PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

プレミアリーグ昇格の2クラブが決定!

まずはWBA戦を終えてのレドナップのコメントから。

No surprises - tottenhamhotspur.com
指揮官はクリーンシートでしっかり勝ちきり3ポイント得たことを評価しているようです。
「厳しい試合になったが、クリーンシートでしっかり抑えることが出来たね。
デフォーの惜しいオフサイドや終了間際のレノンのシュート(ポスト直撃)などチャンスもあった。
1~2人疲れが見える選手もいたが、全体的に見てこの結果は満足出来るものだよ。
特にゴメスの働きは光っていたね。2~3のグッドセーブを見せてくれたからね。」


全体的に選手達に疲れが見えたので、交代のカードを切ってもいいのになぁ・・・と、
思いながら見ていましたが、結果としてはしっかり勝ったので評価したいと思います。
1-0で勝ってる時が一番交代が難しいですからね。バランス崩れる場合もありますし・・・。

Heurelho Gomes close to record he WILL be proud of - dailymirror
お次は、ホーム戦連続無失点試合を6に伸ばしたこの試合、最大の立役者GKゴメス。
「この結果は僕らにとって大きいよ。まだヨーロッパへの可能性も残っているからね。
僕はずっと自分の力を信じていたよ。プレミアに順応出来ないはずがないとね。
全ての試合が難しいけれど、ホームの試合はファンの大きなサポートが力になってくれるよ。」


ゴメスはとてもいい働きを見せてくれましたね。チームを救う正に「守護神」の活躍でした。
ゴールラインを割ったボールをとりに行く時にファンからの声援に手を挙げて応えたり、
味方がゴールした時に派手なガッツポーズでファンと喜びを共有したりと余裕も出てきました。
CKの連続など押し込まれて苦しい場面でサポーターに声援の後押しを促すしぐさなども見られ、
サポーターと一緒に戦うんだという姿勢が好感持てます。ファンの支持も急上昇中です。
シーズン中盤は一時はどうなるかと思ったほどのパフォーマンスでしたが、最近は安定。
セットプレーやハイクロスの処理も以前に比べて改善されてきたように感じます。

さて話題は変わってフットボールリーグ・チャンピオンシップの話題。
今季の日程が終了し、来季プレミアリーグに昇格する2クラブが決定しました。

Wolverhampton.gif
Wolverhampton
 (ウォルバーハンプトン)


Birmingham_20090504191719.gif
 Birmingham
  (バーミンガム)


この他にシェフィールド・ユナイテッド、レディング、バーンリー、プレストンの4クラブによる
プレーオフを制した1クラブが来季プレミアリーグでの舞台に立つことになります。

残念ながら9位に終わりプレミアリーグ昇格を逃したイプスウィッチですが、早くも来季での
昇格に向けて、体制作りを始めています。手始めに監督に闘将ロイ・キーンを招聘。
現在8試合4ゴールの活躍を挙げているジオヴァニについてのロイ・キーンのコメント。

Keane expects Giovani exit - skysports
「ジオヴァニはスパーズに戻ることになるだろう。彼ぐらいの才能であればチャンピオンシップの
クラブに留めておくのは現実的に難しいのではないかと思っている。
来季の構想については今のところジオヴァニを加えないパターンで練らなければならない。」


ローン移籍はジオヴァニにとって正解だったと思います。
短期でしたが常時出場できましたし、ゴールもコンスタントに決めていますしね。
ただ、スパーズに戻って彼に出番が回ってくるかと言えば難しいだろうというのが実情です。
再度のローン移籍となるか、はたまた他のクラブへの放出となるのでは・・・と思います。
僕としては彼には期待しているんですが、まだプレミアで活躍出来るほどのフィジカルは無いし、
選手層を考えても、彼をどこで使うか・・・と考えると適当なポジションが見当たらない。
スパーズにいて出場機会に恵まれず才能を腐らせるよりかは、移籍が彼にとってはベター。
レドナップも才能は認めていますがベントリーやベイルですら控えの現状を考えると
ジオヴァニに与えられる機会はそうは多くないことは想像に難くないです。

最後に補強関連の噂をいくつか。
Inter Muntari as Jenas is lined up in Spurs swap deal - dailymail
かねてからレドナップが強い関心を寄せるインテルMFムンタリとジーナスの交換の噂。
元々ムンタリはレドナップがポーツマス時代に引っ張ってきた選手。
運動量豊富で献身的な守備に加え、フィジカルに優れ左サイド、センター両方こなせます。
彼の加入となれば、スパーズにもプラスな面は多いんですがジーナス放出は惜しいなぁ・・・。
セリエA、しかもインテルのようなクラブにジーナスが合うかどうかは・・・?
モウリーニョはジーナスの能力を高く評価してるらしいんですけどね。

David Bentley is a target for Atletico Madrid - dailymirror
今季は大きな期待をされながら控えに甘んじる不本意なシーズンを送るベントリーに対し、
アトレチコ・マドリーが獲得に興味を持っているとの報道です。
これは大反対。1シーズンで見限るのは早すぎる。今はレノンが好調ですが、ベントリーと
競い合ってることがレノンの好調に繋がってるはずだし、ベントリーだってコンディションを
取り戻せばスタメンを取り戻せる実力はあります。子供の頃からスパーズファンで、
スパーズ入りした時の嬉しそうな顔が忘れられないので、なんとかスパーズで復活して欲しい。
仮に放出なら、レノンにもしものことがあれば右サイドは誰が務めるんだってことになりますよ。
スパーズにとって必要な選手ですし、何より本人は来季のスタメン奪取に燃えてるはずです。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:4 | TOP↑

こんばんは。

ベルカンプは以前、「ベントリーはセンター(セカンドトップ)が適正」といってましたね。絶対的なキーンがいますが、他のクラブのファンの私から見るとスパーズは緩急をつけるのがうまくない印象なので、ベントリーがそこではまれば面白いかなと思います。まあトップレベルのFWを4枚持ているし、コーチも4-4-2が好みみたいなので可能性はないと思いますが。



| あき | 2009/05/05 00:42 | URL |

>あき さん
こんばんは♪僕もベントリーはセカンドトップでもいけると思いますよ^^ 
ブラックバーン時代にもトップ下で自由に動いていい働きしてた時もありますしね。
実際今季の序盤は中央でも起用してますから。
シュートが巧い選手ですから右サイドのみの起用にこだわるのはもったいない選手ですよ。

ただ…セカンドトップ(トップ下)だとキーンがいますし、ベントリーにやらせるぐらいなら
モドリッチにやらせた方がよっぽど緩急つけられると思いますね。
ハリーは「ベントリーは右サイドの選手」と言ってますし今のスパーズは4-4-2で戦ってるので
ベントリーのセカンドトップ起用の可能性は現段階では低いと言わざるを得ません。
4-2-3-1の3の位置ならどこでもこなせるし面白いオプションとは僕も思いますけどね^^  

| ゆーや | 2009/05/05 01:19 | URL |

お久しぶりです
わたしは最近になってやっとスパーズについてわかってきました。わたしが気になったのはジオヴァンニのことです。かれは才能があるのでこのまま放出もったいないと思います代表でも点を決めて伸びてきているので、もういっかい武者修行にいったほうがいいとおもいます。そこら辺はどう思いますか??

| ドリア | 2009/05/05 13:26 | URL |

>ドリア さん
お久しぶりですね~♪ドリアさんの好きなベントが調子上がってきてたのに
怪我しちゃって残念ですね(泣)
さてさてジオヴァニについてですが…僕も武者修行に出るのは賛成ですね。
チャンピオンシップで1年間もまれればたくましく成長するはず。
今の彼だとプレミアでの活躍は難しいと思いますよ。

巧さだけでは無くて強さも身につけないと通用しない厳しいリーグですから。
リーガの方が合ってる気がしないでもないんですけど・・・。
モドリッチのように体格のハンデありながらも持ち味を出せる術を身につければ、
プレミアでも面白い存在になれるかもしれません。才能は間違いなくあるでしょう。
ただ、それを発揮できる体作りが必要と感じます。

| ゆーや | 2009/05/05 19:51 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。