PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【第35節】 トッテナム vs ブラックプール

イングランド・プレミアリーグ10/11 35節

Tottenham Hotspur 1 - 1 Blackpool 
         
Stadium:ホワイトハートレーン

              前半   後半   合計                               
トッテナム  0  1  1            
ブラックプール  0  1  1
得点
Spurs:デフォー
Seasiders,:アダム

1011 35
Subs:Cudicini , Bassong , Corluka , Jenas


アウェーで敗れたブラックプールをホームに迎えた一戦は1-1のドロー。今季を象徴するかのような得点力不足を露呈して勝ちきれず。
試合前に4位を争うライバルのマンCがエバートンに敗れていた為、差を詰める絶好の機会でしたが生かすことは出来ませんでした。

■前半:優勢に試合を進めながらもゴールが遠い
残り試合も少なく、4位のマンCとは7ポイント差。あくまで4位を目指すならば3ポイント以外は意味が無いシチュエーションだし、
ホームの大声援の後押しを受けてガンガンに攻め立てての攻撃陣の爆発…という展開に期待しましたが、流石にそう甘くは無かったですね。
今季はずっと得点力不足に悩まされ続けてホームでも勝ちきれない試合が続いてますが、この日も思うように決定機は作れずじまい。
ボールは保持してる時間も、敵陣に押し込んでる時間も長いけど、その割にはゴールに近づいた!というシーンが少なかった印象です。
なかなかリズムに乗れないチームに歩調を合わせる様に、いつもは熱狂的なスパーズサポーターも心なしか元気が無いように感じるほど。

それでも決定機はそれほど多くは無かったものの、優位に試合は運べていたと思います。ドーソンが攻撃参加してのミドルであったり、
今季初先発となったローズとベイルが上手く絡んで左サイドから良質なクロスも幾つか入っていて、あと一歩で…という場面も。
モドリッチが相変わらず精力的な動きとパスでゲームを組み立て、ラフィーも鋭いパスと巧みなポジショニングでチャンスを作ってました。
惜しくもオフサイドにはなったものの、ラフィーからのスルーパスに抜けだしてデフォーという場面は可能性を感じさせるものでした。

ただ、やっぱりこの日も攻撃におけるスピード感というかダイナミズムが欠けていた印象は否めません。パスを繋いでポゼッションするも、
シュートまでは行けなかったり、FWがエリア内に入っていくような形は少なかった。ボールロストが多く、前線で収める事が出来なかった
パブの出来も芳しくなかったし、せっかくいい形でボールを受けても残念なクロス精度でチャンスをフイにしたカブールもイマイチ。
そのうえ、相手の巧みなパス回しに翻弄される時間帯もあり、バックラインが跳ね返してもセカンドボールを拾えず二次攻撃を受けるなど、
全体的に優勢ではあったと思うけど、試合を支配出来ていたか?と問われれば答えに詰まるような、そんなモヤモヤした前半戦でしたね。

■今季初先発!驚きの抜擢に応えたローズ
左SBで不動のレギュラーであるエコトが離脱中で、前節のチェルシー戦ではチョルルカのコンバートで凌いだわけですが、この日の
先発起用はなんとローズ。昨季のノースロンドンダービーで素晴らしいミドルを突き刺したのを覚えていらっしゃる方も多いでしょうが、
今季前半戦はローン移籍しておりトッテナムでの出番は無し。ここ数試合でベンチ入りしていたものの、この終盤戦の重要な時期に
抜擢されるとは正直驚きました。順当に考えればベイルの左SB起用で、一列前にモドリッチなりニコなりピーナールを起用と思ってたので。
しかし、このローズが良い意味で裏切ってくれました。今季初先発とは思えぬ落ち着きで堅実な守備を披露し、思い切った攻撃参加から
クロスを供給するなどチームに活力を与えていましたね。この試合ではモドリッチと並んで最高評価を与えてもいいと思えるほどでした。

まだ1試合なので手放しに賞賛は出来ないですし、相手がブラックプールでそこまで守備を試される展開では無かったのもあるけれど、
ローズが左SBで計算が立てばチームにとっては大きい。代表の下部カテゴリーでは左SBの経験もあるし、適性がそれなりにあるのは
知っていたけれど彼が左SBでほぼフルにやったのを初めて見たのである意味では驚かされました。なかなか良いじゃないの!と。
エコトに加えてベイルまで負傷して本職左SBが壊滅状態なので、残り試合を思い切ってローズ起用でいいんじゃないでしょうかね。
マンCやリバプールといったレベルの高いチーム相手にどれだけやれるかも興味があるし、来季に繋げる意味でも是非とも彼の起用を!

■後半:ベイルの負傷と、痛恨のPK2連発
両チーム無得点で迎えた後半頭から不調のパブリュチェンコに変えて切り札のレノンを投入、布陣も4-4-2から1トップへと移行します。
するとさっそくこの試合最大とも言えるビッグチャンスが到来。レノンがグングンと持ち上がりカウンターを発動すると、
逆サイドでフリーで待ち構えたラフィーへと最高のお膳立て。しかし、これをラフィーがシュートミスしてモノにすることが出来ません。
その後もレノンは再三に渡って右サイドでボールを持つと前を向いて仕掛けて相手に脅威を与え続け、多くのチャンスを演出します。

どうしても4-4-2でラフィーを組み込もうと考えるとベイルかレノンどちらかを削らざるを得ないわけで、レノンが先発落ちする試合も
幾つかあるわけなんですが、やっぱりレノンは置いておきたい選手ですね。この日は対面するSBの選手が全くスピードに対応できず
レノンがボールを持つたびにチャンスになってたという側面もあるけど、レノンがいるのといないのとじゃワクワク度が違うんですよ(笑)
まぁ、個人的な好みってのも多分にあるけれど、レノンの仕掛けはストロングポイントの一つなわけで、最大限生かさない手は無いですよ。

チャンスは作れどゴールは割れずといった展開で時間が進みますが、60分頃に最悪のアクシデントがベイルを襲ってしまいます。
C・アダムの厳しいチェックがベイルの足首にモロに入り、見るからに重症な気配。痛みに悶絶するベイルは担架で運ばれていきました。

試合後のレドナップのコメントから察するに幸いに骨折は免れたものの、靭帯損傷で今季残り試合は絶望のようで。残念です。
PFAの年間最優秀選手に選ばれ、充実したシーズンを送ってきたベイルですが、奇しくも同じく最優秀選手にノミネートされていた
アダムによってシーズンを終わらされてしまいました。アダムも悪気は無かったんでしょうが、ちょっと危険で、悪質なチャージでした。
今季評価を上げた選手の一人で僕も数試合見てなかなか良い選手と思ってましたが、一発で嫌いになりそうなワンプレーだったなぁ…。
ベイルは腰の負傷もあったし、シーズン前半戦に比べて調子も落ちていたので、焦らずゆっくりと来季に向けて療養して欲しいですね。
フィジカルはもちろんですが、心配なのはメンタル面。今後、怪我を恐れてプレーがこじんまりにならなければいいんだけど…。
まぁ、過去にも大怪我を乗り越えてきた彼ですから、また元気に戻ってきてくれるはず。彼の為にも他の選手の奮起に期待したい。

ベイルに変えてクラウチを投入、再び2トップに戻してゴールを狙いたいトッテナムでしたが不用意なミスが連発して失点を献上します。
キッカケはドーソンのエリア内でのハンド。空中戦の競り合いで後ろから押されて体勢を崩し、手にボールが当たってしまった。
ちょっと気の毒にも思えたけど、不用意だったのも確か。しかし、そのPKをゴメスが脅威の集中力と反射神経でストップしてみせます。
しかし、どうだ!と言わんばかりのドヤ顔が直後のワンプレーで一転。CKからの混戦でゴメスがフレッチャーを倒してしまい再びPKの判定。
先程は止めたゴメスも流石に連続セーブは出来ず先制を許します。1本目のPKセーブでアドレナリン全開で気持ちも解かるけど、
2本目のPKを与えたのは軽率でした。接触も軽く、ちょっとダイブ気味に見えなくもなかったけど、PK取られても仕方ないプレーでした。
ゴメスは前節に続いて物議を醸すミスでしたが、この日はそれを補って余りあるビッグセーブを連発していただけに惜しいなぁ…。

■フラストレーションが溜まりますねぇ…
結局、デフォーのゴールで同点に追いついたものの、最後まで追加点は奪えず両チーム痛み分けという形になっちゃいました。
最近のトッテナムは本当に勝ちきれませんね。特にホームではドロー続き。ふがいない試合でフラストレーションも溜まる一方です。
せっかくマンCがコケてくれたのに、それに付き合うように勝ち点伸ばせず。直接対決に向けてプレッシャーかけたかったんだけど。
ただ正直言えばあまりテンション上がらないんだよな。マンCとの試合の結果云々もあまり関係ないような状況になっちゃってるので。
過去の相性考えても案外マンC戦は勝てるんじゃないかな?と思ってるんですよ。でも、その後のアンフィールドで勝てる気がしない。
4位入りを逃したら5位でも7位でも余り変わらんような気もする。ELの存在意義を考えても、どうなんだろうな…と思ったり。
まぁ、嘆いていてもしょうがないので次のマンC戦を楽しみに待つことにします。泣いても笑っても残り3試合。来季に繋がる戦いを!

今日のGood モドリッチ&ローズ。前者は攻守に獅子奮迅、後者はイキの良い動きで上々のパフォーマンス。
今日のBad  パブリュチェンコ。ボールは収められず、競り合いには負け、動きも散漫。散々の出来で前半のみで後退。

| マッチレポート | comments:10 | TOP↑

なんだか本当に、今季はゴールが遠いですね。
この試合は見れてないんですが、相変わらず残念な結果が続くことに落胆してしまいます。
気がついたらシティやリバプールどころか、エバートンまですぐそこまで迫ってきてますし。

せめて直接対決で意地を見せてもらいたいですね。

| sini | 2011/05/10 21:32 | URL |

ほぼ諦めました

改めて振り返ると相手にやられたと言うよりも自滅したシーズンでした。中田、名波時代の日本代表に近い歯がゆさ…モドリッチ、ラフィー並び立たずって感じですかね。

このW司令塔の煽りをもろに受けたレノンはハリーとの確執の噂が出ているので心配です。

この試合に関して言うとカブールのSB起用は無いなと思いました。対照的にローズのアグレッシブさが好印象。個人的にはずっと起用して欲しかったんで良かったです。できればWGで見たかった。(サイドにはダウンゼントもいるのでこの2人にはかなり期待してます。)

そしてゴメス。ある意味独り舞台でしたね。好セーブ連発にPKストップとこの日は汚名返上かと思いきや、またもやお手玉から相手へ今季得意としているスピアーを炸裂させPK献上。この試合のハイライトでした(笑)来季も正GKかぁ…楽しめそうです☆彡

FWの刷新にお金をかけないと4位は難しい。更にチームのバランスや一体感を取り戻さないと来季は惨敗に終わる予感すらします。

| takeru69life | 2011/05/10 22:06 | URL |

ゴメス。マンC戦で遂に外されましたね。2戦連発であんなポカやっちまったんじゃぁしょうがない…。(サブにも名前が無い。負傷??)来季、どうなるのかな。レドナップは擁護してたし、クディッチーニは放出って噂で、プレティコサは激しく影が薄い…。新しく探すにもいいキーパーはそう簡単に獲得できないし。やっぱ続投か?(噂はいくつかあるみたいだけど…。)リバプール戦、誰の名前がスタメンになるか。結構気になる。

| KTA | 2011/05/12 01:05 | URL |

つくづく思ったのは、トップにグレートなストライカーがいない限り、常時4位以内に定着するのは難しいのかな、って感じました。

チームが不調で内容がメタメタな時でも点を取り、勝ちを拾える、そんなクラブになれたらビッククラブなんだろうなぁ。

やっぱストライカーっす。

あと30億円投資して、どんなにチームの調子が悪いときでもココ一番で絶対に点をもぎ取ってくれるストライカー、絶対に勝ちきれるストライカー、勝負強いスーパーなストライカーを一人採って下さい。
他の補強はいらないです、資金が厳しいので。
キーパーもゴメスのままで良いと思う(大ポカの印象があるけど、統計的に見ると決してコストパフォーマンス的に悪くはない選手かと)。

中盤にあれだけの選手が揃っているのですから、今のトッテナムならそれだけで世界が開けそうな気がするのです。

| ケローン星人 | 2011/05/12 10:34 | URL | ≫ EDIT

いつもブログ見てますが、コメントは久しぶりになります。

今季は本当にゴールが遠いですね。
それに今季のスパーズのゴールってスーパーゴールばっかり!!

つまり、チームとして相手を崩し切っていないのか、決定機を演出してるのにFWが外してるのか。。。

個人的には「大型FWの補強に期待!!」ではなくて、チームとしてどうしていくかってことを考えてほしいです。

今季中盤までシティって結局テベスのチームで面白味も何もないと思ってました。
得点力のあるFWに頼ってそんなチームが目指すべき方向性ではないと信じてます。

| vakky | 2011/05/12 20:16 | URL |

はじめまして

はじめまして。いつもblog拝見させていただいてますが、今回が初めてのコメントになります。

やはり個人的にはパブリチェンコは今のパフォーマンスのままではスタメン起用はないかなぁと思います。ボールを持ってもタメは作れず、判断も悪く…
やはりフォワードの補強が必要ですよね(泣)

クラニチャルがほぼ移籍するみたいなんで、レンタル中のドスサントス、ベントリー、オハラあたりに来季は重要な戦力となってほしいです。

| アイマール | 2011/05/12 20:49 | URL | ≫ EDIT

まさに

今ゆ~やさんが感じているような精神状態に、チームそのもの、選手たち自身もある程度落ち込んでいるんじゃないかな?と思います。

CLとリーグ戦、二足草鞋のツケ払い。
疲労の対価が目に見えて出始めていた末のこの結果です。


毎年CLに出続けるというのは、本当にそれだけ難儀なことで・・・
来年、シティが同じジレンマを抱えることは間違いないでしょう(苦笑)

また一年間、作り直しですね。

| 白面 | 2011/05/12 22:47 | URL | ≫ EDIT

>sini さん
本当にゴール遠いですね(遠い目…笑)得点力不足ここに極まれり…って感じですね^^;
この日も決定力も足りないですが、そもそも形が思うように作れない今季を象徴した試合でした。
なんとかドローで凌いでるだけで一昨季の開幕直後の暗黒期と内容そのものはさほど変わらない程に事態は深刻ですよ。

直接対決のマッチレポも後ほどあげますがこれまたドイヒーな試合でして…(苦笑)
尻すぼみのままに今季を終えるのだけは何とか避けたいところなんですが、光は見えないですねぇ。

>takeru69life さん
確かに相手どうこうではなく、自分たちで試合を難しくする試合は多かった印象ですね。
この試合も例に漏れず、前半と後半で全く別のサッカーをして、そのどちらにおいてもチグハグ。
怪我人続出で苦しい事情があるにせよ、チームとしての確固たるスタイルが定まっていない証でしょうね。

カブールもどちらかといえばCBの方が適正があると僕も思ってます。前への推進力はあるけどクロス精度が…(笑)
後は一列前との関係性でしょうね。ラフィーが前だと彼が上がる機会はやはり多くなるわけでそうなると余計に粗が目立ってしまう。最近のスパーズの戦い方を見てるとSBの攻守においての役割がカギになっていて、この日のカブールぐらいの出来だと非常に苦しいのではないかと思います。
ただ、僕も逆サイドのローズは良かったと思います。今後数試合見てみないと何とも言えないですけど^^

ゴメスはいい働きしてただけに、あのPKの場面だけ少し空回ってしまいましたね。
マンC戦で外れた(表向きでは怪我)事から考えても少し風向きが変わってきてるのは確かでしょうね。
彼よりも良いと考えられるGKをスパーズの補強予算の範疇で可能であれば、今夏に何か動きはあるかもしれません。
まぁ、カルロも契約切れ、プレティコサはローンバック濃厚、アルニックじゃ心許無い…となればどのみちGK補強の必要性はありそうです^^ もちろん最優先はFWですが。

>KTA さん
外されましたね~。あれはどうなんですかね。表向きには怪我ということでしたが、前日まではそんな気配無かっただけに少し勘ぐりたくなりますね。まぁ、最近は凡ミス続きで不安定なので先発落ちしても不思議では無いんですけどね^^

一応ハリー爺は来季もゴメスで…と言ってますが、あの爺さんの発言は額面通りに受け取れんですし(笑)
市場に出回るであろうGKと予算、ゴメスの信頼度を天秤にかけての判断になるでしょうか。
ただ現段階で噂が出てるフォスター、グリーンであればゴメスの方が…と思わなくも無いです^^
残り2試合はGKも含めてですが、来季に構想に入ってるか否かを測る一つの目安にはなるかもしれませんね。

>ケローン星人 さん
まぁ、問題はFWだけでは無いとは言え、しっかりと役割を果たせるFWが必要とは感じますね^^
今夏の(昨夏も、今冬もそうでしたが…笑)最優先補強ポイントなのは間違いないです。
仰るとおり、チームが機能しない時においても独力でなんとかしてくれるストライカーがいれば楽でしょうね。

ただ、一方では”現段階”のスパーズの補強における限界、現状を考えると難しいことも押さえておく必要があります。
例えば、挙げて頂いた30億円という数字。これ現在のレートだと約£2280万。スパーズの移籍金レコードを遥かに超える額ですからね。
無論、それぐらい(それ以上の)資金を費やさないと所謂「スーパーな」FWを獲得するのは難しいわけなんですが、スパーズではなかなか厳しい額とも思えます。仮にそこまで頑張って出せても(現状では出せなくも無いでしょう)今度は週給の問題が出てくる。他のクラブに比較してスパーズは週給の上限がかなり低い。

例えばアデバヨルで約3倍、ルーニーなら4倍ってな具合で。リバプールで出番貰ってないJ・コールですらスパーズでは最高給ですから(笑)この週給の制約に加えて、CL出場権が無い状況で現有戦力よりも良いFW補強というのは簡単では無いでしょう。
現実的には、若手有望株、或いはベテランで安価で手に入る掘り出し物を狙うというところに落ち着く可能性が大かも…ですね^^
GKについても考え方は基本的に同じで、GKに大金使えるクラブでは無い以上、補強は困難です。
ゴメスの不安定は気がかりですが、彼を上回るGKが獲れるか…となると案外難しいですからね^^

でも、希望だけで言えば僕もケローン星人さんと同じでFWに一段階上のレベルが加われば…とは思ってますよ^^
ただ、ビッグネームではなくともチーム力は上げられるはず。大事なのは名前や価格ではなくて、スパーズの戦い方(まずこれを固めるのが大前提)に合った選手をしっかりと見定めて補強するという事でしょうね。

>vakky さん
どうもです^^ゴールも遠いですし、どうも単発の印象で「チームで崩して」挙げた得点が減ってるのが気がかりですよね。
現状を見てるとFWに問題があるというよりかは、それ以前の崩しやボールや人の動かし方のように思います。
僕もvakkyさんと考えが同じで、FWを取るのは大事だけど、チームとしてどう攻め、どう守るかの形、チームとしてのスタイルをしっかり固めることの重要性を感じています。ここら辺はプレシーズンの課題でしょうね。

現状のマンCとはそれほど差があるとは思えませんし、まだ十分に競えるポテンシャルはあるはず。
彼らはスパーズより現実的にポイントを詰む戦い方に徹していた印象ですね。良いか悪いかは別として。
ただ、目指すべき道がそこか?と問われればもちろんNOですね^^ 
美しいサッカーを目指せ!とは言いませんし、それを望んでもいませんがスパーズの魅力的な攻撃サッカーが昨季は見れたんですから、また取り戻して欲しいな…と切に願うばかりです。

>アイマール さん
初めまして&コメントありがとうございます♪いつも見て頂いて感謝です。

パブは評価が分かれるところですよね。いい働きしたと思えば、消える試合も多いし、一貫していない。
それでもFWの中では一番得点獲ってるのでそこまで悪いわけではない。ただ、満足するには程遠い…のループ(笑)
FW補強は絶対必要と感じますが、それよりも大事なのはチームとしての形を取り戻すことかもしれません。
今はどこを見渡してもアンバランス。1トップに適正があるFWは皆無なのに1トップを採用していたり、4-4-2に組み込むのは難しい司令塔を、4-4-2の肝であるサイドアタッカーを外してまで4-4-2で起用していたりする。
戦術の幅が広がるどころか、昨季に良かった部分まで失いかけているってのが現状だと思います。
ここを改善しない限り、生半可なFW補強を施しても良い方向には向かわないのかもなぁ…とは感じますね^^

ニコもオハラもベントリーやジオも期待したいのは山々ですが、現状では全員放出候補ですね。
彼らの復活に期待したい一方で、彼らを放出しない限り獲得は難しいという現実に直面しています。
愛着があるだけに心苦しいですが、彼らの放出をいち早くまとめるのが今夏の最初のミッションと考えています。

>白面 さん
この試合もそうですし、次のマンC戦でも感じましたがモチベーションの欠如、疲労の蓄積は明らかでしたね。二足の草鞋の難しさを感じる事が出来たというだけでも今後に向けての収穫と言えるのかもしれません。
また、それを糧にして乗り越えなければこれ以上の成績は無いのだとも。

最後まで戦っている選手には申し訳ないですが気持ちは来季に既に向かっています(笑)
今季で得たモノ、失ったモノ。それをしっかりと踏まえて実りあるプレシーズンを、そして補強が施されることを祈りたいですね。
ギャラスが今季は失敗だ!と力強く語ってくれましたが、この成績に甘んじること無く来季は新たな気持でチャレンジして欲しいです。

| 管理人 ゆーや | 2011/05/12 23:18 | URL |

お久しぶりです。

どうしちゃったんですかねぇ。今年は本当にFW陣に泣かされました。

そして下位相手に取りこぼしが多すぎます!

個人的なことになってしまいますが、6月12日より、ロンドンへ留学が
決まりました。それに先駆けてブログを作りました。
http://spurs262.blog65.fc2.com/
勝手ながら貼らせていただきます。

スパーズ、下部リーグ、他リーグ、ロンドンでの生活など載せていきます。

| spurs | 2011/05/16 22:11 | URL |

>spurs さん
返信遅れて申し訳ないです(陳謝)
今季は特に下位クラブからの取りこぼしが目立ちますね^^;
FW陣も低調ですが、それ以前にチームとしての形が定まらずFWがしっかりと力を発揮できる状態を作れていないのも問題かな~とは思ったりはしますね。

ロンドン留学ですか!それは素晴らしいですね♪
実りある時間になることを祈ってます。ブログも拝見させて頂きましたよ^^
とても見やすくて良いブログですね!現地からの更新も楽しみにしてます。

| 管理人 ゆーや | 2011/05/18 11:07 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。