PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【Week 23】 トッテナム vs アーセナル



イングランド・プレミアリーグ 25節

Tottenham 0 - 0 Arsenal 
         
Stadium:ホワイト・ハートレーン

         前半   後半   合計                               

Tottenham.gif   0      0   0
Arsenal02_20090204162351.gif   0      0   0      

得点
SPURS:
Arsenal:


第25節

交代: 63'パブリュチェンコ→ベント 74'チョルルカ→シンボンダ 86'レノン→ターラブ
Substitutes:ゴメス, ベイル , ハドルストン , ゾコラ
ホーム、ホワイトハートレーンで行われたノースロンドン・ダービーはスコアレスドロー。
圧倒的に試合を支配しながら惜しくも勝ち切ることは出来ませんでした。

ダービーらしく両チーム共に気持ちを前面に押し出した試合ではありましたが、
その熱量とはうらはらに、ゲームの内容的には決して素晴らしい試合とは言えませんでした。
ノースロンドンダービーでスコアレスドローは98/99シーズン以来とか。
試合が始まるまでは点の取り合いになると思っていましたが、蓋を開けてみれば、
ある意味両チームの現状が如実に表れた試合になったように思います。

注目のキーンがキャプテンマークを巻いて登場。大歓声で迎えられます。
キーン(3)
中盤センターはジーナス&パラシオス。モドリッチは左サイドからゲームを作ることに。
試合は超満員のホームの大歓声を背に立ち上がりからスパーズのペース。
前線ではキーン、中盤ではセンターの二人に加えレノン、モドリッチが鬼プレス。
こうなるとセスク、ウォルコットら違いを生みだすタレント不在の現状のアーセナルでは
ほぼ手詰まり。ご自慢のパスワークを封じられアデバヨール、ファンペルシは孤立。
大半の時間帯でアーセナル陣内に押し込んでの展開が続きます。

そんな中で試合展開を左右するアクシデントがアーセナルに降りかかります。
34分、エースFWのアデバヨールがハムストリングを負傷で続行が不能。
交代のベントナーがピッチに入る準備をしているさなかでエブエが二枚目のイエローで退場。
ダービー
一枚目は審判への抗議、二枚目はモドリッチへの報復と軽率な行為で10人となります。
前半の半ばで数的有利とスパーズとしてはダービー10年ぶり勝利の絶好の機会に。
しかし、いい形は何度も作るもキーン、パブリュの2トップが共に決定機を逃す拙攻。
すると前半からの攻め続けの影響からか終盤は全体の運動量が激減。
アーセナルのカウンターやセットプレーでヒヤリの場面も。
終了間際のモドリッチがGKと一対一の場面はアルムニアのグッドセーブでタイムアップ。
勝てる可能性があった試合だっただけに惜しいドローとなってしまいました。

ただドローには終わりましたが、ポジティブな面が多く見られたのも確かです。
この日一番の働きはパラシオス。中盤で相手をことごとく潰し、前線へも顔を出しました。
パラシオス(3)
今まで中盤をなかなか制圧できなかったスパーズにとってはなんとも頼もしい。
そして左サイドからスタートも時折中央に位置を変え前線と絡み好機を演出したモドリッチ。
最後の場面は決めて欲しかったですが、惜しいシュートを何本か放ち存在感は抜群。
サイドはウィングタイプという固定概念を捨てればモドリッチ左サイド起用はアリですね。
キーンも復帰初戦であれだけ動ければ及第点でしょう。明らかに生き生きとしてましたし。

数的有利で勝ち切れなかったことで不満も残りますが、10人になることで守備の意識が
高まる相手から1点を奪うのは案外難しいものです。
それがアーセナルのようなビッグクラブなら尚更で、簡単には勝たせてくれません。
終盤のレドナップの采配も前線の枚数を増やすことよりバランスを重視したのは明らか。
リスクを負ってでも勝ち点3を奪いに行くのではなくアーセナルのカウンターも警戒し、
ある程度守備にも重きを置き、最低でもポイント1は確保する、見方によれば消極的な采配。
しかし終盤はみんな明らかに疲れて足が止まってたのでこの采配は正解と思います。
見ているファンとしては勝って欲しかったですけどね。状況が状況ですから・・・。
むしろ数的同数で戦ってた前半30分までを互角以上に戦えたことを評価したいですね。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| マッチレポート | comments:18 | TOP↑

前回は勝ったような気分のドローだったけど、今日は負けたような気分のドローです・・・ま、痛み分けってことで。
もう、ふかしまくってごめんなさい、としか言えないなぁ。1本決めたかったなー(涙)
エブエは前に交代の時にブーイングされてて、それ以来「負けるな!」と何気に応援してたので退場になっても喜べなかったし、今季は相手が10人になっても苦戦しまくってるイメージがあったので嫌な予感はしてたんですよね。それでもあの瞬間、10年ぶりの勝利を期待したんですけど・・・。まぁ、10人相手に勝ち切れませんでしたけど、11人同士の時はむしろ押していたので、切り替えて次に向って欲しいです。キーンも惜しかった。やっぱりキーンもデフォーも全然時間かからずに馴染んじゃってるのが凄い!
それとクリシもかなりの出血で心配ですが、ベントのでこもかなり痛そうで心配ですぜ。

| みほぶ | 2009/02/09 01:33 | URL |

悔しいですね~
本当に勝てた相手だったのに…
キーン、パブリュチェンコはどちらも絶好機ありましたし…

| C・RONALDO | 2009/02/09 08:08 | URL | ≫ EDIT

担架で運ばれる選手に歓声あげたり血を流す選手にチートと言ったりするのは違うと思うんです。フェイエにも昔大迷惑をかけましたしこういうサポーターが多いんですか?
試合は惜しかったですね。ガナーズは使わないならラムジーくれないかな。

| よう | 2009/02/09 10:49 | URL | ≫ EDIT

>みほぶ さん
惜しかったですね~^^あと一歩のところまでは追いつめたんですけどね。
仰る通り数的有利を生かせなかったですが、この日の戦いぶりを見た感じでは、
仮に11人のままであっても結果は別に変らなかったと思いますね。
パブリュは相変わらずシュートが下手なのが残念ですけど、なんとか自分が決めるという
気持ちは伝わってきました。FWはその気持ちが何より大切ですから。
ただキーンにしろデフォーにしろを生かせる方法を選択できる余裕が出てくれば、
チームの成績はもちろんパブリュ自身の評価も上がるものと思います。
クリシーの怪我は不可抗力の衝突とはいえ気の毒でした。凄い出血でしたからね…。

>C・RONALDO さん
珍しくアーセナル相手でも勝てると思える試合展開でしたね。
相手の退場、エースの負傷と追い風も吹いてたんですが数的有利を生かせなかったですね。
決定機はいくつもありましたがその一つでも決めていればなぁ…と。
ただ今季のダービーは2分けなので悪くないと思いますよ^^

>よう さん
僕は現地で観戦してたわけではないので無責任なことは言えないのですが、
一部ファンからそのような行為があったのならばそれは非常に残念だと思います。
ファンの質の低下=クラブの評判低下ということを自覚しなければなりませんね。

僕は100%肯定しないという事を前置きにして…
(選手生命に係るような、見た感じこれは酷そうだとわかる重傷で無い限り)相手エースFWが
負傷なり警告で退場する時に歓声があがるのは決して珍しくないと思います。
これはスパーズファンに限らず…です。それがダービーというのなら尚更のこと。
恐らくキーンが同じ状況だった場合エミレーツでは大歓声だと思います。
あまり褒められた行為では無いですがファンの感情を考えると歓声があがるのも、
僕個人としてはある程度は理解できます。

ここからは推測なので間違ってたらごめんなさいね。
ようさんは純粋にスパーズのファンの質を僕に尋ねたのでしょうか?多分違うのでは?
わざわざこのタイミングで(直接的には関連性の無い)過去の一件を持ちだしてまで
スパーズファンの気分を害そうという意図があったのでは?
僕にはどうしてもあなたのコメントから悪意を感じずにはいられなかったのですがどうでしょう。
ここは楽しいコメント交換の場であって欲しいと思います。管理人のお願いにも記してます。
あなたのコメント自体削除することも考えましたが今回はあえて掲載します。
同様の行為が今後あれば削除対象としますのでご理解を。

| ゆーや | 2009/02/09 15:22 | URL |

まあ、ようさんがガナーズファンなら、それもわかる気がします(違ったらすいません)。
昨シーズンもダ・シウバが大怪我で離脱しましたし、ガナーズファンなら、怪我をさせる悪質なプレーに対する怒り、ましてやそれを喜ぶという行為には確かに、もの凄い怒りがあると思います。
ただ、アデバヨールに対するプレーはそこまで悪意は感じませんでしたし、スパーズファン皆がそれをしていたわけでもありません。また、ここにいるスパーズファンは少なくともアデバヨール負傷をあからさまに喜んだ人はいないと思います。ですから、ここで批判されてもゆ~やさんも困ると思いますよ。
ただ、そのようなファンがいるというのは悲しいですよね。逆に、アデバヨールいなかったら、本当のガナーズと戦えないじゃないか、くらいの意気で観戦したいですよね。
またまた長文すいません。

| C・RONALDO | 2009/02/09 17:50 | URL | ≫ EDIT

>C・RONALDO さん
僕の言いたいことを代弁していただきありがとうございます^^ 
補足すると、アデバは自らの判断でプレーを止めてますしたいした接触もしてないですから、
クリシーの件でしょうね。彼の負傷は心配しましたよ。頭がパックリ割れてましたからね。
C・RONALDOさんも仰ってくれましたが、やはり相手の負傷を喜ぶのではなく純粋にチームの力でいい試合をして勝つことを喜びたいという気持ちで応援したいですよね。

スパーズサポーターはプレミアでも最も熱い部類のサポーターですが、一部のサポーターの
愚行を取り上げてひとくくりにするのはいけません。キャンベルへの差別的チャントの件でも
感じたのは「サポーターはクラブを映す鏡」だということ。 
我々日本のファンもそのことは忘れてはならないと改めて思います。

| ゆーや | 2009/02/09 20:28 | URL |

たしかに、サポーターが結果でない時に暴れて勝ち点減とかなったらもう嘆くしかないですしね。
クリシーは大丈夫でしょうかね?
ベントも心配ですが。

あと、マンチェスターUは本当に強いですね~
内容悪くても、必ず勝ち点3取ってます。
羨ましい(笑)

| C・RONALDO | 2009/02/09 20:53 | URL | ≫ EDIT

アーセナルは相変わらずの攻撃下手で、しかも今回は途中からエブエ退場という思いがけないラッキーを得たにも関わらず引き分けるしか出来ないとは。
今のどん底アーセナルにすら勝てないのなら、なんかもうあと数年くらいは軽く勝てそうに無い気がしてきました。前半30分まで…ってのは所詮言い訳でしか。
だからビッククラブにいっつも勝てないんだorz 戦力はきちっと揃ってるだけにもどかしい。
なんで途中でパブリュシェンコを下げたのかも分からない。ボール引き出す動きをあの試合でまともに出来てたのは彼くらいだったのに。珍しく勝てるチャンスのあるダービーなのに勝つ気あるの? と疑っちゃいました。
引き分けを狙う気持ちも理解出来るんですがせめてダービーくらいは、しかも今回は相手が飛車角落ちで大チャンスだったのですし、負けても構わないくらいの勢いで最後まで攻めて気概を見せて欲しかったですね。
でもパラシオスは動き良かったなぁ。エコトは相変わらずダメダメでしたけど。

負傷の際の件に関しては…まぁダービーですからね。
ある程度のそういった歓声とかはしょうがないでしょう。嫌な気分ではありますが割り切るしか。
でもやっぱりダービーは純粋なベストメンバー同士でのガチンコ対決を90分間見ていたいです。
今回のような消化不良気味のダービーはやっぱり残念。次に期待します

| ルイベ | 2009/02/09 21:16 | URL | ≫ EDIT

引き分け狙いでしたかね?
キーンやらパブリュチェンコやらチャンスはかなりありましたよ。いくらなんでも10人の敵に引き分け狙いはないかと。
まあ、実は引き分け狙いだったかもしれないですけど。
ただ、引き分け狙いだったか解らないのに決めつけて批判するのは…
選手たちもダービーは頑張ってましたよ。
終盤は確かにクダクダだった気も…(笑)

| C・RONALDO | 2009/02/09 21:26 | URL | ≫ EDIT

んん、長いダービー対決の中でスコアレスドローは10回しかないという記録もあり、また試合展開もあり昨日は期待してしまいましたが、少し残念でした。
キーンが相変わらずシャカシャカ走り回ってるのはみてて嬉しかったですけどね。あと、パブリはゴールこそなかったものの、僕は昨日の試合を見て連携が高まってきたことを実感しました。走りこみやポストプレー、サイドとの掛け合いなどは、当初に比べて随分向上したと思います。
パラシオスの目覚しい活躍はうれしかったですね。ボールを持ってるときだけでなくそれ以外の時間でも、「チーム力」を向上させているのを感じました。シンボンダも途中出場ながらいい動きでした。クロスの質は・・・っていうとこですけどね笑

クリシーの怪我や出血に対してもし歓声があったんだとしたら、それは残念ですね。ただ、個人的な意見ですが、エブーエが退場した際に歓声が上がるのは、僕は全く問題ないと思います。明らかにモドリッチを後ろ蹴りしてましたし、その盛り上がりこそダービーのような気もしなくもないです。
ただ、やはり強い敵チームがいてこそ、サッカーは成り立つし、盛り上がるものですよね。だから、敵チームの選手にも、「それなりの」「相応しい」敬意が払われてしかるべきであると僕も感じます。ダービー後ということでテンションがまたあがってしまいました。長文失礼します!

それにしてもリーグ戦、ビッグ4相手に未だ負けなし…なんと言っていいのか…笑

| charmarie | 2009/02/09 22:15 | URL |

>ルイベ さん
引き分け狙いというわけでは無かったと思うのですが、「負け」を引き換えにするほど
勝ちに行かなかったのは否定できないですね。
僕もダービーですから玉砕覚悟で勝利にこだわって欲しかったですし、今回がここ数年でも
一番勝利に近づいたのは確かなので惜しい気もします。
しかし引き分けでも十分悔しいのですから、この展開でカウンター一発でもし負けてたら
立ち直れないほどショック受けますよ(笑)
そういう意味ではレドナップの判断は賢明だったと僕は思ったんですよね。
まぁここら辺の捉え方は人それぞれですし、ルイベさんの気持ちも僕はよくわかりますよ^^ 
パブリュ→ベントの選択は僕も解せませんでした。
こういうスペースの無い状況だとベントは空気になってしまう可能性が高いです。
何とか打開しようとの策でしょうけどね。

>C・RONALDO さん
まぁ勝ちには行ったとは思いますが、↑にも書いた通りリスクを負ったかと言えばノーですね。
勝てなくて残念ですがみんなよく走ったし(最後はバテバテでしたが)
気持ちは感じられたので僕としてもそんなに悪い印象は持ちませんでしたね。
10人とはいえアーセナルをそんなに過小評価もできませんし。

>charmarie さん
僕も0-0は意外でした。
10人になったことで守備に追われてカウンターのみになったアーセナルと、
得点力不足のスパーズの悪い部分が出てしまったというところでしょうか。
ただパブリュは本当にフィットしてきたと思います。シュートの精度は相変わらず低いですが
周りとの絡みは良くなったと僕も思います。キーンとのコンビはまだ1試合ですしね。
パラシオスも最高の出来で、ジーナスの存在感の無さとは対照的でしたね^^ 
客席の反応に対する意見は同感です。

| ゆーや | 2009/02/09 22:44 | URL |

ほんとすいません。
ゾラ先生にこの子もシュート特訓してもらえんだろか、と真剣に考えておりましたですよ。

| みほぶ | 2009/02/09 23:10 | URL |

>みほぶ さん
あはは(笑)C・コールはゾラと練習したらしいですもんね^^ 
ウチもリネカーあたりがシュート教えにきてくれないだろうか…。

| ゆーや | 2009/02/09 23:52 | URL |

うー引き分けですかぁ 
勝ち点3欲しかったですねまぁ負けるよりはマシですけど。 
最後のモドリッチは決めて欲しかったですね 
しかしモドリッチを左サイドで起用がなかなか機能してこれは朗報ですね。 
パラシオスも非常に良かったですし、このシステムを暫く試してみてほしいです

| ゆうすけ | 2009/02/10 04:40 | URL |

はじめまして。

こんにちは。DIESELと申します。
ずっと前から拝見させてもらっておりますが、なかなかコメントする機会がなく、今日が始めてになってしまいました。

このたびプレミアリーグのエバートンの応援ブログを開設することになり、お互いの情報交換、交流を目的として相互リンクのお願いに参りました。

お返事待ってますます。

| DIESEL | 2009/02/10 14:49 | URL | ≫ EDIT

>ゆうすけ さん
惜しい試合でしたね~^^ あと一歩でした。
最後のモドリッチは決めて欲しかったですけど、狙う場所はニアしかなかったので
アルムニアを褒めるしかないですね。
でもモドがサイドでも機能するとなれば選択肢が広まるのでいいと思います。

>DIESEL さん
はじめまして^^エバートンいいですよね~。
モイーズの元で着実に力つけてますし、好感持てるチームですよ。
ブログ開設されるんですか~それは楽しみですね。
にほんブログ村のプレミアリーグのランキングに登録するといいですよ^^
読者さんも増えますし、いいブログたくさんあって交流できますから♪
相互リンクは了解です。また遊びにきてくださいね♪

| ゆーや | 2009/02/10 20:36 | URL |

圧倒されるという屈辱でしたが、多くのアーセナルファンは「負けることはないな」と思っていたんじゃないかと思います。最近プレミアでスパーズに負けていないというのもありますが、アーセナルのCMFがあの体たらく(15番にいたっては空気も同然)だったのに、思ったほどの攻撃(緩急がないと感じます)をしてこなかったので、最悪0-0で終われるかなと思っていました。

ただ、レノンがいた状態でクリシーがギブスに代わっていたらスパーズが勝っていたかもしれないです。あとエブエのゴールを取り消した意味は私も不明。

| ガナー | 2009/02/13 00:08 | URL |

> ガナー さん
終始試合を支配し打たれたシュートも4本(枠内1本)なので多くのスパーズファンは
(仮に退場が無くても)「負けることはないな」と思って見たいたと思います。
最近アーセナルにプレミアで勝っていないということはありましたが、
15番どころかチーム全体の動きが低調で(ところでアーセナルの15番って誰だ?知らねぇ)
およそビッグ4と呼ぶにはふさわしくないパフォーマンスの相手に勝ち切れず、
0-0に終わり残念無念であります。
レノンが残ってれば…云々はともかくエブエが馬鹿で大いに助かりました。
…ってこれ読んで気分悪くなりませんでした?
あなたがくれたコメントを逆の立場で返すとこんな感じになるという単なる例です。(笑)

ちなみにエブエのゴール…というかあの場面エブエがシュート打ってから笛がなったなら
まだしもシュートを打つ前に笛が鳴ってあきらかにDFが動きを止めてるので、
ゴールか否かを議論する以前の問題です。(まぁあの笛は確かに微妙な判定でしたが)

| ゆーや | 2009/02/13 14:14 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。