PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

自戒を込めて

英紙dailymailが面白い記事を載せてたのでちょいと引用。
「Who's the biggest comedy club in the Barclays Premier League?」
要するに一番のネタクラブはどこかっていう投票やってまして・・・
結果はこのように。(うまく表示できない場合があるので見れなかったらごめんなさい)
■ 一番のネタクラブはどこだ?
作成:ゆーや ソース:dailymail


圧倒的にマンC かと思いましたがニューカッスルでしたね。
やはりオーナーの売却話浮上→撤回のゴタゴタと成績不振の印象でしょうかね。
マンCはクラブの成績に見合わないビッグネーム補強の噂が連発されていて、
それらが一向に成功しないで結局は「それなり」の補強に終始している点と、
有り余る資金力に対するひがみの入り混じった結果で2位にランクインといったところか。
資金力世界一の座から転落し最近勢いを失って、スコラーリの進退も怪しいチェルシーと、
クラブの経営状態が著しく悪いのに加えてテベス問題も抱えてるハマーズが続くと。

何といっても触れなくてはいけないのが我がトッテナム・ホットスパーが堂々の3位(苦笑)
恐らく日本で同じお題で投票行ったら断トツで1位なんでしょうね。
日本におけるトッテナムのイメージは「補強を繰り返し結果が出ないネタクラブ」ってのが
だいたいの共通認識としてお持ちの方が多いと思います。

僕は言うまでもなくトッテナムのファンですし、トッテナムに対する言われなき誹謗・中傷の
類には反論しますし、甘んじて受け入れるつもりはもちろん無いです。
しかし、だからといって補強を含めたクラブの方針が正しいとは決して思っていない。
むしろ無計画でその場凌ぎの選手補強や監督交代を繰り返す一貫性、継続性の無さや、
若く、いい才能を持つ選手を多く擁しながら使いきれずに腐らせてきた過去は断じて
容認できるものでは無い(シーズン途中で他のクラブから監督を強奪してくることも含めて・・・)
と思っています。大体、それらの愚行で今まで結果も出ていないですしね。
ピントの外れた補強されるたびに(ある一定は期待しつつも)呆れますし、
どんどん補強を繰り返して多国籍軍団化していくのにも断固反対の立場です。

補強に関しては今まではSD(スポーツ・ディレクター)主導で行われてきて監督の権限が
弱かったものをハリー・レドナップ就任に合わせてSDを廃止し監督に全権を委ねる方針に
転換し始めたところで、少しではありますが正常なものに戻りつつあると期待しています。
それがイングランドの昔からのやり方ですし、そもそも選手補強というものは、
クラブの金儲けやオーナーの娯楽の為に行われるものでは無く、指揮を執る監督の
戦力構想に沿って行われるべきものです。マンUやアーセナルのように。
また「アカデミー出身者(自国出身者であるのがさらに望ましい)をトップチームに送り出せる
システムを構築すること、設備に投資することは余所から選手を買ってくるよりも重要である」
というのが僕の持論です。残念ながら今までのトッテナムのやり方を続ける限り、
クラブにとって本当の意味で明るい未来はやってこないとさえ感じています。

正直、ネタクラブと言われるとイラっときますがそれが正しいのも事実。
それに関しては反論するべき根拠も持ち合わせていない。それが今のトッテナム。
だけど、「ネタクラブ」って一言で片づけてしまうのは視野が狭いと思うし、あまりにも残念。
きっとネタクラブって一言で片づけてる人の多くは「イメージ」でしか語ってないはず。
沢山の魅力もあるし、それだけじゃないんだよってことを少しでも伝えていきたい。
そして何より「ネタクラブ」であることを誰よりも自覚し、それを変えて欲しいと思ってるのは
他ならぬ(僕自身だし)トッテナムファンなんじゃないかと思います。

降格圏をフラフラしている現在は大きなことは言いません。(言うべき時でもない)
だけどプレミアでビッグ4が上位を独占し続ける状況を何とか変えて欲しい。
それが出来得るのは限られた一握りのクラブ。
もちろんその一角にトッテナムがいることは紛れもない事実。
大きな野望を声を大にして叫べる時が来るのを信じて応援していきたい。
その時が来たら、きっとただの「ネタクラブ」なんて誰も言ってないはずですからね。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:8 | TOP↑

まぁスパーズはネタクラブかもしれませんが、イメージで語ってる人が多いというのは事実でしょうね。的外れな意見も結構見かけますし。スパーズの場合は買う時は豪快ですが、売る時はちゃっかり儲けてるので、ただ補強で失敗だけ繰り返してるクラブよりはネタの具合は少し弱まるんじゃないかと思っています。

スパーズは何より選手の出入りが激しすぎますよね。毎シーズンのようにスタメンの半数近くが入れ替わってる気がするし、その原因はやはり計画性のなさなのかなと。例えば今シーズン、キーンとベルバトフは仕方ないにしても、昨シーズン終盤にフィットしつつあったマルブランクを放出した理由が今でもよく分かりません。レドナップに変わって、そこら辺がどう改善されるのか注目してます。

| ホワイト | 2009/01/22 03:57 | URL | ≫ EDIT

おもしろい話題をありがとうございます。研究熱心で感心しました。
オーナーのキャラに問題ありのNewcastleと金満のMan Cityの次にきたのは、やはりアンダーアチーバーに対する世間からの期待の裏返しと思います。大いに応援して、ピッチのONもOFFもプレミア一を目指したいものです。

| Nutella | 2009/01/22 08:52 | URL | ≫ EDIT

アーセナルの若手強奪のやり方はまねして欲しくないです。あれはプレミアのクラブとしての恥だと思いますから。
あとネタだと言われようがなんだろうが、デフォーの復帰は全力で嬉しかったし、誇りに思いました。

| CC | 2009/01/22 09:45 | URL | ≫ EDIT

アーセナルファンの私からすれば、ネタがあるだけマシじゃないかと思うんですが、、、
サッカーで楽しむのが一番ですが、それ以外の楽しみ方もあると。
ただ下部組織強化は重要ですよね。ベンゲルが16歳のセスクをピッチに送り出した時は感動しましたし。
カーリング決勝決めましたね。私はUが好きじゃないのでスパーズを応援します。

| 金髪豚野郎 | 2009/01/22 10:53 | URL |

はじめまして

はじめまして。
四年前、ハートレーンでチェルシーを破った時に涙を流しながら選手を応援していたスパーズファンに心を動かされた者です。
毎回楽しく拝見させて頂いています。


スパーズに対する“ネタチーム”は、
“本当ならもっと強いはずなのに”という見方の方が多くいらっしゃるからだと思っています。
パラシオス獲得が決まり、グディチーニも合意間近と言われていますが、これからに期待したいですね!

| sinika | 2009/01/22 16:31 | URL |

確かに、マルブランクは置いといて欲しかったなあ。
いっつも、スパーズでようやく活躍できた選手は一瞬にして売却されますからね~
まあ仕方ないのでしょうかね。
ただ、こうも毎年毎年期待させといて沈没するクラブも少ないのかもしれませんね。
ただ、そんなネタクラブを必死に応援し信じ続ける僕らは何か共通のものがある気がします!
皆でスパーズを応援してビッグ4の牙城を打ち砕いてやりましょう!

| C・RONALDO | 2009/01/22 19:01 | URL | ≫ EDIT

トッテナムは選手の出入りが激しすぎて損し過ぎなのは確かですが、だからってネタ扱いはどうかなぁ。最近は悪い意味ばかりで目立ってるのは紛れも無い事実ですけども。
いい若手も所属してるので、長い目で見て育てる考えを本格的に持って欲しいです。あとはシーズン途中での監督交代と他チームからのあからさまな強奪も止めて欲しい。
迷走さえしなければリーグで優勝争いが毎年出来るだけのクオリティはあるのだから、チームのビジョンをさっさと固めてそれに向かい邁進して欲しいものですよー

| ルイベ | 2009/01/22 19:36 | URL | ≫ EDIT

>ホワイト さん
確かに派手な購入が目立ちますけど、実は結構選手を高値で売却してるんですよね。
そこら辺のフロントの抜け目なさもたいしたもんです^^; 
こんだけ選手を沢山買いながら経営状態が安定してるのは一定の評価は出来ると思います。
ただ長期的なビジョンが無さすぎなのが痛いところでこれからの改善を期待したいですね。
マルブランクについては同感です。僕も未だに謎です(笑)

>Nutella さん
ありがとうございます^^ やはり話題になるのも叩かれるのも期待の裏返しと僕も思います。
スパーズがビッグクラブであることは間違いなくビッグ4を狙わなければならないのは宿命と
思うので、信じて応援していきたいですね!

>CC さん
アーセナルのやり方も賛否あることでしょうね。ヴェンゲルの手腕は評価されて然るべきと
思う反面、結局はタイトルから遠ざかってるあたり成功してのかどうかは意見の分かれるところと思います。
十代の育成に関してはルールも含めて今後議論が必要と思いますね。
デフォーについては同感です。僕も好きな選手で手放しに嬉しかったですよ^^

>金髪豚野郎 さん
若手の育成に関してはそのやり方に賛否はあるものの一定の成果を上げてるのは
さすがヴェンゲルと思います。どんどんいい若手出てきますしね。あとはタイトルですね。
CC はなんとか決勝に行けましたので連覇して欲しいところです。応援感謝です♪

>sinika さん
はじめまして♪スパーズのファンはいろんな意味で熱いですからね^^
僕も世間のバッシングは期待の裏返しという側面もあると思っています。
その分ガッカリが大きいんでしょう。なかなか期待に応えてくれないクラブではありますが
信じて応援していきたいですね♪また遊びにきてください^^

>C・RONALDO さん
スパーズは買う側と見られがちですが、ビッグクラブに対しては売る側のクラブなんですよね。
そこにはある種のヒエラルキーが存在していて、さながら食物連鎖のような感じすらします。
ただその状況を打ち破る資格を持つ数少ないクラブの一つであるのは間違いないので,
なんとか「チェンジ」していきたいですね。

>ルイベ さん
ネタ扱いは悔しいし、残念ですけどそれが現実ではありますね。
でも仰る通りビジョンさえ明確になればいい方向に進んでくれると思いますし、
ネタだけで終わらない可能性は常に持っているクラブと思います。
いつかこんな状況を笑い飛ばせる日がくるといいのですけどね…。

| ゆーや | 2009/01/22 20:24 | URL |















非公開コメント

http://tottenham.blog15.fc2.com/tb.php/434-b4bf660b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。