PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

残り4戦、目指すは7位

昨夜行われたチャンピオンズリーグ準決勝のバルセロナvsチェルシーは0-0でしたね。
なんとなく予想してた通りの試合展開でしたが、あそこまでヒディンクが徹底して守るとは
思いませんでしたね。怒涛の攻めのバルサも凄かったですが、それを上回るチェルシーの
気迫の守備とカウンターは見応えがありました。世間での評価は芳しくないようですが。
さて、試合の詳細は他の方々にお任せして、あくまでストイックに(笑)トッテナムの話題を。

Wembley return in July - tottenhamhotspur.com
プレシーズンマッチの日程が徐々に発表されております。
主なものとしてはウェンブリースタジアムで行われる2Dayトーナメントへの参加が決定。
対戦相手は7/24にバルセロナ、7/26にセルティックとなっています。
他にもオリンピアコスとの試合や香港遠征も予定されております。
オフシーズンくらいゆっくり休んで欲しいなぁと思いますが、クラブのマーケティングも重要で、
アジアでのプレミアリーグの人気は高いので、やっぱり外せないところなんでしょうね。
でもどうせ香港まで来るなら、日本にも来て欲しかったなぁと思います。

Staying upbeat - tottenhamhotspur.com
レドナップは残り4試合でなんとかEL出場権を得たいと決意を語っています。
「我々は最近とてもいい試合を続けているし、ホームでも素晴らしい結果を残している。
今のチームなら明るい未来が見えるよ。だから、残り4戦でヨーロッパへの資格を得たい。
選手達の戦う姿勢は素晴らしいよ。残りシーズンを力強く戦い抜けると思っている。」


7位に入ればUEFAヨーロッパリーグ(EL)への出場権が得られます。
リーグ戦に集中した方がトップ4を狙うことを考えれば選手の負担は少ないのでは・・・という
意見もありますが、やはり毎年ヨーロッパの舞台に立ち続けることは重要と思います。
もちろんそこで得られる大きな収入も大事ですし、何よりタフなゲームを経験できる貴重な場。
将来的にビッグ4に割って入り、その地位を維持することを本気で狙っているのであれば、
試合数増加のデメリットよりもヨーロッパでの厳しい戦いにもまれる経験は重要です。
ファンとしても各国の強豪クラブと戦うトッテナムの姿が見たいですしね。
スカパーさんも来季はELも放送してくれるようですし・・・。是非、7位を目指したい。

Jenas told to explain ref blast - skysports
昨日の記事でジーナスの主審の判定への批判をお伝えしまたが、さっそくFAからの
呼び出しを喰らうようです。さすがに出場停止は無いでしょうが、罰金はあるかもしれません。
判定について文句を言うのは褒められたことでは無いですけど、今回については僕はむしろ
ジーナスよくぞ言ってやったと思いました。黙って指をくわえて受け入れらんね~ぞ!と、
試合でも一番悔しさを前面に押し出し主審に抗議に行ってたジーナスのハートを買いたい。
主審のハワード・ウェブが誤審を認めたことが大々的に報道されたので尚更そう思いましたね。

Redknapp rues Bent blast - skysports
1月のポーツマス戦の試合後に激怒し「あんなチャンスだったらウチの妻でもゴール決めていた」と
決定機を外したベントに対して激しく叱責したレドナップですが、謝罪しています。
その時に感じたことを何でも喋ってしまうのがハリー・レドナップという人のキャラクターですが、
それが時として些細な誤解や無用な問題を生んでしまうこともあるようです。
でもそれが誤りであったことなら、素直に認めて謝罪するというのは素晴らしいと思います。

レドナップは戦術家では無いし、よく言われるようなマジックなんて決して持ち合わせていない。
それでも選手達と対話し、信頼関係を築いて、やる気を最大限に引き出す術は心得ている。
だからこそ多くの選手に愛され、メディアにも好意的に受け止められているのですから。
人間味あふれてていいじゃないですか。(試合中は寝てるように見えますけど 笑)
ハリーと共にヨーロッパを目指そう!が今季の残り4試合のスローガンですね。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:6 | TOP↑

ヨーロッパでのトッテナム

お久しぶりです試合は独り暮らしを始めたため見れてないですけど結果はちゃんとチェックしてます
ヨーロッパでトッテナム見たいですね
頑張ってほしいです
今のトッテナムはすごくチームも安定してると思います
デフォーもはやく元気になってほしいです
将来有望株が多いトッテナムにとってヨーロッパの舞台を多く経験するのはとても重要ですし
多くの選手の出場機会も増える
そしてヨーロッパに向けての選手強化は慎重にかつ有意義なものにしてほしいです
自分もベッカムは大賛成です
それではまた

| さらくだ | 2009/04/30 02:50 | URL |

チャンピオンズリーグ準決勝見ました(バルサVSチェルシー) 
バルサを応援してたのでヒディンクにやられた感がありますね 
まぁアウェイゴール奪われてないからわかりませんがますますヒディングが嫌いになった内容でした(笑) 睡眠時間返せコラ。 
ジーナスはよく言ってくれましたよね! 
だって完全誤審なんだもん文句いいたくもなるわ! レドナップは確かに寝てるように見えますよね(笑) 完全にその辺のじいちゃんですよ、見た目はね。 
でもそんなレドナップが好きですね。 
なんとか7位までに入ってほしい! 
最近の感じだといけると思うんだけどなぁ

| ゆうすけ | 2009/04/30 04:27 | URL |

確かに。
たまに、鼻ほじってますからね(笑)
あと、4試合はスパーズの本当の力が試されますね。
ウェストハムとかとは混戦状態ですからね。レドナップには、感謝感謝ですね。
レドナップが来た時から調子が上向いたスパーズと、レドナップが去ってから調子が落ちたポーツマス。
そう思うと、少しかわいそうにも思います。来季のためにも選手たちにはあと少し、頑張って欲しいですね

| C・RONALDO | 2009/04/30 04:45 | URL | ≫ EDIT

ボクも含めて日本人は、
勝てるクラブの裏に、
確かな裏付けを求めがちです。

ボクはラモスに期待してました。
彼の卓越した戦術が、
(ゲルマン系ではなく
 ラテン系の監督ってトコも
 妙に目新しく映りましたしね^^;)
いよいよスパーズを
ヨーロッパで勝てる領域にまで
引き上げてくれるハズ!
…まぁ、結果はご覧のとおりだったワケです。

ボクは、変わったハリーに監督として、
ケヴィン・キーガンに似た印象を持っていて、
(直情的な失言癖も似てるかもしれませんね^^)
それはまさに「ディレクター」
というよりは「モチベーター」。
正直、不安を覚えました。
確かに残留はできるかもしれない。
けれど、スパーズのビッグクラブへのプランが
後退することになりはしないか?と。
…しかし、蓋を開けてみれば魅力的!

戦術トレンドで最先端!とは言えないし、
クラブ史で1番!!とも言えないでしょうが、
このナンとも…少し時代遅れだけど
キラリと光るナニかを隠し持ち、
ビッグクラブをも一刺しする、このカンジ、
これこそボクの愛するスパーズ!
ラモスの時に感じなかった「愛おしさ」を
ハリーになってからは感じるのです。

贅沢なのかもしれませんが、ボクは
この愛おしさを抱いたまま、
ハリーが稀代のモチベーターとしての能力を発揮し、
(ターンオーバーは…やらないのかな、彼は。)
今のメンバーを殊更、放出したりするコトなく
ヨーロッパで勝てるようになってほしい!
と夢見ています。

| ty | 2009/04/30 09:41 | URL | ≫ EDIT

バルサ対チェルシーについて、いろんなところでチェルシー批判の声があがってるようですね。
チェルシーのあれはあれでひとつの戦い方であって、むしろ術中にハマったバルサが相手を崩せなかったことのほうが個人的には気になりました。シャビが問題発言をしたようですが、崩せなかった言い訳を相手が引いて守っているせいにするのもどうなのかと。
プジョルなんかもえげつないファウル連発でしたが退場せずに済んだわけで、議論の的になっている主審の判定も相当にフェアだったと思っています。


スパーズに関してですが、僕もレドナップは大好きです。ヨル時代の攻撃サッカーも懐かしいですが、バランスを重視したハリー流はさらに頼もしく思えます。
残る試合はタフな相手ばかりですが、ひとつひとつ丁寧に戦ってもらいたいですね。

補強については、ベイルの守備にいまひとつ信頼がおけないだけに、アスエコトのバックアッパー(シンボンダやオハラのマルチ起用で充分?)さえ見つかればいいかなと思っています。
モドリッチをどう使うかも重要ですが、左で輝きを放っているので敢えて動かす必要もないかと。
来季はできればジオバニの成長を感じられるシーズンにして欲しいです。

| sini | 2009/04/30 21:42 | URL |

>さらくだ さん
お久しぶりですね~^^ 一人暮らしはどうですか?^^ 
僕も初めて実家出た時は楽しくてしょうがなかったなぁ。
さてさて、ヨーロッパリーグ圏内ですが可能性あるうちは狙って欲しいですね!
仰る通り若い選手にとっては貴重な経験になりますからね^^

>ゆうすけ さん
僕はヒディンクは好きでも嫌いでもないんですが、バルサ戦での戦い方は
見事だったなぁと思います。確かに眠い目こすっての早朝観戦ということを考えると
ずっこける内容でしたが、チェルシーとしては最高に近い結果だったと思いますね^^ 
今季はいろいろありましたがチーム状態も悪くないですし、7位目指して踏ん張って欲しい!

>C・RONALDO さん
本当にレドナップには感謝ですよね^^
来季に繋げる為にも残り4戦どう戦うかはとても重要と思います。
ポーツマスには気の毒だった面もありますが、彼らは残留してくれるでしょう。

> ty さん
僕もラモスには期待してました^^ 
というか今でもラモスに任せておけば時間はかかるかもしれないけどトップ4と戦えるチームを
作っていただろうと思います。レドナップはラモスやベニテスのような戦術家では無いけど、
モチベーターとしての手腕は高いですし、若く可能性を秘めてる選手が多いスパーズには
適任な人物だと思いますね。今のメンバープラスアルファで来季こそシーズン通して、
上位争い演じて欲しいと強く願っています^^

>sini さん
バルサ対チェルシーについては僕もほぼ同じ見解です。
バルサにとってはバルサの戦い方が正義かもしれませんが、それすなわちチェルシーが悪と、見なすのは大きな誤りです。フットボールには状況やクラブの規模、面子に応じて相応の
戦い方があって当然であり、全て含めたフットボールですからね。
バルサの選手、監督の言いわけは見苦しい以外の何物でもありませんね。
それに付随してプレミア批判する一部のリーガ至上主義のファンも論外です。

さてスパーズについてですが、ハリーのチーム作りの方向性は間違っていないと思います。
あとはこれをベースにどれぐらい積み上げていけるか…にかかっている。
モドリッチの起用法はもちろん、ベイル、ジオヴァニらの処遇を含めて、彼がどういう風に
プラスアルファを作っていこうとするかに注目したいですね^^
補強に頼るのか、現有戦力の底上げに賭けるのか・・・楽しみです。

| ゆーや | 2009/04/30 21:55 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。