PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【第27節】 トッテナム vs サンダーランド

イングランド・プレミアリーグ10/11 27節

Sunderland 1 - 2 Tottenham Hotspur 
         
Stadium:スタジアム・オブ・ライト

              前半   後半   合計                               
サンダーランド  1  0  1             
トッテナム  1  1  2
得点
Spurs:ドーソン、クラニチャール
Black Cats:ギャン

1011 27
Sub:Cudicini , Bassong , Khumalo , Woodgate , Crouch


今季は手堅い守備を武器にヨーロッパを伺う位置につけている難敵サンダーランドとの一戦は開始早々に先制される苦しい展開ながら
執念の追い上げを見せての逆転勝利。リーグ戦の連勝を3に伸ばし、直後に控えるCL決勝ラウンド1回戦に向けて弾みをつけています。

■前半:相手の激しいプレスに圧される劣勢の展開
試合は開始早々からサンダーランドの前線からの激しいプレスにさらされ、思うようにリズムが作れず非常にタフなゲームとなりました。
先制したのは序盤から試合を優位に進めていたサンダーランド。リチャードソンがサイドから起点を作りクロスを放りこむと、
若干マイナス気味に流れたもののギャンが素晴らしいコントロールでボールを収め、鋭い反転からのシュート。これが左隅に決まる。
マークにつくドーソンも一瞬対応が遅れ、ゴメスも懸命に手を伸ばしたものの及びませんでした。この場面、ギャラスがスパイク交換の為に
外に出ていた時間帯で、それが失点に繋がってしまうという失態。ちょっともったいない失点でしたが、ギャンの得点感覚と個人技を
褒めるべきかもしれません。ギャンはその後も1トップとして抜群の存在感。キープ力もあるし、裏へ抜け出すスピードも驚異的で、
緩急をつけるマルブランク、突破が魅力のリチャードソンに新加入のセセニョンが絡むアタッカー陣はなかなかに手強かったな…と。
今季はチェルシー戦での3-0完勝を含めて、上位陣相手にも互角に渡り合い、ここまで7位をキープしてるのもうなずけるというもの。

前半は完全に主導権を握られ、チャンスらしいチャンスはほとんど作れずじまい。前半のチャンスといえば、覚えているだけでも
ニコのヒールパスを受けたパブが苦しい体勢でシュート放った場面とオーバーラップしたエコトのクロスがDFにブロックされた場面くらい。
サンダーランドがかなりアグレッシブな守備を仕掛けてきたことで、中盤で自由にパスを回させてもらえず、苦し紛れのバックパスが多く、
バックラインからの前線へのフィードも著しく精度を欠いたことからセカンドボールを拾われ、波状攻撃を許す苦しい時間帯が続きます。
2トップのデフォー&パブリュチェンコにはほとんどボールが届かず前線は孤立し、中盤の激しいせめぎ合いでも相手に分があり、
リズム良くポンポンとパスが繋がるサンダーランドとは対照的に、スパーズはまともに攻撃の時間すら与えてもらえませんでした。

トッテナムにとってはかなり厳しい展開でしたが、前半終了間際にセットプレーから同点に追いつきます。ピーナールの蹴ったCKを
中央で待ち受けたドーソンが執念のヘッダー。ギャラスがGKゴードンの視界を遮る好プレーも手伝ってゴードンの股間をすり抜けゴール。

このゴールは非常に大きかったですね。ほとんど何もさせてもらえなかった45分でしたが、セットプレーのワンチャンスをゴールに繋げ、
いい形で後半を迎える事が出来た。もしもこのゴールが無かったら後半も前半同様にズルズルやられてたかもしれない。そう思わせる程に
この日の前半の両チームの出来には差があったし、このゴールは押せ押せムードのサンダーランドに冷水を浴びせたという意味でも、
価値のある同点弾だったように思います。ギャラスのナイスアシスト(?)もグッジョブ。スパイク交換の失態を少しは取り返したな(笑)

■後半:執念で逆転。ネバーギブアップの精神
後半も開始早々、リチャードソンがドーソン、チョルルカ2人のマークをものともせずにキープしてCKを奪取するなどサンダーランドが前半の
勢いそのままに攻勢に出る。ドーソンの同点弾でも流れは変わらないか…と心配が募ったものの、ここで頑張ったのが右サイドの二人。
まずはピーナール。機を見て相手守備陣にとって嫌がる絶妙なタイミングと危険な位置にスッと入り込んでいくポジショニングが巧みで、
精度の高いクロスを放りこみドーソンの頭にピンポイントで合わせてチャンスを創りだすなど、次第に流れを手繰り寄せる。
守備でも一切手を抜かず、一列後のチョルルカをしっかりサポートして二人で連携して挟み込んでボールを奪う場面も見られた。

前線からの激プレスでやや運動量が落ちたサンダーランドを尻目にようやくリズムを掴んだトッテナムが反撃に転じると、迎えた57分。
今度はチョルルカがスペースへサンドロを走らせる絶妙なパスを通す。受けたサンドロがクロスを放りこみ、DFに跳ね返されたものの
そこに詰めていたのがニコ。浮き球をしっかりとミートする素晴らしいダイレクトボレーが豪快にゴールネットに突き刺さり逆転!

見よ、この爽やかな笑顔!(笑)前節に引き続き貴重な決勝ゴールを叩き出す素晴らしい活躍。全く恐れ入りました。よっ!イケメン!
チョルルカが起点となり、最後はニコがフィニッシュ。共に先発の座を奪われたいた二人のクロアチアンが最高の結果を出しましたね。

攻守に渡って素晴らしい働きをしていたピーナールが怪我で退くアクシデントはあったものの、レノン、パラシオスを立て続けに投入し、
終盤に受けたサンダーランドの波状攻撃をチームの全員が集中力を切らさず戦い、しっかりと耐えぬいてタイムアップ。
ロスタイムまでハラハラさせられたけど、スタジアム・オブ・ライトでのサンダーランド戦を逆転勝利で終える事が出来ました。
2トップが連携で崩した場面は皆無だし、そもそもFWを有効に活かすような戦い方も出来ていない。デフォーの動きは終始冴えなかったし、
パブもほとんど仕事していない。純粋なサイドアタッカー不在で攻撃が中央に偏り気味、エコトは集中欠いて、得意のフィードもてんでダメ。
ツッコミどころは多々あるけど、この日は離脱者も多いし、内容云々よりも結果が欲しい一戦だったのでよしとしましょう。

■示した層の厚さ。控え組の意地
この日はモドリッチが虫垂炎で、ベイル、ラフィーが共に怪我で欠場し、レノンは直後に控えたCLを見据えたであろう温存でベンチスタート。
今季はなかなか出場機会が得られず不遇な時期を過ごしていたニコにとって、レギュラー奪取をアピールするまたとないチャンスでした。
そんな中、先発で送り出したレドナップの期待に応えてしっかりと結果を出した。彼にとっても、チームにとっても大きいゴールでしたね。
この日のニコは守備でも懸命に体を寄せて頑張っていたし、モドリッチやラフィーがいない中で懸命にゲームをつくろうと奮闘していた。
ゴールして以降は少し存在感が薄れてしまったのが惜しいけど、全体を通してはよくやったと思うし、及第点以上の働きではありました。

そして、個人的に讃えたいのが両CMFの二人。ジーナスとサンドロ。前半はサンダーランドの激しいプレッシングに苦しめられ、
細かなミスが目立ったけれど、後半になってきちんと修正。共に運動量豊富に中盤を走りまわり、懸命にスペースを埋め、体を張った。
サンドロがとても良かったですね。守備も頑張ってたし、前線のスペースに走りこんで攻撃に絡む姿勢も何度か見られて非常にポジティブ。

前半のシュートはちょっと滑って体勢を崩したけれど、走りこむタイミングは完璧だったし、ニコの決勝弾も彼の飛び出しから生まれたもの。
今夏に加入以降、出場時間の短さもあってどういう選手なのかイマイチ特徴が掴めなかった彼ですけど、なんとなく彼の持ち味というか、
得意とするプレースタイルが垣間見れたような試合だったと思いますね。正にBox-to-Boxといった感じ。攻撃のセンスもなかなかありそう。

一方のジーナスは攻撃参加は出来ずじまいだったけれど、常に味方がパスを出し易い位置にポジションをとってパス回しの潤滑油になり、
相手ボールになると攻撃を遅らせるポジショニングの巧みさが目立った。サンドロとのコンビは初めてで最初は役割分担が曖昧だったけど、
サンドロが前線に飛び出していけるように守備に専念してサポート役に回り、ピンチになりそうな場面では体を投げ出して防いでみせた。

ハッキリいって地味ですよ。今日のジーナスのような仕事は。ぼ~っと観てたら何もしてないように見えるから。でも、違う。
彼がどれだけ汗をかき必死に走ったか。ロスタイムで誰もが疲労困憊の中、一番疲れてるはずのジーナスがプレスかけてましたよ。
ああいう姿勢が逆転を生むし、苦しい展開を凌ぐ事に繋がるんです。ニコのゴールも素晴らしい。だけれど、同じぐらいジーナスの
ハードワークを僕は讃えたいですね。もちろん、サンドロも。この日は凡ミスも少なかったし、今季の中では一番いい出来だったのでは。

ニコやチャーリーにしても、両CMFにしても、今季ここまでは主力とはいえず控え組(この表現はあまりすきじゃないけど)の選手たち。
でも、こういう選手たちが主力の離脱の穴を埋める活躍を見せてくれるととても嬉しいですし、チームのレベルはまた一段上がる。
敵地で先制されながらも逆転で勝ち点3を持ち帰ったこの日の結果は、この先の終盤戦に向けて重要な意味を持つ勝利なんじゃないかな。

今日のGood チョルルカ。彼らしい堅実な守備は見ていて久しぶりに頼もしさを感じた。逆転弾の起点となるパスもお見事。
今日のBad  デフォー。彼を生かせない「供給する側」の問題もあるが、それを差し引いても存在感が希薄。

| マッチレポート | comments:13 | TOP↑

ニコがまたもやってくれましたね^^
この勝利は本当に大きかったと思います。
ミラン戦は、モドリッチがまだ無理そう、ジーナスが累積警告ということで、CMFはパラシオスとサンドロということになるんでしょうか
サンドロは徐々に持ち味を発揮し始めているようなので、モドリッチの穴を埋めるような活躍を期待しています(それはさすがに荷が重いですかね…)
ミラン戦、楽しみにしています!

| LSB | 2011/02/14 16:22 | URL |

怪我人が多い中、3連勝!
これは大きいですね。特にニコのここ最近の活躍は素晴らしいです。

ミラン戦、ベストメンバーではないですがピルロがいないむこうも同じ。
楽しみですね!期待してます!

| amako | 2011/02/14 17:07 | URL | ≫ EDIT

内容はさほどよくありませんでしたが

最近サブ組の調子の良さがチームを活性化させてくれてますね!

ケガ人の多さや、ミラン戦に向けて温存など決してベストメンバーではない状況だったにもかかわらず、
試合巧者=メンバー変わっても結果出せるチームになりつつある気がします。


ですがFWだけはその流れに乗れてなく本調子とは程遠いですね。
失点は減ってきてるからまだ勝ててますがこのままだとキツいですね。
まずシュートに行く回数も少ないので

『オレが点を取って勝たせる』ぐらいの気持ちもってがむしゃらにゴールに向かって欲しいです。

| マサ | 2011/02/14 17:31 | URL |

ニコはさすがの一言ですね!!
あとサンドロもすごくよかったと思います!!

おそらく敵の攻撃に苦しめられるであろうミラン戦。
個人的にはキーマンはデフォーだと思っています。
ワンチャンスをものにできるか否か、彼の復調を期待してます。
サンシーロでアウェイゴールをとってホームで完勝。
非常に楽しみですね!!

| あり | 2011/02/14 18:04 | URL |

久しぶりに書き込ませていただきます。

クロアチアが好きだったりするのでニコやチャーリーの復活は嬉しいです!

ですがやはりFWが点取れていないのは痛いですね…


ラフィーやベイルが取ってるので何となく気にしてませんでしたが、ミランのような相手となると、FWが決めるとこで決めないと、勝てる試合も落とす事になりそうで…

新戦力が来るとか来ないとか、移籍するとかしないとかでゴタゴタしてたのも影響してるかもしれないですが、やはりキッチリと仕事して欲しいっすね。
特にパヴとか(笑)


ま、とにもかくにもミラン戦、アウェーなので、まずは負けない試合をして欲しいですね!!!

| スープカリー | 2011/02/14 19:37 | URL | ≫ EDIT

サンダーランド戦勝って良かったです。控え組でも遜色ない所を見せてくれているニコには頭が下がります。

FWは厳しいですね。ミラン戦はそれでも442でピーナール、ニコを起用して欲しいです。理由はラフィーが出ると2人の得意なエリアが埋まってしまう恐れが、それならFWには守備をしてもらった方が、ラフィーは相性の良いホームでクラウチとセット起用で。後レノンはデフォーに変えて切り札として起用ですかね。

| takeru69life | 2011/02/14 20:57 | URL |

ナイスシュートでしたね
「やった!!入った誰・・・クラニチャールや!!
復活や!!やったぁ」てな感じでした

思ったのは層がすごく厚いなぁてことです
ベストメンバーが半分ぐらいしかいないのに
しっかりと結果を残せてるのはすばらしいかと


エコトはそろそろフル稼働の疲れが出てきたのかな
心配も多いですがミランをコテンパンにしてほしいところ
カッサーノが怖いなぁ

| とろろ | 2011/02/14 21:00 | URL |

いいですねぇニコ。得点を挙げることのできないFW陣に活を入れてくれる素晴らしいゴールでした。ゴール以外にも決定機に絡めていましたし、好調ぶりは十分アピールできましたよね♪

ピーナールも良い判断でボールを供給できていましたし、チョルルカも安定した守備の他に右のスペースを見つけサンドロを走らせるブリリアントなパスを披露。あんなパスを出すチョルルカは昨シーズンも見たことない・・・ような気がします(多分ないはず…)。それにしてもチョルルカとギャラスのコンビでもこの日のギャンはあまり封じることができませんでしたね。ギャラスのコンディションがあまり良くなかったとはいえ、これはもうギャンさんを褒めましょう。うん。デフォーも見習え!

チョルルカ、ニコも良かったですが、僕はサンドロをMoMに挙げたい。今までの彼を見る限り、獲得したのは失敗だったと考えていたのですが(まだまだこれからの選手ですが…)、プレミアに慣れてきたのかプレイに少し落ち着きが見えてきたと思います。もちろんジーナスが後ろからサンドロの動きをよく見て気を利かせてくれたからこその活躍でしたが、僕の中の『ハズレ感』はこの試合で少し消えました。ハッドは冬休みから戻ってこないし、時差ボケ?のパラシオスも今季は不安定ですし、完全に品薄状態の守備的MFとして今後も順調にパフォーマンスを維持して欲しいです。

一方エースストライカーの方ですが、前節ボルトン戦では決定機を決めることができなかったものの、動きとしては良くなっていたので期待したのに・・・。今回は全く良いところがなかったですね。2トップへのボールがかなり少なかったのは仕方ないものの、持ち味の一つであったフォアチェックへの姿勢もあまり見られなかったのではないかと思います。深刻ですねほんとに。。。


SKYに『Heartbreak for Jenas』という記事がありました。モドリッチがいない中、苦しい試合内容ながらも中盤で3連勝に貢献してくれていますが、1st Legに出れない彼の胸中が記事からも痛いほど伝わってきます。試合終了間際の苦しい時間帯でも、痛み止めを打って強行出場した試合でも歯を食いしばって走り続ける彼の姿勢には『プロフェッショナル』という言葉がよく似合いますね。2nd Legには出場できるようしっかりコンディションを整えて欲しいです。

| もみじぃ | 2011/02/14 21:34 | URL |

>LSB さん
ニコやってくれましたね♪思い切ったシュートは彼の持ち味ですが、それが存分に生きてますね!
CLは怪我人続出の状況で誰が出るか全く想像つきませんが、誰が出てもやってくれると信じてますよ^^
サンドロはこの試合ではなかなか良かったので出番が回ってくるかもしれないですね。期待してます。

>amako さん
同感です。この3戦は本当にタフでしたが、3連勝と最高の結果を出してくれましたね。
CLはもう思い切ってぶつかるだけですから、敵地でも呑まれず自分たちの力を出し切ってほしい。
怪我人続出で苦しい状況ですが出来るだけ失点抑えてアウェーゴール奪い、得意のホームに望みを繋げれば…と思います。

>マサ さん
そうですね^^内容悪いなりにでも勝ちきれる逞しさが出てきましたし、サブの活躍でというなら尚更嬉しい。
こういう試合でまた一つチームは成長するし、結束も高まると思いますしね^^

FWの低調は僕も心配してます。チームとしてFWを活かす意識がもう少し必要だと感じますし、
それより何よりFWの面々が自信を失っているのが気になります。特にデフォー。彼は自信さえ取り戻せばまたチームを救うゴールをあげてくれるはず。いち早く本来の姿を取り戻して欲しいと切に願っています。

>あり さん
ニコは流石の得点力でしたね^^サンドロも今季では一番良い出来だったと思います。
CLは恐らくは劣勢になると僕もみています。チャンスはわずかでしょう。その数少ない決定機をいかに決めるか。
もちろんデフォーには期待してますし、彼ならやってくれると信じてますよ。楽しみですね^^

>スープカリー さん
ニコもチャーリーも本来の力を発揮してましたね^^今季は苦しんでる二人ですが、やはり能力は高いし、戦力として十分計算出来る選手と改めて示してくれました。特にチャーリーの復調は大きいと思いますね^^

CLは厳しい試合になると思いますし、チャンスも少ないでしょうから数少ない決定機をしっかりモノにして欲しいですね。
デフォーにしろ、パブにしろ足りないのは自信だけ。思い切って貪欲にガンガン狙って欲しいですね!

>takeru69life さん
苦しい展開でしたが、非常に価値ある勝利となりましたね^^
CLはどういう面子が揃うか分からんので布陣も読めませんが恐らくは1トップクラウチ&ラフィーで手堅くいくのでは…と思います。
ただ、デフォーにも出番は来るでしょうし、ニコ&ピーナールは好調なので期待したいところです。
大事なのはどういうシステムでいくかではなく、システムに関わらず自分たちの持ち味を出せるか否か…でしょう。

>とろろ さん
ニコはやっぱりここぞ!という時にしっかり決めてくれますね!ホント、頼りになります。
層の厚さを示せたのは大きいですね。どれだけ選手を抱えててもそれで結果を出せないと本当の意味で層が厚いとは言えないので。
こういう主力がごっそり抜けた中でも結果を出せたのはチームにとってポジティブだと感じます^^

CLは厳しい戦いになりそうですが、思い切ってぶつかってくれればそれで満足です、僕は^^
出来れば最低限アウェーゴール奪ってホームに望みを繋いで欲しいですけどね。

>もみじぃ さん
ニコの決定力をほんの少しでもFWに分けたいぐらいですね(笑)FW陣しっかりせいと!
チャーリーはかなりいい出来(というか、彼は元々これぐらいがデフォルトなんですけど…笑)でしたし、ピーナールは相変わらず平均点以上の働きをしてくれるし、ニコも好調。ポジティブな要素が多かったですね。

サンドロは僕もかなりいい出来だったと思います。思い切って前線に飛び出していく積極的な姿勢も目立ったし、守備においても凡ミスが減った。彼自身も少しプレミアの流れに慣れてきたのかも…ですね。
まだ太鼓判を押すには早いですけど(笑)これぐらいの働きをしてくれれば今後もチャンスは来そうですね^^

FWはこの日については散々でしたね。まぁ、彼らだけを責めることは出来ないんですが、それにしても元気が無い。
特にデフォーが完全に精彩を欠いてるのが気がかり。自信さえ取り戻せばリーグ屈指の点取り屋の力はあるはずなので、いちはやい復調を待ちたいところ。やはり彼が戻ってこないと厳しいですもんね。

ジーナスは彼に求められてる仕事はしっかり果たしていたという印象です。プロ意識はすこぶる高い男ですからね。
もっと出来るはずの選手だし、ガンガン前にいく姿も見たいですが、チームの為に黒子に徹して頑張る姿勢は
評価してあげたいなぁ…とは思います。累積停止でCL出れないのが残念ですね。

| 管理人 ゆーや | 2011/02/14 22:59 | URL |

どうやら好調サンダーランドを相手に思いきったターンオーバーをしたようですが、勝ててよかったですね。また観戦ができなかったので詳しくはわかりませんが、皆さんおっしゃるように今季は本当にFW陣に得点が少ないですね……キーン放出を後悔するような事態にだけはなってほしくないですが、デフォーがこうまで点をとれなくなるとはハリーも計算外でしょう。


ミラン戦の欠場者ですが、レドリー、ハドルストーン、ベイル、モドリッチ、JJの五人が確定のようですね。カブール、パラシオス、ラフィー、ウッドゲイトも万全にいけるかどうか……。こんな状況だけにニコの好調がとても頼もしいです。

とりあえずミラン戦のノルマは、間違ってもプリンスにだけは決められないこと!
グンナーのフラミニならまだ許せるけど、ボアに決められんのだけは(使い物にならなかった印象が強いだけに)悔しすぎるので。笑

| sini | 2011/02/15 00:02 | URL |

ゴメスさんのカード貰った後のミスキック(笑)
動揺しすぎてて笑ってしまいましたよ(^^)

| コメス | 2011/02/15 10:27 | URL | ≫ EDIT

 すみません、元ベイルさん・・;
 ベイルの動画編集もしていたので、遂確認せずにそのまま使用していました。
 ベイリズムに改名いたします。
 
 トッテナム勝ちましたね!!
 縦に早くてフィジカルが強いトッテナムは比較的CLに向いているのかもしれません。レノンはさすがに素晴らしいです。
 クラウチも得点決めまくりの絶好調ですし、このまま得点王になってくれたら嬉しいです。

| ベイリズム | 2011/02/16 07:12 | URL | ≫ EDIT

>sini さん
控え組主体であってもしっかりと結果を残せたのは素晴らしいし、今後に繋がると思いますね。
FWの不振が深刻ですね。なんとかいち早く復調して欲しい。特にデフォーは一つゴール出ればポンポン入れるような気がしてるんですが、最初の一つがなかなかこないですねぇ(苦笑)

ACミラン戦はしっかりとアウェー用の戦いで最低限の結果を求めにいったところ、思わぬオマケがついてきたって感じでしょうかね^^詳しくは後日のマッチレポにて。

>コメス さん
ゴメスは割と顔に出るタイプなので(笑)あと、一度慌てるとその試合は最後までハラハラさせてくれますね。
その分、ノッてる時は神懸りなセーブを連発しますが^^

>ベイリズム さん
今後はベイリズムさんでいくということですね。了解です。
CLは予想以上に上手くいったな…という感想です。詳しくは後日のマッチレポにて^^

| 管理人 ゆーや | 2011/02/17 01:07 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。