PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の補強を考えてみよう ~MF編~

ここまでの起用法、今後の予測も踏まえながら冬の補強の展望をする企画の第二弾。前回はDFを取り上げましたが、今回はMF編を。
ほぼ固定化されつつあるサイドと、選手の頭数こそ足りているものの、その構成が若干アンバランスなセントラル。その両方を考えてみたい。

【両サイド】
レノン、ベントリー、ベイル、クラニチャール、ドスサントス、(ローズ:ローン移籍中)

トッテナムの攻撃の最大のストロングポイントは、スピード溢れるサイドアタッカーの突破によるチャンスメークを軸とするサイド攻撃。
その役割を担う両翼のMFはトッテナムにとって攻撃の生命線。ここが生きるか死ぬかは、トッテナムが試合を優位に進められるかどうかの
一つのバロメーターともなり得る重要なポジションです。毎試合のように失点するどこか不安定な守備陣ながら、CLのグループステージを
最多得点で首位通過、リーグ戦でも5位という好位置につけることが出来ているのも、好調な攻撃陣が引っ張っているからに他なりません。
そんな攻撃陣の中でも存在感が抜きんでているのが左サイドのベイルと、右サイドのレノンの二人。圧倒的なスピードが自慢の二人です。
この二人の充実ぶりは目を見張るものがあり、プレミアリーグ屈指の破壊力を秘める両翼であることに疑いの余地はありませんが、
一方ではこの二人への依存度が高く固定化が顕著、サブとしてベンチを温める選手との格差がハッキリとしてる印象は否めません。

昨季はモドリッチ不在を埋めて余りある活躍をしたニコ、同じくレノン離脱を無難に埋めたベントリーはほとんど出場機会を得られず。
両名共に実力ある選手だが、現状ではベイルとレノンを外してまで起用を推す根拠には乏しいのが実情で彼らにとっては不運とも言える。
ドスサントスに至っては満足にベンチ入りすらままならない状況。単純にバックアッパーとして、このポジションをこなせるという選手は
両翼共に揃っているものの、突破型の現レギュラーの二人に対して、サブに甘んじる選手は独力でのドリブル突破を得意としていない選手。
後半途中から投入されて試合の流れを変えられるようなタイプの選手も見当たらず、交代策の選択肢の幅は実は狭いのでは無いだろうか?
レギュラーの二人いずれかが不在となった場合、同じ様にサイドを突破出来るサイドアタッカーを欠くことから一抹の不安もある。
しかし、現実的に考えればこのポジションの補強はまず放出が前提となるはず。候補はニコ、ベントリー、ジオのいずれかでしょう。
上記のうちいずれかが放出された場合…ベイル&レノンのバックアッパー、或いはレギュラー争い出来る選手の補強は必要
上記の放出が無かった場合…とりあえず選手の頭数に問題は無いので現状維持が濃厚

ピーナール   A・ヤング
他のポジションに比べて補強の優先度が低いせいか、獲得候補の噂も少なめ。まずはエバートンのピーナール。契約が来夏で切れる為、
年明けから自由交渉可、現段階で契約延長がまとまっておらず代理人も移籍を示唆。決して財政的に豊かとは言えないエバートンとしては
来夏にフリーで手放すリスクを考えれば、例え主力選手といえども今冬の移籍市場で売却に動いても決して不思議では無いはずだ。
お次はA・ヤング。毎年のように獲得候補に挙がる選手だが、例年とは状況が違う。クラブは放出を断固拒否の構えで指揮官ウリエも
£8000万でなら売却も考えると強気だが、本人との契約延長交渉は難航していると聞く。過去にはバリー、ミルナーら主力を放出した
経緯があることからも放出の可能性がゼロとは言えない。ただ、移籍金は高額が予想される為に一筋縄で行かない事は確かだが…。

(管理人ゆーやの見解)
左はベイル、ニコ、右はレノン、ベントリー(ドスサントス)で一見すると盤石の構えに映るし、補強の優先順位はそれほど高く無い。
しかし、ニコ、ベントリー、ドスサントスのうちいずれか(もしくは数名)は放出して、新たな選手と入れ替える事を検討するべき。
今回の企画では便宜上FWとして換算するファン・デル・ファールトも両サイドをこなせるが、レドナップがラフィーを4-4-2のサイドとして
考えているかは現段階では不透明。補強するとなれば両サイドこなせる人材(独力突破出来る選手であればなおベター)がいいでしょう。
そういう点からも上記に挙げた2名の候補ならば問題無く、むしろ左サイドしか活きないニコ、ほぼ右限定のベントリーらに比べて
起用の選択肢の幅は確実に広がる。ピーナールならば両サイド、セントラルも可でどこでも高水準、ヤングであればトップでも可と
現有戦力よりも使い勝手は良さそう。彼ら二人のうちいずれかを獲得出来るのならば、数名の放出もやむなし…と考えます。
条件的には安価で獲得出来そうな前者かな。年齢が高いのが気になるが中盤ならどこでもやれるのは貴重だし、かなり助かります。
補強の有無に関わらずドスサントスは新天地を探すべき時期。恐らくはこれ以上在籍していてもチャンスは巡ってこないのではないか。

【セントラルMF】
モドリッチ、ハドルストン、ジーナス、パラシオス、オハラ、サンドロ、(リバーモア:ローン移籍中)

昨季までは数こそ足りているものの小粒な印象が否めなかったポジションですが、モドリッチのコンバート、ハドルストンの成長もあり、
一気に層が厚くなった感があります。しかし、純粋な守備的MFと言える選手がいない(パラシオスは近いが…)のが気になるところ。
ただ、4-4-2のシステムを用いる事が多いトッテナムではセントラルMFには攻守両面の貢献が求められる。ハドルストンが重用されるのは
そういった事情もあるはず。ジーナスは最近怪我がちで伸び悩んでおり、パラシオスは守備が得意だが攻撃面では今一つ物足りない。
サンドロは未だプレミアに順応出来ておらず、戦力として計算するには時間が必要。オハラは怪我で長期離脱中であり、放出の可能性も。
こうした諸々の事情を踏まえれば、補強に動く可能性も無いとは言い切れない。事実、今夏にはパーカー獲得に動いているのだから。
考えられる選択肢は以下の3つとなるか。(A、B、C いずれも1~2名の放出が前提)
プランA:守備はそれなりでも、中盤の底からゲームメークが得意で、ある程度の得点も期待出来る万能型MFを補強
プランB:多彩な攻撃陣を活かす為に、多少の攻撃面での貢献の乏しさには目をつぶり守備に特化した守備的MFの補強
プランC:新たな補強は無しで現状維持
 
パーカー   キャリック   L・ディアラ
獲得の噂に挙がってる選手が多い同ポジション。その中でも目を引くのがパーカー、キャリック、L・ディアラ。共に獲得難易度は高いが、
プレミアリーグでの実績は折り紙つきの実力者だ。上記の分類に強引に当てはめればパーカー、キャリックがAタイプに、L・ディアラは
Bタイプとなるだろうか。まずはパーカー。レドナップ監督が一番欲してるのはこの人だろう。夏には実際に£700万でオファーするも失敗。
ウエストハムと契約延長したばかりという点、クラブの中心選手である点、近年ウエストハムとトッテナムの関係が険悪である点を踏まえれば
獲得は非常に困難なミッションと言えるだろうが、一部では降格危機に瀕する状況に本人も移籍を希望しているという報道も。
彼自身が幼いころからスパーズ・サポーターである事は有名。レドナップも常日頃から高く評価し、獲得を熱望しているが…。

キャリックは言わずも知れた元スパーズの中心選手。マンUに引き抜かれ活躍するも、今季は序列が下がり出場機会が減少している。
怪我に苦しむハーグリーブスの状況も考えればマンUが恐らくは手放さないだろうが、代替選手の獲得が叶えば放出との報道もチラホラ。
L・ディアッラはレドナップがポーツマス時代に重用し、今日のステップアップを手助けした選手。そのせいか獲得の噂は度々浮上。
レアル・マドリーでは絶対的な立場とは言えず、本人も将来に関しての明言は避けている模様。諸々の条件が整えば一本釣りも?

(管理人ゆーやの見解)
現在はハドルストン、ジーナス、パラシオス、オハラと負傷者が相次ぎほぼ壊滅的な状況。短期的な解決策とすれば補強も考えられるが、
負傷者が戻ってくればそこまで心配する層の薄さでもないので現状維持でいいような気がします。パーカー、キャリックは好きだけど(笑)
ただ、現状では難しいですがサンドロはローンで経験積ませた方がいいでしょうね。今のままだとちょっと使い物にならん印象です。
起用しながら順応するのを待つのもいいんですが、センターラインはしっかりしておきたいし、数人復帰すれば機会もそう無いだろうし。
オハラも微妙。今は怪我で離脱中だけど、復帰したとしてどれだけ機会が与えられるか?恐らくは序列は低いでしょうしね。
彼自身が昨季ポーツマスにローン移籍して中心選手として大活躍し、出場機会の得られるクラブへの移籍希望も示唆してたので、
オファー次第では放出という可能性もあるかも。生え抜きで献身的に闘うファイターで好きなタイプですが、彼がスパーズで定位置を
奪うのは相当に険しい道のりが待ってるんじゃないかな。ちょっと人数が多いポジションなので、まずは人員整理が先だと思います。
順調にスリム化が進んだのならば、1人獲得…となっても驚きはしません。それが上記の3名のいずれかならば誰でもウェルカムですよ。

今回はMF編をお送りしました。あくまで僕の主観ですのでトッテナムファンの皆さまでも賛否両論、色んな意見があることでしょう。
よろしければ皆さまの意見もお聞かせ下さい。トッテナムは今冬の移籍市場でMFの補強が必要ですか?不要ですか?

| Article | comments:9 | TOP↑

サイドハーフは補強した方がイイと思います。

ただニコ、ベントリーは去年の活躍があるので出場機会さえあれば仕事してくれるはずなので放出してほしくないです。
ジオは移籍させてあげるのが彼にとってイイ道ですね。

だから僕が押すのはFWで1人放出して、その穴を埋める選手が攻撃的SMFも勤めれたら一番イイと思います!

よって獲得する選手は自分で仕掛けれるし、タメが作れるし、シュートの意識が高い、守備にもちゃんと帰る、選手です。

ゆーやさんの言うとおりピーナールかAヤングが獲得出来るならいい買い物になるけどレノンとベイルがいる限りサブになるので彼らが今の地位を捨ててまで獲得は無理があるかなと思います。

だから僕はWBAのオデムウィンギーやブラックプールのヴァーニーなどが面白いと思います!

| ベイル | 2010/12/16 15:28 | URL |

こんにちは(^^)お初です!いつも読ませて頂いているのでたまにはカキコさせて頂きます(笑)

ボクとしては中盤をダイヤモンドにしてファンデルファールトをトップ下にしたフォーメーションがいいと思います。
となるとボランチにクラッシャーの選手が欲しいですね。やっぱマドリーで腐ってるラサナ・ディアラ、もしくは無理だろうけどデヨング辺りが良いと思います。この2人は繋ぎの面でも悪くは無いですし

| 取っ手南無 | 2010/12/16 20:32 | URL | ≫ EDIT

ニコとベントリーは少し切りたくないですね

僕は守備的MFの補強がいいと思いますが
中盤の補強は焦る必要もないかと思います

あとスパーズにあうかわかりませんが
ブラックバーンのSMFのペデルセンは上手いと思いました
守備的といっておきながらサイドの選手を上げてしまいましたが
どうでしょう?

| とろろ | 2010/12/16 21:38 | URL |

パーカーはいいですよね~

この前のマンチェスターCvsウェストハムを観戦してましたが、


マンチェスターCvsパーカー、のような(笑)それくらい、パーカーの孤軍奮闘ぶりが目立ちました。

守備をしたと思えばパス散らし、クロスに飛び込み、組み立てにも関わり…


正直、モドリッチ&パーカーは、かなりの質のセンターになると思います。


だからパーカーを推しますね、僕は。


サイドは、ニコとジオバニがOUT、ピーナールがINですかね…


ニコが見れなくなるのはかなり寂しいですが…

| C・RONALDO | 2010/12/16 22:43 | URL |

こんばんは。
ファンデルファールトが復帰すれば右サイドレギュラーでレノンがサブと予想するので、両サイドの選手層は余り心配ないかと思います。
バリバリ主力のピナールとヤングが、ベイル・レノンの控え扱いに考えてるチームに移籍するのは疑問?かと。。。経営的にも控えに£8000万って‥私の印象では彼は800万の選手だと思います(苦笑)
セントラルMFの怪我人多いので確かに補強考えたくなりますね。クラニチャルは緊急でセンターも出来そうなので残したいと思うのですが、本人がレギュラー出場機会求めてるようなので、本人の将来を考えて意思を尊重してあげたいし。。
個人的にはFWの補強を優先させて欲しいです。アデバイヨールとか過去の名声タイプに安易に妥協せず、今まさにワールドクラスになる前夜のFWを適正な価格で獲得すればスパーズは大化けすると、ワクワクします☆

| スパナー | 2010/12/16 23:51 | URL |

中盤はちょっと整理しないとダメですね。ドスサントスは確かにいい選手ですが、スパーズの戦術に合わないのか出場してもチームへの貢献が見られませんね。ベントリーも似たような立場ですが、個人的にはまだ彼のほうが期待できます。この2人のどちらかが出て行くことになるのは必定かなぁと。

またニコも半ばモドリッチのバックアッパーとして急遽獲得した感はありますが、昨季こそ大活躍してくれましたが運動量が少なく守備面の貢献が期待出来ないのが痛いですね。彼は攻撃に専念させてこそ輝く選手。ベイルとラフィーの加入で左にも右にもスタメン起用の場が無くなってしまったことですし、能力は十分過ぎるほどあるのに起用できないジレンマというか不運というか・・・。
絶対に置いておきたい選手ですが、キャリアのピークに差し掛かる時期にこれでは可哀想すぎるので本人の意志を尊重してあげるべきだと思います。本当に残念無念ですが。というかもっと使ってよハリィィ。。

僕の意見は主に放出を考え、獲得するなら守備に信頼のおけるMF1人といったところです。パーカーは100点満点過ぎますが、スパーズには死んでも渡したくないはず(笑)ベイルさんの仰るとおり、オデムウィンギー辺りならいけそう!?
サンドロは悪い意味での南米色?がまだ抜け切れていない印象。ボールをちんたら持ったり、主に守備的タスクを負うべきなのに積極的過ぎるほど前に出たり。プレミアの早い展開についていけてないのも気になるところ。確かにローンに出してプレミア漬けにするのもいいかもしれません。僕も今のままではとてもパラシオスにはとても及ばないと思います。

非現実的ですが、パーカーが入るととっっっても面白い中盤になりますね。それでも現スカッドのベイル・ルカ・ハッド・レノンでも十分過ぎますよ。

| もみじぃ | 2010/12/17 16:05 | URL |

>ベイル さん
ニコもベントリーも昨季の4位に貢献してくれた選手なので、今の出場機会少ない状況状況が惜しいですね。
オデムウィンギーはW杯で観ていい選手だな~と思ってましたが、プレミアでもよくやってますね^^
補強に求める条件に挙げてくれた要素は僕も重要だと思いますよ。

>取っ手南無 さん
こんにちは^^ はじめまして&コメントありがとうございます♪
中盤ダイヤモンドですか。なるほど。僕もダイヤモンドも面白いかな~と思ったりはします。
ただ不思議なことにプレミアではこの形はしっくりこない場合が多いんですよね。
近年ではチェルシーもトライしましたが挫折してますし。ただ面白いアイディアだとは思います。
ただ、それをやるならかなり中盤のスペースを埋められる守備的MF&全体の高い守備意識は必須ですね。

>とろろ さん
僕もニコ&ベントリーに愛着があるので、出来れば残って欲しいというのが本音です。
しかし、今のチームに肉付けしていくためには、どうしても削らないといけないのもまた事実で悩ましいところ。
ペデルセンはいい選手ですね。テクニックありながらファイターですしね^^

>C・RONALDO さん
パーカーは個人的に好きってのもあるけど、現状のスパーズに足りない要素を沢山持っている選手だと思うんですよね。
リーダーシップ、経験、球際の強さに中盤での展開力。そして、何より逆境に強いメンタル。
僕もジオはそろそろ厳しいかな…と。あとはニコかベントリーのどちらかが出る形になるんですかね。
条件を考えればピーナールってのはかなり有力かもしれません。もしくはサプライズでベッカムか(笑)

>スパナー さん
ラフィーが復帰してサイド起用という流れになるかはまだ解らないんですよね。そうなればいいんですけど、
なんとなくトップ下起用にこだわりそうな気がしないでもない。
まぁ£8000万ってのはウリエのブラフですから(笑)ですが、£800万じゃ~無理でしょうね。恐らくは倍ぐらいかと。
ニコは緊急時はセンター出来ますが、残すほどの理由にはなり得ないですね。あとはベントリーとの比較になりそう。
彼の事を思えば移籍させてあげたいような気もしますが、ここら辺は何とも言えないところですね。
アデバヨルはまだ十分活躍出来る選手なので過去の選手扱いは気の毒かも。まぁ、彼の週給考えれば獲得は可能性低いですけど。
適性価格でいいFW取れるならもちろん狙うべきですね。ハリーとスカウトの眼力に期待しましょうか^^

>もみじぃ さん
ニコ、ベントリー、ジオについての意見はほぼ同意です。あとはレドナップと会長が諸々の条件を考慮してどちらを残して、どちらを出すかという段階でしょうね。みんな愛着あるだけに辛い時期になりそうですけど(泣)
サンドロもちょいと時間がかかりそうなので、出来ればレンタルで武者修行させたいなぁ…と。
仰る通りまだまだ色んな面でプレミア(イングランドフットボール)に慣れる必要があると強く感じます。
現実は難しいでしょうが、パーカーはいいオプションになると思います。彼ならモドかハッドが仮に怪我などで抜けても
安心して任せられますし、伸び悩んでるジーナスに刺激を与えつつサンドロが育つまでの繋ぎになりますからね。

| 管理人 ゆーや | 2010/12/18 01:24 | URL |

中盤の補強についてあれこれ考えている時に、Goal.comで「ベッカム獲得か!?」みたいな記事を見て、盛大に吹きました。なら、ベントリーでよくね?みたいな気持ちに。

閑話休題

個人的に一押しは、ウィガンのロダジェガだったりします。ウイングとしても使えるし、前でも使える。しかも、現在のスカッドにはいないタイプです。
ただ、残留を常に目標としているウィガンが中心選手を冬に売りに出すとは思えないので無理かな、と。

中盤センターに関しては補強が必要も、ウイングは必要ないように思います。
ニコにしろベントリーにしろ、それこそジオにしろもっと使えばいいのに・・・と思うんですよ。確かにイケイケな両ウイングに比べれば劣るかもしれませんが、日程がつまっているのだしもっと積極的にローテーションを使ってもいい。その辺、ハリーはどう考えているのか・・・。
まあ、ピッチに近い部分のチームマネージメントは・・・ねぇ?(笑)

センターは故障者もいるので、頭数はそろえたいところ。
今回挙げられている3人は・・・ちょっと高嶺の花すぎやしませんか?(笑)
残留争いど真ん中のウエストハムのそれこそ中心中の中心であるパーカーは勿論、ガラス細工のハーグリーブスが戻ってこれないマンU、序列ではピボーテの2番手であるラスも放出は考えにくいのでは。夏だったらわかんないですけどね~。
とりあえず、サンドロをレンタルで出したと仮定して考えるなら。
優秀な守備専業型って結構市場に出回らないので、狙うなら万能型の方が良いかもしれません。なかなか、パッと思いつきませんが、ポテンシャルではアイルランドかなぁ・・・。ウリエの信頼も得ることが出来てないみたいですし。ルカとタイプが被るかな?
あとは、ケイターモールかチャーリー・アダム。
・・・個人的に好きなんですよ(笑)どっちも無理っぽいけどね・・・^^;

まあ、おそらくサプライズな事は起こらないと思っているんで、ハリーの手綱さばきに期待ですね。

| Doomsayer | 2010/12/19 06:38 | URL |

>Doomsayer さん
ベッカム補強はハリー自身が否定したので無さそうですが、僕は割と肯定的でしたよ^^ 
彼の持つ経験は若いチームに多くのモノをもたらすと思いますしね。

ウィガンのロダジェガは面白い選手ではありますね。ただ少々波が大きい印象はありますけど。
でも、身体能力は高いし、サイドでもトップでも決定的な仕事が出来るという点では悪くない選択肢とも思えますね。
僕はニコもベントリーも残留希望ではあるけれども、チームのオプション、戦術の幅を考えるとサイドから崩せるタイプと入れ替えるのもアリかな…と思ってます。
ハリーなりにローテーションしながらよくやってるとは思うんですが、起用法、采配などに関してはまだまだ注文をつけたくなることはあります。
しかし、実際スーパーサブとしてニコやベントリーが途中から入って流れを変えられるタイプか?というとう~ん…となっちゃうし、ベイル&レノンを外してまでローテーションにこだわってそれこそ勝ち点落とそうもんなら、なぜ外した?となるので難しいところかな~とも思います。

センターは今が壊滅的な状況なのと、サンドロに時間を与えたい(ローンなどで経験を積ませたい)事情から一人は加えられればベストかな~とは思うんですが、現状の面子と比べて遜色の無い選手を…となった場合、どうしても高嶺の花を希望になっちゃいます(笑)冬は特にフィットするまで時間がかかる…じゃ困るのでプレミア経験者の補強がベターと思いますしね。

アイルランドは今は不遇ですけど僕も高く買ってるので悪くないと思います。キャタモールは少々ラフ過ぎるのが気になりますが、いい選手ですね。アダムも前半戦のサプライズの一人という印象。
ただ、実際はこの冬はあまり獲得に費やさないような気はしてます。なんとなく。

| 管理人 ゆーや | 2010/12/19 21:49 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。