PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【第18節 延期分】 トッテナム vs ブラックプール

イングランド・プレミアリーグ10/11 18節(延期分)

Blackpool 3 - 1 Tottenham Hotspur 
         
Stadium:ブルームフィールド・ロード

              前半   後半   合計                               
ブラックプール  2  1  3             
トッテナム  0  1  1
得点
Spurs:パブリュチェンコ
Tangerines:アダム、キャンベル、オルメロド

1011 18
Sub:Cudicini , Khumalo , Rose , Sandro


大雪の影響で延期されていたアウェーでのブラックプール戦。昇格組ながら攻撃的フットボールを志向するブラックプールの積極的な
姿勢の前に多くのチャンスを作りながら決定力を欠くと、逆に先制、中押し、ダメ押しを許し、痛恨の敗戦を喫しています。

■好感の持てるブラックプールの攻撃的フットボール
いやはや、恐れ入りました。ブラックプールの攻撃的な姿勢は素晴らしいですね。チャンピオンシップから昇格初年度のクラブの
目標は恐らくはプレミアリーグ残留だと思うんですよ。で、大概そういう場合、一番手っ取り早いというか手堅い作戦をとるならば
しっかりと自陣ゴール前に人数かけて引いて守って、少ないチャンスを縦ポン一発で狙うという消極的な策に偏りがちだと思うんです。
もちろん、それが悪いということではなくて上位クラブを相手に勝ち点を稼ぐ確率を高めるには、むしろそれが賢いやり方だと思うし、
生き残り策としては妥当だとも思う。でも、ブラックプールは違う。攻める。どこが相手でも、ホームでもアウェーでもお構いなしに攻める。
今季それほど多くの試合を観ているわけではありませんが、目にした試合はどれも同様にアグレッシブな攻撃的姿勢で臨んでいた。

この日も例外でなく、キャパシティーは少ないながらも熱狂的なサポーターの大声援を背に、オレンジ色の選手たちは躍動していた。
基本的には3トップ。前線は中央のDJキャンベルにビーティーとコルニレンコが有機的に絡む形。とにかくショートパスで繋ぐ、繋ぐ。
バックラインからも蹴っ飛ばさず繋ぐ。ただ、ショートパス一辺倒ではなく、時折大胆なサイドチェンジで局面をガラリと変えてきた。
その役を担ったのが中盤のアダム。ロングレンジのパスの精度とそのサイドチェンジのタイミングが非常に絶妙でかなり効いていました。

中盤ではパラシオスが懸命に潰そうと奔走していたが、ブラックプールは中盤での繋ぎ方が上手いのでスルスルとかわされる場面が多く、
アダム自身も中盤の底からのゲームメークに留まらず自らも前に運ぶ技術も持ちあわせているので、捕まえづらく厄介な存在でしたね。

すこぶる攻撃的なブラックプールの真骨頂と言える2点目の展開は敵ながらアッパレ。自陣深くでボールを奪うとロングカウンターを発動。
DJキャンベルがドリブルでグングン持ち上がり、右サイドを駆け上がってきたコルニレンコへ。コルニレンコはゴールに向かって切れこむと、
DFを引きつけて意表をつくヒールパス。コルニレンコが作ったスペースに今度はビーティーが走りこみ、クロスを上げると、逆サイドには
カウンターの起点となったDJキャンベルがフリーで待ち構えており、あっさりと決める。若干オフサイドっぽく見えなくもなかったが、
これら一連の流れがあまりに見事すぎて、こりゃ決められてもしょうがないかな…と思ってしまった。脱帽。なかなか面白いチームです。
このスタイルはかなりギャンブル度が高いので、これを貫くと降格の危険性と隣り合わせと感じるが、なんか貫いて欲しいな…と思いました。

■右SBにギャラス!急造バックラインが見せた脆さ
直前のCL、ACミラン戦で右SBのチョルルカが負傷し、カブールも負傷離脱中とあって当然ハットンが起用されるものと思ってましたが、
蓋を開けてビックリ。なんと右SBとして先発起用されたのはギャラスでした。ハットンはここ2試合ベンチにも名を連ねておらず、
この日も謎のベンチ外。怪我という情報も聞いていないし、どうしたんだろ?いずれにしろACミラン戦でも途中から右SBを無難にこなした
ギャラスの働きに期待することになったわけだが、結果としてはう~ん…という感じ。守備面で考えればそれほど悪くは無かったけれど、
攻撃面での貢献はほぼ期待薄。まぁ、彼の場合はもともとSBなのでSBとしての動きかた、ポジショニングは心得ているんだけれど、
ここしばらくはCBやってるし、やっぱり中央で構えてこその選手だな…と。結果的には吉とは出なかったというのが感想ですかね。

ギャラスを右SBに移してCBをドーソンと組んだのが今季は出番がめっきり減ったバソング。左利きでスピードもあり、危機察知能力は高い
選手ですが、今季はどうも落ち着かずバタバタしてる感が否めない。この日も序盤からフラフラと中盤に出ていってかわされる場面があり、
なんか嫌な予感がしてたんですが、悪い意味で的中。相手のクロスに反応したDJキャンベルをエリア内で後ろから倒しPKを献上する失態。
久しぶりに巡ってきたチャンスでアピールしたい想いも、なんとかしようという心意気も痛いほどよく解るんですが、あまりにも軽率。
このPKをアダムにしっかりと決められた。敵地でやってはいけない先制点を許し、相手に勢いと自信を与えてしまったのはいただけない。

このPK献上以外でも不安定なプレーぶりが目立ち、やや空回りしていましたね。一番気になったのが一発カットを狙いすぎな点。
頻繁に中盤まで上がっていきカットしようとしてかわされ余計なピンチを招くって場面が幾つかあった。一発カットを狙って取れれば
問題ないけど、もう少しドッシリ構えてもいいのかな~と。ドーソンとの呼吸もイマイチだったし、役割分担が曖昧だったのも気になった。
ここら辺はまだまだ若さというか経験の無さが裏目に出てる印象なので、今後改善していって欲しいですね。いいモノは持ってるわけだし。

■放てども放てども…。決定力不足は深刻
最終的には1-3なので一見すると完敗とも思えますが、内容は決して悪くなかったし、こういう結果になったのが不思議な試合でした。
こういう風に言っちゃうと負け惜しみみたいになっちゃって嫌なんですけど(笑)ブラックプールにとりたてて「強さ」は感じ無かったし、
全く手も足も出せず為す術もなくやられたわけじゃない。むしろ、試合全体を通して多くの決定機を作ったのは明らかにトッテナムで、
数多くあった決定機を一つでも決めていればまた違った結果になっていたはずの試合。そういう意味ではこれもまた自滅なんだと思います。

結果的に0-3から終盤にパブリュチェンコが一矢を報いるゴールのみに留まったけれど、もう挙げていけばキリが無いほどに決定機が多く、
もう何点も入っていてもおかしくなかったんですけどねぇ…。ゴールライン上でクリアされたものや、GKキングソンが弾き損ねが
再び掌に収まった場面、エリア内でGKと一対一となったモドリッチがGKに倒されたもののPKを取ってもらえなかった場面が象徴するように
多少の運にも見放された。勝負の世界には「たられば」は禁物とは百も承知ですが、そう嘆きたくもなるほどにアンラッキーではありました。

放ったシュートは合計で20本を超えてたと思いますが、放てども放てども一向に決まらない。まるで呪いにでもかけられたかの様に…。
ただ、放ったシュートの割に枠内シュートが少なすぎるのはいただけない。何度も崩しているにも関わらずシュートの精度が悪く、
ことごとく枠を逸れていった。最低でも枠に飛ばせば何かが起こる可能性はあるけど、あれだけ枠外ばかりじゃノーチャンスですもんね。

前半はピーナールが、後半はレノンが再三に渡って好機を演出し、2トップもよく攻撃に絡み積極的にシュートを放っていく姿勢は良かった。
特にパブの動きは良かったと思いますよ。たぶん、今季の中でもベストに近いんじゃないかな。彼には珍しく(笑)ポストプレーも
しっかりこなして中盤の攻め上がりを促していたし、惜しくもゴールには至らなかったけど、あわやゴールのヘッダーが2つもあった。

どちらもGKキングソンの驚異的な反射神経に阻まれてしまったけれど、この日一番ゴールに近かったのはパブですからね。
終盤には一矢も報いたし。試合の体勢には影響を及ぼさない場面でしたが、無得点で終えるのと、最後に1点でも返して終わるのとでは
次に向けて精神的にもだいぶ違うと思います。そういう意味ではパブはよく決めてくれたな…と。あれで少しは溜飲も下がりましたよ。

■ここはポジティブに次を見据えよう!
ここで勝ち点3を積んでいれば3位浮上も見えていた試合、しかも4位を争うライバルであるチェルシーに差をつける絶好の機会を逃したのは
何とも悔やまれますし、せっかくCLで結果を残した直後だっただけに、チームとしての底力を試される試合を落としたのは残念ではあります。
ただ、前述したとおり、内容は決して悪くなかった。「あとは決めるだけ」そういう試合だったし、そこまで悲観的になる必要は無いはず。
長いシーズンこういう試合もあるし、大事なのはこれを次に引きずらない事。格下相手に取りこぼした…と凹んでる暇はありません。
何しろシーズンはこれからが佳境。残りもわずか12試合です。ここからが本当の戦いだし、強い気持ちで戦い抜かないといけません。
決められなかったのをネガティブに捉えるか、多くのチャンスを作れた事をポジティブに捉えるか。それは選手たち次第ですよ。
幸いなことに次の試合までは間隔があきます。1週間のドバイ合宿を張る情報も伝わってるので、心身ともにリフレッシュして、
気持ちを切り替えて(シュート練習もしっかりな!笑)次に臨んで欲しい。まだまだ諦めるには早い!まだ行ける!ポジティブに行こう!

今日のGood パブリュチェンコ。課題のポストプレーもしっかりこなし、多くのチャンスに絡んだ。終盤には一矢を報いるゴールも。
今日のBad  バソング。特に前半は中途半端な対応でピンチを作り、気合が空回った。先制点の場面も軽率。

| マッチレポート | comments:15 | TOP↑

こういう試合は落としてはいけない。残念。

けが人が多いのはシーズンが早く始まったのも関係してると思うけど、多すぎる。TOP4定着を目指すなら組織を含めまだまだ改善が必要ですね。

デフォーはgoal一つで変わってくれると信じたい。今の結果は動きが良い云々以前のもの。

| takeru69life | 2011/02/24 22:47 | URL |

試合内容は悪くなかっただけに、この敗戦は残念でした。
やっぱり決定力と安定感のあるCFは必須ですかね。

チェルシーサポなので、なんとかシティを抜いて3、4位フィニッシュしてくれればと思います。
てか上のふたつがキライ… 落ちろよ…w

ちなみに、どうでもいいですが、ブラックプールのGKキングソンは本当はキングストンなんですよ。登録時?にKIGSTONのTが抜けちゃって、KINGSONになっちゃったんです。

| かくに | 2011/02/24 22:50 | URL | ≫ EDIT

初めまして

ハットンどうしたんだろ思って調べてたらこのブログに。
マジでどうしたんですかね。
最近チョルルカ先発になってからベンチにすら入って無かった気が。
公式サイトでもハットンについてだけ何の情報も無しですよね。
でも代表戦は出てるんですよね。
だから怪我では無さそう、こういう場合ってどういう可能性が考えられるのでしょうか。
とにかくギャラスサイドじゃきついと僕も思います。

| 駄蹴 | 2011/02/24 23:28 | URL |

上位に進んでいく為には勝たなければならないのですが
こんだけ怪我人いたらさすがに苦しいんじゃないでしょうかね
まぁそこで勝つのがビックなんですけど・・・
ハットンはまさかとは思いますが干されたのですかね・・・
パブの活躍は嬉しいっす
試合見てないから偉そうなことはいえませんが次こそはかってほしいです!

キングソンは兄弟でガーナ代表でしたっけ

| とろろ | 2011/02/24 23:31 | URL |

お久しぶりです。

この試合勝てば3位浮上ということだったので残念です
DFもFWも大事なとこでのミスが多かったですね
ミラン戦で素晴らしい戦いをした直後にこういう試合をするのはさすがスパーズだなと思いました・・・
でも昨シーズンも今シーズンも勝負強さはかなりの物があるしCL、PL4位以内もまだまだ期待もてそうですね!

それにしてもバソングはどうしちゃったのか・・・
これならクマロのほうが良いんじゃないかって気がしちゃいます

| みやじ | 2011/02/25 03:03 | URL |

絶対に勝つと信じていただけに、落ち込む結果ですね。初めてじゃないかな、フルタイム観ずに寝ちゃいました。そのあとパブが決めてたとはね・・・、っておせーしっ!BPの出来が良すぎたとは思いますが、うちの弱点であるFW陣の力不足がこんなにもはっきりと現れるとは。ラフィー・ベイル、休んでる場合じゃないね。
でもまぁ、負けたものは仕方ない。こんな試合もあるでしょう。大事なのは次だ。こっからまた連勝すりゃいいだけ。まずはウルヴス・ハマーズ・ウィガンで3戦必勝。

| KTA | 2011/02/25 12:59 | URL |

非常に残念な試合でしたね^^;

やはり今季の課題の一つであるFWの決定力不足を露呈した試合でしたね
なんだかんだでコンスタントにゴールを奪ってるのはベイル、ラフィーくらいですし
彼らに依存しているとは思いませんが他のメンバーでがっつり点を奪うイメージは今季はあまりわきませんね
デフォーがトップフォームに戻ればまた変わってくるんでしょうけど
崩しに関しては文句なしの力をもってるチームですしもっと決定力を磨いてほしいですね

| れぇ | 2011/02/25 13:21 | URL | ≫ EDIT

負けてしまいましたね…
内容が良かっただけにとても残念です。
最近僕も気になっていたんですが、ハットンはどこに行ったんでしょうかね…
チョルルカ負傷中なので早く戻って来て欲しいです。
とにかく、ここから先しばらくはミラン戦を除いて下位チームとの戦いが続くので、しっかり勝ち点を積み重ねていって欲しいと思います。

| LSB | 2011/02/25 19:12 | URL |

初めましてです。 

僕はこの試合を見て、やはり絶対的エースストライカーの存在は非常に重要だなと感じました。デフォーはどうしたんだろ?って感じだし、パブは相変わらず、簡単なシュート外して難しいの決めるし(笑)今季はラフィーがストライカーを担ってきましたが、理想はラフィーがアシストしてFwが決める形ですよね。

ミラン戦の前にウルブズ戦。期待してます。

| 野球部 | 2011/02/25 19:56 | URL |

ハットンはどこに行ったんだ~

| ラフィーファン | 2011/02/26 18:10 | URL |

恐れていた結果になってしまいました。

が、これも真の強豪チームだけが味わえる苦しみというもの。
むしろ初体験が目白押しのこのシーズン、ここまで戦えているのは本当によい意味で自分の期待を裏切ってくれています。

ハリーのマネジメントは見ていて本当に面白いので、うまくリカバリして次に臨んでくれると信じておりますともw

負傷組が戻ってきた時、このチームに何ができるか・・・お前ら目ひんむいてよく見てろ!って感じでw

| 白面 | 2011/02/26 21:27 | URL | ≫ EDIT

ゆーやさん、はじめてコメントさせていただきます。。
実はリバプールファンなのですが、スパーズには好きな選手も多く、ゆーやさんの考え方などにも共感できる部分が多いので情報収集もかねていつも拝見させてもらっています。
ハットンについてですが、昨日か一昨日くらいのゴルコムUKに、レドナップとドレッシングルームで衝突したために夏に出ていくみたいな記事が出ていましたよ。
それでは今後も楽しみにしているので更新頑張ってください。

| ケニー | 2011/02/26 21:58 | URL |

>takeru69life さん
確かに痛い敗戦ではありますね^^;
負傷者の多さは僕も気になっているところです。ここら辺は練習メニューの組み方であったり、メディカルスタッフの手腕であったり、施設の充実度などなど様々なものが絡んでくるので難しいところですが、チームとしての総合力を構成する一つの要素だと思うので、考えなければいけないポイントかもしれませんね。

デフォーはまず一つ決めることだと思います。そこから何かを掴んで本来の得点感覚を取り戻してくれれば…と。
仰る通り、敢えて厳しく言えばFWはやはり「ゴール」こそが一番の評価ポイントですから今の働きでは満足には程遠いですね。

>かくに さん
そうなんですよね。内容はそれなりに良かったし、相手の守備も厳しくはなかったので残念でしたね。
この試合に限らず今季は全体を通して得点力の無さが目立ちます。特にFWは軒並み低調なのが気がかりです。
今の時期は補強については語りたくないですが、こういう試合を見せられるとやはりFWの補強が…となっちゃいますよね^^

チェルシーは今季は苦しんでるようですが、なんだかんだで4位以内&CL4強以上は固いんじゃないかな~と思ってますよ。
キングソンの名前の由来は聞いたことがあります^^ W杯ではガーナ代表としても頑張ってましたね。

>駄蹴 さん
はじめまして&コメントありがとうございます♪
ハットンは謎ですね。ベンチからも外されてるところをみると何かしら指揮官との間で信頼関係で問題が出てるのかもしれませんね。
一部報道ではレドナップとの確執も取り沙汰されてますが、実際のところはちょっとわからんというのが正直なところです。
いずれにしろ彼は貴重な戦力なのでチャーリーと切磋琢磨して頑張って貰わんと困りますね。
僕もギャラスはCBに固定したほうがいいと考えていますよ^^

>とろろ さん
確かに上位定着の為に格下相手からの取りこぼしは避けたいところですが、プレミアはどこが相手でも簡単な試合では無いので、大事なのはしっかりと気持ちを切り替えて同じ過ちを繰り返さないことですね^^
ハットンはどうしたんでしょうね。ハリーと揉めたという報道もチラホラ出てますが真偽はハッキリしないんですよね。
ただ、仮にこの大事な時期に揉めてるんだとしたら由々しき事態。今こそチームが一丸にならなければいけないですからね。
パブはよくやってましたよ。これぐらいの動きを続けてれば上々かな~と思います。欲を言えば決定機に決めて欲しかったですが(笑)
キングソンは兄弟で代表でしたっけ?ちょっと分からないです^^;

>みやじ さん
お久しぶりです^^
こういう試合で落とすのがスパーズらしいですが(笑)自らのミスで自滅した感が強いのが何とも悔やまれますね。
でも、僕も悲観はしてませんよ^^今季はしぶとく結果を残せるようにはなってきてますし、まだまだ諦めるには早いですね^^
バソングは不安定ですね。昨季は結構良かっただけに、本来の調子を取り戻してくれるといいんですが…。

>KTA さん
ブラックプールが良かったのもありますが、FW陣含めてあまりにもチャンスをフイにしすぎましたね。
ラフィー、ベイルがいないと…とは僕は言いたくないので誰が出ても変わらずしっかり結果を残せるように奮起してくれることに期待したい。
仰る通り、こういう試合の後は余計に切り替えが大事です。しっかり立てなおして次は必勝!連敗すると黄色信号が灯りかねませんからね^^

>れぇ さん
内容がそこそこ良かっただけに、この結果は少々もったいなかったですね^^;
仰る通り、今季はFWの得点力不足は深刻ですね。ベイル、ラフィー以外でもしっかりゴール出来る体勢作らないと厳しいと思います。
まぁ、崩す形も作れなかったなら重症ですが、この日は形は出来ていてあとはシュートを枠に飛ばせれば…という場面が多かったのであまり悲観はしてません(というか悲観しててもしょうがない)ので、次に気持ちを切り替えていって欲しいですね!

>LSB さん
やっちまいましたね^^;ホント、内容は悪くなかったので、数多い決定機の幾つかを決めていれば…という試合でした。
ハットンはどうしたんですかね。おそらくは一部報道にある通り、レドナップとの間に何らかの問題を抱えているんでしょうが、実際のところは分からんですね。ただ、チャーリーも怪我してますし、今季は一時期レギュラー奪うくらい頑張ってたので何とか戻って欲しい。
今後は一つとして落とせない試合が続くので、ここはもう一度チーム一丸になるべき時と感じます。

>野球部 さん
はじめまして&コメントありがとうございます♪
デフォーが本来の力を発揮さえしてくれればこれほど悩むこともないんですが、今の状態はかなり深刻だとは思います。
シーズン後にはまたFW補強の論議が再燃しそうですが、今季終了までは現有戦力を信じるしかないので、信じましょう。
ラフィーの決定力の高さは素晴らしいですが、やはりFWがゴールあげるようにならないとキツイですから特にFWの奮起は不可欠。
パブもクラウチにも言えますが、貪欲に狙い続けて、しっかり結果を残して欲しいところですね。
CLも楽しみですが、あくまでオマケ。リーグでこけたら何の意味も無いので、ウルブス戦は必勝です。

>ラフィーファン さん
僕も知りたいぐらいで(笑)一部報道ではハリーと揉めたようですが、そんな事やってる場合じゃないですからね^^;
貴重な戦力ですし、今季はせっかくレギュラー奪ったんですからここはチームが一つにまとまらないといけませんね!

>白面 さん
これが怖かったんですよね^^;CLの直後だけにやらかすんじゃないかな~と少し心配してたんですが、案の定でした(苦笑)
ここら辺のツメの甘さが真の強者との壁を感じさせます。ただ、どこのチームにも取りこぼしはあるので大事なのは切り替えですね。
ズルズルと連敗するようならそもそも来季もCLに出る資格は無いですし、次にしっかりと勝ってくれると信じたいですね。

ハリーの爺さんは色々と問題点を指摘されたりもしますが、僕は初挑戦のCLとの二足の草鞋を履きながらよくやってると思ってますよ^^
今は負傷者も多く苦しい時期ですがなんとかチーム一丸で乗り切りながら、数名の主力の復帰を待ちたいところですね。

>ケニー さん
はじめまして&コメントありがとうございます♪
リバプールファンですか!レジェンドであるダルグリッシュの就任以降チームが見違えるようになりましたね^^
やはりリバプールがテーブルに下にいるのは似合わないですし、ライバルとしては脅威ですがそうこなくっちゃ!と感じますよ。

ハットンの処遇についての記事は僕も幾つか目にしたんですが、真偽の程はどれも定かではないですね。
ただ、現状怪我でもないのにベンチ外ということは何かしらの問題はあるのは間違いなさそうですが…。
いずれにしろ今は揉めてる場合じゃないので、しっかりチームとしてまとまってくれることを願ってはいますよ^^
少なからず共感いただき嬉しいですし、今後もまたお暇があれば覗いてやってください。

| 管理人 ゆーや | 2011/02/26 23:33 | URL |

ブラックプール戦は残念でしたね。いつもの悪癖と言えばそれまでですが、ゆ~やさんのマッチレポや試合後のハリーらのコメントを見る限り、勝っていて全く不思議じゃない内容だったそうなので、尚更残念です。
僕が見なかった試合で久々に負けたことを喜んでいいやらなんとやら、ですが。笑

ハットンの件についてハリーのコメントが公表されましたね。
衝突はデマで、負傷していただけとのこと。とはいえ狸爺さんのことなので、ちょっとしたいさかいくらいはあったのだという気がします。事をうまく収集できたので、ようやく今になって重い口を開いたのでしょうね。
次節ではハットン起用の意向があるようですが、期待しましょう。来季には一回り成長したウォーカーも帰ってきますし、ここからがハットンにとっても正念場となることでしょう。

今はハットンより、デフォー負傷が心配です。今季はリバプール戦など一部を除くとキレのないパフォーマンスが続きましたが、無理をしていたのかもしれませんね。以前は負傷とは無縁だった選手ですので、これが続かずまた元の姿を取り戻してもらいたいところです。
ラフィーとデフォーが居ない今、鍵を握る存在になるのはパブとニコ。二人の決定力が炸裂するようになることを期待しましょう。
特にパブには昨季後半戦の覚醒を再現してもらいたいところです。

| sini | 2011/03/02 19:00 | URL |

>sini さん
コメント返信がすご~く遅れてしまい、申し訳ありません(陳謝)
ブラックプール戦は残念な結果でしたね。内容は良かっただけに、数多かったシュートのどれかを決めていれば違った試合になっていただけに悔やまれる敗戦でした。残り試合も少なくなってきたのでここでズルズル行かないように気を引き締めて次のウルブス戦に臨んで欲しいですね^^

ハットンとはおそらく何かしらは衝突あったものと思いますが、大きな問題に発展しないようにハリーなりの配慮含めてコメントと想像します。彼も今季は一時期レギュラーに返り咲いたわけですし、チャーリーが怪我で離脱してる現状、頑張ってもらわんと困る選手なので期待したいですね。

デフォーは僕も心配してます。彼に今必要なのは自信を回復すること。泥臭くても、どんなにかっこわるくても1点取ることでしょうね。残り試合、彼の復活が一つのカギとなってくるのでなんとか本来の姿を取り戻して欲しいと願っています。もちろん、パブとニコの活躍も大いに期待してますよ^^

| 管理人 ゆーや | 2011/03/05 16:56 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。