PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011’フットボールクラブ収入ランキング

毎年恒例ではございますが、国際的会計監査法人デロイトによる世界クラブ収入ランキングが出ましたので今年もお届け致します。

Deloitte Football Money League - 2011    Deloitte Football Money League2011(PDF)
※(単位:百万ユーロ 2011/02/20現在のレート100.0 = 約113億8600万円)

1011.収入ランキングjpg
※Ticket = 入場料収入 TVRights = TV放映権料収入  Trade = 商業収入(スポンサー、ユニフォームサプライヤー契約含む)

比較対象として前年(2010年)のランキングを見たい方はこちらを参照→昨年のランキング(別窓で開きます)
◆Deloitte Football Money Leagueの概要を簡単におさらい

●単純にクラブの収入のみをフォーカスしたものであり、支出を含めた営業利益を考慮したものでは無い
よって、オーナーの資産やポケットマネーの類、選手の移籍で発生した収入・税金等も対象外。
●Matchday(入場料収入)、 Broadcasting(放送料収入)、Commercial(商業収入)の3本立てで構成されている
当ブログではより解りやすいようにTicket、TVRights、Tradeとして表現してます。
●今年度のランキングは昨季、すなわち2009/10シーズンの実績を基に算出されている

まず全体の傾向として、この上位20クラブの大半がCLグループステージに進出したクラブ(20クラブ中14クラブ)であるということ。
更にそのうちの10クラブは決勝ラウンドにも進出しており、このCLへの出場がTV放映権料、チケット収入の増加にに大きく寄与しています。
※ちなみに、CLはそもそも出場しただけでかなりの収入が得られます。09/10シーズンの分配方式で算出しても、グループリーグに
出場しただけで€380万、更に1試合毎に€55万が加算され、更に勝利すると€80万が加算、引き分けでも€40万がクラブに入ってくる。
更には決勝ラウンド進出決定で€300万、ベスト8で€330万、ベスト4で€400万が加算されていき、準優勝で€520万、優勝で€900万を
受け取る事が出来ます。これは非常に「おいしい」収入源ですよ。各クラブがこぞってCL出場を目指すのもうなずけますよね。
ちなみのちなみ、優勝したインテルはCLだけで実に約€4900万(出場ボーナス+勝利給+TV放映権料)の荒稼ぎ。凄まじい額ですよ。
これに加えて各試合のチケット収入やそれに付随した諸々の収入もあるわけですから、CLがマーケット面でどれだけ重要かが分かります。

また、上位10クラブの顔ぶれは多少の順位の変動はあれど昨年と変わらないのに対して、10位以下のクラブには大きな動きが出ました。
特に際立つのがマンチェスター・シティの躍進。前年19位から8ランクUPの11位。巨額な資金を持つ富豪オーナーの存在ばかりが
クローズアップされますが、クラブとしてもそれに頼らず収入をあげることが出来る体制への整備が進んでいると捉えていいでしょう。
まぁ、マンCの場合は収入を大きく上回る、それこそ途方も無い程に巨額の赤字を出してるのでまた別のお話になってきますが(笑)

続いて、収入の3本柱における傾向を簡単にまとめてみましょう。それぞれのリーグ毎で特徴があり、非常に興味深いです。

●TV放映権料:2強(レアル・マドリー、バルセロナ)が独占による歪みが顕著なリーガ
今年のランキングでも前年に引き続きリーガの2強がワンツーフィニッシュを飾っています。それも他を大きく引き離している。
これはリーガのTV放映権料の分配方式が大きく影響しています。リーガは他のリーグと大きく異なり、この2強のほぼ独占状態。
セビージャのデル・ニド会長が2強の独占状態の現状を痛烈に批判したという記事が最近あったように記憶してますが、さもありなん。
今年は昨年と違い、2強に続いてA・マドリーが堂々17位でのランクインを果たしていますが、TV放映権料を見れば2強との間の差は歴然。
この問題を解決しないうちは2強とその他大勢で格差が非常に大きいという図式がそう容易くは変わることは無いように思えます。

●チケット収入:安定した増員力を背景に収入を確保するプレミア、セリエAの抱える問題
チケット収入においてはプレミア勢の堅調が目立つ一方で、セリエAがトップレベルのクラブでもプレミアの中堅とさほど変わらないという
特徴が出ています。これは自前のスタジアムを有し、加えて毎試合ほぼ満員の観客を呼び込めるプレミアと、自前のスタジアムを持たず、
客離れも深刻化しているセリエとの差が顕著に出たというところでしょうか。今後はファイナンシャル・フェアプレー制度(以下FFP)の導入を
見据えて、セリエAでも各クラブが自前のスタジアムを建設し、保有するという流れへの転換を迫られる時期が来るかもしれませんね。
僕はセリエA事情にはとんと疎いので、現状どれ程のクラブがスタジアム持ってる(或いは建設計画がある)かは知らないんですけど(笑)

●商業収入:長い年月で積み上げた実績、メガクラブの強み
最後にその他の商業収入ですが、これはもう単純にクラブの営業努力の賜物だと思います。一朝一夕では築くことの出来ないブランド力。
スポンサーもそうですし、ユニフォームサプライヤーも然り、巨額の契約を結べるという事はクラブとしてそれだけの価値があるという事。
それに加えてユニフォームの売上等も含まれてくるので、世界的な知名度、人気、実力を有するクラブはこの分野ではやはり強いです。
そういう意味においてはレアルはやはり一日の長がありますね。いち早くマーケティングの重要性を認め、クラブのブランド力を高めた。
近年のリーグやCLでの成績ではバルサに遅れをとってる印象がありますが、世界的にみればレアルのブランド力はやはり強大なもので、
FIFAからも、先日発表されたIFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)からも贈られた「20世紀最高のクラブ」の栄誉は伊達じゃないですね。

■トッテナムの09/10シーズン収入総括
●前年度より順位が3つアップし、12位にランクイン!(拍手)
●クラブがあげた収入はこれまでのクラブ史上最高を記録。(拍手)
・チケット収入:1試合当たりの収入は£150万に留まる。これはWHLのキャパシティが36,240人収容によるため。
更なる収入増加の為にクラブは新スタジアム建設計画を推進中。ノーサンバーランド建設計画(NDP)とオリンピックスタジアムへの
移転の2案を並行して検討していたが、オリスタの入札はハマーズが優先候補に内定。NDPは北ロンドンに留まること、56250人の
収容を保証するものの、ここまでは地元からの全面的なバックアップが思うように得られず計画は難航中
・放映権料:2009/10シーズンは欧州戦が無いにも関わらず前年比15%UPを記録。
・商業収入:前年比10%UPを記録。
09/10シーズンはマンション社とのメインスポンサー契約最終年。1年当たり£850万。
10/11シーズンからはスポンサーが変更。リーグはAutonomy(オートノミー)、カップ戦はInvestec(インベステック)に。

09/10シーズンはピッチ内での成功が著しく、プレミアリーグ発足以来最高のリーグ4位で終え、CL出場権を確保しました。
好調なチームの後押しもあり、収入は軒並み増加。本拠地のホワイトハートレーンが収容人数が36,240人と規模が小さいながらも
チケット収入が堅調なのはプレミア内でも屈指のチケット代の高さにも関わらず、毎試合ほぼ満員で埋め尽くす熱狂的なサポーターの力。
2010/11シーズンはCLにも出場、現段階でベスト16に勝ち残っているため、大幅な収益増が見込めることに加えて、今年のベスト10の
リバプール、ユベントスがCL出場権を逃していることから、来年のランキングではベスト10入りも見えてくるかもしれませんね。
ただ、トップ10入りして尚且つ常連となるためには、安定したピッチ内の成功(毎年継続してCL出場)と新スタジアム建設は不可避。
特に難航してる新スタジアム建設はなんとか前進させたい。シーズンチケットの待機リストも数万を抱えるプレミア屈指の人気クラブの
サポーターの要望を満たすためにも、安定した収入を確保する意味でもハード面の増強は重要です。これが叶えばクラブの未来は明るい。

●まとめ
僕自身、クラブの財政とか経済的な話には疎いですし、各クラブやリーグの現状をきちんと把握しているわけでは無いですから、
非常にザックリとしたまとめでツッコミどころも多々あるでしょうが、大体こんなもんか~とおおらかな気持ちで捉えてください(笑)
今後はFFPの段階的な導入が控えているので、各クラブがこれまで以上に収入の確保と、支出の減少が求められるでしょうね。
そういう意味ではこのランキングは現段階ではあまり意味の無いものとなってますが、数年先にはクラブの財政的な「体力」を図る
大きな指針になる可能性はありそうです。クラブの収入を超える支出が出来ないとなれば、収入をどれだけ上げるかが重要ですからね。

| Article | comments:5 | TOP↑

2強すごすぎですね
まぁでもトッテナムの経営は比較的健康という話は聞きますし
やはりCLの出場というのもみても良い循環だと思います

話は変わりますがカイルウォーカーがこの前点を取っていましたね
あんまりわからないですがスパーズで早く見たいです
あとウルブスの試合みましたがオハラかなり頑張っていました
試合には負けてしまいましたがこのまま頑張ってほしいです

| とろろ | 2011/02/20 13:44 | URL |

どうもこの手の話には疎いので、勉強になります。

UEFAカップベスト8、FAカップベスト8、カーリングカップベスト4、プレミア5位の偉業を成し遂げたヨルの06/07シーズンに莫大な収益UPがあったことは記憶に新しいですが、昨季はヨーロッパでの試合もなく各カップ戦の成績が芳しくなかったにも関わらず収益を上げたということで、それだけプレミアにおけるスパーズの価値が上がったことを意味していると考えられますね。
この数字のUPですが、序盤は上位陣と凌ぎを削り合い、終盤には最後まで熾烈な四位争いを繰り広げたことでスパーズとシティには各国から注目が集まり、その結果として放映権料の増額に繋がったことが要因ということになるのでしょうか。逆に言えば、もしシティやリヴァプールが何ということなく沈んであっさりスパーズの四位が決していたら、この増額はなかったかもしれませんね。
その意味では互いに良きライバルチームに恵まれたことを感謝すべきなのかもしれません。

今季は信じがたいことですが順位争いのライバルにはあのチェルシーが居ますので昨季以上に厳しい戦いになると思いますが、うまくいけばスパーズへの注目はさらに増すことでしょうし、期待したいです。
まあ欲を言えばアーセナルより上に行ってもらいたいんですけどね。笑

| sini | 2011/02/21 15:00 | URL |

>とろろ さん
二強はズバ抜けてますよね。特にリーガのTV放映権料の不均衡はなかなかにエグイ(笑)まぁ、それもこれも魅力あるコンテンツということで一つの「クラブの価値」をはかるモノサシではあるんですが、他のクラブにしてみればたまらんでしょうね。
スパーズに関しては順調と言えるでしょうね。今回のは収入のみの指標ですが、とりたてて大きな負債を抱えてるわけでもなし、オーナーのポケットマネーをあてにするでもなしでスタジアムに足を運んでくれるファンのサポートを基に身の丈にあった政策を貫いてるのは高く評価していいと思いますよ。実情を調べればとてもスパーズが「ネタクラブ」だなんて意見にはならないはず(笑)至極、真っ当ですよ。

>sini さん
僕も正直疎いので自分自身の勉強も兼ねてって感じです(笑)やっぱりなんでもそうですけど、どこぞやから与えられる情報そのまま鵜呑みにしてるだけじゃ知識は積み上がっていかないし、巷に溢れる情報を取捨選択する能力も養われないのでね^^

僕も細かい内訳であったり、各項目の金額の詳細なバックボーンまでは調べきれていないのでわからないですが、放映権料のUPに関しては仰る通りで上位争いを繰り広げたこと、魅力ある試合を数多く提供してることは一因になってると思います。今季はCLもありますし、昨季同様に最後まで上位を争い続けてまたCLの出場権を得る事が出来ればトップ10入りの道は開けてくるはずです。厳しい戦いが待ってますが、乗り切って再び4位以内を達成してくれるのを信じて応援していきましょう!

| 管理人 ゆーや | 2011/02/21 23:34 | URL |

大拍手、さすがLevi !

すばらしいReviewですね。
まったくその通りと思います。
WHLのサポーターは、すごいですよね。毎試合毎試合ほぼ満員。
地元のNorth Londonの人には高額なチケット代と思いますが、
本当に愛されたクラブだと思います。
クラブがはっきりとした方向性を持ち、
どうすればよりよいクラブになるのか、を見据えた
レヴィのマネジメントぶりは、今後さらに注目されることと
思います。
移籍市場を賑わせながらも大きな赤字を出さず、
クラブ経営を行っている点も認められるべきでしょう。
ぜひ、新スタジアムが無事施工され、さらなる成功を期待します。

| ユキッチ | 2011/02/22 06:23 | URL | ≫ EDIT

>ユキッチ さん
返信が大変遅れてしまい、すいません^^;
ホント、どんな状況でも毎試合満員近く埋め尽くすスパーズサポーターは素晴らしいですよね。低迷していた時から変わらぬ厚いサポートしてますからね!そのサポートに裏打ちされた、健全経営を貫いてしっかりと軌道に乗せてるレヴィの手腕と共に讃えたいです。

今後は新スタジアムの建設計画が進むことを願いたいですね。若干雲行きが怪しくなってるのが気がかりですが、今以上に進歩を果たすにはやはり不可欠ですからね^^

| 管理人 ゆーや | 2011/02/24 22:23 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。