PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

トッテナム 08/09 通信簿~FW・監督編~

今季の選手達の働きぶりを評価して通信簿をつける企画の最終回。
今回は前線の選手達と監督編です。

FW
10 ダレン・ベント ★★★★☆
エースとして期待された今季でしたが、浮き沈みの激しいシーズンになりました。
それでも43試合出場、17ゴール(リーグ戦33試合、12ゴール)は立派。
得点ランキングでも6位ですし、チーム内得点王。もっと評価されてもいい気がしますけど、
やっぱり消えてる試合が多く、うまく型にはまらないと沈黙してしまうのが難点なのかも。
様々な噂が飛び交い、去就は微妙。レドナップがどう判断するか注目ですね。

9 ロマン・パブリュチェンコ ★★★☆☆
昨夏に加入、英語に苦しみながらもプレミアリーグに徐々に順応してきました。
36試合出場、14ゴール(リーグ戦28試合、5ゴール)の成績は初年度にしては立派な数字。
今季は明らかにオーバーワーク。リフレッシュした来季こそ、彼の本領が見られるものと期待。
欲を言えばリーグ戦でのゴールが物足りない。そこら辺で評価は少々下がったかな。

15 ロビー・キーン ★★★☆☆ 
今冬にスパーズに電撃復帰して主将に。14試合出場、5ゴールを挙げ、後半の復調に貢献。
リバプールでの半年の影響か、チーム事情を考えてか、ストライカーとしてよりも中盤との
パイプ役に徹する働きが中心に。来季はもっとゴールを狙う本来の姿を見たい。
ただ、リーダーシップやここぞの場面のメンタルの強さはさすが。来季は主将を誰かに任せて、
のびのびとやらせてあげたい気がします。アンタッチャブルにするには危険かも・・・?

25 ジャーメイン・デフォー ★★★★☆
こちらも今冬にスパーズに電撃復帰。10試合出場、4ゴール(リーグ戦8試合、3ゴール)
復帰していきなりゴール量産体制に入り、大いに期待した矢先での怪我は残念でした。
しかし、得点感覚はやはり非凡。コンスタントに出場機会があればそれなりに決めてくれる。
来季はゴール量産を期待。個人的には来季の前線はキーンよりもデフォーを軸に推したい。

17 ジオヴァニ・ドス・サントス ★☆☆☆☆
昨夏に加入もプレミアリーグへの順応に苦しみ、不運な怪我もありインパクトは残せず。
24試合出場、1ゴール(リーグ戦6試合、0ゴール)で、シーズン後半はローン移籍。
才能はあるんでしょうけど、今のままじゃ厳しいだろうな。去就は微妙ですが、残ったとしても
再びのローンでの武者修行が濃厚だと思います。課題は、とにかくフィジカル向上です。

18 フレイザー・キャンベル ★★☆☆☆
昨夏、マンUからのローンで加入。22試合出場、3ゴール(リーグ戦10試合、1ゴール)
厳しいポジション争いで満足な出場機会無い中で、カップ戦では頑張ってくれました。
積極的にゴールに向かう姿勢は好印象でしたし、彼に合ったクラブならゴール量産出来るはず。
マンU復帰が濃厚ですが、今後も彼には頑張って欲しい。まだ若いし、これからが楽しみ。

監督 
ファンデ・ラモス ★☆☆☆☆
開幕から8戦で2分け6敗という大不振の責任を負い10月に解任。
僕は最後まで擁護しましたし、彼がやろうとしていた戦い方に一定の評価はしてます。
ずっと任せていたら面白いチーム作ってくれたと思いますが、そんな余裕は無かったですしね。
勝てはしませんでしたけど全て1点差の惜敗ですし、運も無かった。
言葉の壁が大きく、選手とのコミュニケーションに問題があったことが辞めてから明らかに。
やはり監督は結果が全て。その後のハリーの手腕が見事だったので、結果的に解任は正解。

ハリー・レドナップ ★★★★★
最下位に低迷するクラブを引き継いで立て直し、ヨーロッパへの希望を繋いだ手腕は見事。
采配や選手起用には疑問符がつくこともあるが、結果を出したんだから文句は無い。
一番の功績は選手に自信を植え付けたこと。さすがの人心掌握術。
再建は守備から。ホームでの堅守を作り出した。冬の移籍での選手獲得もほぼ的確。
ただ、本当の意味で真価が問われるのは来季。今後のチーム作りに期待したい。

読んでいただいてありがとうございます。
ランキング参加中☆良かったらクリックお願いします。
皆様の応援に支えられております^^
にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

| Article | comments:5 | TOP↑

またまた同感です。
ただ、ベントはあの最悪の時期の時、唯一の希望だったので、キーンたちが来たからもう要らん、は酷いような気もしますね…
ベントには残って欲しいですが…
FWの種類の問題も…
デフォーはリバプール戦の1対1ミス以外はかなり良かったですね。怪我がなければ…
ジオバニは、リーガに戻るべきかも、ですね。
プレミアにモドリッチのように順応すれば化けることができそうですが、なかなか時間がかかりそうです。

監督は言うことなしです。来期が本物に楽しみです。


今、CLみてたんですが、バルセロナは強すぎましたね。
マンチェスターユナイテッドは途中からベルバトフも出てきたんですが…
中盤が完全に死んでました。
いつかはスパーズがあの舞台に

| C・RONALDO | 2009/05/28 05:52 | URL | ≫ EDIT

キーンですが、
>来季はもっとゴールを狙う本来の姿を見たい。
同感です^^彼はそれができる選手ですもんね

| よっちゃん | 2009/05/28 10:53 | URL |

>C・RONALDO さん
ベントは彼なりによくやってくれたと思っています。
苦しい時期も奮闘してくれましたしね♪
FWの補強がどうなるかはわかりませんけど、4人ともややタイプが似すぎている感があるので、
そこら辺をハリーがどう考えるか…だと思います。
ジオヴァニ君については彼の良さを存分に発揮出来るのはリーガだと思いますね。

CLはバルサが勝ったようですね^^戦力は互角なはずですから、
当日に調子がいい方が勝ったということでしょう。スパーズもいつかCLの舞台に…は夢ですね♪

>よっちゃん さん
なんかキーンが昨季のベルバや、かつてのシェリンガムのような働きを自らやろうとしてるのが
気になります。彼はスペース作るより、自分が生かされて得点狙う方が合ってる気がします^^ 
やっぱりどんどんシュート打ってく彼が見たいですよね。

| ゆーや | 2009/05/28 21:25 | URL |

通信簿、読ませていただきました~。

自分もシーズンのまとめ記事は書こうと思っているのですが、やはりパラシオスの加入が1つのターニングポイントになった気がします。ゾコラはいましたが、彼だといま一つ締まらなかった中盤の底が、パラシオスの加入後かなりがっちりした印象があります。結果、モドリッチの守備の負担が大幅に軽減されて、後半戦の快進撃に・・・・ まぁパラシオス、粗いタックルだけはいただけないんですけど(苦笑)

パヴリュチェンコは最後、見ていてちょっと気の毒なくらいコンディションが落ちていましたからね~。ベントもそうですが、総じてスパーズのアタッカー陣は自分ももっと評価されるべきだと思います。

| Alan Hetarade | 2009/05/29 01:17 | URL | ≫ EDIT

>Alan Hetarade さん
同感です。仰る通り、今までのスパーズに欠けていた中盤での潰し役の彼が入ったことで、
モドリッチの負担が減ったことや、中盤で奪ってからのショートカウンターが効果的になった。
これは復調の大きな要因となったと思います^^ 
確かに粗いタックルが多くカードも沢山もらいますけど(笑)
ただ、スパーズはクリーンファイトし過ぎなので、あれぐらいガツガツいく選手がいてもいいかなと。
パブリュは来季こそが正念場と感じます。今季だけで見限るのはもったいない選手ですね。

| ゆーや | 2009/05/29 14:38 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。