PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

拝啓、サポーター様 2009'春

ホーム最終戦を2-1で終え、ホーム戦でのシーズン最少失点記録を更新したトッテナム。
クラブの会長ダニエル・レヴィがサポーターに向けてのメッセージを発表しています。
ファンデ・ラモス解任→ハリー・レドナップ招聘直後以来ですから、半年ぶりですね。
前回のメッセージはこちら 拝啓、サポーター様 2008'秋

Letter from the Chairman - tottenhamhotspur.com

Dear Supporter,

■今季は10月に大きなターニングポイントがあった。監督交代と体制の変更によって
劇的にパフォーマンスが良化したことは疑い無く、あの決断が正しかったと確信している。
この終盤まで、ポジティブな希望を抱かせてくれてるハリーの努力と功績に感謝したい。
■チームはまだUEFAヨーロッパリーグへの可能性を残している。この資格を得ることにより、
ヨーロッパでの魅力溢れる試合のみならず大きな利益がもたらされます。
選手達は、最後まで諦めずに、その資格を得る為に戦ってくれるはずです。

■例えピッチを離れても、我々の心の中には常にこのクラブへの強い想いがあります。
また、将来に向けて前進し続けることを熱望しているし、それを具現化する2つの大きな
プロジェクトが進行しています。
・新しいトレーニングセンターの工事は始まっています。
洗練されたアカデミーシステムによって若いプレーヤーを育成することに今後は力を入れたい。
確実に前進している。今シーズンのアカデミーチームの成功が、一つの証拠です。
建設中のアカデミーとファーストチームの施設は、他に類のないほど誇れるものとなります。
我々が最高品質のプレーヤーを雇い、訓練し成長を促すのを大いに援助することでしょう。

■クラブ公式サイトに公開されている新スタジアム建設計画を、多くの方がご覧いただくのを
願っています。また今まで多くのポジティブな感想が寄せられ、有意義な話し合いが持てました。
クラブと地域コミュニティ、居住環境を巻き込んだ最適な計画の為に、今後も意見を求めます。
実現にはまだまだ時間がかかりますが、確実に歩みを進めていると言えるでしょう。
我々は地域を再生することを望み、その中心となれる施設であることを目指しています。

■我々はフットボールのみならず企業として社会的な責任を果たすことにも尽力しています。
トッテナム・ホットスパー財団を通して、本当に沢山の方々と触れ合ってきました。
ヨーロッパでも広く称賛されている最も革新的なコミュニティプログラムを展開していることは
ファンにとっても誇れるものだと自負しています。
多くの慈善団体に加えてSOS Children Villages※も支援してきました。
サポーターの皆様には世界孤児週間(WOW)でも多くのご協力をいただき感謝しております。
選手達も100を超える各種チャリティーイベントに参加してきました。
今後も、地域コミュニティや慈善事業に力を入れる事はこのクラブの信念であり続けます。

※SOS Children Villages
南アフリカで家や家族を失った孤児の支援や教育の場を提供する国際的なチャリティー活動
トッテナム・ホットスパーは2007年よりパートナーシップを結び様々な協力活動を行っている。
SOS Children Villagesの詳細についてはこちら

チームに関わる選手、監督、スタッフ全員が改めてサポーターの支援に感謝しています。
ホームでも、アウェーでも、晴れの日も雨の日も。そして、我々のホーム、ホワイトハートレーンは
いついかなる時でも満員のサポーターの支援で埋め尽くされました。ありがとうございます。
新スタジアム建設計画はひとえにクラブを支えてくれる皆様の希望に応える為のものです。
■私はあなたとあなたの家族が楽しい夏を過ごすことを祈っています。
そして、来るべき新シーズンで再びホワイトハートレーンに歓迎したいと思っています。

Yours, Daniel

総括はシーズン終了後に改めて行いますが、色んな事があった激動のシーズンでしたね。
会長も色んな意味で、例年以上に忙しいシーズンだったと思いますよ。
ウチの会長はじめフロントは兎角、金儲けやビジネスに走りすぎだなんだと批判も受けてますが、
フットボールクラブとは言え、企業である以上はもちろん利益を生み出さなければいけないわけで、
多くのクラブが負債を抱え四苦八苦する中、健全経営を保ってる事は凄いことですよ。
利益追求のみならず、チャリティーや地域コミュニティの再生に並々ならぬ意欲を持っている事も
よくお解りいただけると思います。(儲かるビジネスにはより熱心ですけどね 笑)
さすが超インテリ。でも、スタジアムにも頻繁に顔出すし、どこぞやのオーナーよりどれほどいいか。

日本ではトッテナムのイメージは移籍にお金をつぎ込むだけのクラブって方が多いでしょうが、
確かに移籍市場にも莫大な資金投入しますが、それ以外の活動も積極的に行ってるんですよ。
新スタジアム建設計画だって、ファンの為、地域の再生を最優先に考えての事。
トッテナムだって例外なく、この金融不況でダメージ受けてるはずです。
これからは移籍市場にも、これまでのように資金投入できなくなるかもしれない。
それでも、会長のコメントを見る限り、クラブの未来は明るい。少なくとも今はそう思える。
あとは成績だけです。ビッグ4入りの夢は持ち続けたいですね。今は無理でも。
来季は常に上位争いをキープし、夢を目標に。そして数年後には現実にしていければいいな。
とにかく今は目指せ7位。可能性は限りなく低いですが最後まで望みは捨てずに応援しましょう!

| Article | comments:6 | TOP↑

また失礼いたします。

プレミアリーグ・ワールドやプレビューショーなんかで取り上げられていますが、社会的にステイタスのあるフットボールのクラブやプレイヤーが率先して慈善事業に協力していくというのは、大事なことですよね。新スタジアム建設に際しても地域との融和、どう活性化に繋げていくかということも重要なわけで、そういう点ではただぼーんとスタジアムを作るだけじゃなくて、複合施設等々についてもきちんと計画立てている姿勢には、好感が持てます。

そういや話が逸れてしまって恐縮ですが、シティー戦では勝利したもののパヴリュチェンコ絡みで良からぬことがあったみたいですね。今シーズンの彼はフィジカル面等々考えても気の毒な点が多かったと思うのですが、レドナップとの関係があまり芳しく無さそうだというのは、気になるところであります。

| Alan Hetarade | 2009/05/18 19:19 | URL | ≫ EDIT

プレミアの負債額はハンパじゃないらしいですからね~

いい選手を無理なく獲ってきてるなんて素晴らしいじゃないですか!

そういう意味でも、安心して働けるクラブかもしれませんね

| 隠れファン | 2009/05/18 20:26 | URL |

>Alan Hetarade さん
やはりプロのスポーツ選手としてプレーのみならず慈善活動にも積極的に貢献する
使命があると思いますし、こういう活動は今後も続けて欲しいと思いますね^^
新スタジアムも、一番重要なのは「クラブが地域と共に生きる」ということと考えています。
元々スパーズの周辺地域って治安も悪く、居住環境が良くないと聞きます。
スタジアムや周辺地域の再開発を基に雇用創設であったり、魅力的な街づくりで
地域を再生していこうという方針は個人的にも素晴らしいと思います。

パブリュについては、ハリーもかなりご立腹な模様です。
ここにきて風向きが変わってきた感があります。
個人的には1シーズンで評価するのはフェアでは無いし、もう少し長い目で見てあげて欲しい
気持ちがありますけど…。かなり放出の可能性は高まってきているのは事実だと思います。

> 隠れファン さん
ビッグクラブも例外なくかなり厳しい財政事情だと思いますよ。
スパーズも全く影響受けていないわけでは無いと思いますが、他のクラブに比べて
堅実な経営は維持してるのは評価してよいと思いますね^^
今後はもう少し賢い補強をしていく必要がありますけどね(笑)

| ゆーや | 2009/05/18 22:22 | URL |

♪言葉に~出来ない~……
すいません。この記事を見て、今季の始まりを思うと涙が出そうです。モドリッチも、チームが7連敗した時には、冬に退団することをずっと考えていたみたいです。
それが、今では……
本当に感激です。
これで、7位に入賞出来たら、今季は僕は大満足ですね。

あと、パブリュに対して、ハリーがご立腹、とありますが、ハリーは何か言ってたんでしょうか?気になって…
僕は、全員残留(理想)>パブリュ放出、ベント残留(希望)>ベント放出、パブリュ残留(絶対嫌)ですね。ベントには本当に残留して欲しいです。

| C・RONALDO | 2009/05/18 23:01 | URL | ≫ EDIT

はじめまして!

サッカー大好きなんですが、海外のサッカーはNHKのプレミアしか見れなくて、結果的にプレミアが好きになって、いろいろプレミアのチームを調べてたんですが、このブログのトッテナムへの愛に心を打たれてスパーズファンになりました♪

あとはカーリングカップのユナイテッド戦で最終的には負けてしまいましたが、最後まで諦めず戦い続ける姿に、「このチームについていこう!」と決心しました。心のチームが出来た瞬間でした

試合は数えるほどしか見れないと思うので、ゆーやさんの記事これからも楽しみに待ってます♪

ファン歴はかなり浅いですが、これからよろしくお願いしますm(_ _)m


| Socha | 2009/05/18 23:20 | URL |

>C・RONALDO さん
今季序盤は苦行の毎日でしたよね(笑)
何度C・RONALDOさんや皆様と愚痴ったものか…。モドの気持ちは理解出来ますよ。
あの頃は出口の見えない迷路をグルグル回ってる感じでしたからね。
それを考えるとヨーロッパだなんだと言ってる今が奇跡ですよね^^ 

パブリュ問題については次の記事をご覧くださいな^^
4人とも(キャンベルはマンUに帰るだろうから)残留して欲しいのが本心ですが、
難しいかもですねぇ。

>Socha さん
はじめまして&コメントありがとうございます♪
そう言っていただけると僕もブログを続けていて良かったと思います。ありがとうございます^^
そしてまた一人、同士が増えて嬉しい気持ちでいっぱいです。
スパーズは魅力溢れるクラブですから、「ついていく」と心に決める(僕もです)価値がある
クラブと思っています。ただ・・・それなりの覚悟は必要ですよ^^

ビッグ4に比べてダメダメな試合を見せられる確率が高いですし、期待しては凹む、
でも、またいい試合見れて期待する・・・の繰り返しでストレスが溜まります(笑)
マンUやチェルシー、リバプールのファンだったらどんなに楽だろうと(笑)
でもここには、勝った時は一緒に喜び、負けたら愚痴言い合える多くの素敵な仲間がいます♪そんな皆様と一緒に、これからもこのクラブを支えていきましょうね^^ 

| ゆーや | 2009/05/19 01:06 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。