めるか・・・という所だとは思いますが、個人的にベイルの再コンバートは支持しづらいですね。
ベイルの左サイドバックを支持しているレドナップもこの先5年、10年監督でいるとは思えないですし、どうなんかなぁ・・・と。

| ハイヘッジ改めdoomsayer | 2010/12/05 05:43 | URL |

優勝orCL権orEL権のどこを狙っていくかにも寄るとは思いますけど、今シーズンは上位陣のもたつきもあるので、優勝を狙いに行って欲しいなと思ってます。

短期的にも中長期的にもCBの補強は必要でしょう。現時点でバソングとギャラスしか五体満足に出場できないなんて大ピンチですし、CL出場で金銭的に多少は出費できるはずなので、ワンランク上のチームになる為にもこの機会を逃して欲しくないです。ケーヒル獲れるならCLにも出れるし若く才能ある選手ですし、良い補強なんじゃないでしょうか。

SBですが左は現状維持で補強不要、右は即戦力として補強して欲しいです。アスエコト以上の左サイドバックはなかなかいないですし、いたとしてもかなりの高額…。いざとなればチョルルカやバソングやギャラスのコンバートも有なので、今冬での移籍は必要ないんじゃないかと思います。
右はハットンもチョルルカもCLを戦うには実力不足というのが僕の意見です。クラウチという高さの武器がある今、せめてクロスの精度が高く、守備が堅いSBが欲しいです。
サニャ見てて羨ましいなと思ったり、シャルケの内田を見ててハットンやチョルルカより良いなと思ってしまうんですよね…。

| NOP | 2010/12/05 08:13 | URL |

スパーズにまだ詳しくないのであくまで一般論として‥そもそもDF人数多すぎ。
それで今DF不足してるのは完全にチーム作りに失敗してます。
慢性怪我するタイプの選手を多く抱えてるからだと思うので、増やす前にそういう選手を放出するのが先かと。
更にSBに高額資金つぎ込んで人数増やすなどチーム経営的にナンセンスと思います。
左SBは最悪ベイルいけるんなら全然OKで、そもそも4バックに固執し過ぎで、緊急時は柔軟に3バック採用すればいいかと思います。
プレミアはワールドクラスでも無いディフェンダーに移籍金1000万ポンド以上の評価を頻繁に見かけますが、実力は移籍金の半分もあるか怪しいのだから、DFに資金注ぐくらいなら、献身的に守備もする運動量あるMFやFWをとるほうが、ずっと失点が減る場合も多いとおもいます。
あとDFにかぎらず、毎年シーズンの1/3くらい休む慢性怪我タイプの選手をチームの軸にするのも愚かです。典型例がセスク、ペルシー、ウォルコットのあのチーム。
スパーズもファンデルファールトを過大評価しないほうが良いと思います。彼を含めロッベンなどオランダ人はガラス細工が多いです。
冬の補強するなら、故障をしない鉄人タイプをもっと評価して獲るべきと思います。

| スパナー | 2010/12/05 13:53 | URL |

>白面 さん
そうなんですよねぇ…。なんとも動きづらい。実働してるかは問わずに人数だけ見ればむしろ多いぐらいなので。
SBにしても左は一人なので、心許無い気持ちもあるし、一人控えを獲ったとしてベンチにもう一人DF置いてどうする?という気持ちもあり(苦笑)

仰る通り、スパーズのSB(特に左は)攻撃性能の高さはあまり問われないかもしれませんね。
むしろ、一列前が思う存分暴れられるようにしっかりサポート出来ればよい。エコトも最近はあまり上がらないですしね。
ブリッジは実績・経験十分ですし、サブという役割をこなしてくれる人材としてはうってつけだと思います。が、相手がマンCだと一筋縄にはいかなそう。
なんとか誘い出させれば助かるんですが、現実的にはレンタルで補強というのが現実的な落とし所かも…ですね。

>もみじぃ さん
概ね同感です。というか、僕の言いたい事をほとんどズバリとそのまま書いて頂いてるので、言う事が無いぐらいです(笑)
希望を言えば、ウッディには復帰して欲しい、しかし、シビアに考えれば彼はもうアテに出来ないでしょうね。残り半年、なんとかもう一度プレーを見たいですが。キングは出場出来ればラッキーぐらいの位置づけで、今後はドーソンを軸に…となっていくのだと思います。

右は来夏に数名整理されるかもしれませんが、ウォーカーには僕も期待してるので残して欲しいですね。
左は判断が非常に難しいところですね。本職がもう一人いれば盤石、だがいなくても乗り切れないことはない陣容だけになんとも言えないところです。
オハラは好きなタイプの選手だけど、移籍した方が彼にとってはいいのかもなぁ…というのは昨季のポンペイでの彼を見て思いました。

>goodspeed さん
ありがとうございます^^ いざやってみると意外に大変でしょ?(笑)まぁ、肩に力いれず今のペースで十分と思いますよ。
僕よりマッチレポうまくまとまってるし、更新いつも楽しみにさせて貰ってます^^

DFはなんだかんだいって異様に多いので、動きづらいですよね。動くのだとしたら非情に徹して切る事も必要になってくるだけに悩ましい。
ウッディの復活を待ってるけど、もう逆の面での覚悟はしておかないといけないかも。キングは出れたらラッキーの状態は変わらんですしね。
CBは残りの面子がもう一段階成長してくれれば心配する事はないはずなので、カブール、バソングには更なる奮起を期待したいところです。
SBもどちらとも言えないんですよね。エコトの控えがいれば盤石だけど、登録枠やベンチの枠を考えるとこれ以上DF増やしてどうする?とも思うし、エコトがアクシデントあったらどうする?とも思うし、結局自分でも何がベストかよく解らないという(笑)
現実的に考えればレンタルで一人補強、現状維持ってところで無難に収まりそうな気はしてます。

>T.melty さん
はじめまして&コメントありがとうございます♪
モドリッチは素晴らしい選手ですよね^^今後もスパーズの中心として大車輪の活躍をしてくれると思います!

二つのポジションを遜色なくこなせる選手というのは重宝しますし、チーム作りにおいて欠かせないとは思います。
登録枠を考えてもDFにそんなに人数さくことも出来ませんし、CBでもSBでも変わらないクオリティがあるのならばそれに越したことはないんです。
ただ左SBが本職でCBも遜色なくこなせる選手ってあまりいないような…(笑)僕はプレミア中心に見てて他のリーグには疎いので解らないんですけど、ことプレミアに関してはほぼそういう人材はいない気がしますねぇ。いたら、是非ウチに来て頂きたいですが^^

>トットコ さん
WANTEDのやつはワンピースの手配書が元ネタなんですが、自分でも割と気にいってます^^
さてさて、補強についてですが僕も同じような考えでいました。補強が出来ればそりゃ盤石でしょうが、左SBの補強ってそんなに言うほど簡単じゃないな…と。
ベイルも元々はSBだったわけで、エコトとの2枚体制で十分な気もするんですよね。獲るにしても安価なレンタルがいいような気がします。
右に関してもワールドクラスの質では無いけれど、タイプの異なる2枚プラス有望な若手がいるので問題は無いですしね。
CBは非常にデリケートな問題ですが、ウッディの復帰を心待ちしたい気持ちはありつつも非情に徹して見限る覚悟は必要でしょう。
ただ今冬というよりかは来夏、もっと細かく言えばギャラスの退団時期に併せて補強というのが現実的かもしれません。

最近はあまりサッカー雑誌は見ないんですが、やはりまだまだ扱いが少ないのは仕方ない部分もあるかな…と。
やっぱり1シーズン結果を出したくらいじゃ変わらんですよ。ビッグ4(もはや死語になりつつあるけど…笑)は数年に渡る継続的な成功があって今の地位(人気・知名度も含めて)を築いてるので、日本のメディアやライトなファン層がトッテナムに注目するようになっていくのには結果を続けて出すしかない。だからこそ、今季も4位に入らんといけないんです^^
そのうちスパーズが取りあげられて当たり前、TV放送枠が毎週あって当たり前の状況になればいいですね!
僕も微力ながらスパーズの魅力を発信しながら、ライトなファン層を取り込むのに力になれれば…と思っていますよ。

>アザール さん
スパーズの日本での現状についての補足どうもです。概ね同感です。これを変えるには継続的に結果を残すしかなですね。

CB、右SBは負傷者さえ戻ってくれば当面は問題無い陣容ですから、補強の緊急性は低いとは思いますね。
あとはカブール、バソング、ハットンらがもう一段階成長というか頼もしさを増してくれれば安心出来るのではないか…と。
左SBは頭数が少ないので一人獲れれば盤石なんですが、補強が難しいポジションなんですよね。なかなか条件に合う選手は見つからないような気もします。ベイルをMFに固定したい反面、固定すると色んな面でひずみが生まれるのも確かで悩ましいですね。
僕も今季は別として、ベイルのSB再コンバートは選択肢から消さないのを支持してます。彼はA・コールを超える選手になれるはずなので。

>ハイヘッジ改めdoomsayer さん
こちらこそTwitter共々いつもどうもです♪ S・ダンはまだ若いですし、これからが楽しみな選手ですよね。

確かにアクシデントというのはつきもので、ある意味では避けられないものなので層の薄さは悩みの種ではあると思います。
doomsayerさんのようにベイルのSB再コンバート反対派なら尚更左SBの補強は必要と感じられるのも十分に理解出来ます。
僕も彼がSBとして大成することを夢見てるものの、現段階では移すのはナンセンスと思えますからね^^
仰る通り、現実的に考えればレンタルでピンポイントに補強出来ればいいんでしょうが、それも簡単ではなさそうで…。

夏の移籍、その後については僕もほぼ同意見、唯一ベイルの起用法が僕の中ではまだ固めたくはないってとこぐらいで(笑)
皆さん忘れがちですがベイルが昨季ブレイクの最初のキッカケを掴んだのはSBとしての活躍なので、僕はまだ見限ってないですよ^^
彼のDFの抜き方含むプレースタイルや90分トップスピードで上下動出来るスタミナを考えるとSBでも十分に化ける可能性は秘めてるはず…と、持論を捨てたくない頑固なわたくし(笑)
でも、彼がギグスのように最高クラスの左サイドMFになったのならばそれはそれで満足ですけど^^
いずれにしろ将来的にベイルがどんな選手になってるか楽しみですね。彼はスパーズファンの一つの「希望」ですから。
が、個人的には5年後にはマンチェスターで赤いユニ着てるような気がしないでもないですが(笑)

>NOP さん
今季は混戦ですから何が起こってもおかしくないので、志は高く常に上を狙って戦い続けて欲しいとは思います。
キング、ギャラスがいつまで出来るか、ウッディの将来はどうなのか、カブール、バソングがもう一段階伸びる事が出来るか、といった様々な要素も影響しますが、遠くない将来にCB補強は必要になってくるのでCL出場権がある現在にいい選手を確保しておくべき!という意見も僕は理解出来ます。
候補に上ってる選手はいずれも今後が楽しみな逸材ですし(国内選手で価格高騰は懸念されますが…)

右SBへの評価が厳しいですね^^僕は彼ら二人に100%満足とまではいかないですが、控え含めて補強が必要とまでは思っていないです。
内田がハットン、チャーリーよりもいいというのにも驚きですし(笑)シャルケでの彼を見て無いので、なんとも言えないですが。
でも、現在のスカッドを見渡してビッグクラブと比較してどこが劣るか?と言われればFWと右SBになっちゃうのも解る気がしますけどね^^
サニャはいい選手だと思います。お隣の選手を褒めるのは珍しいですが、彼は右SBとしてはかなり優秀ですね。

>スパナー さん
まぁ、そうでしょうね^^ 僕も改めて見渡してみてもDF多すぎるなぁ~と思いますよ(笑)
ただ、記事にも書いた通り実情は見た目の人数よりも苦しいというのが本音です。キング、ウッディ、ギャラスはもう何年も出来ないですし。
それと共にキングはそう簡単に放出!と割り切れないんですよ。彼は生え抜きで他の選手と同様の扱いは出来ない選手なので。この部分が少々話をややこしくしてるのは事実ですけどね。
現実的に考えれば更にDFの人数を増やすのはナンセンスという意見も理解出来ます。新たに獲るならば右SB、あるいはCBのいずれかを整理しつつ、各ポジションにバランスよく揃える必要が出てくるかもしれません。

しかし、緊急時には3バックに…という意見には同意しかねます。それこそ、そうならないように戦力を整えるべきでしょう。
ハリーも一度3バックをやってますし、本当にスクランブルならば致し方ない面もありますが、それは奥の手であって最初から3バックを視野にいれるのは反対です。恐らくは上手くいかないし、現状の面子での3バックを見るのも怖いです(笑)

イングランド国内DFの評価額が高過ぎるのは同意ですが、過去の市場を見ても実際は£1000万強でDFの異動という例は少ないと思います。
ただ、ホームグロウン制の導入に伴ってDFに限らず、国内選手の価格が高くなるのは必然で今後もこの流れは続くでしょうね。
スパナーさんが仰る通り、DFに資金を投入するくらいなら前線に回した方が効果的という側面は否定出来ないですし、僕もそうすべきと考えていますけどね^^
慢性怪我タイプと単純にレッテル貼るのもアレですが、怪我をしないのも名選手の条件の一つではあると思います。
シーズンの半分くらしか働かないけど凄い選手、フルシーズン稼働で及第点の選手。僕なら後者を評価します。
そういう意味ではクラウチは流石だなぁ~と思います。彼は見た目では細いのに、ほとんど怪我しないですもんね。

| 管理人 ゆーや | 2010/12/05 16:34 | URL |

>>スパナー
なかなか過激な意見ですね
確かに一理あるかもしれませんね

とりあえずLSBは一人追加しないとまずいきが
それか便利屋さんを一人・・・

| とろろ | 2010/12/05 16:40 | URL |

今冬はなかなか判断が難しいですよね。。。

SBに関してはゆーやさんの記事にまったく持って同意です。
エコトに何かあった時のためにプレミアで実績のあるSBが居たら安心……とはいえ、居なくともベイルやオハラのスクランブルでなんとかなりそうですし、逆に言えばそんなアクシデントでもない限りオハラやニコの出番が無くなってしまいそう……(涙
そんなわけで、無理して獲得する必要はないんじゃないかなぁ、と。
最悪の場合はカムバック・シンボンダorガードナーの裏技がありますし。笑



生粋の生え抜きであるレドリーについては、一度は引退も考えたがスパーズのために戦い続けることにしたという本人の決断を尊重したいです。彼の場合は慢性的な負傷こそあれど、起用法に気を配れば十分戦力としての目処は立つわけですし。
ただ、ウッドゲイトにも同じ待遇を、というのはなかなか難しいでしょうね。
何よりも重要な点は、昨季も今季も、ウッディ不在にも関わらずチームにほとんど影響が出なかったという点でしょうか。もちろんそれはドーソンやカブールの成長なりギャラスやレドリーの奮起、マルチ起用に応えたハドルストーンetc...のおかげではありますが、こうして見ていくと、不在期間に目をつぶってでもウッドゲイトがスパーズに絶対必要な戦力、というわけではなくなっている気がします。
僕個人としては、ウッドゲイトにはもう一花咲かせて欲しい気持ちがあるものの……フロントやハリーには、ウッドゲイトがあとどれくらいやれるかを冷静に見据えた上で、彼が戦力になるかどうかを判断して頂きたいです。
何より、一番悔しい思いをしているのはウッディ本人でしょうからね。。。

| sini | 2010/12/05 22:23 | URL |

>とろろ さん
左SBについては悩ましいところですね。一人加えられば盤石なれど、DFをこれ以上増やしてどうするんだという思いもありで…。
複数ポジションこなせる選手は重宝しますがそういうタイプは現有戦力でもいるのでむしろ便利屋さんの補強ならいらないかもしれないかな…と思いますね。第二のシンボンダを作るわけにもいかんですし(笑)

>sini さん
ホント、考えれば考えるほど泥沼にハマりそうです(笑)レドナップがどう捉えてるのかにもよりますが、なんとなく守備陣は現状維持でいきそうな気はするんですよね。シンボがまた来たらある意味ミラクルですけど(笑)

キング、ウッディについての所感は全く同意見です。ウッディの復活を期待しつつも、ある程度の覚悟は必要かな…と今から心の準備はしてます(泣)なんとか今季中にピッチに戻って来て欲しいんですけどねぇ…。

| 管理人 ゆーや | 2010/12/06 00:54 | URL |

思ったことストレートに言い過ぎてすみません。
こちらのあれを読めてなかったと少し反省してます。
皆さん一人一人の選手に思い入れがあるし、スパーズを超えてイングランドにも強い愛着あるんですね。
私は南アの残念なイメージで見てたから余計ギャップ大でした。

| スパナー | 2010/12/07 16:09 | URL |

>スパナー さん
いえいえ^^ 誹謗中傷の類いや悪意満載のコメントでない限り、ストレートに意見をぶつけて貰えるのは、むしろ歓迎してますよ。
僕の意見が全て正しいとは思ってないですし、スパーズファンの間でも全ての意見が一致する必要はないですしね。
色んな想いがあって当然だし、そういう意見をあ~だこ~だと言い合うこと自体が有意義と感じます。
僕自身も自分とは違う角度からの意見だったり、アイディアでなるほど…と感心させられることもしばしばですし、勉強になる事も多いですし。
今後も自分の意見を素直に表すことを恐れずコメント頂ければ…と思います。僕もスパーズの現状を分析するのと同時に「自分の意見」を大切に記事なり、コメントにて発信していきますから^^

イングランドに愛着あるのは否めないですね^^ やはり自分自身イングランドのフットボールのスタイルなり、文化・歴史含めて感銘を受けてるし、今のスパーズファンになったベースもイングランドフットボールへの興味・関心があったからこそなので。
だからこそ、イングランド代表には強くなって欲しいし、イングランド人選手には頑張って欲しい気持ちは強いかもしれません。
あと、スパーズの魅力の一つとしてイングランド人選手を中核に据えたチーム作りという側面があります。
やはりスパーズにはこのアイデンテティを大事にして欲しいなという気持ちも同時にあります。
まぁ、そういう贔屓目で選手を冷静に評価する目がブレないように気をつけないとなぁ~とは心がけてますが、どうしてもイングランド人選手への評価(期待)が他国の選手に比べて高い傾向にはあるかもしれません^^

| 管理人 ゆーや | 2010/12/07 23:33 | URL |

初めてコメントさせていただきます。

やっぱりテイラーは狙われていたんですね…。
テイラーは給料の問題でなかなか簡単に話はまとまりそうではないし、最近最後通告ともいえる話もでていたので、出て行くのは半ばあきらめている、といった感じです。
アカデミーからの叩き上げ+自国選手なのに、少しのお金をけちって簡単に放出しようとするニューカッスルのオーナーには、ファンとは言え、ほとほとあきれるばかりです。

万が一スパーズへテイラーが行った時は、スタメンでしっかり使ってあげてください。
ジーナスのように年々出番が減っていく、なんてことにならない様にお願いします…。

| ニューカッスルファン | 2010/12/15 14:16 | URL |

>ニューカッスルファン さん
テイラーほどの実力者を獲得出来るチャンスがあればスパーズに限らず多くのクラブが喰いつくんじゃないですかね。
まだ若く、将来有望で自国選手ですから。ただ、彼はジョーディーですし、本音を言えばクラブに留まりたいんじゃないかな?と思うのでなんだかんだ残留(契約延長)しそうな気はしてますよ。あとはおたくのオーナー次第でしょうけど。

JJが年々出番が減ってるのは怪我もありますけど、彼自身が期待よりも伸び悩んでる事も影響してるとは感じます。
彼はもっと出来る選手だと思ってるので一層の奮起を期待してますけどね。
テイラーが来る来ないは解りませんが仮にスパーズ移籍となるとなれば激しいレギュラー争いは覚悟する必要はありますよ。
黙っていてもレギュラー保証されるほど層が薄く無いので。

| 管理人 ゆーや | 2010/12/15 20:33 | URL |

初コメです。キングやウッディがあてにできないのであればCBではラウール・アルビオルやガブリエル・ミリートあたりはどうでしょうか。アルビオルはリカルド・カルバーリョの加入によって出番が減っているので狙えば獲得できそうな気がします。ガブリエルもプジョルとピケのせいでまともに出番を与えられていないので。SBでは同じくレアルのアルバロ・アルベロアがいいと思います。レアルには化ける選手がたくさんいるのでぜひ狙って欲しい。

| ラフィーファン | 2010/12/29 16:46 | URL |

>ラフィーファン さん
初めまして&コメントありがとうございます。
アルビオルもミリートもレアルやバルサに籍を置くくらいですから能力は高いのでしょうし、出場機会を得ていないというのであれば面白い存在と言えるかもしれません。ただ、プレミアで経験がない選手を冬の移籍期間で獲得はリスクが高いという側面もあるでしょうね。また、週給や移籍金等の問題も出てくるので簡単に事が運ばないかもな…とも思います。

| 管理人 ゆーや | 2010/12/30 03:05 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。