PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

【プレシーズンマッチ】 トッテナム vs ハルシティ

プレシーズンマッチ バークレーズ・アジアトロフィー
スタジアム:ワーカーズスタジアム

トッテナム ネイビー 3
ハル オレンジ 0
得点 スパーズ:キーン2、レノン

プレマッチ2
点差だけみれば快勝なんですけど、内容はお粗末でした。
ゴメスのファインセーブ連発が無ければ逆の結果になってても不思議では無かったです。
走れない、パスを繋げない、中盤で奪えないの無い無い尽くしのオンパレード。
これがシーズン中だったら、まず確実に勝ち点落としてる試合。

まぁ、前の試合から中一日の強行日程、真夏の中国での試合ということを考慮に入れれば、
最低限の結果は残したと言えるのかもしれませんけど、この時期だからこそ内容にこだわって欲しい。
少なくともポジティブな印象は持てない試合でした。ほとんどレギュラー揃ってただけに尚更。

この日はキーンとデフォーの2トップ、両サイドにレノン、モドリッチとチビッコ揃いだったわけですが、
良い面と悪い面がハッキリと出ましたね。それが収穫と言えば収穫。
まず良い面。FWのスピードを生かした相手DFとGKの間のスペースを狙う意図が徹底されていた。
オフサイドも多かったけど、キーンの先制点は狙い通りに裏に抜け出して生まれました。
悪い面。多かったですけど、特に目についたのが前線で起点が無い為、中盤から攻撃が停滞。
前線が揃って小兵なので当然ボールが収まらない。苦しい時間帯での放り込みはほぼ相手ボールに。
前線でタメを作れないので中盤の攻め上がりも巧くいかず、FWとサイド頼みの単調な攻めに終始。
これはキーン&デフォー起用なら当然出てくる問題ですが、それに対する改善の策が見られずじまいでしたね。
何はともあれ、厳しいコンディションの中で2試合しっかり結果を出したのは評価してもいいのかな。

| マッチレポート | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。