PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【COLUMN】 理想と妥協の着地点

各クラブの補強も着々と進む中で、今夏のトッテナムの動きは非常に静かです。
ここまで獲得はゼロ。放出はリカルド・ロシャ(契約満了)の1名のみという状況。
メディアは連日のように補強の噂を発信していますが、具体的な交渉の話はあまり聞こえてきません。

ここまでに出ている、トッテナムの今夏の獲得の噂で主だったものをピックアップしてみます。
青字は既に他のクラブへの移籍が決定している選手

FW
シャマク(ボルドー)、サンタクルス(ブラックバーン)、クラウチ(ポーツマス)、カリュー(アストンヴィラ)
ファンニステルローイ、フンテラール(レアル・マドリー)
MF
A・ヤング(アストンヴィラ)、スルナ(シャフタール)、ダウニング(ミドルスブラ)、ムンタリ(インテル)、
J・コール(チェルシー)、レオ・コーカー、バリー(アストンヴィラ)、ロッベン(レアル・マドリー)
DF
ダン(マンC)、フィゲロア(ウィガン)、エインセ(レアル・マドリー)、バソング(ニューカッスル)
ディスタン、G・ジョンソン(ポーツマス)

レドナップが今夏の移籍市場が開く前から何度も語っていたコメントを思い返してみましょう。
「今夏は多くの補強はしない。2~3人の経験豊かな選手をピンポイントで補強する」
上のリストを見返してみても、その方針がなんとなく反映されている様な印象を受けます。
A・ヤング、バソングら若手も含まれていますが、多くが中堅~ベテランで、主将経験者も少なくない。
レドナップが今のチームに経験とリーダーシップがある人材を加えようとしているのは間違いなさそうです。

なるべく現在のチームを崩さずに、且つ少ない予算(週給のバランスを含む)での補強が求められているので、
レドナップも、そしてフロントも、いつも以上に慎重に獲得する選手の見極めを行っていることが、
ここまでの動きの少なさに繋がってるのかな・・・と僕は思っています。
レドナップが今夏獲得の優先ターゲットとしていたバリー、G・ジョンソン、サンタクルスを次々と逃すなど、
他のクラブと比較して出遅れ気味・・・とネガティブに捉えるより、むしろ本当に今のチームに必要な選手を、
(放出候補の選手との比較をしながら)しっかりと熟慮しているとポジティブに捉えたい。
レアル・マドリーの派手な補強で市場の価格が荒れ気味なので、余計に賢く立ち回る事も不可欠ですしね。

レアルマドリーは大量の新戦力獲得が予想されることから、現有戦力の整理が必要(リーガは25人が登録上限)
なのは周知の事実ですし、トッテナムもその放出候補を狙っているのでは?という報道が過熱してます。
会長のレヴィが直々にマドリー入りしてることからも何らかの交渉が行われることは確かだと思いますが、
報道されてるフンテラール、ファンニステルローイ、ロッベン、スナイデルといった選手の獲得は無いでしょう。
これらの選手は多くのクラブの争奪戦が確実で、移籍金の高騰が予想される。(しかも、週給が高い)
CLはおろかELへの出場権すらもたないトッテナムが、争奪戦を制する可能性は低いと見るべき。
プレミア復帰に含みを持たせているエインセは手薄な左SBとCBのバックアッパーとして有用なので確保し、
前線~中盤の補強は噂されるアストンヴィラ勢とのトレードに全力を注ぐのが得策かもしれません。

最後に「理想と妥協の着地点」を踏まえた今夏のベストな補強(僕の希望)を示して締めたいと思います。
あくまで昨季のチームがベース。ベント、ベントリー、ゾコラは移籍が濃厚なので、含めず考える。
結論から言えば、FWにカリューかクラウチ、左サイドにA・ヤングかJ・コール、DFにスルナとエインセ。
DF2人に加えて、FW、左サイドで各一人の合計4人獲れれば100点でしょう。
プランA
FWにはポストプレー、高さがある選手を一枚加えれば戦術に厚みが増す。
懸案の左サイドが一番の補強ポイント。昨季及第点のモドリッチでもいいが、彼を本職のセンターに移したい。
A・ヤングとレノンの両翼は夢の布陣。J・コールの経験と中盤全域をカバーする能力、得点力も捨てがたい。

右SBは余剰気味だが、現在の選手は一長一短。ここにスルナ獲得、ハットン控えで盤石。
チョルルカはCBとしても起用可能で控えに重用。シンボンダは売却もアリか。
スルナならば、レノンが不調か不在時にはSHとしても起用出来るし、クロアチア勢との連携も見込める。
左SBはエインセ補強で十分、ベイルは個人的には一枚前で起用した方が彼の能力は生きると考える。
ディフェンシブな中盤には優先度は高くないが、レオコーカー。チョルルカをここで起用するのも一つの手か。
あぁ・・・色々考え出したらキリが無いな(笑)今日のところはこの辺で。

| Article | comments:0 | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。