PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

トッテナム 10/11冬の移籍市場総括~前編~

1/31で今冬の移籍市場もクローズしました。各クラブのファンにとって悲喜こもごも色んな感情が交錯した1ヶ月だったことでしょう。
比較的静かに推移した移籍市場でしたが、デッドラインデーの1/31に驚くような大型移籍も幾つか飛び出し、大いに沸かせてくれましたね。
僕も移籍市場最終日は徹夜して刻々と状況が移り変わる様をリアルタイムで追っていたんですが、とても面白く、興味深かったです。
本当は昨日にこの記事をアップする予定だったんですが、余りの情報量に頭がショートして、こりゃ時間を置かないとしんどいわ…と(笑)

当ブログではあくまでトッテナムを中心として移籍市場の総括をしてみたいなと思います。各クラブの補強に関しては、そのクラブ毎に状況も
様々でしょうし、各々のファンで捉え方も違うと思うので深く言及する事は避け、軽くまとめるにとどめた方が良いかな…と。
※そのうえで個人的に思うことを少々雑感として付け加えるという形で。これもあくまでトッテナムファンの視点という事をご理解下さい。

ちょっと記事が長くなりそうなので前編・後編の2つに分けます。前編の今回は最終日含めた数日のトッテナムの補強に関するニュースを。

● キーンはウエストハムへローン移籍



今季はラフィーの加入に伴う1トップへの移行も影響して、なかなか出場機会が得られなかったキーン。戦力構想からもほぼ外れ、
今冬での移籍が既定路線となっていたものの、移籍先探しが難航していましたが、最終日前日にウエストハムへのローンという形で決着。
本来であれば完全移籍での放出が本人にとってもクラブにとっても良かったとは思うんですが、移籍先のハマーズは現在降格圏に沈み、
来季のプレミアリーグ残留が微妙な状況。とりあえずは今期末までのローン、残留が決まれば正式に完全移籍という流れになりそうです。
本人が希望していたロンドンのクラブに移籍出来たのは良かったかもしれませんし、降格圏に沈むクラブの残留請負人としての期待も高い。
選手としては否応なく「燃える」シチュエーションでしょうし、そういう逆境でこそ真価を発揮する男です。きっとハマーズの救世主として、
獅子奮迅することでしょう。個人的にも彼の移籍は寂しいし、残念ですが新天地での活躍を心から願っています。頑張れ、キーン!

● オハラはウォルバーハンプトンへローン移籍



昨季はポーツマスにローン移籍していたもののクラブが経営破綻して2部へ降格したため、今夏にトッテナムに戻っていたオハラ。
自身も背中の負傷を抱えて長らく離脱していて今季は未だ出場に至っていませんでしたが、先日ようやく練習復帰を果たしたところ。
今後の去就が注目されていましたが、ウルブスへのローン移籍が決定。こちらもハマーズ同様、降格の危険と隣合わせの状況ですから、
必然的にこの時期に加入するオハラにかかる期待も大きいでしょう。でも、ウルブスファンの期待に応える活躍をきっと見せてくれるはず。
彼は一度ピッチに立てば本当に120%全力を尽くして「頑張る」選手。献身的なハードワークで、精度の高い左足で思う存分暴れて欲しい!

● ドスサントスはラシン・サンタンデールへローン移籍

今季は数試合に出場を果たしたものの満足な結果を残す事が出来ず、レドナップの信頼を勝ち取るには至っていなかったジオですが、
スペインのラシンにローン移籍が決定しています。個人的には彼にとってはいい移籍になるんじゃないか?と期待しています。
というのも、やはり彼はプレミアリーグには合っていないのでは?と思うから。確かに彼の出場機会の少なさから考えれば、評価を下すのは
ややアンフェアかもしれませんが、在籍2年半でレギュラー争いに全く加われていないのが現状。敢えて厳しい言い方をすれば、
プレミアの上位クラブで戦うには現段階では「実力不足」と言わざるを得ません。もちろん、才能は光るモノを持っているのは確かだし、
それはメキシコ代表でも示してきた。ただ、それがすなわちクラブで結果を出せる事とは必ずしもイコールにならないというのが現実です。
それらを踏まえれば実力不足というよりかは単純にリーグの特性と彼の個性がミスマッチと表現したほうが適切かもしれませんけど。
環境が変わって力を発揮する選手は沢山います(その逆もまた然りですが…)から、勝手知ったるリーガ復帰で心機一転頑張って欲しい!

■ 「Transfer deadline day」の動向

移籍市場閉幕を間近に控えた土壇場でリバプールのFWフェルナンド・トーレスがトランスファーリクエストを提出。各方面に波紋が広がる中で始まった移籍市場最終日。トッテナムとしては最優先補強ポイントとなるFWの獲得が成立するか否かが一番の注目点でした。
最終日に向けてメディア報道も過熱し、ジョレンテに£2600万、アグエロに£3800万と派手だが「あり得ない」見出しが踊り出ましたが、
実際に獲得に向けて動いていた本命はA・マドリーのフォルランでしょう。それに加えてニューカッスルのキャロルの線も残しつつ。

しかし、フォルランには£1300万のオファーを出すも拒否され、再度のアタックも実らず。G・ロッシへと方向転換の報道も出たものの、
契約延長したばかりで高額の移籍金を要求するビジャレアルを前にしてはほぼノーチャンス。交渉は思うように進みません。
そんな中でこれまで頑なに放出を拒んでいたはずのニューカッスルが、リバプールの£3500万という驚愕のオファーにあっけなく翻意。
キャロル本人がトランスファーリクエストを提出(表向きには本人が移籍を希望も、オーナーが放出を推進したのは見え見えのきな臭さ…笑)
するという形でリバプール移籍が決定。キャロルの獲得を目指していたトッテナムにとって£3500万は到底太刀打ち出来ない金額。
既にアヤックスからスアレスの一本釣りに成功していたリバプールはイングランド期待の若手FWを史上最高額のオファーで強引にまとめ、
一気に移籍市場の主役に躍り出ます。この時点で(いや、既に前提となっていたというべきか)F・トーレスのチェルシー移籍はほぼ確定。

次々に決まっていく他クラブの補強を尻目に両マンチェスター、ノースロンドン勢は沈黙したまま。トッテナムも目ぼしいニュースは無し。
P・ネビルへのオファーはモイーズ曰く「侮辱的な」低額オファーで拒否され、終了目前には今季ブラックプールの躍進を支える
チャーリー・アダムへ半ばやけくそのオファーを提示するものの、満足な交渉の時間を得られないままタイムアップとなりました。

まぁ、水面下では我々には到底窺い知れない激しい動きがあったでしょうし、ここで記した動きはほんの一部分でしょうが、概ねこんな感じで
推移していったように思います。なかなかトッテナムの動きが表には出てこなくてヤキモキしながら時間だけが過ぎていった印象ですね。


とりあえず前編はこの辺で。次回の後編では個人的な今冬の補強の評価と、移籍終了で確定した登録リストを基にした今後の展望を。

| Article | comments:7 | TOP↑

結局大きい動きはなしでしたね

キーンはピキオンヌと組むのかな・・・
うん、いい感じですね、彼なら心配ないでしょうね

ウルブズに移籍したオハラですが
余り知らないのですが出番はありそうですか?

ドスサントスはスペイン合いそう
すごく合いそう

長友とキャロルとトーレスは
びっくりでした

| とろろ | 2011/02/02 21:28 | URL |

ウッディは残留になって結果正解でしたね。キングがケガ再発で手術、カブールは1ヶ月半離脱。ドーソンはFAカップの退場により3試合でれない。ギャラスは腰痛。バソングとウッディは好きな選手なんで期待してます。

| takeru69life | 2011/02/02 21:38 | URL |

キーンの放出は寂しいですね……。長年、彼とレドリーこそクラブの象徴と思っていただけに。残念ですがこれからも闘志全開で頑張ってもらいたいですね。

計算できるFWが3人になってしまった以上、おそらく1トップが基本システムという形は当分続くことと思われますが、ここにきて左サイドでプレイできるベイルやモドリッチが次々倒れてしまったことがちょっと気掛かりです。
オハラもハドルストーンも居ないのでもうCHはJJとパラシーしか居ませんし、左はクラニチャルのみ。
モドリッチが復帰するまではおそらく2週間とのことですので、このシーズン最大の危機をハリーがどう乗り越えていくかは注目ですね。もちろんニコに燃えてもらうことが大前提で。

個人的には前線や中盤より、左SBが一番心配です。今季のエコトには何の不安もありませんが、元々彼は度重なる負傷が原因で定位置確保に苦しんだ選手。ここしばらくのフル稼働に祟られないことを願いたいですが、ちょっと心配です。彼の代役は不在ですからね。。。個人的にはオハラは出すべきでなかったと思っています。

| sini | 2011/02/03 18:25 | URL |

アダムはイイ選手ですが冬にとる選手ではないですし、セントラルはケガ人さえ出なければ補強しないでイイと思います。


FWは欲しかったとこですね!
キャロル、トーレス、スアレスといった有名選手の移籍に乗りたかったですね。
やっぱりボクはオデムウィンギー推しです(笑)


今日モドリッチのケガで久々のクラウチとデフォーの2トップで結果出して勝ったのでこのまま続けてCL上位進出と最低来期CL狙って頑張って欲しいです!!

| マサ | 2011/02/04 00:05 | URL |

>とろろ さん
結局大きな動きが無かった今冬ですが、あまりにも移籍金が高騰していたので結果的には良かったのでは?という気がしないでもないですね。FWは一人加えたかったのは事実ですけどね…。

キーンは問題なくやると思います。さっそくデビュー戦でゴールしてますし^^ 
オハラはウルブスでもレギュラー争えるレベルですね。キック精度も高いし、運動量豊富で複数ポジこなせるマルチロールですから中堅以下ならどこでもやれると思います。
ジオはスペインの方が合ってると思うので頑張って欲しいですね。

>takeru69life さん
ウッディが復帰となればかなり大きいと感じますし、やはり心配したとおりCB陣が駒数の割に計算立たないので残して正解でしたね。

>sini さん
キーンはなんだかんだ言ってやっぱり移籍が決まると寂しいですね。ただ、ベンチで暗い表情見せてるより他のユニでも頑張ってる姿を見れる方が嬉しかったりもします。さっそくゴールも決めましたしね^^

今後のシステム含めてどう戦っていくかかは注目ですね。残り10数試合ですが、差もわずかで最後まで取りこぼせないギリギリの戦いが続きますからね。そこら辺は総括の後編の記事にも少し展望として書いてみようかなと思ってます。

>マサ さん
アダムは個人的にも前半戦のプレミアで驚いた選手の一人ですね。視野も広いし、長短のパスセンスなどはいいモノを持ってると思いました。ただ、補強する必要性としては薄いかな…と。ややハドとかぶるので彼が復帰すれば特に問題ないでしょう。

FWは結局失敗しましたが、やはりシーズン途中の補強は難しいですね。今回はそれに加えてF・トーレスの移籍絡みで価格が荒れたので余計に難しくなったかな…と。ただ、有名選手だから欲しいというよりかはあくまでスパーズのスタイルに合う(且つクラブの財政で手の出せる)選手を補強すべきと考えています。課題は夏に持ち越しですね^^

仰る通り、今季はCLも残ってるし、再びリーグでも4位を達成するという難しいミッション、チーム一丸でなんとか勝ち続けて欲しいですね!

| 管理人 ゆーや | 2011/02/04 00:40 | URL |

いつの間にかブログのヘッダーが変わってる・・・Coolでいいじゃないですか^^
オハラのローンには僕も疑問符が付きますね。ただでさえレフトバックが不足しているというのに。ローンバックもできなさそうですし。ベイルが復帰するまでエコトが何事も無く頑張ってくれればいいのですが。いくらバソングやッギャラスが一応こなせるといえども、うまく行ったためしがないですし。やっぱりここの補強は急務ですよ。

"Deadline-day"は僕も初めてリアルタイムで注視しました^^スパーズ関連はことごとく残念な情報ばかりでしたが、リバポやチェルシーの動き、そして長友と、夜を徹して楽しく"観戦"できました♪両者ともまだ試合残っているので厄介になりましたね。それまでに勝ち星を着実に積み重ねとかないと><

| もみじぃ | 2011/02/04 05:29 | URL |

>もみじぃ さん
ヘッダーは実は複数パターンあって地味~にローテーションしてるんですよ(笑)

オハラのローンは僕も疑問なんですよね。ハッドの負傷でセンターで守備的にふるまえるMFが少ない&左SBのバックアップ考えると最適な人材。ギャラスはたぶんもうSBとしては起用しないと思いますし、バソングも出来るとはいえやっぱりCBの選手ですしね。

移籍最終日面白かったですよね^^あれもまた一つの戦いなんだと再認識しましたね。リバプールの前線補強は羨ましく思いましたが、スパーズも現有戦力で十分戦える選手が揃ってるので期待したいですね!

| 管理人 ゆーや | 2011/02/05 22:26 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。