PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

Weekly Transfer News #1

1月1日に今冬の移籍市場がオープンがして早くも1週間が経過しました。冬の移籍市場はデッドラインの1月31日までの1ヶ月間。
この短い期間に各クラブが現有戦力の人員整理と、底上げを目指し手持ちの資金とにらめっこしながら補強を考えるわけですから、
当然この時期のメディア報道は移籍関連一色です。様々な憶測に踊らされながら過ごすのもまたフットボールファンの一つの醍醐味。
期待の新戦力加入への期待、愛着ある選手の放出など色んな想いが交錯して複雑ですが、一喜一憂しながら楽しんでいるところです。

本来であれば連日のように発信される移籍関連情報を逐一お伝えしたいところなのですが、何分日々の生活が忙しく、ブログ更新の頻度が
落ち気味な最近なので、当ブログでは「Weekly Transfer News」として、この1週間のトッテナムの動きをまとめる形でお届けします。
さすがに全ての情報をお伝えするのは困難ですし、僕自身も溢れる情報の整理が大変なので、主だったものをピックアップして幾つか。

● ベッカムのローン獲得が迫る

現在MLSのLAギャラクシーに所属する元イングランド代表主将のMFデイビッド・ベッカムをローンで獲得することがほぼ決定的な情勢。
MLSは3月15日に開幕するので現在はシーズンオフ。そこで、開幕するまでのおよそ2ヶ月間をローンでトッテナムに加えたいという
意向をレドナップ監督が明らかにし、またベッカム本人もプレミアリーグ復帰を希望。両者の思惑が合致したため、話が進むことに。
当初は難色を示していたLAギャラクシー側も結局ローン放出を容認、現在はトッテナムとの間で詳細な条件を詰める最終段階です。
レドナップのコメントからも早期実現に向けた手応えが感じられますし、一両日中にも公式サイトでの正式発表がありそうです。

● ボンガニ・クマロ獲得が正式発表



今夏のW杯でも自国開催の南アフリカ代表としてフランス戦ではゴールも挙げた23歳のセンターバックの獲得が正式に発表されました。
10月の段階で所属元のスーパースポーツ・ユナイテッドとは合意に達していましたが、なかなか発表されなかったのでどうしたもんかと
思ってたんですが、今週クラブの練習に合流し、めでたく発表と相成りました。CBは現在7人が在籍し、ポジション争いの激戦区ですが、
キング、ウッドゲイト、ギャラスらは怪我がちで離脱が多い。バックアッパーとしてに留まらずレギュラーを狙って頑張って欲しい。
まずはプレミアリーグにいち早く馴染むことが大事。南アフリカとは気候も生活環境もかなり違うので戸惑いもあるでしょうが、
まずは練習からしっかりアピールして、信頼を勝ちとって欲しいですね。あまり知らない選手だけど、ガタイも良さそうだし、
顔つきを見てもちょっと強面ながら笑顔はなかなかチャーミングと言えなくもない(笑)。加入が決まってこれからが勝負。期待してるぞ!

● キーン、ベントリーの放出が濃厚に

今冬の補強に関してはピンポイントでの獲得はもちろん必要と感じるのですが、膨れ上がった人員整理が優先事項であるはずです。
新スタジアム建設計画も控えているために獲得に資金をバカバカつぎ込むのも難しいはずだし、何より登録リスト枠は25しかない。
獲得する為には数人の放出は避けられないので、現在の戦力を出来るだけ維持しながらいかにして人員整理を進めるかが重要です。

現段階で放出が濃厚なのが出場機会が限られているキーンベントリー。前者はバーミンガムとクラブ間合意、後は本人の決断次第。
しかし、キーン本人はロンドンに留まりたい意向で、バーミンガム移籍には難色を示してる模様。そこで浮上したのがフルアム。
ヒューズ監督がキーン獲得への関心を示し、同じく獲得を模索する動きを見せてるウエストハムと共に移籍先の候補に名乗りを挙げた。
ただ、ウエストハムはローンでの獲得を希望してるものの、トッテナムは完全移籍でなければ移籍は容認しない姿勢を見せてるので、
ウエストハム、フルアム共にバーミンガムが提示した£700万での完全移籍という条件を提示出来るかが今後の行方を左右しそう。

一方のベントリーはニューカッスル移籍が濃厚とみられていたが、ここにきてバーミンガムへのローン移籍が急浮上してきた。
ベントリーもキーンと同様に完全移籍が前提とみられていたのだが、ベッカム加入がほぼ既定路線となる中で、方針転換の可能性も。
いずれにしろ、この二人の去就が今後の補強方針に影響を与える事も考えられるだけに、上手く立ちまわる事ができるかに注目だ。

● ピーナール獲得は秒読みか

ベッカムは仮に獲得出来ても恐らくは2ヶ月の短期ローン。ベントリーが放出となればベッカムがアメリカに戻った後の数ヶ月は
サイド(主に右サイド)の陣容がやや手薄になる恐れが。ニコ、ラフィー、モドリッチ、ドスサントスらのコンバートで凌ぐ事も考えられるが、
即戦力で計算が立つ選手の獲得の線は残っているだろう。そこで浮上してくるのがエバートンのピーナール。以前にもお伝えしたが、
彼は来夏で契約切れでフリーとなっており、現段階では契約延長がまとまっていない。エバートンとしては来夏フリーで放出するリスクを
避けて現金化するには今冬の移籍市場はラストチャンス。報道では£150~200万と、彼の実績を考えれば破格の安値で獲得可能。
となれば、フリーとなる来夏を待たずに一本釣りがあっても不思議では無い。トッテナムが獲得レースのポールポジションに立っている
現状を考えれば今冬のうちに確保する可能性は高そうだ。実現すれば一昨年のニコ、昨夏のラフィーに続くお買い得になるかも。

● キャロルからは撤退、FWの補強は難航か

今冬の最優先補強ポイントと見られるFW補強の噂は数多くあるが、その中でも本命視されていたのがニューカッスルの大型FWキャロル。
一時はベントリーらを交渉に折り込み獲得を狙うか?との報道も、レドナップが「キャロルの獲得は難しい」と事実上の撤退宣言。
ニューカッスルは放出を断固拒否の構え。本人も契約延長にサインしたばかりとあって、期待のエースFWの流出は今冬は無さそう。
これによりトッテナムは方針転換を求められ、どの選手に狙いを定めるかは未だ不透明。具体的な話には乏しく難航が予想される。

FWの獲得候補としては、スアレス、ウォルフスウィンケル、アデバヨール、ジョレンテ、L・ファビアーノらの名前が挙がってるが、
どれも具体的に進んでいそうな話は無い。ジェコのマンC入りに伴って今後予想されるFWの玉突き移動の波に上手く乗れるかがカギか。
いや、どこも緊縮財政だから玉突き自体起こらないかも…だけど(笑)しかし、近い将来から始まるファイナンシャル・フェアプレーも
見据えて大胆に動けるとすれば今冬!という見方もあるし…と僕自身も全く動きは読めません。出来れば今冬にFW獲得したいけど…。

と、こんな感じの移籍市場第一週でございました。まずはクマロ。ようこそスパーズへ!新たな仲間の加入を喜びたいと思います。
そして、まさかまさかのベッカムのスパーズ入りは今日か、明日か。(もしくは土壇場で破談か…笑)を楽しみに待つことにしましょう。

| Article | comments:13 | TOP↑

クマロさん、なんか純粋そうな顔ですね
やさしそう

移籍話については残念ですが仮に移籍したとしても
彼らなら実力は十分あるので
是非チャンスをつかんで古巣対決!!なんていうのも楽しみですね

キーンのリバPへの移籍は結果としては失敗だったのでしょうか・・・

| とろろ | 2011/01/08 19:00 | URL |

先ずはCBクマロはマンマークが得意な選手らしいですね。これくらいしか情報は無いんですが笑 ゆーやさんが言う様に、ギャラス、ウッディ、キングは計算が立ちにくいのは事実です。前者の二人が今季で契約が切れる事を考えれば先手を打ったとも言えますね。

人員整理の件ですが、ウォーカーがビラへ行きました。個人的には、オハラ、ドスサントス、サンドロのレンタルもしくは放出が妥当な気がするんですが。あとウッディも候補ですね。

MFですが、もしピーナール獲得ならニコの居場所は無い気がします。ベッカム獲得ならベントリーが放出でしょうね。ベッカムファンからすれば、ユナイテッドで見たい気もしますが、プレミアでの勇姿も見たい。ただ条件の3月までというのがネックですね。その後どうすんの??みたいな…ENGで見たんですがスパーズのサポータークラブの会長はベッカム獲得に反対してるみたいです…ベッカムはエキサイティングなスパーズのフットボールに魅力を感じているようですが。補強なしの予感がします。個人的にはVボメル獲得とローズの復帰を希望。

FWに関しては、キーンの去就次第ですがバーミンガムは一人アルゼンチンからFWを獲得したみたいなんで残留するかもしれませんよ。来季にキーン、パブを放出して大物を狙うのも手かなと思います。CLにでれる大物CFは冬になかなかいてないんで。ただかつてのシェリンガム×クリンスマンの再来に期待はしていますが。この冬なら実績のあるアデバヨールがこの中では一番妥当な選択肢かもしれませんね。

今プレミアで最も魅力的なフットボールをしていると現地の他のサポーターからも人気があるスパーズ。両WGの攻撃が人気のようですが、個人的にも補強するならWGが欲しいですね。エンゾグビアとか面白いと思います。右からカットインすればハットンの持ち味を引き出せるし左の時はベイル並に縦に仕掛けることも出来ますからね。ピーナールもいいけど
 

| takeru69life | 2011/01/08 19:17 | URL |

2回目です!!

ベッカムまじで加入するんですね!!
今からとてもワクワクしています(^O^)

ベッカムのクロスでなかなかゴール数の伸びないクラウチ君を助けてあげて欲しいです(笑)

あとスパーズには関係ありませんが、ジェコのシティ加入には少しだけがっかりしました....。

| マクスウェル | 2011/01/08 21:29 | URL |

ピーナールは
確実にほしいですね。

お得すぎますね。

個人的には
キーンは残って
ほしいです( ´ ▽ ` )ノ

| トット | 2011/01/08 22:55 | URL |

まずクマロはよく知らないけど加入したからには頑張ってほしい
CBはケガ人多いからチャンスはあるはず!!

ベッカム加入間近らしいけど正直いるかな?と。
ユニフォーム売って金でも稼ぐ気かよ(笑)
補強する場所が違うんじゃないかなぁ、ベントリー次第でもあるけど…
ポストできるFWが一番じゃないかなぁ…
なかなか獲得は難しいだろうけど。

| ゆうすけ | 2011/01/09 12:35 | URL |

ベッカム楽しみですね。まだ決まっていないけど彼のプレーが早く見たいです。キーン放出は悲しいですがやむをえないでしょう。新天地でも頑張って欲しいです。

やっぱりFWは欲しいですよ。実績から考えてアデバヨールが一番かと。ローンでいいので欲しいです。

| ラフィーファン | 2011/01/09 19:16 | URL |

ピーナールはお買い得な選手だと私も思います。豊富な運動量と積極的な攻撃参加が持ち味だしスパーズの中盤が厚みを増す要素であることは確実ですね。非常に魅力的な選手ですが、モドリッチとプレースタイルが重なる気もします…。加入となれば果たしてセンターなのかサイドなのか…。

それと、冬の移籍市場には縁がないでしょうけど、個人的にエバートンの左SBベインズを獲得したいですね。彼の高精度のクロスは非常に魅力的です。エコトの負担も減るのではないでしょうか。
ですが、彼はエバートンにとっても必須戦力でしょうし、簡単に手放すとは思えません。まあ、あまり現実的な話ではないですね^^;

| かつみつ | 2011/01/09 20:11 | URL |

コメント頂いた皆様どうもです^^ ちょいと返信遅れてしまい申し訳ないです(謝)

>とろろ さん
クマロは厳しいレギュラー争い待ってるでしょうが頑張って欲しいですね!
純朴ないい青年に見えるし、都会で変な遊びを覚えないように願いたい…(笑)

ベッカムはかなりトーンダウンした印象ですが、ハリー爺はまだ諦めてないようなので、続報を待ちましょう。
とりあえず練習参加は決まってるのでチーム全体にポジティブな効果が現れるといいですね!
キーンはまだ余談を許さない状況ですね。結果的にはリバプール移籍が吉と出なかったのは事実ですが、彼はまだまだ腐ってはいないと思うので早く落ち着ける状態になればいいなぁ…と、彼が好きなだけに心配してます。
ところでリバPって略は初めて見ました。斬新ですね(笑)

>takeru69life さん
クマロに関してはまだよく分からんので、まずは見てみないと何とも言えないですね。
ただ、CBは計算が立たない選手が多いので将来を見越して…という思惑はあったかもしれません。
ベッカムは獲得目前でしたが、現状では後退してしまった感がありますね。まだ諦めていないようですが…。
ピーナールは両サイド、中央と中盤ならどこでも出来るので、柔軟な起用が可能だと思います。
ファン・ボメルは個人的にはいらん。ローズも楽しみな逸材ですが、現状ではなかなか厳しいですね。

キーンはまだ確定してないので今後はまだどうなるか分かりませんね。オファー次第という状況でしょう。
仰る通り、冬の市場で大物狙うのは相当に難しいとは思いますが、新ルールの影響もあるのでよもやの動きはあるかも。
アデバヨルが妥当な選択肢というのは色んな条件を加味すると??ですが、欲しいタイプではありますね。
仕掛けられるウイングが補強出来れば面白いですね。エンゾグビアとかSWPとか両サイドこなせるタイプなら獲得に動く価値はあるかもしれませんね。ただ、エンゾグビアは性格的にベンチが続くとすぐに文句言い出しますよ、きっと(笑)

>マクスウェル さん
僕も週末の段階ではベッカムが~スパーズに~~~くる~~!(ここ、ザキヤマ風で)と思ってましたが、最終段階の交渉で頓挫してしまった印象です。まだ諦めていないようですが、現状ではとりあえず練習参加のみとなってしまいました。
ジェコを獲れる額を提示できるクラブは一握りですからね。まぁ、妥当な決着かな…と思いました。

>トット さん
ピーナールが安価に獲れるなら動いて損は無いと思いますね。彼、中盤ならどこでもそれなりにやってくれるはずなので。
キーンには残って欲しいですが、いいオファーが来て、彼自身が納得すれば動くと思います。

>ゆうすけ さん
そうですね。まだ未知数ですけど、加入したからには期待してるし、頑張ってチャンスを掴んで欲しいな…と。
ベッカムはちょいと難しくなってきました。ただ、彼の獲得は「色んな意味」で悪くない選択肢と思います。
単純にレギュラーとして是非を考えてるだけじゃ彼を獲得する真意は掴めないでしょうね。
まぁ、最優先がFWであるというのは同意です。全力傾けるべきだと思いますよ。難しいでしょうけど(笑)

>ラフィーファン さん
僕もベッカム加入を楽しみにしてたんですが、ちょっと風向きが変わってしまったようです。
キーンもまだ余談を許さない状況で、早くいい新天地が見つかるといいなぁと思います。もちろん、残留希望ですが、このまま残っててもチャンスはそうそう巡って来ないでしょうし、彼も若くないので動くべきかな…と。

FWは欲しいですが、アデバは難しいですよ。夏の市場の傾向でみればマンCはプレミアのライバルクラブに放出しないと思います。
週給も高い。彼の週給はスパーズの週給トップレベルの約2倍ですから。彼が半額になる条件を呑みますかね?
彼のプレースタイルは補強ポイントに合致するし、お隣に対する反抗パワー持ってる時点で面白い存在になると思いますけど…。
上記に挙げた条件が噛み合わないと実現しないので、相当にハードルが高いと見てます。

>かつみつ さん
僕もピーナールはいい補強になるんじゃないかな…と。理由はかつみつさんが挙げてくれたものズバリです。
仰る通り若干モドリッチとカブるのが気になりますが、逆に考えればモドリッチを休ませる事が出来るのではないでしょうか。
使うとすればサイドでしょうかね。状況に応じてセンターでしょうか。

ベインズはSBとしては相当に優秀だと僕も思います。クロスの精度も攻撃参加の思い切りもいいですし。
でも、簡単には出さないでしょうね。でも、そのうち、ビッグクラブからお呼びがかかるんじゃないですかね。

| 管理人 ゆーや | 2011/01/10 19:03 | URL |

どうやらべッカムは無くなりそうですね。

Vボメルはいらんですか。モドリッチを左に上げて、CMFに攻守で貢献できるんで面白いかなと思ったんですが…残念です(笑)まぁトムが戻れば不要にになりますね。

アデバヨールに関しては他の候補者がプレミア未経験で計算が立たないという理由でね。能力的にはクラウチ、パブよりは上ですけど人間的にどうかと…候補者の中に欲しい選手もいませんが

個人的にはサイドアタックの質を落とさないドリブラーの獲得を希望します。マルコ・ロイスは強烈ですけどね。

| takeru69life | 2011/01/10 20:20 | URL |

ピーナールってスパーズみたいな中盤フラットのCMFできるんですか?トップ下じゃなくて?イメージがないもんで。

| JJJ | 2011/01/11 20:08 | URL |

個人的には、DFの方が先だと思うんだけどなあ・・。
左サイドバックとか
それに何よりも個人的には、あまりにCBの人数が多すぎると
ひとつのポジションに怪我などで計算の立たない選手を
2人抱えることがまず相当変です
(生え抜きのキングはおいて置くのはありだけど
ウッドゲートは、もうあそこまで離脱だと
放出されてもしょうがないレベル)
安定しないDFの補強をしないでFWの補強?
は・・?ですよw

| | 2011/01/11 20:30 | URL |

>takeru69life さん
ベッカムについては粘り強く交渉していくということですが、かなりトーンダウンしてしまったのであまり期待しない方がいいかもです。
いや、ファンボメルは現状のスパーズには数少ない守備的MFなのでタイプ的には有り難いと思いますが、個人的な好みです、はい(笑)

アデバはプレミア経験者という意味では確かに妥当と言えますね。
冬の市場はシーズン途中なのでフィットするまで時間がかかるであろう未経験者はギャンブル度が高いのでね^^
マルコ・ロイスなる選手は存じあげないんですが、サイドで独力で仕掛けるタイプ(更に両サイドこなせればなお望ましい)がいれば、レノンかベイルが抜けてもそれほど戦い方を変えずにいけるメリットはあると思います。

>JJJ さん
タイプとしてはよりゴールに近い場所に置いてナンボの選手とは思います。サイドかもしくはトップ下。
ただ、エバートンでは頻度は少ないんでしょうが(毎試合チェックしてるわけではないので分かりませんが)4-4-2のCMFでも無難にこなしていたのを何度か見てますよ^^ 個人的には驚きましたし、器用な選手だな~と。ただ守備の貢献よりも前でゴールに絡む仕事に特化させた方が生きるのは間違いないと思いますが。

>名無しさん
ちょっと内容に矛盾ないですかね?(笑)DFの補強が必要と言いながら、CBの人員過多は相当変だと仰る。
確かにCBは計算立たない選手が多い印象で、アンバランスな現状なのは否めません。
キングが常時出場出来ないのが痛いうえに、ウッディまでもが加わってしまってるので。
ただ、放出してもしょうがないレベルと言っても移籍は相手あってのものなので需要が無いと成立しませんよ。

クマロが入った事で(未知数なのでまだ断言は出来ませんが)ウッディの放出の可能性は高まったと思います。とりあえずはローンで状態をみて契約延長するのか来夏(或いは来冬)で放出(契約満了)の選択を迫られることになりそうかな…と。あとギャラスも契約は1年なので次の夏に延長するかどうか解りませんし。
左SBはベイル、エコトの二人にバソング、オハラもこなせる、右SBはチャーリー、ハットン、カブールにローン中ですがウォーカー、ノートンらもいるので、これ以上DFの補強をする事にあまり必要性は感じないんですが、どうでしょう?
強いて言えばMF起用が主になりつつあるベイルをMFと捉えれば、本職左SBはエコトのみなので薄いかもしれませんけど。
まぁ、質を求めればキリが無いのでもっと上のレベルと入れ替えろ…となれば話は変わってくるんでしょうけどね^^ 

僕はFW補強が最優先だと感じますが、DF補強が優先だろ!という意見も理解は出来ますし、否定はしませんよ。ただ、守備の場合は補強することが安定に繋がるのかというと必ずしもそうじゃないかもしれません。
前線は個々のヒラメキでなんとかなる事も多いですが、守備は組織、連携がより重視されると思っているので…。
特にシーズン途中の冬の市場だと難しいのでは?新しいDF入れて即時フィットで守備安定!と簡単にいけば苦労はしないんですけどね^^

| 管理人 ゆーや | 2011/01/12 01:19 | URL |

ベントリーがバーミンガムにローンで放出されるようですね。買取を期待しているみたいです。気になるのがコルルカが放出候補という噂が…冬に準レギュラークラスの放出には反対です。Pネビル獲得は短期的で効果がありそうではありますが、一つ上のクラスのLSBの補強が必要かなと思います。ベインズと来れば…

FAカップでアカデミー出身のダウンゼントがデビューしてゴールもきめましたね!!ローズと共に未来のスパーズの両翼を支える逸材なんで楽しみです。補強よりどんどん若いのがベイル、レノンを突きあげてくれれば理想的です。ベイル、レノンともまだ若いんですが笑ウォーカーのビラでのデビューも良かったので試合に出て成長して帰って欲しいですね。

ロイスはファギーも狙う逸材です。ロナウドに近いですね得点力が高いのと左右こなすので理想的です。

個人的にはこの冬は補強よりできるだけ放出を避けて、補強はCFに集中して欲しいですね。DFの安定は選手の組あわせだと思うので優先順位は低いです。

| takeru69life | 2011/01/12 03:30 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。