PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

トッテナムの左サイドを考える

冬の移籍市場が開くまでおよそ1ヶ月となりました。
そこで久し振りに特別企画の記事を。
世界的な金融不況やスタジアムの改築などあまり補強に莫大な金銭をつぎ込むことが
難しくなっている状況ですが、今のトッテナムのここをこう変えればいいんじゃないの?と
思われるポジション、補強ポイントを勝手にツッコミいれてやろうかと思います。
題して「トッテナムの○○を考える」今回のテーマは「左サイド」です。

トッテナムの左サイドは長年にわたって補強の重要ポイントとされてきました。
右にはレノンと今季から加入したベントリーもいるんですがいかんせん左がいない。
昨季まで左サイドを務めたマルブランクもサイドが本職ではありませんでした。
今季も開幕早々はジオヴァニ、最近ではベントリー、レノンのいずれかを、
時にはセンターが本職のモドリッチやFWのキャンベルを起用など試行錯誤中。
再三にわたってダウニング獲得の噂があがるのもこのためです。
まぁ左利きでクロスを上げられる純粋な左サイドアタッカーというのは少ないので
多くのクラブの悩みの種のポジションではあるとは思うのですが・・・。
J・コールのように両サイドで遜色ないプレー出来るMFは稀ですからね。

《トッテナムは今後左サイドを固定することが出来るか?》
レノンもベントリーも左でも及第点の働きはできると思います。
しかし、一番得意で本来の力を発揮できるのはやはり右サイドだと思う。
両サイドでも遜色ないプレーが出来るようになれば言うことないですが、難しい。
となれば、左のスペシャリストを獲得するより他にない・・・と思考は巡る。
否。スパーズにはいるじゃないか。左足に抜群のキック精度を持つ若き逸材が。
ガレス・ベイル。この命題を解くカギを握ってるのはこの人だと思っています。

レドナップは左SBにベイルでは無くアス-エコトを用いることが目立ちます。
これまでの戦い方を見てもレドナップはサイドバックはまず守備が第一。
攻撃参加の為にサイドバックをオーバーラップさせる場面はほとんどありません。
指示としてそうしているのか、現状のサイドバックが上がれないだけなのか。
この答えはもう少し見てみなければ判断は下せませんが、守備にかなり重きを
置いていることだけは間違いないし、チェルシーのように両SBをガンガンに
上げる戦い方をレドナップが選択しないであろうことだけは容易に想像がつく。

レドナップは最近のインタビューでベイルをレギュラーとして常時用いない理由を
「守備面での不安」と語っています。ただ、それと同時にファーストチョイスは
あくまでベイルであると考えていること、その攻撃力やポテンシャルの高さは世界屈指で
あることを認めています。

《ベイルはサイドバックなのか攻撃的なサイドアタッカーなのか》
それならば・・・。ベイルを思い切って左サイドの攻撃的なMFとして使ってはどうだろう。
ベイルを一枚前で、アス-エコトがサイドバックという選択もアリなんじゃないか。
アス-エコトは守備が得意というわけではないし、ベイルよりもかろうじて守備面で
上回っている程度なので代わりの左サイドバックを補強する。
(アス-エコトがリーグアン復帰を望んでいるという報道もありますし・・・)
左サイドのMFの補強(例えばダウニング)を考えるより効果的な気がしないでもない。

精度の高いクロスやドリブルはもちろん、左足からの素晴らしいプレースキックを持つ
ベイルを常時使わない手はないと思うのだが・・・。経験を積ませる為にも。
ベイルは世界屈指の左サイドバックになれる可能性を持っていると思う反面、
守備に追われて持ち味の攻撃力が発揮できないのであればよりゴールに直結する
位置で使った方が生きるのではないか。それこそトッテナム長年の課題の解決、
引いては母国ウェールズの英雄ギグスの後を継ぐウィンガーに育つのではないか。

彼はまだ19歳。まだサイドバックのみと決めつけるのは早い。
もちろんサイドバックだって世界的には人材難だし、攻撃でも活躍できるサイドバックに
なれれば引く手あまたの存在でしょう。だからこそ悩ましい気もする。
スパーズファンのみなさんはどう思いますかね。
彼はサイドバック、攻撃的なサイドアタッカーどちらで育てるべきなんでしょうか。
僕はSBとして活躍して欲しい反面、前目のポジションで「水を得た魚」のごとく
躍動するであろうまだ見ぬベイルの姿をどうしてもギグスと重ねてしまいます。

サイドバックに守備を重視するレドナップの戦術を考えたら尚更ベイルの攻撃力を
腐らすのはもったいないし、守備が改善されないまま出番を失い続けていたら、
ビッグクラブがこぞって獲得に名乗りを挙げてきそうで怖い。
左SBが手薄なリヴァプールが獲得に興味という報道もありましたしね。

《もし仮に左サイドの補強をするなら誰が適任なのか》
仮に左サイドの補強をするとして、今のスパーズにどんな選手を加えるのか。
ここまでの話で僕がかなりベイルに肩入れしてるのがおわかりだと思いますので(笑)
ベイルを軸に考えるなら方法論は二つ。
※とりあえず今のところスパーズが獲得に動くのでは?と噂されてる選手に絞りました。

1.ベイルをSB固定と考えた場合(或いは現状の左サイドアタッカーに不満という発想)
左利きでプレミアでの実績があるサイドアタッカー→ダウニング
プレミア未経験だが左サイドをこなせるアタッカー→ポドルスキ、アルシャビン、カペル

2.ベイルを攻撃的MFと捉えた場合(或いは現状の左サイドバックに不満という発想)
プレミアでの経験がある左サイドバック→ブリッジ
プレミアでは未知数のサイドバック→タイウォ

レドナップが今後トッテナムの左サイドの構成をどのように考えてくるか。
補強なのか、配置転換なのか現状維持なのか。補強ならば、前なのか後ろなのか。
どういう手法でレドナップが解決を図るのかこれから注目していきたい。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへにほんブログ村 サッカーブログへ

| Article | comments:15 | TOP↑

前からこのブログは拝見させてもらってましたが、今日初めてコメントをしてみます。

ベイルはやはりSBの方がいいと思ってます。ギグスと同国出身という事もあり比べられてしまうのは仕方ないのでしょうけど、あのキック精度は後ろの方からピンポイントでロングフィードをする用途で利用してもらいたいです。後はお得意のセットプレイに。
ギグスと被る人は多いのでしょうが、俺個人としてはかつてのフランク・デ・ブールと今のベイルが(ポジションは違えど)被って見えます。いい点も悪い点も含めて。
ガツガツ攻めるのは前のSH辺りに任せて、自分は後ろからチクチクと高精度のロングフィードを前線に上げまくる……将来的にはそうなって欲しいかもです。
そういった存在がチームに1人いれば、ボールポゼッションの点でも有利になりやすいですしね。

と考えると、どうも勢いの足りない今の左SHにダウニングかカペルが欲しいところです。特に後者。
ただどちらも現在の所属チームを出なさそうな(所属チームが出してくれなさそう)予感はしてます……

| ルイベ | 2008/12/02 21:23 | URL | ≫ EDIT

>ルイベ さん
はじめまして&初コメントありがとうございます♪
やはりSBですか。確かにロングフィードは武器になりそうですよね!
カペルは魅力ですが、ルイベさんも仰る通りセビージャは出さないでしょうね。
ラモスの一件でクラブ間の関係もかなり悪化してますから。
でもルイベさんの鋭い分析と面白い切り口に思わず唸っちゃいましたよ^^
また遊びにきてくださいね♪

| ゆーや | 2008/12/02 22:59 | URL |

僕もかなりベイルに肩入れしてる一人であります(笑)

ペデルセンとか欲しいんですが、まさか黒板が出すわけないですわな…
ベントリーももらっちゃったし
となるとやっぱダウニングですかね

余談なんですが僕がもう一人入れ込んでる選手がいまして…
ノルウェーのベッカムとの異名を持つ、シェルブレッド君です(まあ左利きではないですが)
彼をビッククラブで見てみたい
…まあ最近はさっぱり動向を見てませんがwww
20ぐらいの選手です

| ブローギューラ | 2008/12/02 23:31 | URL | ≫ EDIT

僕は『ベイルはSMF論』に賛成ですね。前々からそれは思っていましたし、わざわざ希少価値の低い左SMF(ダウニング、ピーナール、ディエゴ・カペル、アシュリーヤングなど)を他チームに譲渡するチームがあるとも思えません。SBとしてなら、ブリッジなどはチェルシーでも控えなので、すぐに来てくれそうですよ;
是非ともこのようになることを祈っています。

| C・RONALDO | 2008/12/02 23:33 | URL | ≫ EDIT

移籍話には絶対乗らない!と決めていたのですが、再三アルシャビンの名前が出てくるのでやっぱり黙っていられなくなるw
そんな、アルシャビンが来てくれたら私が狂喜するに決まってるじゃないですか!(笑)こちらではあまり評判よろしくないようですがw
ホントはマドリの方が活躍できる気がするんですが。でもフンテラールがマドリ決まったようですね?なんか移籍運がないのかなーアルシャフィン。とか思っちまいます。
左ならロシアにはクラブでSH、代表でSBこなしてるジルコフがいますが如何でしょうか?こちらもCSKAが出すとは思えないですけど。ジルコフが来ても狂喜しちゃうんだけどなー。
でもポジション関係なくベイル君をもっとゲームで見たいですね~私も。






| みほぶ | 2008/12/02 23:44 | URL |

お!当ブログのレギュラーコメンテーターの方々が続々登場ですね^^
>ブローギューラさん
やはりベイルは魅力ですよね~♪
ペデルセンは僕も好きなんですけど突出した個性が無いので
インパクトには欠けてしまいます。ただマルブランクのように安定した働きは
してくれるのは間違いないですね。シェルブレッドですか、名前は聞いた事はあるんですが
プレーは観たことないです。北欧は隠れた逸材の宝庫ですからね^^

>C・RONALDO さん
ベイルSMF論もなかなか面白いですよね^^試して欲しいなぁ。
確かにあげていただいた4名はいずれもクラブの主力ですから
獲得は難しいと思いますね。ブリッジはかなりいい選択肢だと思うんですが、
本人はどうなんでしょうね…。経験もあるし欲しいですけどねぇ。

> みほぶ さん
僕も移籍関連話に振り回されるのもどうかなぁとは思ったんですが、
やはり気になってしまうのも事実なんですよね^^;
おつきあいいただいて嬉しいですよ♪
さすがロシア通の、みほぶさん^^アルシャビンには喰いつくだろうと思いました(笑)
ジルコフかぁ…なるほど!ロシアのクラブって簡単には手放さない印象あるので
難しいのかな・・・。

| ゆーや | 2008/12/03 00:09 | URL |

ジルコフは僕も好きですね。バロンドール候補にも入ってましたし(かなり批判がありましたが…)
あとは、ロシア勢ならトルビンスキーか、スポルティングのイズマイノフもいいですよね。
若手ならエスティガリビア、ウレスガリティージャ、トゥールズのパントコートとかもいいですよね。

| C・RONALDO | 2008/12/03 07:06 | URL | ≫ EDIT

ゆーやさん、こんにちは。
皆さん、左SHのタレント候補にはいろんなご意見をお持ちですね(^^)
僕はベイル左SB支持者です。
ビッグクラブに狙われているのでヒヤヒヤしていますが…(^-^;
左SHには、前から言っていますが、カペルが欲しい!
それからダウニングも好きですが、私はアダム・ジョンソンを推薦します(^^)
左からも切り崩せるタレントを希望します。

| ぴょん太 | 2008/12/03 09:59 | URL |

1ヶ月ほど前からこのブログを拝見させて頂いてます。
今回は僕も肩入れしまくってるベイルの話題ということで(^-^)

僕もSMF論派です。彼に今すぐ守備面を改善しろ!と言っても難しいでしょうし、今は長所を伸ばして後から短所を修正してもらえばいいかと。

....甘いか(笑)

| ツィーゲ | 2008/12/03 11:15 | URL |

>C・RONALDO さん
相変わらずC・RONALDOさんはいろんな選手知ってますよね~^^
僕はほとんど知らない選手だ…(笑)プレミアで結果残せるフィジカルとメンタルが
タフな選手ならばイキのいい奴も大歓迎なんですけどねぇ。

>ぴょん太 さん
こんにちは♪お待ちしてましたよ^^ぴょん太さんはベイルSB支持派ですか~。
確かに後ろから攻撃も出来るSBになってくれたら凄い選手になりそうな気がしますもんね。
SHはやっぱり何か飛びぬけたスキルが一つは欲しいところなので、
カペルは魅力ですよね^^ 僕もサイドには独力で切り崩せて一気に局面変えられる
タレントを希望してます!

>ツィーゲ さん
はじめまして&初コメントどうもです^^
ツィーゲさんもベイル好きですか!!同じですね♪
一枚前で使うのも面白いとは思うんですよね^^ 
やっぱり攻撃力は捨てがたいですしね~。後から短所を修正ですか…甘い(笑)
でも、「アリ」だと思います^^まだ若いですしね!
また遊びにきてくださいね♪

| ゆーや | 2008/12/03 12:35 | URL |

ハリーは売る気なのかと思っちゃいました。
得た移籍金で、またどっかから拾ってくる気かこのタヌキおやじ・・・と^^;
でも言うほどエコトとの守備面の差はほとんど無いですよね。
むしろベイルの方がスライディング上手いし中途半端なポジショニング、プレーも
少ない気がします。 (若さゆえなところもあるんでしょうが・・・)

前までは一つ上げてもいいんじゃないかと思ってたんですが、機会は少なかったけど
モドリッチとの絡みを見て (これも繋がる事はほとんど無かったんですが・・・)
もう少し時間があればウチに今までになかった左サイドの連携が見れるんじゃないかと
ワクワクしたので、ここは左SBのままでに1票^^

もし補強するなら右レノンで左カペルはCH、SBにはキツイでしょうね。
出来たら周りが見えて、縦の突破だけじゃなくサイドでも起点になれるような選手が・・・
まぁそんな簡単にいないですよねー^^

あら?ローヴァーズ時代のベントリー?

| んあー | 2008/12/03 15:54 | URL |

僕は守備力の薄さというベイルの短所を左SBに補ってもらいたいですね。
やはりベイルの攻撃力を腐らすなんていうのは……

| C・RONALDO | 2008/12/03 17:53 | URL | ≫ EDIT

ベイル

ベイルは正直SBが良いと思いますなぜなら今になってSHはスパーズにとって得でも本人には厳しいことです。いくら攻撃が良いとしてもやはりSHとSBは全然仕方だってちがいますし、今のスパーズにはそんな冒険より新戦力〔ダウニング〕などの獲得が先だと思いまず。。

| レノコラ | 2008/12/03 18:14 | URL |

>んあー さん
ホントにレドナップはベイル売るつもりかよってほどの冷遇ぶりでしたからね^^;
エコトに比べて守備弱いとも思わないのも同感です。
エコトの方がよっぼど危なっかしい(笑)
確かに両サイド攻撃偏重だとキツイかもですね。
ベントリーは起点にもなれるので右固定で左は突撃タイプがいいかもですね^^

>C・RONALDO さん
うむ。その案も捨てがたいのも確かなんですよね^^

>レノコラ さん
意外とベイルはSHでも違和感感じずプレー出来ると僕は思っています。
代表でもSHでやってることもありますしね。
まだSBのみと決めつけるには惜しい気もします^^ 

| ゆーや | 2008/12/03 22:42 | URL |

本人が厳しいといいますがベイルはSMFやったことが何回もありますよ。。
逆にSBで守備ばかりやらされるほうが本人も厳しいと思います。
それに、何回も言うようにダウニングとか獲得出来る可能性は限りなく0に近いでしょうし…


ただ、左サイドで起点を作れる選手は確かにいいかもしれないですね。ベン・アルファとか、レナト・アウグストとか、バルネッタとかアルテタ(ただ左はきついか…)、グアルダード、ユーベで控えになってしまっているジョビンコとかですかね~

| C・RONALDO | 2008/12/03 23:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

http://tottenham.blog15.fc2.com/tb.php/387-9a88b3df

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。