PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【プレシーズンマッチ】 トッテナム vs ウエストハム

プレシーズンマッチ バークレーズ・アジア・トロフィー
スタジアム:北京 ウォーカーズスタジアム

トッテナム ネイビー 1
ハマーズ エンジB 0
得点 スパーズ:デフォー

プレマッチ

ここまでのプレシーズンマッチ4試合とは違って、より実戦に近い形でのテストとなった試合。
恐らく開幕戦のバックラインは、この組み合わせになるであろうと思われる4人が並びました。
新加入のノートンを右SHでテスト。昨季同様にモドリッチが左サイドでゲームを作ります。

観たのが途中からなので、立ち上がりはわからないんですけどチャンスは多く作っていたようです。
パブリュも積極的に中盤まで下がってポストとなるなど、今季にかける意気込みを感じましたね。
中盤の高い位置から積極的にプレスをかける守備が効果的で、中盤を完全に支配していました。
そこから、じっくりパスを回して組み立てながら、サイドを効果的に使う攻撃を試みていましたけど、
あまり相手に脅威を与えることは出来なかったですね。惜しい場面も何度かありましたが・・・。

ボールこそよく回っていたけど、どちらかというと持たされていた感が強く、無駄な横パス交換が多かった。
細かなパスミスが多く、味方の動きと合わない、もしくは簡単にボールロストしてしまうのはいただけない。
全体的に単調なので、もっと緩急をつけていく必要はありますね。時には、ドリブルで仕掛けるとか。
局面を変える大きなサイドチェンジが少ないので、中央に密集して手詰まりってのが目立ちました。
やはり、スパーズの生命線は中盤で奪ってからの縦に速いシンプルなカウンターなのかな・・・と思うんです。
現在のスパーズの決定機はたいがいシンプルに素早く縦に繋いだカウンターから生まれてますから。
前線やサイドの動き出しや、ここぞの場面でのチェンジペースするタイミングの共通認識を深めたい。

守備は合格点。危ない場面はほとんど無し。ウエストハムもまだまだ仕上がりは半ばという感じでした。
中国遠征ということで疲れがあるのか運動量は少なかったですけど、悪くは無い内容と思います。

| マッチレポート | comments:2 | TOP↑

お久しぶりです。
覚えてくれていますか?笑

質問なんですが..今のトッテナムのフォーメーションでは完全にモドリッチも左Hに置くというシステムだと思うんですけど..ゆーやさんがコラムおっしゃっていたような新獲得選手は見つけられているのでしょうか?

ベイルをコンバートするのでしょうか?

僕の1トッテナムファンとしての意見なんですか..ベイルは手離して欲しくないんですが..

| ガンちゃん | 2009/08/03 21:00 | URL |

>ガンちゃん さん
もちろん覚えてますよ^^ 確か、レノンがマンUに狙われてるのを心配したコメントくれてた
ガンちゃんさんですよね?

さてお答えですけど、残念ながら左サイドのMFの補強は上手く進んでいないのが現状です。
A・ヤングの獲得が難しそうなので…。詳しくは次のコラムで書くので読んでみてください。
ベイル放出の噂があるけど、残すでしょう。もちろんコンバートも一つの手だと僕も思いますよ♪
現状はモドリッチを左で起用してキーン、オハラ、ベイル、若手のローズを試しながら、
使っていくのかなぁと予想しています。

| 管理人 ゆーや | 2009/08/03 22:03 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。