PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【第36、37節】 トッテナム vs マンチェスター・シティ、リバプール

ここ最近体調を崩しておりましてマッチレポのアップが遅れてしまったことをお詫びいたします^^;
未だ体調も完全に戻っていないので今回はマンC戦、リバプール戦を併せてお届け。散々待たせた挙句に手抜きですいません(笑)

Manchester City 1 - 0 Tottenham Hotspur 
         
Stadium:シティ・オブ・マンチェスター

              前半   後半   合計                               
マンC  1  0  1             
トッテナム  0  0  0
得点
Spurs:
Citizens:クラウチ(O.G)

1011 36
Sub:Pletikosa , Bassong , Kranjcar , Pavlyuchenko



まず、4位争いに最後の希望を賭けたマンCとの大一番から。昨季同様、終盤の直接対決となったわけですが、昨季と大きく違うのが
両チームのポイント差。昨季はトッテナムが1ポイントリードで迎えた一戦だったので、それこそ生死を賭けた一大決戦という趣でしたが、
今季は6ポイント差ということもあって緊迫感が希薄。この一戦を前にして心がイマイチ盛り上がって来なかったのが残念でした。

試合も何となく静かな入り方というか、この一戦で全てが決まるといった鬼気迫る雰囲気みたいなものは感じられませんでした。
それもそのはず、マンCとしては「負けなければいい」試合。引き分けでも御の字なので、当然守備に重心を置いての戦いですから、
まずはしっかりとした守備ブロックを固め、あわよくばカウンターからでも、少ない手数でも1点取れればラッキーといった具合。
そうなるとトッテナムがボールを保持して攻める時間が長くなるのは必然。攻めるトッテナムに守るシティという構図で試合は進みます。

ただ、攻めてはいるものの足下から足下のパスが多く、ダイナミズムに欠ける今季のトッテナムを象徴するかのような展開で、
チャンスはそれなりに作ってはいるものの、決定機の数はそれほど多くなかった印象。どちらかというとボールを保持して支配していた
というよりかは、ボールを持たされていたのかな…と。ダイレクトプレーも少なく、緩急にも乏しいのでなかなか守備陣形は崩れず、
時間だけが淡々と過ぎて行ったような感じでした。ただ、サイドからの崩しも織り交ぜて行こうという意図はそれなりに見えてはいて、
レノンが仕掛けてシュートだったり、右サイドをえぐってクロスを入れてモドリッチがシュートを外したりなど惜しい場面は幾つかあった。

しかし、堅いんですよね、マンCの守備は。恐ろしく堅い。特に守るぞ!と腹をくくったときの守備ブロックは本当に堅い。
率いるのはコンパニ。彼は安定してますね。今季マンCの試合も幾つか観ましたけど、いつも安定してる。過小評価されてる一人ですよね。
豪華な陣容にばかり目が行きがちだけど、マンチーニが作ったイタリア仕込みの守備陣形というか、守りきるメンタリティーといいますか、
上手く表現は出来ないんですが、守備の安定こそが今季のマンCのここまでの成績の原動力になってるのは間違いないんでしょう。

そんな中で、一瞬の集中力の欠如から失点。ショートコーナーへの対応が遅れ、ラインを上げ損ねた挙句に入れられたクロスをクラウチが
クリアミスしてオウンゴール…と。昨季の直接対決で値千金の決勝ゴールを決めたクラウチが今度はマンCの決勝点を献上するのが
何とも皮肉ではありますが、クラウチは責められませんね。もう、あの段階でショートコーナーを予期して対応出来なかったのが全て。
後半にはピーナールのヘッダーの決定機もハートに防がれ、終了間際にはテベスの決定機を先発起用となったクディチーニが弾くなど
両チームのGKが見せ場を作りはしたものの全体的には低調な内容、終わって見ればトッテナムの決定力、崩しのアイディアの乏しさと、
マンCの守備の堅さが目立った試合だったように思います。マンCはこういう状況に慣れていないせいか全体的に緊張してたように
感じたけれど、スパーズがそこに浸け込んで是が非でも勝利しようという姿勢があまり感じられなかったのが個人的には残念でした。

Liverpool 0 - 2 Tottenham Hotspur 
         
Stadium:アンフィールド

              前半   後半   合計                               
リバプール  0  0  0             
トッテナム  1  1  2
得点
Spurs:ファン・デル・ファールト、モドリッチ
Reds:

1011 37
Sub:Pletikosa , Bostock , Livermore , Pavlyuchenko



マンC戦の敗戦を受けて焦点は4位争いから、EL出場権を賭けた5位争いへ。レジェンドであるダルグリッシュ就任から序盤戦の低迷が
嘘のように復活を遂げ、グングンと順位を上げてきたリバプールとの対戦。試合前には遂に順位も逆転し、トッテナムが6位という状況。
ここら辺は流石リバプールですよね。今季中に復調するとは思ってたけど、その想いを大きく上回るぐらいの脅威をまとっての復活。
ここ数試合の試合内容も磐石、一方のスパーズは完全に足踏み状態。しかも舞台はイングランド屈指の熱いサポートが包むアンフィールド。
正直言って試合前にはトッテナムが勝つ画が全く思い浮かばなかったんですが、試合は思わぬ展開に。これには驚かされました。

開始早々から素早いテンポでパスが回った。ワンタッチ、ツータッチでボールを動かしながら、選手も精力的に動きまわる。
早い時間帯にラフィーの思い切ったミドルで先制し、試合を優位に運びます。時間の経過と共にリバプールも次第に盛り返したが、
全体を通して見れば、トッテナムが主導権を握って自分たちのやりたい形をそれなりに出せていたのかな…という印象です。
特に良かったのがバックライン。ドーソンが気合入りまくりで、放りこまれたボールはことごとく跳ね返し、キャロルに全く仕事をさせず。
スアレスの突破に何度か脅かされる場面もあったけど、両サイドバックも堅実な守備で対応し、ピーナール、レノンも守備で貢献し、
高い守備意識でしっかりと統一されていた。なので、あまり失点しそうな気配は無かったですね。見ていてとても安心感があった。

キングの復帰も心強かったですね。彼が実戦に戻ってきたのは何ヶ月ぶりでしょうかね?ちょっと思い出せないぐらい長い期間に渡り
離脱していて、満足に練習参加もしていないんだけれど、久しぶりの試合で、しかもリバプールというレベルの高いクラブを相手にしても
この安定感をまざまざと見せつける。全く恐れ入りますよ。表現は適切じゃないかもしれないけど、化け物としか言いようが無い(笑)
今季は新加入のギャラスが本当によくやってくれていて、ドーソンの成長も目覚しいんだけれど、やはりキングの凄さは別格ですね。
彼がいるだけで、チーム全体がピリっと引き締まるというか、一本しっかりとした軸が通ったような、そんな想いにさせてくれます。

後半にはモドリッチのPKで加点。このPKの場面は微妙な判定ではあった。ショルダー同士の当たり合いなのであれでPK判定は気の毒。
ただ、ラッキーな判定で貰ったPKをしっかり決めたモドリッチはお見事。で、サラっと流れそうな話題なんだけど、よく考えたら
モドリッチがPKを決めたってのはかなり貴重というか一大事ですよ皆さん(笑)だって、彼スパーズ加入以来ほぼ蹴っていないですもん。
ラフィーが負傷で退き、他にPK蹴れる選手がいなかったってのもあるけど(デフォーはかなり蹴りたそうな表情だったけれど…)、
モドリッチがPKキッカーを努めて、それをしっかり決めたってところに意義がある。これで2-0。この日はこれで十分でしたね。

この日はこれまでよりもやや攻撃においてテンポを上げたのが良かったように思います。どうも最近はパスを繋ぐ意識が高すぎて、
攻撃のスピードが乏しくリズムも作れなかったけど、この日はポンポンと小気味良くパスが回り、選手間の連携もスムーズだった印象。
やはり中盤から後ろが安定すると、それが前にも波及するという良い例と言えるのかもしれません。バランスも悪くなかったですし。
一方のリバプールはこの日はちょっと噛みあって無かったのかな。キャロルとスアレスの共存のさせ方が今後の鍵になるのでしょうかね。
ただ、フラナガンもPK与えたけど良い動きしてたし、スピアリング?でしたか。彼もよく動くし、粘り強くていやらしい守備してました。
若手がイキイキと躍動し、良い補強に監督も契約延長、チームにも一体感が出てきてるので、来季は当然4位争いに絡むと見てます。
恐らくマンC、リバプールにアーセナルを加えた3クラブと2枠を争うんですから厄介ですよね(笑)来季も苦しみそうですなぁ…。

■2連戦のまとめ
強豪との2連戦は1勝1敗。戦前の予想では逆でした。お得意様のマンCには勝てるだろう、アンフィールドの試合は苦しいだろう…と。
でも蓋を開けてみれば全く予想と違った。マンC戦ではどこか諦めムードが漂い、闘争心や結束力といったものが感じられなかったが、
リバプール戦ではしっかり立て直して反骨心を見せてくれた。僕はどちらかといえばEL出場に関してはあまり肯定的では無いんですよ。
若手の出場機会や経験、収入などのメリットもあるけどCL出場に比べれば得るものも少ないし、ともすれば来季の障害になり得るから。

ELとの並行を乗り切れないんじゃCLとの並行なんて無理無理…という意見も正論だけど、賭けるものがCLとELじゃやはり違うわけで。
CLに集中してリーグがおろそかってんなら百歩譲って我慢も出来るが、それがELならばどうなんだろうな?という想いが正直あるのは事実。
ただ、選手たちがELに出たいんだ!5位に入るんだ!と戦ってる姿勢を見せられると、ファンの余計な心配など些末な事にも思えてくる。
どちらが良かったのかは来季に答えが出るのかもしれないが、まずは最終戦のバーミンガム戦に集中。やっぱりホーム最終戦だし、
シーズンの最後は勝って締めて欲しい。相変わらず怪我人続出で苦しいですが、良い形で来季に繋ぐ一戦になることを期待します。

| マッチレポート | comments:10 | TOP↑

お体を悪くされていたそうですが、大事に至らずひと安心です。
これから暑い時期がやってきますが、どうか体調にはお気をつけて、シーズンオフも熱くスパーズを応援していきましょう。

サンダーランド戦あたりからシティ戦まで、いろんなプレッシャーが選手にのし掛かっていたのかもしれませんね。。。
本来の戦いがようやくアンフィールドでできるようになったことで、ここにきて初めて来季への光が見えてきた気がします。
ピーナールがスパーズに馴染みつつあるのも嬉しいです。
それに、なんといっても今季はリバポにダブル達成なんですよね。これは素晴らしいことだと思います。

来季に向けて、人気銘柄となった選手達(モドリッチ、サンドロ、ラフィー、ベイルetc)が次々と残留を表明してるのも嬉しいです。レノンだけはちょっと心配ですが……とはいえ彼の放出の噂は毎年恒例なので、残ってくれるはず。あとは、ウルブズ残留確定が地味に嬉しいです。オハラの奮闘が報われたなぁ、と。おそらく彼は完全移籍してしまうでしょうが、今後の飛躍を願いたいですね。

| sini | 2011/05/18 12:35 | URL |

ご無沙汰しています。
いつもクラウチ情報を入手すべくコッソリ覗かせてもらってはいましたが(笑)

リバプールはスパーズの早いパス回しを追い掛けるのに手一杯…といった印象でした。
スパーズのようなプレーをリバプールに期待していたのですが、序盤の主導権の奪い合いに競り負けてしまったように感じましたネ。

そしてビックリしたのがドーソン。
「ギャラスもいないし、キング?久々なんでしょ?」的な楽観視をしていたのですが、ドーソンのパフォーマンスが良くてとても嫌な存在でした(苦笑)

まだまだリバプールは課題が残っています。
スパーズと対等に戦えるようになるにはまだ少し時間が掛かりそうです(涙)


身体の方、大事にして下さい。
健康であってこそ、熱のこもった応援が出来ると言うものです。
なんのこっちゃ(笑)

| ラッシュ | 2011/05/18 16:45 | URL |

大丈夫ですか!!!
まだ終わってないですが今シーズンはFWが結果残せなかったのが大きかったですね・・・
マンC戦はクラウチはファールをもらいに行き過ぎ・・・
オウンゴールもうまく対処できたはず

レッズ戦はよかったww
次もしっかり勝ってELだ!!!

| NAWA | 2011/05/18 18:43 | URL |

来季の進むべき道が少し見えた

更新待ってました!!

2試合のモチベーションは逆だった気がしますが、予備予選からELにでるのは痛かったのでレッズ相手の勝利は大きいです。

クディチーニ、ピーナール、キングの3人が良かった。特にキングが☆彡ドーソンはキングと組むのがいいですね。この二人が今季一緒に殆どプレー出来なかったのが大きかった。2人を軸にギャラス、カブールを控えに据えるのが理想ですね。

GKに関しては見ていて安心だったクディチーニはこのまま放出するのか…GKはファインセーブ100回より凡ミスによる失点が評価されてしまう過酷なポジションです。それでも今季凡ミスを繰り返した「不安定な」ゴメスを来季正GKに据えるのは反対ですね。ここは結構重要な選択だと思います。べゴビッチ、ベナーリオは値段的にも可能だと思いますが。

後はFWクラウチ、デフォー、パブ、キーン今季最大の誤算だったポジションなんで、誰を放出し誰を残すのか。そして柱となるFW獲得はマストです。そしてその選手の出来がそのままチームの順位に直結しそうです。

最後に中盤より前のベストバランスをどう見出すか、その中でレノンがハリーとの関係悪化で退団するとなればかなり痛い。ハリーは従属的かどうかをかなり重視するんで怖いです。あとJCとパーカーへの固執も怖いです。パーカーはいい選手ですが、スパーズにCMFに問題が無いだけに…



| takeru69life | 2011/05/18 20:25 | URL |

リバプール戦はなかなか良かったですね^^
特に守備陣の安定感は素晴らしかったです。
ELは僕もどちらかと言えば反対派なんですが、ギャラスやラフィーなど選手たちのコメントを見ているとELで頑張るのも悪くないかな…と思わされてしまいします。
とりあえず最終節も良い試合を見せて欲しいです。

| LSB | 2011/05/19 18:41 | URL |

はー、今季も残すところ1試合。早いですねー。歳のせいか年々早くなってイマス・・・・。
ELは出て欲しいです。控え組の出場機会は絶対に必要。カップ戦は1回負けたらそこで終わりですし、ELで活躍→リーグでスタメン抜擢って展開もあるでしょう。個人的にはEL優勝狙って欲しいくらいです。(控え組だけじゃ厳しいと思いますが)
単純にファンとして観れる試合は多い方が絶対いい!

| KTA | 2011/05/19 18:55 | URL |

お体大切になさってください!
ここのところ大学が忙しくなかなかサイトを訪れることができませんでした・・・
でもスパーズがリバポを倒したとしってうれしかったです!
ラフィーのゴールはすごくきれいな弾道でしたね!右利きかと思いましたよ

少し前にユナイテッドがラフィーとベイル獲得に6000万ポンドを費やし、本腰を入れて獲得に乗り出していく、という記事が現地紙にあって驚きましたが二人とも残留の方向にあるようで少しホッとしました。

来季は、最後まで優勝争いに絡めるようなチームになってほしいです。
FWの人員整理と補強にも注目ですね!

| T.O | 2011/05/20 19:41 | URL |

CLが消えたのは断然ですが
まあ仕方ないですね。。

リバプールには勝ったものの
まだリバプールの方がこれからの戦い方の方向性が明確になっているような。
スパーズはやっぱりもっと崩してFWのフィニッシュまで持っていけるような
攻めをして欲しいです。

っていっても今シーズンあと1試合になっちゃいましたが(笑)

最近の試合は「行けーーー!!!」と言うように純粋に熱くなって応援する事が少なくなって うーんと唸りながら見守る事が増えました。

調子は戻られましたでしょうか
手抜きでこのクオリティとは。。。(汗)(笑)

あ、あとシティ戦のシティの得点の所がドーソンのO.Gになっておられますよ。(コッソリ

| エンヴィー | 2011/05/21 13:55 | URL |

お久しぶりです。
ここんとこ忙しくてコメントできなかったです(笑)

CLは出れなくなってしまいましたが
こういうときにこそチームを応援しなくてはと思いました。
ELは管理人さんのおっしゃるとおりCLに比べると見劣りします(私もELは否定的)
でもヨーロッパの舞台に立てないというのはちょっと嫌なんですよね。
今年のCLベスト8のチームが来季は出られないというのは
非常に残念ですが、明日の最終戦に勝って有終の美を飾ってほしいです。

| amako | 2011/05/21 15:28 | URL | ≫ EDIT

返信が遅れてしまい大変申し訳ないです(陳謝)

>sini さん
温かいお心遣いありがとうございます^^
個々数日原因不明の偏頭痛と目眩に悩まされておりましたが、ようやく快方に向かっているところです。
siniさんもお仕事と新しい土地での生活何かとご苦労も多いでしょうから、どうかご自愛下さいね^^

終盤戦には今季のCLとの並行で心身ともに蓄積した疲労とプレッシャーで全体的に元気が無いように感じましたね。
アンフィールドではここ最近のモヤモヤを少しばかり吹き飛ばす快勝を見せてくれましたが、これが未来に向けての明るい兆しになるのか、まだ懐疑的な自分もいます。(今季は良い試合が続かないので…苦笑)
とはいえ、苦しみながらも欧州への扉を開けるまであと一歩まできてるのをポジティブに捉えたいものですね!

今夏はまず主力の慰留が大前提(恐らくは今夏は大丈夫だと思いますが)、そのうえで多少の人員整理とピンポイントの補強を施せればベスト。レノンは絶対に放出阻止せねば。デフォーもまた然りです。
ウルブスは一応まだ確定では無いようですが、ほぼ大丈夫かな…と。オハラが奮闘してるようで嬉しいですね♪
戻ってきて欲しい気持ちもありますが、彼にとってはウルブスに残る道がいいのかな…と思います。

>ラッシュ さん
ご無沙汰しております^^
最近は更新もサボり気味で情報収集のお役にも立てない駄ブログと化しておりますが(笑)懲りずに覗いて頂き感謝しております。
リバプール戦は最近グダグダなスパーズからは予想出来ない展開となりましたが、点差ほどの差は無かったですよね^^
来季はまた4位争いで激しい火花が散りそうで、リバプールの復活は脅威でもあり、楽しみでもあります。
やっぱりリバプールはこうでなくては!という魅力ある姿が戻ってきてるのが嬉しくもありますよ。

やはりキングの復帰が大きかったのかな?とは感じてます。彼とドーソンのコンビは安心感がありますし。
リバプールとしてはスアレスに依存しすぎず、キャロルとの共存で最近のパス&ムーブを継続出来るか?というところでしょうかね。
ただ文中にも書きましたが活きの良い若手が育ってるのが羨ましいですよ^^ 

お心遣いも感謝です。ホント、健康が一番だな…と。季節の変わり目ですからラッシュさんもご自愛下さい。

>NAWA さん
大丈夫です!!(笑)
FW陣がもう少し奮起して欲しいのはもちろん、そのFW陣を最大限生かす戦い方が出来なかったのも反省点ではありますね。
クラウチは調子悪いとファール連発の悪循環が目立つのは改善すべきですね。あともう少しゴールを頼むぞ…と。
リバプール戦は良かったですよね。ただこれが続かないのが今季のスパーズでもあり次が非常に心配です(笑)

>takeru69life さん
お待たせしてしまいました(汗)
ELの意義・必要性については個人的には複雑な面もあるんですが、若手にとっての絶好の機会でもあるし、単純にELの戦いが観たいという想いもあるので最後はしっかり勝って決めたいところですね。

仰るとおり、キングとドーソンのコンビが良かったように思います。やはり彼は頼りになる。
CBはウッディが契約切れ、バソングが移籍希望なので一人は加えるかもしれませんが、キング&ドーソンが軸でギャラスとカブールが控えてれば層としては悪くないかも。

GK補強については基本的な考え方は同意なんですが、ゴメスが来季もNO.1候補筆頭な現状は変わらないような気がしますね。
ギブンやステケレンブルフでも獲得出来れば話は別でしょうが、現実的には難しそうですし。
ベゴビッチは以前獲得寸前だったんですけどね(笑)ベナーリオやハンダノビッチなど有力者も多くいるのは事実だけど、ハリー爺がそこに目を向けるかというと…向けてなさそう。爺の場合フォスターとかグリーンに行きがち(笑)
FW補強が最優先なのは言うまでもなく。ただあくまで今後目指すスタイルに合う選手を獲れるかが重要。
名前よりもそちらを重視していかないと、今季ラフィー獲得で苦しんだのをまた繰り返すことになるかもしれません。
パーカーは十中八九獲得に動くはず。ああいうタイプは必要ですし。ただ、中盤は優先では無いですね。

>LSB さん
リバプール戦は良かったですよね^^珍しくバックラインが安定し、速いテンポでパスも回りましたし。
僕もELについては単純に試合が観たい(楽しみ)である反面、どうしてもCL目指す障壁になり得ると考えてます。
ザックリ言えば週一でリーグに集中すればかなりCLへの可能性は増す。それは昨季証明したとおり。
ELとの並行でそちらにも力を注げば恐らくはCLではなく再びELを争うことになる。現在のスパーズの力量ではそれが現実かと。
ただ選手たちがELに向けて頑張ってるので僕らとしては応援するだけなんですけどね^^

>KTA さん
もう残り1試合ですもんね~。早いですね。ホント、僕も年のせいか(笑)時間が過ぎるのがあっという間に感じますよ。
ELのポジティブな面を考えればまさしくKTAさんが挙げていただいた点がズバリと思います。
あくまでEL優勝と若手の強化を目指す道も悪く無いですが、僕はやっぱりリーグ重視であわよくばCLに…と思考が行ってしまいます。

>T.O さん
温かいお心遣い感謝です。何とか少し良くはなってきました。
リバプール戦はなかなか良かったですよね!ラフィーのゴールは見事でした。

CL逃したことで主力放出の噂にヤキモキする夏になりそうですが、恐らくは大丈夫だと思います。
会長が首を縦に振らざるを得ない巨額オファーが届けば話は別ですが(笑)
流石に優勝争いは厳しいとは思いますが、CLを再び目指せるスカッドは揃ってるはずですし、人員のスリム化とピンポイントで「的確な」補強が施せれば来季の楽しみも膨らむってもんですね^^

>エンヴィー さん
今季は取りこぼしも多かったし、マンCが堅実にポイント積み上げたので仕方ないですね。
リバプール戦は良かったですが、僕もエンヴィーさんと同じ見方をしていて、あまり楽観視はしていないです。
まだまだ試合ごとのバラつきが多いし、一貫性が無い。まずは崩れかけた土台を作りなおさないと、来季も苦しむことになりかねません。早めに補強して、充実したプレシーズンを過ごして欲しいですね。

…おっと、まだシーズン終わって無かったんだ(笑)
とりあえず最終戦。ホームですし、僕らが行け~~~!と熱くなる試合になることを期待しましょう^^

お心遣いありがとうございます。少し調子良くなってきました。
いやいや僕のブログなんぞ夏休みの作文レベルなんで(笑)それよりエンヴィーさんのブログが個人的にはツボです。
ファンキーというかクレイジーというか(笑)最近その度合が増してきていい感じです。
近々当ブログも終える予定(別の形でやるとは思うけど…)なんで、僕の代わりにスパーズ熱を盛り上げてくだされ^^

あ、ホントだ。OGがドーソンになってる。急いで修正しなきゃ。すまんドウズ(笑)ご指摘、感謝です。

>amako さん
お久しぶりです♪僕も更新減り気味なんで気にしないでよくてよ^^

CL逃がしたのは残念ですが、今までだってずっとチャレンジャーだったのでまた挑戦すれば良いのです。
こういう時こそより力を込めて応援続けたいですし、またCLの舞台に立つのを楽しみに待つのもいいもんです^^
ELは賛否両論あると思いますし、実際僕も否定的なんですが、ヨーロッパの舞台に立ち続けるのも重要なことではあるので最後はしっかり勝って欲しい。そして来季のELとリーグを戦うスパーズに期待しようかな…と。
苦しいシーズンでしたが、なんだかんだで5位を保ってますし、最後に勝って締めれれば嬉しいですね!

| 管理人 ゆーや | 2011/05/21 21:25 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。