PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

右サイドのスピードスター

今季ここまでのシーズンで好調を維持してるアーロン・レノン。
今夏のベントリー加入が刺激となったのか、昨季イマイチだったパフォーマンスが向上、
2006年W杯にサプライズ選出された時の勢いを取り戻しつつあります。

一瞬の加速から相手を置き去りにするドリブルはDFの脅威ですが、ゴールに繋がるクロスや
ラストパス、シュートの精度が低く、縦のスペースを切られると怖さの無い選手でした。
また好不調の波が大きく消える試合も多く、コンスタントな活躍が求められていました。
しかし今季は概ね好調をキープ、ここまで5ゴールと自己最多のペースで得点に絡んでます。
本人も「自己最高のシーズンを送れている実感がある」と手応えを感じてる様子。

Lennon tipped for England call - skysports
指揮官のレドナップもレノンの最近の働きを絶賛し「代表入りが近いだろう」とコメント。
カペッロ政権下では未だ代表召集が無いレノンですが初召集も近いかもしれません。

現代表の右サイド争いは熾烈。ウォルコット、S・W・フィリップス、そしてベッカムは未だ健在。
レノンがここに割って入る実力を示しているのでカペッロは嬉しい悩みが増えたことでしょう。
そして復調が待たれるベントリーも今後は当然この争いに加わっていかなければならない。

Harry highlights Lennon 'fault' - skysports
レノンをずっとレギュラーで起用し高い信頼を示している指揮官レドナップですが、
更なるステップアップの為に、注文をつけることも忘れません。
「彼(レノン)は相手に襲いかかるドリブルや抜群のスピードと素晴らしい才能を持ってるが、
ラストパスの精度の低さを改善する必要がある、今後代表に定着したいのならばね・・・。」


「ラストパスの精度の改善」僕がずっとレノンについて言い続けてきたことですね。
本当にもったいないなぁと思う場面が多いんですよね。DFを完全に振り切って後は最後の
ラストパスさえしっかり出せれば・・・ってところで,、DFにぶつけるor中の選手と合わない・・・。
逆に言えばこの部分さえ改善出来れば、それこそロッベンやC・ロナウドのように相手にとって
本当に脅威となるサイドアタッカーになれる素質を持った選手と思います。
個人的にはこのパフォーマンスを左サイドでも発揮してくれれば活躍の場が広まる気がします。

話題は変わってアカデミーチームの近況を。

More cup heartbreak - tottenhamhotspur.com
先日行われたFAユースカップのアーセナル戦は1-3で惜しくも敗戦。
残り3分まで1-1だったのですが、そこから2失点し準決勝進出とはなりませんでした。
やはりアーセナルはこのカテゴリーでは一歩実力が抜けてる感はありますね。悔しいですが。

Changes inspire comeback - tottenhamhotspur.com
昨夜行われたアカデミーリーグのレディング戦は4-4のドロー。
長い負傷離脱からダニー・ローズが復帰、15歳のジェーク・ニコルソンもデビューしてます。
前半終了時は1-4だったのですが、そこから猛反撃。メーソン、オビカ、コールカーのゴールで
追いつきリーグ首位を維持しています。ここまで19試合でわずか1敗。頑張っていますね。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:7 | TOP↑

さすがに、サンダーランド戦は疲れが見えましたが、その前の、マンチェスターユナイテッド戦、ミドルスブラ戦はキレキレでしたからね。
ラストパスは、おそらく、敵をあれだけかわすと、かわしきったあとに集中がよく切れるんですよね。(僕もよく言われます)(笑)
そこを改善すれば、代表で、スタメンも大いにありえますよね。

理想のイングランド代表は勿論、ベント、デフォーの2トップ、左レノン、右ベントリー、中盤ジーナス、ハッド、CBがキング、ウッドゲートですがね…

| C・RONALDO | 2009/03/09 23:33 | URL | ≫ EDIT

>C・RONALDO さん
疲れもあったでしょうが、サンダーランドはダブルチームで潰しにきましたからね~。
今後はああいうのが今まで以上に増えてくると思うので、
強引に行く時と周りを使う時のチョイスを巧くやっていかなければキツイでしょうね。
その代表いいなぁ~^^ベンチにオハラとドーソンが控えてると完璧です。
しかし、弱そうだなぁ(自爆・・・笑)

| ゆーや | 2009/03/09 23:43 | URL |

たぶん、ルーニーが負傷して、アストンビラ勢が極度の不振に陥り、ランパードとジェラードが猛喧嘩して、両方代表に来なくなり、マンチェスターユナイテッドが破産したら、いける、かもですね、その代表…笑

意外と、鉄の結束が生まれるかも…

監督は、勿論将来の代表監督を希望していたレドナップ爺です。

| C・RONALDO | 2009/03/10 09:47 | URL | ≫ EDIT

ここ最近のレノンの好調がチームの成績にも表れていると思います。

左のモドリッチと右のレノンの形が機能しているので、点が取れるようになりましたしね。


でも、僕としてはベントリーに頑張ってほしい。
ローヴァーズ時代からお気に入りの選手なので、レギュラーを奪いとってほしいです。


モドとレノンとベントリーが躍動する中盤が見たいです。

| ロバ | 2009/03/10 13:20 | URL |

>C・RONALDO さん
ありえね~し、誰も望まね~(笑)
でもスパーズの選手の多くが代表に召集されて中核を担って欲しいですね^^
もちろん実力で(笑)
レドナップ爺さんは戦術家ではなくモチベーターですからクラブより短期決戦の
代表向きだと思います。いずれは率いたいと本人も意欲あるみたいですしね。

>ロバ さん
レノンの好調は嬉しいですが、彼ならもう一段高いレベルに達することが出来ると思うので、
欠点を克服して欲しいですね^^
もちろんベントリーは今の程度じゃないはずです。
僕もベントリーはレギュラーでいるべき選手と思っていますし、早く復調してくれるのを
待っていますよ。あんなにパスもクロスもシュートも高いレベルで備えてる選手は稀ですからね。

| ゆーや | 2009/03/10 23:04 | URL |

最近のレノンはキレキレですけど、縦のスペースを切られると何も出来なくなるところは今でも若干あるかなと思いますが、その辺どうでしょう。相手がガチガチに引いて来た時でも狭いスペースをこじ開けて行けるようになればそれこそ世界でも有数のサイドアタッカーになれると思います。エヴラやクリシーを子供扱いできるサイドアタッカーってそういないですからね。

ベントリーは、レノンとモドリッチを両サイドに固定してから使いどころがなくなっちゃいましたね。いっそローヴァーズ時代のように1トップの後ろで自由にやらせたら面白いかも。ベントリーを蘇らせるにはサンタクルスの補強が最善だと思ってるんですけど、ただでさえフォワード過多気味なのに、あんまり現実的じゃないですね(笑)

| ホワイト | 2009/03/11 00:07 | URL |

>ホワイト さん
そうですね~、やはり縦に抜けてナンボのところがまだ若干ありますので、
スペース切られると苦しいのは事実ですが、それでも昨季よりかは振り切ってクロスまでは
あげる、またはシュートまで持ち込む場面が多くなった気はしています。
CC決勝の対エブラがいい例で、昨季だとまず抜けない相手でしたから…。
仰る通りこれからはますますマークも厳しくなりますから、レノン相手には縦を切ってさえいれば平気と思われたらアウト。それでも突破する工夫(周りを上手く使ったり、中へ切れ込むプレー)も必要と思います。一番望むのは判断力ですね。ここは無理にでも行く、ここは一旦下げる
という判断を磨いて欲しいです。

現状ではFWの補強は現実的では無いですが、ベントリーはサイドだろうが中央だろうが
出来る選手と個人的には思っています。問題はポジションや他の選手との相性では無く
彼自身のコンディション、メンタルと感じています。

| ゆーや | 2009/03/11 00:21 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。