PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

トッテナム 08/09 通信簿~GK・DF編~

史上最悪のスタート、最下位低迷、ラモス&コモッリ解任、レドナップの招聘、
ノースロンドンダービーの4-4、キーン&デフォー&シンボンダの出戻りからの復調、
カーリングカップファイナル進出、ホーム最少失点記録更新・・・etc
色々な事が起こったシーズンでしたね。08/09シーズン総括は近々行うとして、
本日から何回かに分けてトップチームで戦った選手達の通信簿をつける企画をお届けします。

GK
1 エウレリョ・ゴメス ★★★☆☆
PSVから昨夏に加入、プレミアリーグへの順応に苦しみビッグセーブを連発するかたわらで、
ハイボールの処理やDFラインとの連携に難を見せ、細かなミスも多く不安定な時期も。
しかし、シーズン後半戦には本来の力を発揮。ホームでの堅守に貢献した。
安定してからは頼もしかったですね。ブラジルカラーのマウスピースもグッド(笑)

23 カルロ・クディチーニ ★★★☆☆
今冬にチェルシーからフリーで加入。不安定なゴメスとの競争を煽る意味でも、大成功の補強。
出場は4試合に留まり、本人は不満かもしれないが彼がベンチに控えているのは心強い。
現在はゴメスが好調なだけに出場は今後も厳しいかもしれないが、その経験は若手の手本。
チームにもたらすプラスの影響は大きいと個人的には思う。

27 ベン・アルニック ★☆☆☆☆
リーグ戦の出場は無し。カップ戦2試合での出場に留まった。
出場した試合では経験不足を露呈。しかし、まだ若い。これから成長してくれればよい。

DF
26 レドリー・キング ★★★★☆
怪我と戦いながら今季はリーグ戦24試合に出場。彼の状態からすれば、これは素晴らしい数字。
相変わらず、1週間で1試合ペースの出場が限度だが、出ればさすがのパフォーマンスを披露。
代表にもサプライズ召集(辞退)されるなど、ここ数年に比べれば納得のシーズンだったのでは。
キーンにゲームキャプテンを譲ったが、守備陣を引っ張る活躍に来季も期待です。
あと酒には注意しましょうね(笑)プロなんだから、子供の見本にならないと・・・。

39 ジョナサン・ウッドゲート ★★★★★
44試合(リーグ戦34試合)に出場。正に鉄壁の守備陣の要として大車輪の活躍。
キング不在時もドーソン、チョルルカらと組みながら安定したパフォーマンスを維持。
今季は凡ミスも減り、シーズン通して安定。個人的には彼がプレイヤー・オブ・ザ・イヤーです。

20 マイケル・ドーソン ★★★★☆
28試合(リーグ戦16試合)に出場。出場試合数こそ上記の2名には劣りますが、
今季の彼のパフォーマンスは彼らにも劣らないほど素晴らしいものでした。成長も著しい。
シーズン終盤に負った怪我が心配ですが、来季はレギュラー奪取を期待したい一人です。
何よりCC決勝の延長戦で負傷し、足を引きずりながらもピッチで奮闘した姿には脱帽でした。

22 ヴェドラン・チョルルカ ★★★★☆
41試合(リーグ戦34試合)に出場。昨夏に加入したばかりですが、もはや不動のレギュラー。
主に右SBで持ち前の冷静さとクレバーな守備で貢献。状況に応じてCBにも入りました。
大成功の補強の一人で彼がいなければどうなっていたか・・・と思う場面もしばしば。
ゴメスのひざ蹴りが顔面に入って担架で運ばれても、次の試合にケロっと出てきたタフガイ。
来季も右SBなのか、CB争いなのかは補強次第ですが、チームに欠かせない戦力ですね。

32 ブノア・アス-エコト ★★★☆☆
36試合(リーグ戦29試合)に出場。この人ほど、シーズン途中で成長した選手はいない。
序盤の軽い守備がシーズン終盤ではかなり改善。攻撃参加も積極的になりましたね。
相変わらず凡ミスが見られることと、シーズン中に2回退場してるのでやや評価は下げました。
ただ、左SBのレギュラーを確保しましたし、来季も変化する髪型共々期待したい選手です。

2 アラン・ハットン ★☆☆☆☆
開幕直前に疲労骨折で2ヶ月、その後復帰するも負傷再発し更に5ヶ月離脱するアクシデント。
シーズンの大半を逃し、出場も11試合(リーグ戦8試合)に留まりました。
期待していただけに残念でした。復帰後も本来のパフォーマンスを取り戻せていないですしね。
チョルルカもいますし、補強の行方によれば戦力構想から外れる危険性もある来季は勝負の年。

3 ギャレス・ベイル ★☆☆☆☆
昨季のほとんどを離脱した大怪我を克服して臨んだ今季でしたが、期待はずれのシーズンに。
序盤こそ起用されたものの苦手な守備を改善できずに、レギュラーを奪われました。
30試合(リーグ戦16試合)に出場も、レドナップ就任後はほとんど起用されず。
今夏の去就が注目されますが、才能はあるし、使い方次第でまだまだ伸びるはずの選手。
個人的にはSBを諦め、サイドアタッカーとして育てて欲しい。

16 クリス・ガンター ★★☆☆☆
12試合(リーグ戦3試合)に出場。なかなか出場機会は得られず、後半はローン移籍。
しかし、レドナップは才能を買っており完全移籍での買い取りのオファーを拒否。
来季も再びローンでの武者修行の可能性が高いが、まだまだこれからの選手、頑張れ。

21 パスカル・シンボンダ ★☆☆☆☆
今冬にサンダーランドから呼び戻したものの出場は5試合(リーグ戦3試合)どまり。
複数ポジションこなせる貴重なバックアッパーですが、来季は更に厳しい状況になるかも。
そもそも再獲得に疑問符のついた彼でしたが、来季の出番はあるのか・・・。

11 ジウベルト 評価なし
33 リカルド・ロシャ 評価なし
この2名については出場も少なく(ロシャに至っては出場が0)の為、評価は避けます。
両名とも残念ながら今季限りでの放出が決定的です。新天地での活躍を祈る。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:3 | TOP↑

同感です。
ゴメスは、PSV時代から大好きだったので、ようやく、スパーズに来たか、と喜んでいた矢先、絶句級のミスを連発し、かなり落ち込みましたが、後半戦、とくに1、2試合クディチーニにポジションを奪われた瞬間に開眼し、大活躍してくれて、めでたしめでたしです。
ウッドゲートはまさに鉄壁でしたね。彼がまだミドルスブラにいれば、降格回避も…


あ、あと、個人的にはハットンはCBの時はイマイチでしたがSBでは結構いい感じだった気がします。コルルカにはない、積極的な上がりとクロス精度はさすがでした。

この企画いいですね。某雑誌みたいで。
特に、FWが気になります…

| C・RONALDO | 2009/05/26 23:59 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです。最近、なかなか試合を見る時間がなくてコメントできてませんでした(汗)

ついにこの激動のシーズンが終わりを迎えたね。序盤こそ本気で降格の危険を考えましたが、なんとか盛り返し来シーズンにむけてポジティブな面も多くみらたのでよかったかなぁ~って感じです。

個人的には、ディフェンス陣(もちろん終盤戦の話ですが笑)はかなり頑張ってくれたと思います。自分としては、つらい時期を乗り越えてようやく信頼を勝ち取り始めたゴメス、そしてチョルルカをほめたいです。

序盤戦のゴメスは信じられないプレーも多かったですし、おそらく本人も相当自信を失ったと思います。そのなかでよく復調しチームを救ってくれたとほめたいです。
チョルルカはCBが本職でですし、カバーリングや1対1の能力、中盤以降はレノンともいいコンビネーションを築き始め、果たした役割は非常に大きったです。

キング、ウッディはもはやいわずもがなです笑

| goodspeed | 2009/05/27 00:03 | URL |

>C・RONALDO さん
ゴメスはよく持ちこたえたと思いますね^^あのポロリ事件でかなりバッシング受けたでしょうから(笑)
今では守護神ですからね♪
ハットンは怪我で大半を離脱したのが残念でした。
攻撃参加はいいもの持ってるので、期待してるんですけどね…。

>goodspeed さん
お久しぶりですね~♪
僕もポジティブにシーズン終われたので個人的には納得の成績だと思っています。
守備陣の健闘は光りました。ゴメスもチャーリーも貢献度は高いと僕も感じましたよ^^

| ゆーや | 2009/05/27 13:02 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。