PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

Spurs Next Generation

前回の記事でアカデミーの重要性について触れましたので今回は選手の紹介を。
スパーズの未来を担う期待の若手。題して「Spurs Next Generation」略してS.N.G
この名称のパクリ禁止!・・・って誰も使わないし流行らないって?うん。わかってる(笑)

さてS.N.Gの候補生ですがアカデミー1年生12名、2年生11名の計23名。(結構多いのね・・・)
もちろんその上のリザーブチームにも18名いますが今回はアカデミーだけということで。
この全員を紹介するのもアレなんで(はい、面倒なだけです。ごめんなさい)先日のUEFACUP
シャフタール戦でトップチームに帯同した6人をとりあげます。

ジョン・ボストック (MF Age-17 アカデミー1年生 イングランド)
2008年夏にクリスタルパレスから加入後すぐにトップチームのスペインキャンプに帯同するほど
期待をされている選手。U-17イングランド代表でもあり同年代では中心的存在。
2008年11月6日のUEFACUPグループリーグ、ディナモ・ザグレブ戦でデビュー。
当時の16歳295日という年齢はトッテナム史上最年少デビュー記録を更新しました。

ライアン・メーソン (MF Age-17 アカデミー2年生 イングランド)
2007/08シーズン、アカデミーリーグで18試合11ゴールを挙げたアカデミーの10番。
今のところアカデミー選手の中では僕の一番のお気に入りです。
今季のFAユースカップをはじめ、アカデミーリーグではチームの中心的な役割で貢献。
U-16を皮切りに現在のU-18に至るまで各年代のイングランド代表に選出されてきた。
2008年11月のUEFACUP、NEC戦でサブに入るも出場は無し。
中等部時代はハードルの地区チャンピオンだったそうです。

ディーン・パーレット (MF Age-17 アカデミー1年生 イングランド)
2008年夏にQPRから加入。2008年12月にはプロ契約を結ぶなど期待は大きい。
U-18イングランド代表レギュラーとして2007/08シーズン17試合で3ゴール。
先日のUEFACUP、シャフタール戦でトップチームデビューを果たした。
 
  ボストック(2) メーソン パーレット
      John Bostock        Ryan Mason         Dean Parrett

ジョナサン・オビカ (FW Age-18 アカデミー2年生 イングランド)
現在アカデミーでFW登録されている唯一の選手。
2007/08シーズンにアカデミーリーグ26試合で14ゴールを挙げる大活躍を見せ、
リザーブリーグでも9試合3ゴール。2008年11月UEFACUP、NEC戦でトップチームデビュー。

アダム・スミス (DF Age-17 アカデミー2年生 イングランド)
こちらもU-16から現在のU-18まで各年代でのイングランド代表選出のフルバック。
2008年夏にプロ契約し、プレシーズンのフェイエノールトトーナメントにトップチーム帯同。
同年11月のUEFACUP、NEC戦でベンチ入りを果たすも出場は無し。
学生時代は1500m走の地区および群のチャンピオンだったらしいです。

カラム・ブッチャー (DF Age-17 アカデミー2年生 イングランド)
U-18イングランド代表選出経験もあるセンターバック。
2007/08シーズンに加入、同シーズンで21試合に出場。
今季も持ち前のパワフルさで攻撃陣を跳ね返す印象的な活躍を続けている。

  オビカ スミス ブッチャー
     Jonathan Obika       Adam Smith        Calum Butcher

この6名が中心のアカデミーチームですが、もの凄く強いです。
今季はアカデミーリーグでここまで12勝1敗5分け。FAユースカップも6回戦まで残ってます。
メキシコで行われた強豪クラブが参加したトーナメントでも3位になったほどです。
スパーズのレジェンド、スティーブ・ペリマンも現在のアカデミーの面々を絶賛していて、
アカデミー監督のアレックス・イングルソープのチーム作りも評価していますね。

これらの選手が一人でも多く、常にトップチームでレギュラー争いするほど成長して欲しい。
しかし現実は厳しくリザーブチームに上がれてもなかなか出場機会が与えられず、
ローンで修行に出たり、戻ってきても居場所が無く解雇もしくは放出がほとんどです。
ここ数年を見てもアカデミー出身でトップチームに残っているのはキングとオハラのみです。
(オハラはアカデミー時代にアーセナル→トッテナムに移籍)
育成が下手なリヴァプールはともかくマンUやアーセナルは理想的な形が出来てますよね。
マンCやウエストハム、ミドルスブラやエバートンも、いい選手がドンドン上がってくるし。
スパーズもそんな感じになったらもっと魅力的なクラブになるのになぁ・・・。
面白い素材が生まれつつはありますので、イキのいい若手をどんどん使って欲しい。
ベイル、ハドルストーン、オハラらS.N.GとアカデミーのS.N.G予備軍には期待したいです。
生え抜きのスター誕生を夢見て待ちたいですね。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:8 | TOP↑

イングランドのアカデミーのレベルの高さは想像以上です。とにかくアフリカや欧州大陸からも小さい時からどんどんやって来ますので競争の激しいこと。そんな中に割って入り、生き残るだけでなく、トップまで上がるというのは、それこそキング並みでないとダメ、ということでしょう。そうでなければ、下部チームへのFeederとなるのは仕方ない面があります。実は我が息子も元プレミアの某チームにいましたが、16歳でリリース。まだ諦めてはいませんが、世界中の若手との勝負であると言う意味で、実にタフな世界ですね。

| Nutella | 2009/02/23 04:14 | URL | ≫ EDIT

>Nutella さん
おぉ~!!ご子息が以前にプレミアの下部組織にいらっしゃったんですか~!
それは凄いですね^^ 是非とも頑張って欲しいです!陰ながら応援させていただきますよ♪ やはり世界各地から有望な選手が集まりますから競争は激しいでしょうね~。
その中からトップに上がれるのは一握りでしょうし厳しい世界ですね。
スパーズでもキングのような生え抜きのスターがまた誕生してくれればいいんですが♪

| ゆーや | 2009/02/23 21:08 | URL |

アカデミーはそんなに強いんですか?
知りませんでした。プレーはほとんど見たことないですけど、逸材が揃ってるようですね。


この有望な若手を育てるには、やっぱりトップチームが強くないと…ですよね、
マンUみたいにカップ戦だけでなくリーグ戦でも若手を使っていけるようなチームになっていって欲しいです。

| ロバ | 2009/02/23 23:04 | URL |

プレミアの下部組織…もちろん、一部ですよね!?
だとすると、素晴らしいですね!
僕もサッカーしてますが、所詮日本の一県の大会得点王止まりです(泣)
プレミアに下部組織とはいえ属していたなんて…
いや、本当にうらやましいです。


若手はしつこいようですが、僕大好きなんで、活躍に期待しています。
エバートン、ウェストハムのユースもいいですよ~

| C・RONALDO | 2009/02/24 00:06 | URL | ≫ EDIT

プレミアの下部組織に?!すげー!!

っていうか、レノーーーーン!!
ウッドゲイトーーーー!!
見ててよかったーーーーっ!!

ん、朝からハイテンション失礼しました。笑

| charmarie | 2009/02/24 07:02 | URL |

>ロバ さん
僕もあまり知らなかったんですけど、結構強いみたいですよ^^ 
仰る通り、有望な若手がいてもトップがヘロヘロじゃなかなか出場機会を与えられないですね。まずはカップ戦、それからリーグと若手を使える環境を整えたいところです。

>C・RONALDO さん
県の得点王でも十分凄いじゃないの^^
僕がサッカーやってた頃(といっても20年くらい前の小学校時代の話ですが)は
GKだったんで三角飛びの練習ばかりしてました(笑)これ、わかる人が少なそうだなぁ… 

>charmarie さん
僕もすげぇ~!って思いました^^
Nutellaさんの息子さんが、どこかのクラブで活躍するのを日本からみんなでひっそりと
応援しましょう♪
っていうか朝の試合、僕も早起きして観ましたよ^^
おかげで眠くて業務に支障が出てますが(笑)
マッチレポは帰宅後にあげますので少しお待ちを。

| ゆーや | 2009/02/24 13:39 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/02/25 18:20 | |

>nufc1892jp さん
コメント&ご指摘ありがとうございます♪ご指摘の件、ごもっともですね^^
確かにリヴァプールは長い歴史を紐解けば育成に長けたクラブですよね。
ここ数年の印象だけでリヴァプール=育成下手と決めつけていたふしはあります。(反省)
スパーズもアカデミーができてまだ10年ということなので、これからは育成にも力を入れて欲しいなぁという気持はあります。
ニューカッスルも地元産の有望な選手を多く輩出してる印象がありますが、それでもトップチームに残れるのは一握りというのはやはり厳しい世界なのだなぁと実感しますね。

nufc1892jpさんの日記は毎日のように拝見させていただいてます。
その長いファン歴と深い愛情、豊富な知識に裏付けされたユーモアと毒の込められた文章の
大ファンです。(ちょっと褒めすぎ? 笑)
僕は2002年頃からトッテナムを追いかけだしたばかりでまだまだイングランド・フットボールや
スパーズの一片しか知らない半端者ですので、また気がついたら突っ込んでいただければ
幸いです。

P.S マルティン・ヨル=大地康雄が個人的にはツボです(笑)

| ゆーや | 2009/02/25 20:11 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。