PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

アカデミーの重要性

昨日行われたUEFACUPのシャフタール・ドネツク戦には8人のアカデミー(ユース)選手が
トップチーム登録され遠征に帯同しました。これは主力の温存や怪我人の穴埋めに留まらず、
トッテナムの未来において非常に意義のあることです。
これにはUEFAが2006年から定めた「CLとUEFACUPの選手登録に関する新レギュレーション」が
実は大きく関わっています。まずは簡単にどういうものかまとめておきましょう。

2006年:登録選手25人中、4人は自国選手とする。
2007年:登録選手25人中、最低6人は自国選手とする。
2008年以降:登録選手25人中、最低8人は自国選手とする。そのうちの4人は、自国育成選手
(15歳~21歳までに最低3年間は自国の下部組織に所属した選手)であること。

この自国育成選手枠の他にも外国籍選手の人数を制限するいわゆる「6+5」ルール導入の
議論も実現の可能性や時期はともかく行われ始めています。
これらの諸制度の是非を語りだすと長くなり過ぎますし、それぞれにメリットとデメリットが
あるので今ここで論じるのは避けますが、相次ぐ外資の参入や移籍金、給与の高騰など
あまりにも多くの金額が動くサッカー界に変革の必要性が高まっているのは確かです。

ここで重要なのは、CLやUEFACUPなどUEFA主催の大会においてはUEFAの規約を
守らなければいけないということで、「今後この規約をふまえていかに強化していくか?」です。
補強戦略の転換はもちろん、アカデミーの重要性が今まで以上に高まるのは間違いない。
今までのトッテナムは補強に資金を大量に投入し「選手を買ってくる」方針でした。
今まではこれで良かった(僕としては反対でした)が上述したように自国育成選手の
重要性が高まるであろう今後は「選手を自クラブで育てる→トップチームに上げる」システムに
力を入れていかなければならないと思います。
(※自クラブのアカデミーに入れる段階で「買う」行為が発生するのも忘れてはいけませんが)

今後プレミアリーグで外国籍選手枠が適用されるかどうかはわかりません。
ただ「その時」に備えて自国の有望な選手を確保すること、またアカデミー出身選手が
トップチームに数多く在籍するようにしていくことは得こそあれ損になることは絶対にないです。

僕が当ブログで再三アカデミーの重要性を訴え、金で選手を買い漁るのを否定しているのは、
単純に補強に金を使い過ぎ(しかも成績伴わず)というのもありますが、やはりスパーズは
イングランドのクラブなのですから英国系の選手が中核を担って欲しいという気持ちからです。
オーナーも会長も監督もイングランド人のトッテナムなら尚更、「自国育成路線」を貫くべき。
やはりアカデミーから見守っていた選手が成長してクラブの中核を担うのが理想だし、
ファンにとっては一番嬉しいことです。愛着も沸くし、余計に応援に熱が入りますよ。

ということで、今回はアカデミーについてちょっと熱く語ってしまいました。
せっかくアカデミーについて触れたので次回はトッテナムのアカデミー所属選手を紹介します。
普段はなかなかアカデミーの試合や選手を目にする機会もありませんし、何分僕自身が
ファン歴7年のにわかですので詳しくは説明できないのですが・・・。
これを機会に自分の勉強も含めて、もっとアカデミーの選手を知って行きたいなぁ・・・と。
ここに集うトッテナムファンの皆様のトッテナム愛(笑)を深める助けになれば・・・と思います。
ん?アカデミーなんてどうでもいい?そんなこと言わずにもう一回だけお付き合いを・・・。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:6 | TOP↑

イングランドを愛する僕としましては、やはりプレミアの各チームが自国イングランド選手を育成&起用してほしいです。スパーズはビッグクラブにしてはイングランド選手多いと思いますが。そして強いイングランド代表チームを見たいですね。
さてUEFAカップの結果はしばらく忘れて、月曜日のハル戦はしっかり勝ってくださいよ。ベントリー、キーン頼むよ!!

| Chirpy | 2009/02/21 23:55 | URL |

>Chirpy さん
全く同感です♪僕もイングランド代表が強くなって欲しいし、
その中核をスパーズが担っていれば最高です。
ヴィラやウチのようにイングランド選手を多く抱えるクラブが今の路線を継続して
結果を出していくことで代表の強化に繋がればいいですね^^
それが自クラブのアカデミー出身者なんてことになれば嬉しすぎます!

| ゆーや | 2009/02/22 01:29 | URL |

なんだかスパーズは青田買いでも金を振り撒きそうな予感がしますね(笑)ボストックみたくクリスタルパレスから強引に引き抜くような真似までしてますし。

| はじ | 2009/02/22 17:01 | URL |

>はじ さん
それは文中でも触れている通り否定はできませんね。
現行のルールをきちんと変えていかない限りそこばかりは避けて通れない気がします。
まぁ獲得してから伸びるかどうかは選手次第ですし成長を引き出せるかはクラブの手腕が
問われると思いますが。

| ゆーや | 2009/02/22 17:45 | URL |

金があるんだから

買えばいいと思うがな。大体アカデミーにいくらかかるか知ってんのかね。

| おったまじゃくしはかえるのこ | 2009/04/21 17:42 | URL |

>おったまじゃくしはかえるのこ さん
僕とは考え方が違いますね。
アカデミーには巨額の投資がもちろん必要ですが、アカデミーから選手をトップに上げられる
環境が整えば長い目でみればプラスなんじゃないかな~と僕は思いますね。
金で他から買ってくればいいという考えも、悪くはないですよ。
仰る通り、スパーズには資金力もありますからね。ただ僕はそれを望んでいないということです。

では逆に問いますが、アカデミーには具体的にどれぐらいの資金が必要なんですか?
コメントを見る限りご存知のようなので是非お教え願いたいですね~。
あやふな情報ならいらないので、どこからその情報を得たのか(情報元)も必ず添えて
ご回答願います。

| ゆーや | 2009/04/21 19:03 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。